三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査基準と審査に落ちる人の特徴まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

三菱UFJ銀行カードローンの審査基準と審査に落ちる人の特徴まとめ

急な支払いと聞くと、どのようなイメージを皆さん持たれるでしょうか。

例えば、病気で急な支払いが必要となった時、友人から旅行や遊びの誘いが来た時、場合によっては転勤による引越し費用など、人それぞれで急に支払いが必要になることがあると思います。

しかし急にお金を準備することは難しかったりしますよね。

そんな時に急なお金を借り入れることが出来るのがカードローンです。

そんなカードローンを取扱っている銀行や、消費者金融はたくさんありますが、なるべく信頼のおけるところで借りたいと思いますよね。

そこで今回は日本3大メガバンクの1つである、三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の審査基準などを解説しますね。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査基準を解説

カードローンには必ず借り入れのための、審査が各社であります。

この審査では申し込みを行った人に返済能力が備わっているかなどを確認されるのです。

そこでバンクイックの審査は、申込みの段階とその後の信用調査などで行われることとなります。

もしかすると、アルバイトやパートの自分でも申し込めるのだろうかと不安になる人もいるかもしれません。

それとバンクイックの審査基準として重要となる保証会社についても紹介します。

バンクイックの申し込み条件は?

バンクイックには申し込条件が設定されています。

もちろん条件に該当しない方は、申し込むことができません。

そのバンクイックの申し込み条件は以下の通りです。

  • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さま
  • 原則安定した収入があるお客さま
  • 保証会社(アコム(株))の保証を受けられるお客さま
  • ※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。

実は審査はこの申し込みの段階からはじまっており、年齢が19歳以下で65歳以上の方や安定した収入が無い方は申しむことが出来ないのです。

ちなみに3つ目の条件である保証会社については後程説明しますが、バンクイックでお金を借りるための保証をアコムがしてくれているのです。

アルバイト・パートでも申し込み可能

ここで気になるのが、アルバイトやパートの人でも申し込みが出来るのかということです。

申込条件には「原則安定した収入があるお客様」とあるので、フルタイムで働いてないと申し込めないのではと、思うかもしれません。

バンクイックはアルバイトやパートの人でも申し込むことが出来るのです。

申込条件の安定した収入というのは、収入の高さではなく、定期的に収入を得ることが出来ているかということなのです。

そのため、アルバイトやパートの人でも定期的に給料を得ることが出来ているのであれば申し込み可能となります。

バンクイックの保証会社は大手消費者金融「アコム」

先ほどのバンクイックの申し込み条件として、「保証会社(アコム(株))の保証を受けられるお客さま」とあったのを覚えていると思いますが、こちらの保証会社とは一体どのような役割なのでしょうか?

銀行カードローンの保証会社の役割とは?

銀行カードローンには、必ず保証会社が設定されているのです。

もし銀行カードローンで借り入れを行い、返済が間に合わなかった場合、銀行カードローンは借り入れをした人に請求するのではなく、保証会社に請求をするのです。すると保証会社が代わりに借入金の返済を行い、その返済金を借り入れた人に請求するのです。

そのため、銀行カードローンの審査も保証会社が一任しているのです。

ではなぜ銀行なのに保証会社を設定しているのか、それは銀行は無担保無保証の貸し付けであるカードローンのノウハウを持っていなかったり、かつて改正のあった賃金業法の影響で消費者金融などは経営が厳しくなり銀行の傘下へ入ることとなったので、銀行としても自分達で行うよりも審査から保証までを一任した方が効率的なので、保証会社を設定しているのです。

一応審査は保証会社が行っていますが、お金の貸し出しは銀行が行っています。

バンクイックの申し込みに必要な書類とは?

それでは実際にバンクイックに申し込む際に必要な書類を紹介します。

  • 運転免許証(変更事項がある場合は裏面コピーも必要です)
  • 健康保険証(カード型保険証の場合は裏面コピーも必要です
  • パスポート
  • 個人番号カード

