カードローンの審査に通らない理由をまとめてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

インタビュー

カードローンの審査に通らないと悩んでいる方はいませんか?

なぜカードローンの審査に通らないのか、正しい理由が分からなければ再び申し込んだとしても、審査に落ちてしまう可能性が高いでしょう。

そこで今回はカードローンの審査に通らない人の理由をまとめてみました。

審査に落ちてしまった経験のある方は、ぜひ参考にして審査通過を目指して頑張りましょう!

すでに借金をいっぱい抱えている

すでに他社からの借金をたくさん抱えているという方は、カードローンの審査には通りません。

具体的に借入総額が年収の1/3を超えてしまえれば、審査に通らない可能性が高いと考えていいでしょう。

特に消費者金融・クレジットカードのカードローンは総量規制の対象となり、年収の1/3を超える融資は受けられないようになっています。

銀行カードローンであれば総量規制の対象外なので、返済能力があれば融資は可能ですが、審査が厳しいので借金があればなかなか審査に通るのは難しいでしょう。

他社借入件数が3社以上ある

統計的なデータから、借入件数が3件を超えると返済不能に陥るリスクが高くなります。

そのため他社借入件数が3社以上あると、カードローンの審査に通らないと考えていいでしょう。

また借入件数が多い状態は、利息も無駄に発生しているので非常にもったいない状況です。借り換えやおまとめなど利用することをおすすめします。

カードローンの借り換えについては、こちらの記事でさらに詳しく解説しています。

申し込み情報に誤りがある

カードローンの審査では、申し込み情報が非常に重要視されます。申し込み情報に誤りがあれば審査に落ちる可能性も高くなるので注意しましょう。

申し込み情報をもとに審査を行い、信用情報の取り寄せも行うため、申し込み情報に間違いがあると正しく審査ができないのです。

特に引っ越したばかりの方や、結婚したばかりの方は、提出した書類と申し込み情報の内容が相違するケースが多いので気をつけましょう。

カードローンに申し込む際には、申し込み情報に誤りがないか必ず確認するようにしましょう。

信用情報に事故情報が残っている

カードローンやクレジットカードで、返済・支払いの延滞があると、信用情報に記録が残ります。

一度や二度の延滞であれば大きな影響はないですが、長期間(2カ月以上)の延滞や回数が多くなると、事故情報として登録されるので注意しましょう。

事故情報があると信用できない顧客として、審査には通らなくなってしまいます。

いわゆるブラック状態とよばれるものです。

事故情報が一定期間経つと記録から消えるようになっていますが、事故情報が保存されている間は審査に通らないのでご注意ください。

信用情報についてはとサイトにあるこちらの記事で詳しく解説しています。もっと詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。
信用情報とは?カードローン審査に与える影響

過去に債務整理をしたことがある

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

過去に債務整理をした経験がある方は、一定期間カードローンの審査には通らなくなります。

債務整理とは借金や利息を軽減する法的手続きです。

借金が返済できないときは債務整理をしなければなりませんが、債務整理をした記録は一定期間信用情報に残ります。そうしなければお金を借りる度に債務整理をする人が出てきてしまうからです。

そのため債務整理をしたあとは、ペナルティとして一定期間カードローンは利用できないと覚えておきましょう。

申し込み条件を満たしていない

意外と多いのはカードローン業者の設ける申し込み条件を満たしていないケースです。

一般的に年齢条件を満たして一定の収入があれば申し込み可能ですが、中には居住地や年収の条件を設けている業者もあります。

特に銀行カードローンでは居住地や年収の指定があることが多いようです。

そのため審査に落ちてしまったときには、念のために申し込み条件を満たしているかどうか確認するようにしましょう。

未成年では利用できないので注意しよう!

カードローンなどの融資に関する契約は、未成年の場合無効にすることができます。

そのため、もし未成年の方が融資の契約を結んだとしても、一方的に契約を破棄することができ、返済する義務もなくなります。

業者からすると返済されないリスクが高すぎるので、未成年には融資を行っていないのです。

未成年でも結婚していれば民法上は成人と認められますが、ほとんどのカードローン業者は満20歳以上でないと利用することはできません。

信用情報が間違えられている

稀なケースですが、信用情報を他人のものと間違えられて審査に落ちてしまうこともあります。

信用情報は住所や氏名を基に取り寄せているため、近所に同姓同名の人がいれば、間違えて信用情報が取り寄せられる場合があるのです。

カードローンの審査に落ちる覚えがないという方は、一度あなたの信用情報を開示してみるといいでしょう。

信用情報にはカードローンの申し込んだ記録も残っているので、前回の申し込み記録が残っていなければ、他人の信用情報で審査が行われた可能性が高いです。

また覚えのないカードローンの利用履歴が残っているときも、他人の信用情報と間違えられている可能性があるのでご注意ください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

カードローンの審査に落ちてしまった人は、ここで紹介した理由にいくつか当てはまっているのではないでしょうか。

また上記の理由に当てはまらない方でも、キャッシングの審査に落ちてしまうことはあります。カードローン業者によって審査基準は異なるので、審査に落ちた理由を正確に知ることはできないのです。

カードローンに申し込む際には、審査に落ちる可能性も充分にあると考慮して、余裕をもって利用するようにしましょう。