審査が甘いキャッシングランキング!即日融資も可能な消費者金融

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

意地でも一回で審査に通りたい。でも、自分が審査に通るかどうか微妙なのはなんとなく気づいている。そんな時ありますよね。
キャッシングの審査が不安な方のために審査が甘いキャッシングをランキング形式でご紹介していきます!
この記事を読めばご自分が申し込むべきキャッシング会社がわかります!
ランキングで下位でも自分に合うキャッシング会社が見つかる可能性があるので、是非確認してみてください。

審査に通りやすいキャッシング5選!

お待たせしました!審査に通りやすいキャッシングランキングの発表です!
どれにしようか悩んでいる方はこのランキングから自分にあうキャッシング会社を探してみてください。
気になるランキングはこちらです!

  1. アコム
  2. プロミス
  3. アイフル
  4. SMBCモビット
  5. ノーローン
  6. ダイレクトワン
  7. 楽天銀行カードローン

名前だけ挙げられても、何が何だかわからないと思うので、それぞれ詳しく紹介していきます。

第1位 アコム

アコム
アコムはよく駅の近くの広告でも見る方が多い消費者金融ですよね!
圧倒的な信頼とセキュリティ面、その他の大手ならではのサービスから1位に輝きました!
初めて利用するなら最初の30日間は金利がかからなかったり、ネット完結型の申し込みが可能だったりと初めて利用する方に対するサポートが手厚いのが特徴です。
大手消費者金融の審査通過率はどれもそれほど変わらず、公式で発表されているデータを見るとどこも約45%です。
大手消費者金融の特徴の一つに公式アプリがあり、アコムでももちろんアプリは配信されています。
友達紹介をすれば、最大10000円分のクオカードがもらえるのも美味しいですよね。
もし、周りにお金が無いと悩んでいる友人がいれば、ぜひ誘ってみてください。
その時は誘い方には気を付けないと、友人に嫌われかねないので最新の注意を払いましょう、、、。

第2位プロミス

プロミス
プロミスは青と黄色の目につく広告がイメージしやすい「あの」消費者金融です。
最近発表された公式の成約率はわずかな差ではありましたが、大手消費者金融の中でプロミスが一番高かったです。
初めて利用する方は30日間利息がかからないのはもちろんのこと、アプリもあるので1位のアコムに負けず劣らずの消費者金融です。
さらに!2019年6月30日まで合計3000名様に最高10万があたるキャンペーン中です!
ただし、このキャンペーンに参加するには収入証明書類を提出する必要があります。
収入証明書類を確実に提出して、お得なキャンペーンに参加しちゃいましょう!

第3位アイフル

アイフル
アイフルは「愛が一番アイフル」のCMでお馴染みの消費者金融です。
消費者金融の中では、アコムとプロミスに並んで有名な会社で消費者金融でキャッシングをしたい方はこちらの3つから選べばいいでしょう。
アイフルでも初めて利用する方に無利息キャンペーンがあったり、収入証明書類提出キャンペーンをしていたりたりと魅力的なキャンペーンがたくさんあります。
お試し審査では1秒で診断結果を出してくれて、自分が審査に通るかどうかの目安をすぐに知ることができます。
さらに、30秒で自分に合う借り方を紹介してくれるサービスもあります。
審査に申し込む前に自己分析をしたい方はアイフルのサービスだけでも利用してみてはいかがでしょうか?

第4位SMBCモビット

SMBCモビット
SMBCモビットは竹中直人と夏菜がイメージキャラクターを務めているキャッシング会社で、三井住友銀行が運営している消費者金融カードローンです。
クレジットカードも提供している銀行なので、お金周りの管理を楽に済ませたい方はこちらを利用するのが便利です。
よく銀行カードローンと間違えられることがありますが、消費者金融カードローンであることに気を付けてください。
ATM手数料がかからないのも銀行が運営している消費者金融ならではのメリットですね!
三井住友銀行の口座を持っている方には特におすすめのカードローンです。

第5位ノーローン

ノーローンノーローン
ノーローンは常に1週間無利息でキャンペーンの有無にかかわらず、急な出費に対応しやすいのが特徴のカードローンです。
他の消費者金融ではキャンペーン中ではない限り、無利息にならないので急な出費に耐えられないときはノーローンを使うことをおすすめします。
ランキングの他の消費者金融に比べると知名度には劣りますが、信用力が高いキャッシング会社名なので心配は無用です。
提携しているATMも充実していて、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンで借りられるのでお手軽です。

