社内ブラックとは?キャッシングの審査に絶対落ちるって本当?

社内ブラックとは?キャッシングの審査に絶対落ちるって本当?

キャッシングなど利用で返済に遅れがでると、信用情報に傷が付きブラックリストに載ってしまうことは多くの方がご存知かもしれません。

しかし社内ブラックという言葉があることはご存知でしょうか?

実は、金融事故を起こすとブラックリストに載るだけではなく社内ブラックとなる可能性もあるのです。

ちなみに社内ブラックとは、信用情報機関ではなく消費者金融などの会社内でブラックリストに載ってしまうことです。

そして信用情報とは違い、半永久的に記録が残ってしまうのです。

そこで今回は、社内ブラックになってしまうとどのような影響が出るのかを紹介します。

信用情報機関でブラックリストに載っていると心当たりがある方は、もしかすると社内ブラックになっている可能性もあるので今回の記事を参考にしてみてください。

社内ブラックとは?

社内ブラックとは、クレジットカード会社や消費者金融、銀行などの金融機関それぞれが保有しているブラックリストになります。

社内ブラックとなりブラックリストに載ると、その金融機関や会社では新たなクレジットカードやキャッシングにに申し込むことや利用することができなくなってしまうのです。

つまりその会社の金融サービスを利用することができなくなるということになります。

そこで実際に、社内ブラックとなってしまう原因やどのような影響が出るのかを紹介していきます。

通常のブラックと違って他社には共有されない

信用ブラックである信用情報のブラックリストに載る場合だと、キャッシング申込時の審査でどこの賃金業者を利用したとしてもわかるようになっています。

しかし社内ブラックの場合は、社内ブラックとなってしまった会社内での問題となるので他社に情報が共有されることはありません。

そのためA社で社内ブラックとなったとしても、B社では新たにキャッシングを申し込むことができるということになります。

社内ブラックになってしまう原因

社内ブラックになる原因としては、キャッシングの返済延滞や滞納、自己破産や債務整理、会社とのトラブルなどがあります。トラブルには返済の遅れだけではなく虚偽の申し込みがバレてしまった時などもあります。

つまりキャッシングを利用したのにお金を返済しなかったり、会社側にとって非常に不利となるような行いをした場合に社内ブラックになります。

社内ブラックになる条件としては、信用ブラックとほぼ同様となりますが会社とのトラブルなどの点があるので注意が必要です。

社内ブラックは半永久的に記録される

信用ブラックは約5年~10年前後でほとんどの情報が消されるので、年数が経つのを待てばブラックではなくなります。しかし社内ブラックの場合には半永久的に記録が残ってしまうのです。

つまり、キャッシングを利用している会社で社内ブラックとなってしまうと、二度とその会社を利用することができなくなってしまうということになります。

そのため、いくらその会社が気に入っていたとしても再び利用することができずに、他社を検討するしかなくなってしまうのです。

大手キャッシングだとグループ会社にも共有される

社内ブラックになるとその会社での利用だけではなく、グループ会社での利用もできなくなる恐れがあるのです。

特に大手キャッシングの場合だと、グループ会社がいくつもありグループ間で情報が共有されているのです。つまり大手のグループであればあるほど利用できなくなる会社の数も増えていく恐れがあります。

キャッシングの会社だけではなく、グループ内にクレジットカード会社や銀行も存在していると、会社間で自分が社内ブラックという情報が共有されてしまうので、新たに銀行カードローンを利用したりクレジットカードを申し込んだりということができなくなってしまいます。

保証会社となっている場合も審査に通らない

グループ会社でないとしても、利用する会社の保証会社となっている場合には審査に通過することができません。

銀行カードローンの場合、キャッシング会社が保証会社となっていることが多く、その保証会社で社内ブラックになると利用しようと考えている銀行カードローンも申し込むことができません。

これは審査を銀行がするのではなく、実際は保証会社であるキャッシング会社が行なうためです。

そのため、社内ブラックとなってしまった影響はかなり大きな範囲となる恐れもあることを認識しておきましょう。

社内ブラックは確認できる?

