キャッシングの審査で嘘をついてもバレる理由と虚偽申し込みのリスク

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

ストップ!のジェスチャー

キャッシングの申込時に嘘をついても、バレるリスクが非常に高いので絶対にやめましょう。

キャッシングの審査ではあなたの信用情報や必要書類を徹底的に調査し、虚偽の情報がないか調査をしています。

もし嘘がバレた場合、警察に捕まってしまう可能性もあるので、絶対に虚偽に申し込みはやめておきましょう。

キャッシングの審査でありがちな嘘

まずキャッシングの審査でよくある嘘を紹介します。ここで紹介するものは嘘をついたとしても、バレる可能性が非常に高いので絶対にごまかさないようにしましょう。

実際の年収よりも高く記入する

返済能力を高く見せるため、つい実際の年収よりも高く記入する人もいますが、バレる可能性が非常に高いのでやめておきましょう。

とくに数年以内にクレジットカードなどに申し込んで、信用情報に年収が記録されている方は、不自然に年収が増えていると嘘をついているとバレてしまいます。

怪しい顧客には収入証明書の提出が求められてしまうので、

勤続年数を長く記入する

勤続年数も前回記録した信用情報を照会すれば、すぐに嘘はバレてしまいます。

勤続年数が短いと退職するリスクが高いので、信用審査では不利になってしまいます。しかし申し込みで嘘をつくほうがもっと評価は悪くなってしまうので、勤続年数で嘘をつくのはやめておきましょう。

他社から借り入れが無いと嘘をつく

他社借入については、キャッシングの審査で最も重点的に見られる項目の一つです。

貸金業法でも必ず確認するように定められており、ここで嘘をついても100%バレてしまいます。

信用情報機関に加盟している金融機関では、借り入れがあった場合、必ずリアルタイムで信用情報に記録するようになっています。

そのため他社借入を少なく申し込んでも、必ずバレてしまうのでご注意ください。

勤務先で嘘をつく

実際とは違う勤務先で申し込むのも、キャッシングの審査ではバレる可能性が高いのでご注意ください。

特に近年では電話での在籍確認を徹底するキャッシングが増えており、信用情報に登録されていない勤務先で申し込んだ場合、在籍確認でバレる可能性が高いです。

最近では在籍確認に嘘の企業として対応してくれるアリバイ会社も増えていますが、大抵の業者は貸金業者にもキャッチされているので、バレる可能性が非常に高いです。

そもそも嘘をついてもキャッシングの審査に通りやすくならない

そもそも嘘をついたからといって、キャッシングの審査に通りやすくなるわけではありません。

キャッシングの審査に落ちる場合、信用情報に傷がついていたり、総量規制に引っかかっていたりと、致命的な原因があるケースが多いからです。

そのため勤続年数や年収で嘘をついても、多少限度額の上限等が上がる可能性はあったとしても、審査落ちから審査通過にたどりつくケースは稀なのです。

キャッシングの審査通過率は非常に低い

そもそもキャッシングの審査通過率はみなさんが思っているほど高くはありません。

テレビCM等で有名な大手消費者金融であっても、審査通過率は50%を切っているのが現状です。

そのため信用情報や収入状況に不安がある方は、キャッシングの審査に通るのは難しいと考えていいでしょう。

キャッシングの審査基準と審査に落ちる理由のすべて

キャッシングの審査で嘘がバレるとどうなる?

それではキャッシングの審査で嘘をついた場合、どうなるのでしょうか。ここからは嘘がバレた場合のリスクを解説していきます。

キャッシングの審査に落ちる

故意に嘘をついたと判断されてしまった場合、キャッシングの審査に落ちてしまう可能性が高いです。

軽度の間違いであれば、本人確認の電話等で申込情報の確認が行われ、その場で訂正をしてくれます。

しかし年収を大幅に偽ったり、他社借り入れの項目等で嘘をつくと、故意的と判断されるリスクが高いのでご注意ください。

他社のカードローンの審査にも落ちる

キャッシングの審査で嘘をついたと判断されると、信用情報に記録が残される可能性があります。そうなると、信用情報に登録されている限り、他社のキャッシング審査にも通らなくなってしまうのでご注意ください。

カードローンの審査で嘘をつくと捕まってしまう?