第6位ダイレクトワン

ダイレクトワン
ダイレクトワンはスルガ銀行が運営しているカードローンです。
これも銀行カードローンに間違えられがちですが、消費者金融であることに注意です。
最短で窓口で審査を受ければ即日で融資を受けられます。
しかし、上限金利が20%と他のカードローンに比べて、高いのはデメリットです。
金利を設定する仕組みがどうなっているのかよく調べてから借りるように注意してください。

第7位 楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン
楽天銀行カードローンは楽天が提供しているカードローンでネット銀行ならではのサービスを提供しているのが特徴です。
最近だと楽天はクレジットカードの「楽天カードマン」が頭に浮かぶと思いますが、金融系の事業にも次々と進出していて勢いがすごいですよね。
そんな楽天は金利半額キャンペーンを2019年4月26日までやっていて、他のカードローンに比べて圧倒的に低い金利で融資を受けられるのが特徴です。
楽天はカードローン以外にクレジットカードでも頻繁にキャンペーンを実施していることから、今後も次々とキャンペーンを実施していくと考えられます。
頻繁にチェックしてお得な情報を取り逃がさないようにして下さい。

中小消費者金融は大手より審査に通りやすい

中小の消費者金融、いわゆるサラ金は大手の消費者金融と比べて審査に通りやすいのが特徴です。
よくサラ金というと犯罪のにおいがするという方がいますが、それは間違いです。
サラ金とブラックな消費者金融は全く違い、サラ金は合法の消費者金融名ので心配しないで大丈夫です。
サラ金が審査に通りやすいのもしっかりとした理由があります。
その理由がこちらです。

  • 審査を緩くして顧客獲得をしている
  • 中には個人情報のチェックをしていないときもある
  • 審査方式が違う

この理由について詳しく紹介していきます。

審査を緩くして顧客獲得をしている

中小の消費者金融はどうしても信用力が低く、顧客を呼び込むことが難しいのが現状です。
そこで、審査に通りやすくすることで顧客の獲得をしようとしているのが審査が大手に比べて甘い理由の一つです。
もちろん、審査に確実に通るようにするのではなく、優良顧客できちんと返してもらえそうかどうかは見られます。
中小だからと言って審査に確実に通るなんて思わずに、普段から公共料金やクレジットカードの支払いはきちんとこなすようにしましょう。

中には個人情報のチェックをしていないときもある

中小の消費者金融の中には個人情報をきちんとチェックしていないときがあります。
もちろん、申し込みの時点で入力する個人情報はチェックしていますが、支払い履歴や他の借入先がわかる信用情報を見ていないときもあります。
なぜ、中小の消費者金融は信用情報をチェックしないで審査をしているかというと、そもそも信用情報機関に加盟していないことがあるからです。
信用情報機関の情報は一般の人は見られないようになっているので、利用しようとしている中小消費者金融が加盟しているか調べてみてください。
過去に支払い事故を経験している方で即日融資受けたいのであれば、加盟していない中小消費者金融から選ぶようにすると良いでしょう。

審査方式が違う

中小の消費者金融と大手では審査の仕組みが違います。
その違いが大きく分けて弐つあり、こちらの2種類になっています。
・大手ではスコアリング形式で審査をしている
・重視する審査項目がちがう
それぞれ簡単に紹介します。

大手ではスコアリング形式で審査をしている

大手の消費者金融ではスコアリング形式と呼ばれる審査方法を取っています。
スコアリング形式とは簡単に言うと、「申込者の情報を採点する」方法です。
大手ではこのスコアリング方式を取っていることが多いですが、中小ではそうではありません。
明確な数字で基準が設けられていないことからも、中小では審査基準が柔軟であることがわかります。
この柔軟性が中小のサラ金の審査を緩くしている要因になっています。

重視する審査項目がちがう

大手と中小では重視される審査項目が違います。
具体的にどのような項目が重視されるかというと、大手では「収入や勤務先」で中小では「勤続年数や収入と支出のバランス」です。
中小の消費者金融では他に借入先があっても審査通過している人が多いというデータから、信用情報は重視されていないことがわかります。
この結果からも信用情報に自信がなくて、確実に審査に通らないという方は中小の消費者金融を選ぶことをおすすめします。