以上の本人確認書類と、借入希望金額が50万円超の利用限度額をご希望の場合は、収入証明書の提出が必要となります。

収入証明書は、源泉徴収票・住民税決定通知書・納税証明書などが該当します。

それと、インターネットを利用せずに申し込みを行う場合はご利用申込書の提出が必要となります。

お借入診断や返済シミュレーションも

バンクイックには借り入れできるのか診断してくれるシステムがあるのです。

必要項目を入力してボタンを押すだけで診断してくれるのです。

項目は年齢・性別・独身既婚・他社のお借入状況を入力すると、申し込みが出来るのか診断してくれます。

もちろん診断結果で判断できないとでたとしても、詳細に審査をしてもらうことで借り入れが可能な場合もあるので、借り入れをしたい方は申し込むようにしましょう。

それと返済シミュレーションで毎月の返済金額や返済期間を調べることも出来るのです。

これを使うことで自分がいくら借り入れて、いくら返済していけばいいのかわかるので、手軽に返済計画をたてることが出来るのです。

借り入れを行う際には、必ず返済計画をたてるようにしましょう。

自分の生活を切り詰めるような、返済計画を立ててしまうと本末転倒となってしまうので気を付けましょう。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査に落ちる原因

バンクイックには審査がある以上、すべての人が借り入れを行うことはできません。

先ほど紹介した申し込み条件をクリア出来て、毎月安定した収入がある会社員の方だとしても、必ず審査に通るわけではありません。

それではここからバンクイックに借り入れを申し込んだと時に審査に落ちる原因を解説していきますね。

信用情報に事故情報が記録されている

バンクイックの審査では必ず信用情報が確認されます。

信用情報とは、クレジットカードやカードローンなどの申し込みや契約に関する情報のことで、CICやJICCの信用情報機関で個人の信用情報が記録されているのです。

そしてこの信用情報には事故情報が記録されているのですが、この事故情報とはカードローンの返済やクレジットカードの支払いに関する情報なのですが、返済や支払いの滞納遅延に関する情報を主に記録しているのです。

実はこの信用情報に事故情報が記録されていると、一定期間お金の借り入れや新たなクレジットカードの申込が出来なくなり、バンクイックの審査に落ちてしまう原因となるのです。

信用情報に傷をつける原因

それでは実際にどのような行為が信用情報に傷をつけてしまうのか。

それは、クレジットカードの支払いやカードローン返済の延滞滞納、債務整理、代位弁済が行われた場合に傷がついてしまうのです。

カードローン返済の滞納などはわかると思いますが、債務整理は裁判などで借入の減額や免除をする行為となり金融機関が不利益を被る形となるのです。

代位弁済はローンの返済が厳しくなり払えなくなった場合に、保証会社が代わりに支払うことです。

これらの行為をしてしまうと、信用情報に傷をつけてしまい審査に通らなくなってしまいます。

気を付けなければならないのが、携帯電話の端末料金などを分割にしている場合や奨学金の返済を延滞した場合も同様に、信用情報に傷がついてしまうのです。

それと、カードローンの審査に通らなくなるだけではなく、新たにクレジットカードを作ることもできなくなります。

年齢が申し込み条件に反している

申し込み条件にあるように、年齢に反している場合は審査に落ちてしまう原因となります。

例えば、18歳で年齢を20歳に偽ろうと思っても、基本的にはできません。

年齢は本人確認書類により確認が取られますので、申し込みの際に20歳と入力しても本人確認書類の年齢は偽ることが出来ないので、年齢を偽って申し込んでもばれてしまうのです。

すでに複数社からの他社借入がある

バンクイックの審査に落ちてしまう原因の1つに、すでに複数の金融機関から借り入れをしている場合となります。

これは総量規制という貸し借りが過ぎないように防止をするための法律が関係しているのです。

総量規制により借り入れできる合計金額が年収の3分の1までと制限されているため、他社で借り入れを行っていると借り入れ金額が年収の3分の1を超えてしまう可能性があるからなのです。

しかし実はこの総量規制、銀行カードローンは対象外となるので、バンクイックは総量規制の適用対象外となるのです。

総量規制の対象外だとしても自主規制をしている

バンクイックが銀行カードローンということで、総量規制の対象外だとしても銀行側が自主規制をしているのです。

銀行カードローンが総量規制の対象外ということで、借り入れ金額を制限せずに続けると、他の消費者金融などのローンを行っている金融機関に影響を与えてしまい、結果的に消費者金融を使わずに銀行カードローンだけを使おうとなってしまうのです。

それと総量規制は借り入れを行う人を守るために作られた法律です。

その法律を総量規制の対象外だからと言って破ってしまうと、金融業界のバランスを崩したり借り入れを行う人の返済が難しい金額を貸し出してしまうかもしれないので、銀行としては自主規制として複数社から他社借入がある人を審査で落とすのです。

