在籍確認なしで即日融資可能なカードローンはどこ?

在籍確認なしで即日融資可能なカードローンはどこ?

カードローンを利用する場合、申し込み時に必ず審査が行われます。

当然かもしれませんが、申し込みを行った人に返済能力があるのかを確認するためです。

他にも信用事故を起こしていないか、銀行や消費者金融としても融資をして問題ないかなども確認します。

その審査の中で、在籍確認という審査項目があり実際に申し込み内容の会社で働いているのかを電話で確認することとなるのです。

会社にで電話かかってくるとなると、人によってはかけてほしくないとという人もいるかもしれません。

しかし在籍確認はどの消費者金融でも行われるのです。

そこで今回はなぜ在籍確認が行われるのか、そしてすぐお金が必要な人のために即日融資が可能なカードローンを紹介します。

カードローンの審査では基本的に在籍確認が必須

出張などで急にお金を使う予定が入り、お金が必要になった時に利用できるのがカードローンですが、カードローンの審査には基本的に在籍確認が必要となります。

在籍確認はなぜ必要?

在籍確認はカードローン会社の担当者から、カードローンを利用する本人が勤めている会社に直接電話連絡が入ることが一般的です。

カードローンを利用する本人が、ローン申込時に申告した勤務先で本当に働いているか、安定した収入があるかどうか確認する為に行われます。

SMBCモビットのWEB完結申込は電話連絡なしで即日融資OK

カードローンを組む際には在籍確認は必須であり、SMBCモビットも例外ではありません。

しかしながら、SMBCモビットは他のカードローン会社と異なり、電話連絡以外の方法で在籍確認を行うことができます。

SMBCモビットでのカードローンの申込方法のひとつに「WEB完結申込」があります。

これを選べば、勤務先への電話連絡なしでカードローンを利用できます。

SMBCモビットの「WEB完結申込」は電話での在籍確認を気にする人にこそおすすめと言えるでしょう。

やむをえない事情があれば書類確認でOKになるケースもある

カードローンの申込をする際、やむを得ない事情がある場合は、保険証などの必要書類の提出でカードローン審査に通ることがあります。

これはカードローン会社によって対応が異なりますので、電話での在籍確認ができない理由を述べて、電話以外での確認方法がないか聞いてみると良いでしょう。

電話での在籍確認を回避できるケース

先に述べた通り、やむをえない事情があれば書類確認でOKになる場合があります。

やむをえない事情の例としては以下が代表的です。

  • 勤務先に電話がない
  • 個人情報保護の観点から「職場に在籍しているか/していないか」に答えられない
  • 規模が大きく個人の名前が把握されていない
  • 業務に関係のない「私用の電話」に対応することが職場で禁止されている

上記のような事情をローン会社の担当者に具体的に伝えれば、必要書類の提出で対応してもらえるカードローン会社はあります。

在籍証明書として認められるもの

やむをえない事情を説明し、書類確認でOKになったには以下の書類を提出することになりますので、早急にお金を調達する必要がある方は事前に書類の準備を進めておくとスムーズにカードローン審査に移ることができます。

  • 社員証
  • 給与明細
  • 源泉徴収票
  • 勤務先が発行した健康保険証など

即日融資を受けるなら大手消費者金融がおすすめ

ここまでローンを組む際の在籍確認について述べてきましたが、実際にローンを組む際に重要視される項目の一つとして融資までのスピードが挙げられます。

即日融資とは、カードローン会社に申し込みをして、その日のうちにお金を借りることが出来ることを意味しますが、銀行カードローンでは2018年より即日融資ができなくなっています。

銀行カードローンは申込から実際の融資までに1週間程度かかるものが大半です。ここでおすすめしたいのが、即日融資が可能な大手消費者金融です。

アコム

アコム

即日融資が可能な大手消費者金融で有名なのがアコムです。

審査・融資が早いことで知られており、お急ぎの方への融資が得意な会社です。

審査時間は最短30分と言われており、融資を受ける際、担保も保証人も不要で、「運転免許証」など本人確認書類があれば、その場でご審査、その場で融資可能となります。

アコムのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説

アイフル

アイフル

アイフルもアコムと同じく大手消費者金融の中でもCMを大々的に放送しており、世間の認知度も高い会社です。

アイフルの審査も最短30分回答、最短1時間融資も可能です。

審査・融資において、ほぼ同スピードの2社ですが、アイフルは借り入れを急いでいる方への対応をしてくれる唯一の消費者金融です。

公式サイトには、「インターネットからお申し込み後、フリーダイヤルにお電話していただくことで審査にかかるお時間が短縮」とあるので、お急ぎの方はアイフルを選ぶと審査スピードを優遇してもらうことができます。

アイフルのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説

中小消費者金融は即日融資不可の業者も多い

消費者金融は大きく分けると2つのタイプに分かれます。

知名度のある大手消費者金融と、地域密着型の中小消費者金融です。

大手消費者金融は、はじめて金融機関からお金を借りる人をターゲットとしており、大手ならではのきめ細かなサービスが魅力です。

またコンピュータ審査を導入しており、ネット申込フォームから利用者情報の確認、融資額の算出を短時間で行えるようなシステムを構築しているので、最短30分審査、1時間で融資ができるのです。

一方、中小消費者金融は、すでに複数社から借入をしている人をターゲットとしています。

中小規模の消費者金融でもコンピュータ審査は導入している場合はありますが、一部の企業では採用していません。

即日融資に対応していない企業もあり、人の手によって審査可否を決めていると考えられます。

ローン申込から融資までのスピードを重視するのであれば、大手消費者金融を選ぶべきでしょう。

在籍確認では何が行われる?

ローン申込をすると、次のステップとして在籍確認が行われます。

ローン審査担当者から、勤務先へ電話が入ります。具体的にどのような内容なのかを説明していきます。

申込時に記入した勤務先へ電話がかけられる

ローン申込の際には氏名、住所などの基本情報を記載します。

この際に記載した勤務先の電話番号にローン会社から電話が入ります。担当者の個人名で電話連絡が入るので、周りの人に自分がローンを組んでいることを知られる可能性は低いです。

本人が在籍しているか確認

在籍確認は本人が申込時に申告した会社で本当に働いているかどうかの確認だけに行われるものです。

本人が電話口に出たら、その会社へ勤務していることを確認してもらえます。

その後、本人へカードローンの審査であることが伝えられ、在籍確認は終了します。

カードローンの申し込みを行った際に、担当者から「電話に出やすい時間帯」を聞かれることがほとんどです。指定した時間帯はなるべくデスクにいるようにしましょう。

本人が出なくても在籍していることがわかればOK

たとえ本人が電話に出なくても問題ありません。

「カードローンの在籍確認の為の電話です」などと伝えられることはありませんし、「◯◯さんはご在席でしょう?」程度のものですので、過度に心配する必要はありません。

ただし、本人不在の場合は、本人が電話口に出るまで改めてかけ直すことが多いです。電話対応を行った人が「◯◯は営業のため外出中です」「本日会社を休んでいます」などと答えれば、ここで在籍確認は完了となります。

在籍確認のあとは本人確認の電話もある

在籍確認が終わった後には本人確認の電話もかかってきます。

本人確認は申込時に申込者の連絡先を記載しますのでその電話番号にかかってきます。

ローン会社によっては在籍確認と本人確認の順番が前後しますので公式ホームページなどでよく確認しておくべきです。

会社への在籍確認をする際の時間帯指定などはこの本人確認時に伝えておくべきです。

本人確認より在籍確認が先である場合は、申込直後にローン会社に電話して、こちらからの要望事項を伝えておくべきです。

例えば、「◯◯という名前で電話してください」「◯時頃に電話して欲しい」など、会社に在籍確認の電話だとばれたくない、自分で電話を取りたいというような希望がある場合はオペレーターに相談すると柔軟に対応してくれます。

即日融資が必要なら勤務先の営業時間内に申し込むこと

在籍確認は会社に電話が入り、それを受けて本人がいるかいないかを誰かに証明してもらう必要があります。

即日融資が必要なのであれば、勤務先の営業時間内に申し込みをしなければ、その後の在籍確認時に電話を取る人がおらず、在籍確認できないことになります。

在籍確認なしではローン審査が通過することはありませんので、早朝、夕方にローンの申込をする場合は特に注意が必要となります。

土日・会社が休みのときは在籍確認が後回しになるケースもある

また、土日、祝日で会社が休みの際も同様で、電話を取る人がおらず、在籍確認ができない場合は即日融資はできませんし、その分融資までの時間が長引きますので事前に把握しておく必要があります。

専業主婦の在籍確認はどうなる?

ここでは主婦についての在籍確認について説明します。

主婦であってもパートやアルバイトをしている場合はパート先、アルバイト先に在籍確認の電話が入ります。

専業主婦の場合は、自宅での稼ぎがありませんので、収入源は夫の給与となりますが、夫の勤務先に電話かかってくることはなく、本人への確認のみで完了することが多いようです。