おすすめの中小消費者金融

信用情報に自信がない方向けにおすすめの中小消費者金融をご紹介します。
おすすめの中小消費者金融はこちらの3種類です。

  • キャッシングフタバ
  • キャレント
  • 中央リテール

こちらの3つのキャッシング会社について詳しくご紹介します。
自分にあったものを見つけてみてください。

キャッシングフタバ

キャッシング フタバ
キャッシングフタバは中小の消費者金融の中では超有名なキャッシング会社です。
中小の消費者金融では珍しい、30日間無利息キャンペーンもしていて大手に劣らないキャッシング会社です。
普通のカードローンに加えて、学生ローンと女性限定のレディースローンもあります。
少額の融資を希望する方はぜひ使ってみてください。

キャレント

キャレント
キャレントは中小の消費者金融のなかでも信用力が高いことで有名なキャッシング会社です。
日本賃金業協会会員に入っていたり、運営会社がしっかりと公開されていたりする点が信頼力を高めています。
中小の消費者金融の中では借入限度額が500万円と高く、運営会社の資金力が高いこともうかがえます。
中小にこだわって消費者金融を探している方にはキャレントがオススメです。

中央リテール

中央リテール
中央リテールはおまとめローンで有名なキャッシング会社です。
他の消費者金融と明らかに違う点は、おまとめローン専門のキャッシング会社であることです。
他社に借入があるから審査に通るか不安な方は中央リテールのおまとめローンを使って、楽に返済することをおすすめします。
おまとめローンにすると金利が下がったり、総返済額が減ったりとメリットがたくさんあります。
借金の返済をするために借金をするのではなく、おまとめローンを利用することも選択肢に入れておきましょう。

審査が甘いキャッシング会社の見分け方

自分で審査が甘いキャッシング会社を見つけられたら、便利ですよね。
実は審査が甘いキャッシング会社を見分ける方法はあります。
その方法がこちらです。

  • 金利が高い
  • 利用金額が低く設定されている
  • 公表されている成約率が高い

それぞれ具体的な方法を紹介していきます。

金利が高い

まず、審査が甘いキャッシング会社は金利が高いことが多いです。
金利はよく「お金を借りるときにかかる手数料」と表現されますが、その他にも「リスクヘッジ」の役割も果たしています。
お金を貸して返済が滞っても、金利による収入で会社の経営を続けるという目的もあります。
そのため審査を甘くしたときは、リスクヘッジの金利が高い傾向にあります。
審査が甘くて返済も楽にできる夢のようなキャッシング会社がないことは肝に銘じておきましょう。

利用金額が低く設定されている

審査が甘いキャッシング会社は借入限度額が低いという傾向にあります。
これも金利と同じくリスクヘッジの影響です。
審査を緩くして多額の融資を受けられてしまっては、返済せずに逃げられてしまうリスクがあります。
その証拠としても審査が甘いとされる中小の消費者金融は借入限度額を低めに設定していることがわかります。
利用限度額が低めに設定されていたら、「審査が緩いかも?」と疑ってみてください。

公表されている成約率が高い

確実に審査に通りやすいキャッシング会社を見つけたい方は公表されている成約率を確認するようにしましょう。
大手の消費者金融は成約率を公表していることが多いです。
月に一回マンスリーレポートという形で紹介しています。
成約率が気になったときはこのマンスリーレポートを見るようにしましょう。
マンスリーレポートは「○○(キャッシング会社名) 成約率 マンスリーレポート」と検索すると出てくることが多いです。
中には非公表にしている会社もあるので、注意してください。
非公開の場合は他の消費者金融の成約率を調べて平均を調べると大体の成約率を予測できます!
ぜひ、試してみてください!

審査に確実に通るキャッシング会社は信用できません

まず、審査に確実に通ると広告で出しているキャッシング会社は信用できません。
キャッシング会社はお金を貸している以上、審査をある程度厳しくしないとリスクがカバーできません。
確実に審査に通ると言って、客を囲い込むことを目的としている可能性もあります。
たとえ審査が不安でも「確実に審査に通る」という甘い言葉に惑わされないように気をつけましょう。

キャッシングの審査に通る3つの条件

審査に通るためには共通して必要な条件があると言われています。
その3つの条件がこちらです。

  • 信用情報に傷がない
  • 他に借入先がない
  • 在籍確認が取れる

自分がこの条件を満たしているのか分析してみて、申し込む消費者金融を決める判断材料にしてみてください。

信用情報に傷がない

信用情報は先ほどから言っているように非常に重要な審査項目になります。
普段からクレジットカードの支払いをしていないと要注意人物として、信用情報に記載されてしまいます。
カードローンをスムーズに借りるためにはお金が無くても支払う姿勢が大切です。
普段から支払いはきちんとこなすようにしましょう。

