アイフルのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

アイフルのメリット・デメリット

アイフルは最短30分審査がセールスポイント、申込みから契約までWEBで完結でき、契約後は振込融資などで即日でお金を借りることができます。

セブン銀行ATMではスマホアプリによる取引も可能なので、カード発行を受けなくてもスムーズに利用を開始できるのも特徴です。

もちろん、発行を受ければ主要コンビニでの24時間借入・返済ができます。具体的なサービス内容や審査基準をチェックしながら、アイフルを利用するメリット・デメリットについて徹底解説します。

他社と比較したアイフルのメリット

アイフルでは初めて利用する人を対象に、最大30日間無利息サービスが提供されています。

銀行カードローンと異なり最短30分で審査結果が通知され、しかも即日融資にも対応しているので、すぐにお金が必要な人には魅力です。

また、セブン銀行ATMではスマホアプリを使ったカードレス取引にも対応しています。

アイフルを利用するメリットについて、具体的にチェックしていきましょう。

はじめての利用で30日の無利息期間がある

アイフルのカードローンを初めて利用する場合、最大30日分の利息が0円となるサービスが提供されます。

一般のカードローンの他、年齢や年収に一定の条件がある「ファーストプレミアムカードローン」や女性限定の「SuLaLi」でも、無利息サービスを受けることができます。ただし、事業サポートプランや証書貸付商品(目的別ローン・おまとめMAXなど)は対象外なので注意が必要です。

無利息期間のスタートは契約日の翌日で、借入れの有無にかかわらず30日経過後にサービス期間が終了します。

そのため、無利息サービスを最大限受けるためには契約当日の借入れがおすすめです。

なお、契約日の翌日から30日以内であれば、完済後に再び借り入れた場合でも無利息サービスが適用されます。”

申し込みから契約までWEB完結申し込みが可能

アイフルではWEB完結申込みシステムを採用していて、窓口に出向かずに申込みから契約手続きまで進めることができます。

スマホやパソコンで申し込んだ後、「書類提出のお願い」というメールが届くので、記載されたURLから本人確認書類や年収確認書類の画像を送信します。

公式サイトの「書類提出サービス」も利用できるので、何らかの事情でメールが届かなかった場合でも安心です。

スムーズに審査を受けるために、書類をカメラ撮影する際は文字が鮮明に写るようにしましょう。

提出書類の確認が完了次第、審査結果の通知メールが届くので記載されたURLをクリックし、申込時に登録した数字4桁のパスワードで審査結果確認ページにログインします。

審査に通過していれば、契約可能限度額や適用金利を確認した後、返済方法や暗証番号などを登録します。

カードレス取引を選択し、かつ返済用口座の登録を行った場合には郵送物なしで契約が完了です。

カードレス取引を選択した場合でも、窓口や無人契約機で後日カードを受け取ることができます。

スマホアプリで簡単に借入・返済が可能

アイフルでは、カードがなくてもスマホアプリを使って借入・返済が可能です。

借入残高や次回返済金額を確認したり、利用限度額の増額を申請したりすることもできますが、2019年3月現在アプリ取引に対応するATMはセブン銀行ATMだけです。

借入・返済を行う際は、スマホアプリにログインしてスマホATMで「融資」又は「返済」を選び、セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を選択します。

その後、ATM画面に表示されたQRコードをスマホで読み取り、所定の企業番号と契約者本人の暗証番号を入力した後、手続きを進めていきます。

その後、融資を受ける場合は希望金額をATMで入力し、返済する場合はATMに現金を投入します。

借りたお金を自分名義の口座に直接入金したい場合は、スマホアプリで振込融資を予約することもできます。

最短30分の審査で即日融資が可能

アイフルは申込みから審査結果の回答まで最短30分、契約手続き後は即日で融資を受けることができます。

審査部門(コールセンター)の営業時間は午前9時~午後9時で、基本的には申込順に審査が行われます。

急いで審査を受けたい場合は、専用フリーダイヤルに優先的な審査を依頼することができますが、連絡時間帯や申込み状況によっては希望に添えないケースがあります。

したがって、在籍確認や契約手続きに必要な時間を考慮すると、遅くとも18時頃までに申込みを完了することが、即日融資を実現するためのコツです。

また、申込金額が50万円以内の場合でも、勤務実態の確認などで収入証明書類の提出を求められる場合があるので、申込前に用意しておくとスムーズに審査を受けることができます。

アイフルから即日融資を受ける方法!申し込みから融資まで最短の流れ

銀行カードローンは即日融資が不可能

2018年1月以降、銀行カードローンでは即日融資を受けることができません。

反社会的勢力への融資を水際で防ぐため、個人融資の申込みすべてに対して警察庁データベースへの照会が義務づけられたからです。

預金保険機構を経由した照会であること、照会結果によっては都道府県警察への文書照会作業も伴うことから、銀行カードローンでの融資は早くても申込みの翌営業日以降となります。

加えて、全国銀行協会の申し合わせ(2017年3月)や金融庁の銀行カードローン検査強化(2017年9月以降)を受け、借り手の多重債務を防ぐ観点から、保証会社だけでなく銀行も慎重な審査を実施しています。そのため、審査に時間がかかるケースも増えているのが現状です。

