カードローンに無職でも審査に通るコツとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

友人からお金を借りる

基本的にカードローンの審査は、継続的に安定した収入がなければ審査に通りません。

そのため収入のない無職の方では、審査に通るのは難しいと考えていいでしょう。

しかし中には無職でもカードローンの審査に通る方もいます。

そこで今回は無職でもカードローンの審査に通る条件をご紹介。収入がない方でも特定の条件を満たしていれば、融資を受けることができるのでぜひご確認ください。

まずは一般的にカードローン業者の申し込み条件を確認しましょう。

一般的なカードローンの申し込み条件

  • 申し込み時の年齢が満20歳以上であること
  • 継続的に安定した収入があること

一般的なカードローン業者では、上記の条件が絶対となります。

カードローンでは民法上、未成年は契約が無効となるので、満20歳以上でなければ利用できません。

また継続的に収入がある方でなければ、返済が出来なくなる可能性が高いので融資を行うことはできません。

消費者金融などの貸金業者では、貸金業法によって年収の1/3以上の貸付を禁じる総量規制が設けられています。そのため法律上の問題からも収入がない方には貸し付けが禁じられているのです。

また現在職に就いている方であっても、勤続年数が3カ月未満など短かった場合、審査は不利になってしまうのでお気をつけください。

しかし中には特定の条件を満たしていれば、無職でも審査に通るカードローンもあります。ここからは無職でも融資を受けられる可能性のある条件をご紹介します。

配偶者に安定した収入がある

専業主婦など配偶者に安定した収入のある方は融資を受けることができます。

特に銀行カードローンでは、配偶者の収入がある主婦であれば審査OKという銀行が多いです。銀行は総量規制の対象外なので、返済能力が認められれば簡単に融資を行うことができます。

また消費者金融でも総量規制の特例として、配偶者に収入がある主婦への融資を認める「配偶者貸付」を利用することができます。しかし配偶者貸付が認められるためには、配偶者の同意書や収入証明書など必要になるので、申し込み前に必ず確認するようにしましょう。

失業中で失業手当を貰っている方

現在失業しており、転職するまでの間失業手当を貰っているという方であれば、審査に通るお見込みがあります。また転職先がすでに決まっている方であれば、さらに審査は有利です。

カードローンの審査で重要なのは年収なので、年間で収入が安定していることを証明できれば融資は可能なのです。

しかし失業期間が長かったり、転職先にあてがない状態では審査は不利になってしまうのでご注意ください。

また失業しているとどうしても審査は不利になってしまうので、出来れば退職する前にカードローン業者と契約しておくことをおすすめします。

年金を受給している方

無職であっても年金を受給している方であれば、審査に通る可能性が高いです。

しかしカードローンの申込条件には、上限年齢が設けられていることが多いので注意しましょう。特に65歳を超えると、年齢条件の対象から外れてしまう業者が多くなってきます。

利用中に対象年齢から外れてしまうと、新たな借り入れができなくなり返済しかできなくなってしまいます。

年金を受給している方は年齢条件に注意しましょう。

仕送りを貰っている学生の方

仕送りを貰っている学生の方でも、継続的に収入があると証明できれば審査に通る見込みがあります。預金通帳の写しなどを提出して、定期的に仕送りを貰っていることを証明しましょう。

大手のカードローン業者では、仕送りだけの学生には融資を行っていないケースも多いですが、学生専用のローンであれば柔軟に対応してもらえます。

また学生の方でもアルバイトをしていれば、カードローンの審査には問題なく通るのでご安心ください。

保証人を用意できる方

無職の方でも保証人を用意することができれば、カードローンの審査に通ることができます。

通常カードローンといえば担保も保証人も要りませんが、要望があれば保証人を立てることも可能です

どうしても融資を受けたいのであれば、保証人制度を利用するといいでしょう。

しかし当然ながらカードローンの返済が滞った場合、返済の催促は保証人の元にも行われます。関係性に大きくヒビが入る可能性もあるので、気軽に保証人を立てることはおすすめできません。

このように無職の方でも、収入があって返済能力があると証明することができれば、カードローンの審査に通ることができます。

しかし収入がなく返済能力を証明することが出来ない無職の方は、カードローンの審査に通ることはできません。最後に審査に通らない無職の方のために、審査に通るようになるコツをご紹介します。

派遣のアルバイトに登録する

カードローンの審査に確実に通りたいのであれば、勤続期間は半年以上欲しいものです。

しかし半年間も働くことができないという方は、短期でもいいので派遣アルバイトを始めるといいでしょう。

申し込みの際に勤務先さえ入力することができれば、審査に通る見込みが出てきます。派遣会社に登録しておけば、堂々と勤務先として申し込みの際に入力することができるのです。

消費者金融の中には在籍確認を行わないところも多いので、派遣会社でもいいので登録しておくようにしましょう。

担保にできる財産を探す

派遣会社に登録しても審査に通らないという方は、担保にできる財産を探して質屋を利用することをおすすめします。

質屋では借りた分を返済することができれば、担保を取り戻すことができます。無職の方でも利用することができるので、とりあえず現金化できそうな財産を探してみるといいでしょう。

しかし一定期間経っても返済できなかった場合、担保が商品として売られてしまうのでご注意ください。

公的機関の支援を受ける

カードローンから融資を受けることが出来ないのであれば、公的機関から支援を受けることもおすすめします。

体調を崩して働けない方や、精神的に働くことが難しい方は、無理をせずに生活保護を申請した方がいいでしょう。

カードローンを利用した場合、借りた分は返済しなければならないので、将来的に必ず収入を増やす必要があります。

将来を冷静に考えて、収入を得ることが難しいと思うのであれば、カードローンではなく行政の支援を受けるようにしましょう。

まとめ

このようにカードローンの審査は無職でも通ることはできますが、返済能力が認められなければ融資を受けることはできません。

現在無職で収入のない方は、とにかくアルバイトでもいいので収入を増やすことを考えましょう。また働くことができない正当な理由がる方は、無理をせずに生活保護へ申請することをおすすめします。

正規のカードローン業者から借りられないからといって、絶対に闇金だけは利用しないように気をつけましょう。