他に借入先がない

信用情報に似ていますが、他に借入先があることがわかると審査に影響します。
これには2つの理由があり、総量規制と信用問題です。
総量規制とは「年収の1/3までしか借りられない」という法律ですが、この法律は複数借入先がある時は特に注意しなければいけません。
もし、他の借入先で既に規制対象ギリギリの額を借りていたら、カードローンの審査に通る可能性は劇的に下がります。
他に借入先がある方は総量規制に注意しましょう。
次に信用問題ですが、借り入れを複数の会社でしていると何度もお金に困ったというイメージを持たれやすいです。
キャッシング会社に「どうせ貸しても返ってこない」というイメージを持たれてしまってはおしまいです。
簡単にお金を借りる人というイメージを持たれないように注意してください。

在籍確認が取れる

キャッシングの審査に通るためには在籍確認が取れることが必須条件です。
審査に申し込んでから在籍確認があることを覚悟して電話に出られるように準備しておきましょう。
中にはSMBCモビットのような在籍確認がないカードローンもありますが、そのような特殊なカードローンを除いてはしっかりと電話に出るようにしましょう。
また、キャッシング会社は個人情報保護の観点から会社に電話する時に「カードローンの在籍確認です」ということはありません。
それでも不安な方はあらかじめ電話をして在籍確認の電話をかける時間を決めてもらうことも、場合によっては可能です。
在籍確認について不安があればキャッシング会社に直接交渉するようにして下さい。

キャッシングの審査に通りやすくするには

審査が不安でも確実に審査に通りたいのであれば、少しでも審査に通りやすくする工夫を知っておきましょう。
キャッシングの審査に通りやすくするためには以下の3つの工夫をしてみてください。

  • 借入希望額を低くする
  • 審査に落ちてから期間を空ける
  • 不要なクレジットカードを解約しておく

なぜ、この3つの工夫がカードローンの審査にいい影響を及ぼすのか説明していきます。

借入希望額を低くする

借入希望額を低くすると審査に通りやすいのはなんとなくイメージが沸くかと思います。
少額融資はキャッシング会社にとってリスクが少なかったり、金利を高く設定したりと有利な面が多いです。
お金を貸す側の立場になると分かりやすいですが、なるべくお金を借りないで自分で負担するように気をつけましょう。

審査に落ちてから期間を空ける

一度審査に落ちると他のカードローンの審査にも通りにくくなるというのは聞いたことがあると思います。
その原因が信用情報です。信用情報には支払い滞納の履歴だけでなく審査に落ちたことも記載されます。
信用情報は半年間消えません。
逆を言えば半年経てば消えます。信用情報に自信がない方は滞納をした時から半年間、もっと言えば審査に落ちてから半年の期間を空けるようにして下さい。

不要なクレジットカードを解約しておく

クレジットカードの審査とカードローンの審査は密接な関係にあります。
クレジットカードをたくさん持っていると浪費癖があると思われかねないので、普段使わないクレジットカードは思い切って解約しましょう。
解約することによってキャッシング会社に対して、お金が本当にないことのアピールにも繋がります。
自分が浪費癖があると感じている方は、浪費防止にもつながるので是非試してみて下さい。

キャッシングの審査に落ちやすい人の特徴

キャッシングの審査に落ちやすい人には共通してみられる特徴があります。
その特徴はこちらの4点です。

  • 無職で安定した収入がない
  • 過去の滞納をしていた経験がある
  • 個人情報に嘘の記載がある
  • 在籍確認が取れない

自分がこちらの特徴に当てはまっているのか確認してみてください。
もし、当てはまっているようだったら対策をかならずとるようにしましょう。

無職で安定した収入がない

審査に落ちる人は無職で安定した収入がないことが多いです。
当たり前ですよね。あなたがお金を貸す時に働いていない人に貸したいですか?
審査に申し込むときは「自分が貸す側の立場だったらどうか」を常に考えるようにして下さい。
無職で安定した収入がない方は、最初に自分で稼ぐ手段がないか探してみてください。

過去の滞納をしていた経験がある

審査に落ちるひとは滞納していた経験があることが多いです。
これは信用情報の問題ですね。カードローンを使いたい時は滞納してしまうほどお金が無いのもわかります。
でも、普段の支払いを最低限なんとかこなしておかないと本当にお金が無いときに困ります。
また、支出を見直してみることも大切です。
例えば、クレジットカードの支払いができなかったときは、その月に買ったものを確認してみましょう。
本当に全て買わないと生活できないもでしたか?
少しでも贅沢しているのであれば、お金を借りない方が良いでしょう。
普段の生活を考え直して、支払いをきちんとこなせるように工夫してみて下さい。