他社と比較したアイフルのデメリット

アイフルには最短即日融資などのメリットがある一方、いくつかのデメリットも存在します。

まず、金利は高めの設定で、利用限度額100万円以内の場合は上限金利が年18.0%です。

提携している銀行ATMも少なく、利用シーンによっては不便を感じることも考えられます。

また、申込者の年収に基づいて審査が行われるため専業主婦の申込みができず、必要に応じて収入証明書の提出を求められることもあります。

ただ、アイフルだけでなく他の大手消費者金融も同様のデメリットを抱えているのが実情ですが、デメリットを乗り越える方法はあるのでしょうか。

金利が上限18.0%と高い

アイフルの貸付利率は実質年率3.0%~18.0%と高めで、10万円以上100万円未満の融資では貸金業法の上限いっぱいの設定です。

ただし、契約限度額又は借入残高が100万円以上の場合は、利息制限法により上限金利は15%となります。

アイフルではファーストプレミアムカードローンを除き、限度額ごとの金利幅が明示されていませんが、契約限度額が高いほど低金利が適用される傾向がみられます。

審査結果により個別に金利が決定されるという見方もできますが、はじめてアイフルを申し込む場合には返済実績を判断する材料が個人信用情報に限られるため、上限金利が適用される可能性が高いです。

銀行カードローンでは上限金利を年15%前後とする商品が多いため、アイフルの金利設定はデメリットに映ります。

アイフルの金利は他社と比較して高い?毎月の利息はいくらかかるのか解説!

大手消費者金融の中では平均的

ここで、大手消費者金融4社の金利をチェックしてみましょう。

会社名 実質年率
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
モビット 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%

アイフルの金利が高いといっても、大手消費者金融の中では平均的な設定といえます。

消費者金融各社では、申込時に雇用形態や勤続年数・月給の制約を設けていないため、パートやアルバイトなど収入が変動しやすいとされる顧客層も含まれています。

幅広い顧客層への融資を行って利息収入を増加させるのが消費者金融のビジネスモデルですが、仮に貸倒れが発生した場合でも収益を確保できるよう、高い金利を設定していると考えられます。

提携している銀行ATMが少ない

アイフルではコンビニATMと幅広く提携している一方、利用できる銀行ATMは少なくなっています。

九州地方では西日本シティ銀行など3銀行のATMが利用できるものの、それ以外の地方銀行との提携はなく、都市銀行との提携も三菱UFJ銀行のみです。

とはいっても、ATM手数料は銀行ATM・コンビニATM共通(1万円以下の取引は108円、1万円超の取引は216円)であることと、全国各地にコンビニATMが点在していることを考えると、致命的なデメリットとは言えないでしょう。

専業主婦は借入できない

アイフルでは、申込者本人の年収をもとに審査を実施するため、無収入である専業主婦(夫)の申込みや借入はできません。

貸金業法の配偶者貸付制度を用いた商品も用意されていません。

配偶者貸付を実施していない理由の一つが、配偶者の不利益を防ぐ目的です。

配偶者貸付の契約にあたっては配偶者の同意書が必要となりますが、専業主婦(申込者本人)が配偶者に無断で同意書を作成する可能性があります。

配偶者貸付の審査に通過して利用可能額(与信枠)が設定された結果、既に配偶者が契約しているカードローン利用に制限が加わったり、新たなローンの締結に支障を来たしたりなどの不利益が想定されます。

同意書の有効性を法的に争われるリスクも潜んでいるともいえます。

アイフルの審査基準は厳しい?

アイフルでは、個人信用情報(CIC・JICC)を参照して審査が行われます。

銀行と比べると申込み条件が少ないため緩やかな審査基準だと考えられますが、必ずチェックされる2つの項目について説明します。

1つ目は、延滞や金融事故の有無です。

個人信用情報には過去2年分のクレジット・ローン支払状況が記録されていますが、複数回の支払遅延が見つかった場合は、契約通りに返済できない人だと評価されます。

また、過去5年以内に自己破産などの債務整理歴がある場合は、審査通過が非常に厳しくなります。

2つ目は、他社の借入状況です。貸金業法の総量規制に違反しないよう、消費者金融での借入残高の合計は厳しくチェックされます。

月々の収入と返済総額のバランスも、契約可能額の設定にあたっては重要です。

アイフルの審査基準を教徹底解説!審査に落ちる理由と対処法

初めての借入にはアイフルがおすすめ

ここまで解説したように、アイフルには金利が高いなどのデメリットが存在する一方、申込み当日に融資を受けられるメリットがあります。

WEB完結でカードレス取引と口座引落での返済を選択することで自宅への郵送物を避けることができ、家族等に知られずお金を借りられるのも安心材料の一つでしょう。

申込時の雇用形態や勤続年数・年収の制約がないため、過去に延滞・金融事故歴がなく、他社での借入額も少なければ審査に通過する可能性は高まります。

申込前の相談に対応するフリーダイヤルも完備されているので、初めてお金を借りる人にはアイフルがおすすめです。