自分が社内ブラックになっていることは、確認することができません。

例え社内ブラックになっていると考えられる会社に連絡しても、その情報については教えることができませんといった返事がくるだけです。

そして先ほど紹介した通り、社内ブラックは半永久的に記録されてしまうので、消すこともできないのです。

そのため、社内ブラックにだけはなってはいけないのです。

社内ブラックに心当たりがある人は他社に申し込みを検討しよう

社内ブラックは、記録が消えることもなく確認をすることもできません。

そのため社内ブラックになってしまっていると心当たりがある人は他社で申し込みを検討するようにしましょう。

その際にはグループ会社以外でのキャッシング会社に申し込むという点には注意が必要です。

そこで、ここからはグループ会社にはなっていないキャッシング会社を紹介します。

もし自分が社内ブラックだと心当たりがある場合には、ぜひ利用を検討してみてください。

アイフル

アイフル

大手キャッシングであるアイフルは、最短30分の審査完了と即日融資を受けることが可能です。

インターネットから365日24時間申し込みができ、必要提出書類も書類提出サービスやメールから簡単に提出することができます。

基本的に他の消費者金融でも行われているのですが、アイフルで初めて借り入れをする場合、最大30日間利息が0円となるのです。

そのため30日以内の返済予定がある場合や、給料の前借目的で利用する場合はお得に借り入れることができるのです。

アイフルでは公式スマートフォンアプリが準備されているので、申し込みから返済取引までお手持ちのスマートフォンから行うことができます。

ちなみに他の大手消費者金融にもありますが、即日融資はWEBからの申し込みだけではなく無人契約機でもできるのです。

アイフルの場合はてまいらずという無人契約でんわBOXを設置しており、電話のガイダンスに従って操作をするだけで申し込みから契約まで行うことができます。

当然てまいらずではその場でカードを発行してもらうことができます。

アイフルの審査基準を徹底解説!審査に落ちる理由と対処法

プロミス

プロミス

テレビやインターネットのCMで「パッと!ピッと!プロミス」というフレーズを聞いたことがあるのではないでしょうか。

このCMを展開している、大手消費者金融であるプロミスではWEBからの申し込みであれば365日24時間対応しています。

ちなみにプロミスには、申し込みから借り入れまで全てお手持ちのスマートフォンからできるように、プロミスの公式アプリである「アプリローン」があります。

アプリローンを使えば、申し込み時に必要な免許証などの必要提出書類をスマートフォンのカメラでスキャンすることができるので、簡単に申し込むことができるのです。

もちろんアプリローンでも即日融資を受けることが可能となっています。

アプリローンの最大のメリットは借り入れるためのカードを持つ必要がなく、セブン銀行ATMであればアプリローンからQRコードを読み込んで操作をするだけで入出金ができるので、スマートフォンを持っている人は使わない手はないのです。

プロミスの審査基準を教えます!審査に落ちる人の特徴と対処法

アコム

アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムもおすすめです。

アコムでもインターネットからの申し込みであれば365日24時間受付をしているので、即日融資を受けることができます。

アコムの最大の特徴としては、申し込み後に審査に通貨して借り入れることが出来る場合、楽天銀行に口座持っているといつでも最短1分でお金を振り込んでもらえます。

さらにアコムの公式ページには3項目の入力で、借り入れ可能か3秒で診断をしてくれるサービスがあるので、心配な方はそちらの利用もおすすめします。

アコムの審査基準を教徹底解説!審査に落ちる理由と対処法

ダイレクトワン

ダイレクトワン

大手キャッシングではありませんが中小キャッシングであるスルガ銀行グループのダイレクトワンもおすすめです。

大手ではないのでそこまでグループ会社も多くありません。

ダイレクトワンでは店頭窓口での申し込みなら即日融資を受けることができます。

店頭窓口での申し込みでは、専門スタッフによるアドバイスをもらいながら申し込みができるので、返済計画を立てたことが無い人でも安心してもうしこむことができるのです。

ダイレクトワンの審査基準と審査に落ちる人の特徴!審査に落ちたあとの対処法