個人情報に嘘の記載がある

審査に通らない人は自分が審査に受かる自信がなくて、個人情報で嘘を書いてしまうことが多いです。
でも、個人情報で嘘を書いてもいずれバレてしまいます。
在籍確認や収入証明書の提出や信用情報の確認など、個人情報を調べるタイミングはたくさんあります。
絶対に嘘を書くのはやめておきましょう。

在籍確認が取れない

審査に落ちる人は在籍確認が取れないことが多いようです。
カードローンでお金を借りるときは在籍確認が必須です。電話には要注意!
もし、在籍確認を無視し続ければ、審査に通ったとしても融資を受けられないので、審査通過は白紙になってしまいます。
会社バレを防ぎたい方は事前にキャッシング会社に連絡を取ったり、個人情報の配慮を頼んだりと対策を取るようにして下さい。

ブラックリストでも申し込みは可能だけど、審査に通りにくい

実はブラックリストでも審査に申し込むことは可能です。
でも、もちろん審査には通りにくいです。
特に大手の消費者金融では信用情報を重視している傾向にあるので審査に通過することはほぼないでしょう。
かえって、中小の消費者金融では過去の返済履歴よりも、今返済可能なのかを見ていることが多いです。
ブラックリストに載っていても、心を入れ替えて普段から支払いをしているならば、中小の消費者金融を検討するのもアリです!

消費者金融の方が銀行カードローンより審査に通りやすい

カードローンでは消費者金融と銀行カードローンをよく区別しています。
一般的には審査が甘いのは消費者金融と言われていて、その理由も様々です。
こちらが消費者金融の方が審査に通りやすいと言われている理由です。

  • 審査の基準が違う
  • 銀行カードローンの方が金利が高い
  • 総量規制がないから審査が厳しくなっている

具体的に審査の通りやすさに差が出てくるのはなぜなのかご説明します。
また、審査に通るか不安な方は消費者金融を最初に検討してみて下さい。

審査の基準が違う

銀行カードローンと大手の消費者金融では審査の基準が違います。
消費者金融の場合、審査を担当しているのが「キャッシング会社」のみです。
しかし、銀行カードローンでは「保証会社」と「キャッシング会社(銀行)」の2つの審査を通過しなければいけません。
この審査手順の違いが審査の通りやすさに違いを出しています。
また、銀行カードローンの審査に一度落ちたときは、保証会社を調べた後に別の保証会社の銀行カードローンに申し込むように注意してください。
もし、同じ保証会社に申し込んでしまうとまた審査に落ちてしまう恐れがあります。
審査の基準が違うことを覚えておきましょう。

銀行カードローンの方が金利が低い

審査に通りやすいカードローンの見分け方に「金利が高い」ことが挙げられましたが、銀行カードローンの方が金利が低いことが審査の厳しさに差を生んでいます。
つまり、銀行カードローンでは金利を高くすることでリスクヘッジをしていないということです。その分、審査が厳しくなっています。
もし、銀行カードローンの厳しい審査に通れば低い金利でお金を借りられるので、自分の属性をよく分析して消費者金融と銀行カードローンのどちらに申し込むか決めましょう。

総量規制がないから審査が厳しくなっている

審査の通りやすさの違いが生まれる理由としては総量規制は外せません。
総量規制がない銀行カードローンでは、多額の融資が可能になっています。
最近は銀行カードローンも借入限度額が総量規制程度に制限されることが多いですが、法律が絡んでいるかどうかは今でも審査に大きな影響を及ぼしています。
総量規制がない銀行カードローンは審査に通して多額の融資をするのも慎重ですね。

審査が甘いキャッシング会社は存在しません!

ここまで、読んでいた方は審査が甘いキャッシング会社に「何らかの工夫」をすれば審査は通過すると考えているかもしれません。
でも、それは間違いです。審査が甘いキャッシング会社はありません。
複数の借入をしてしまったり、無駄な買い物をしてしまうと自分を苦しめることになります。
「困ったらお金を借りればいい」と考えている方は借りた後の返済で困ります。
考え方を改めて、返済をする覚悟を持って借りるようにしましょう。
もし、覚悟ができたら大手の消費者金融ランキングやおすすめのサラ金からお金を借りることをおすすめします。
借り入れは計画的に返済ベースで考えてみてくださいね!