カードローンの審査で嘘をついた場合、悪質だと判断されると詐欺罪が適用されることもあります。

たとえば他人になりすまして申し込みをしたり、架空の会社に勤務していることにして申し込もうとしたりすると、刑事罰則を受ける危険性があります。

また年収を多く見せようと水増ししたり、他社借入を少なく申告したりすると、業者からの信用を失って審査も不利になります。加えて信用情報に嘘をついたことが記録され、他社の審査にも悪影響をおよぼす可能性があります。

住所や電話番号の入力間違え程度であれば、訂正することで大きな問題にはなりませんが、それでも業者からの信用を失くすきっかけになるのでご注意ください。

キャッシングの審査で嘘をついたことがばれる理由

カードローンに申し込む人は、どうしても審査に通りたいのでつい嘘をついてしまうことが多いです。

しかし業者からすると嘘に騙されたまま融資を行うと、返済されない危険性が高いので、審査も入念に行っています。審査にかかる時間のほとんどは、申し込み内容が本当かどうか確認していると考えていいでしょう。

信用情報・書類審査・在籍確認など、情報を確認する工程をいくつも設けることで、嘘を見抜けるようにしているのです。

ここからはそれぞれの審査工程でチェックされる項目を紹介していきます。

信用情報を見られるから

カードローンの審査では、個人の信用情報が調べられます。

信用情報には過去にカードローンやクレジットカードに申し込んだ際の氏名や住所が記録されており、申し込み情報に誤りがないかチェックされるのです。

たとえば1年前の信用情報と現在の申し込み情報で、年収がいきなり数百万円上がっていると怪しまれてしまし、収入証明書の提出が求められることもあります。

また他社からの借り入れ状況など、信用情報には正確に記録されているので、借金を少なく見せようとしてもすぐにばれてしまうでしょう。

書類審査で身分証明書の提出が求められるから

カードローンの審査では身分証明書の提出が求められます。

書類審査ではただ氏名や住所に誤りがないか確認するだけではありません。

たとえば運転免許証を提示した場合、交付日や登録番号を見て不自然なところがないか入念にチェックされます。登録番号などの情報も信用情報に記録されているので、他人の運転免許証を偽造してもすぐにばれてしまうので絶対にやめましょう。

また不自然な年齢で免許証を取得しており、信用情報に記録が残っていない場合などは、架空の名義で申し込みをしている危険があると怪しまれてしまいます。

カードローンでは業者の判断で融資を断ることができるので、怪しまれることがないよう不自然な点がないようにしましょう。

在籍確認があるから

カードローンの審査では勤務先へ在籍確認の電話も行われます。

そのため架空の勤務先をでっちあげてもすぐにばれてしまうのです

また本人への確認の電話も必ず行うので、他人の電話番号で申し込みをしても必ずばれてしまいます。

このようにカードローンの審査では、あらゆる方法で申し込み情報が嘘ではないか確認が行われます。

また嘘をついてばれなかったとしても、怪しまれた時点で審査に落とされることもあるのです。どうしてもカードローンを利用したいからといって、嘘をつくのだけは絶対にやめておきましょう。

申し込み情報の誤りも審査で不利になるので注意しよう

申し込み情報に誤りがあった場合でも、カードローンの審査は不利になってしまうので注意しましょう。

たとえば他社借入額を間違えて入力した場合、自分が抱えている借金も正確に把握できていない人として判断されます。他の項目で入力ミスをしたとしても、いい加減な人という印象を抱かれてしまうでしょう。

カードローンの審査は最終的に人間が判断するので、そういった細かなところから信用を勝ち取ることが大切なのです。

またネット申し込みでは、相手が嘘をついているのか間違えているのか判断することはできません。そのため故意に誤った情報で申し込みをしていると思われても仕方ないのです。

カードローンに申し込む際には、必ず入力情報に間違いがないか確認するようにしましょう。

嘘は絶対についてはいけません!