さらにバンクイックのサイトでお借入れ診断を行えるのですが、他社のお借入れ状況についてという項目で借入件数と金額を入力しなければならないので、バンクイックでは自主的に規制をしているのです。

過去にアコムを利用してトラブルを起こしている

もし過去にアコムを利用してトラブルを起こしている人は、審査に通らない可能性があります。

先ほど紹介しましたが、アコムはバンクイックの保証会社となっています。

つまり、バンクイックで借り入れを申し込んだとしても、実際に審査を行っているのはアコムとなるので、アコムでトラブルを起こしていると記録に残るので、バンクイックでの審査に通らない可能性があるのです。

特に信用情報に傷がついている場合と違いアコムでトラブルを起こしているので、もしかすると長い期間アコムとバンクイックで借り入れが出来ないかもしれません。

やはりローンなどの借り入れは信用が大切なってきます。

一度トラブルを起こしている人に、再びお金を貸し出すことは非常にリスクを伴うからなのです。

2018年から銀行カードローンの審査は厳しくなっている

実は2018年から銀行カードローンの審査は厳しくなっているのです。

それまで銀行カードローンは、総量規制の対象外ということで年収の3分の1以上の借り入れを許可していたり、即日融資可能と宣伝をしていました。

しかし、過剰な貸し付けや即日融資が多重債務の原因になるということで、2018年より銀行カードローンの審査は厳しくなりました。

これまでは、銀行カードローンの申し込みがあると、保証会社へ申し込み情報を送り、保証会社から申し込みをした人の保証に許可が出ると、銀行としても審査通過ということにしていました。

しかし2018年以降からは、保証会社への申し込み情報を送り許可を得ることに変わりはありませんが、追加で預金保険機構にも審査を送ることとなり、預金保険機構は警察庁や各銀行にも情報を共有するようにしたのです。

その情報共有や審査の関係でこれまで即日融資が可能だった銀行カードローンで、即日融資が出来なくなり審査が厳しくなったのです。

確実にお金を借りるなら審査の甘い中小消費者金融!

銀行カードローンは以前よりも審査が厳しくなっている現実があります。

借り入れを確実に出来るとは限りませんし、今回のバンクイックのように保証会社にアコムが指定していたりと、銀行と消費者金融で情報が共有されているのです。

すると、銀行カードローンや大手消費者金融ではお金を借り入れることが難しく感じるかもしれません。

しかし大丈夫です。大手の消費者金融ではなく、中小の消費者金融であればお金の借り入れをほぼ確実することができるのです。

さらに中小消費者金融は大手消費者金融よりも審査が甘く、なんと信用情報に傷がついていたとしても審査に通ることが出来る可能性があるのです。

中小消費者金融であれば

銀行カードローンや大手消費者金融の場合、信用情報に傷がついていると審査に絶対通ることはありません。

しかし中小消費者金融であれば通る可能性があるのです。

なぜ中小消費者金融の審査が甘いのか、それは大手消費者金融でお金を借り入れることが出来なかった人たちが中小消費者金融に流れるからです。

大手消費者金融でお金が借り入れられないということは、信用情報に傷がついている可能性があり、お金を借り入れるためには中小消費者金融に頼るしかないのです。

そのため、中小消費者金融は審査を甘くしなけば、お金を借りてくれる人を見つけることが出来ないのです。

もちろん中小とはいえ、消費者金融業者なので総量規制を超える借り入れはできませんし、信用情報に傷がついていると言っても、きちんと返済能力がある人を審査に通すのです。

それと、中小消費者金融は独自の審査基準で審査をしているのです。

大手消費者金融と同様の審査をしていたら、結局審査に通らない人ばかりになってしまうからです。

ダイレクトワン

ダイレクトワン

中小消費者金融の中でおすすめなのがダイレクトワンです。

ダイレクトワンはスルガ銀行グループの消費者金融なので、中小消費者金融の中でも信頼がおけるのです。

もちろんダイレクトワンは、最短当日の即日借り入れが可能で銀行グループということもあり対応可能なATMが多いので返済時も困ることがありません。

1万円から借り入れをすることもでき、当然パートやアルバイトの方でも借り入れることが可能で、申し込みもWEBで契約まで完結するため、好きな時に申し込むことが出来るのです。

ダイレクトワンの審査基準と審査に落ちる人の特徴!審査に落ちたあとの対処法