大手消費者金融は融資自体不可

そもそも、大手消費者金融では専業主婦に融資自体ができません。

理由としては消費者金融では年収の1/3以上は融資を組むことができない「総量規制」の対象となるからです。

専業主婦の場合は、そもそもの収入がないので総量規制の対象となる以前に、大手消費者金融としても無収入ということで融資を行なうことができないのです。

中小消費者金融は要相談

中小消費者金融の中には総量規制の例外とする配偶者貸付の制度を適用してくれる企業もありますが、それでも融資をしてくれる企業はごくわずかです。

お金が必要になった際には中小消費者金融に問い合わせることも選択肢の一つと考えておくべきです。

銀行カードローンは本人確認のみでOK

一方、銀行カードローンは先に述べた総量規制の対象外であるため、専業主婦への融資も行っています。

また、基本的には在籍確認はなく、携帯電話への本人確認のみとなります。

2018年から銀行カードローンの即日融資は停止

銀行カードローンの即日融資は2017年までは可能でした。

これが2018年より以下の2点に対する対策のため、即日融資が出来なくなりました。

  • 銀行カードローン利用者の自己破産率の低減
  • 暴力団関係者への融資規制

そして銀行カードローンの審査では、必ず警察庁のデーターベースに照会をかけたりする必要があるので、どんなに早くても審査結果の回答が翌営業日以降となっているのです。

派遣社員の在籍確認は基本的に派遣元へ電話がいく

次に派遣社員の在籍確認はどのように行われるのか説明していきます。

派遣社員がカードローンを申し込む際にも、基本情報として勤務先を記載する必要がありますが、その際には「登録している派遣会社」の名前を記載することになります。

いわゆる「派遣元」と呼ばれるもので、その会社に派遣社員として登録しますが、実際に働くのは派遣会社から派遣された「派遣先」で働くことになります。

ですから、在籍確認としてローン会社から「派遣元」に電話をかけても、働いているのが「派遣先」であるため、対応されない場合があるので注意が必要です。

アリバイ会社はバレる可能性が高いので利用しない

勤務先が社会的な信用面で不安がある場合、アリバイ会社の利用を検討する方がいます。

アリバイ会社とは、実際にはその会社で働いていない人を働いているように見せかけるサービスを提供している会社のことです。

まず始めに説明しますと、「アリバイ会社は絶対に利用してはいけません」。アリバイ会社の利用はカードローンの取引規約において違反行為に該当し、申し込み時に発覚した場合は契約不可となります。

仮に審査が通過したとしても利用中に発覚した際は、強制解約となる場合があります。強制解約となった場合は、個人信用情報に傷がつき、カードローンだけでなく、クレジットカードや各種ローンについてもその後、申請が通らなくなる可能性が高くなります。

また詐欺罪で訴えられるリスクも伴います。

また、銀行や消費者金融などの金融機関は、怪しい会社をブラックリスト化しているので過去に虚偽申告として利用された会社については厳しいチェックが行われているのでバレやすいです。

バレる可能性が高いこと、バレた際のダメージが大きいことを考えると、アリバイ会社は絶対に利用してはいけないことが理解できると思います。

審査なしの即日融資は闇金の可能性が高いので要注意

ここまで在籍確認を含むローン審査について述べてきましたが、「審査なしでお金を借りれたらなあ」と考えている人は多いと思います。

しかし結論からいえば、無審査でお金を借りることはできません。

金融機関は融資を受けようとする方の返済能力を審査する必要があります。審査せずに融資をするということはハイリスクであり、そのハイリスクの代わりにハイリターンを狙って融資しているのが闇金です。

闇金とは貸金業に正規に登録していない、登録しているものの出資法の制限を超える金利「トイチ(十日で一割の金利の略で、年利365%)」を課す業者悪質な業者を指します。

闇金は審査なしで、誰にでも即日融資しますが、法外な金利を要求します。最初は少額なのですぐに返せるつもりでも、利子が高いため、気づいた時には返済不可能な金額になっていることが多いです。

また返済したくても返済口座を教えない、問い合わせに応じないなど、無理やり返済させない状況にする手口なども使っているようです。

どれだけお金に困っていて、すぐに借りたいからといって、審査なし即日融資の闇金で融資を受けてはいけません。

審査なしで即日融資を受ける方法!銀行・消費者金融以外の選択肢を選ぼう!

即日融資を諦めるならセブン銀行カードローンもおすすめ

大手消費者金融のローン審査が通らないなどの理由で、即日融資を諦めるのであれば、セブン銀行カードローンがおすすめです。

セブン銀行カードローンはインターネットバンクと特定の有人店舗を組み合わせたような業態で、新しいスタイルの銀行となっています。

金利は15%と、有名銀行カードローンの金利とほとんど変わりません。

また、セブン銀行カードローンは預金口座のキャッシュカードと一体型のカードローンで融資上限額も50万円となっているため、少額だけど融資して欲しいという時に利用しやすい商品です。

セブン銀行カードローンは「審査時間は最短10分」「即日融資も可能」なので、急いでお金を借りたいという人にはおすすめのカードローン商品です。

ただし、即日融資を受けられるのは「すでにセブン銀行の口座を持っている人」に限ります。

また、セブン銀行カードローンは「原則在籍確認なし」であり、融資対象者として無職も挙げています(学生は不可)。

さらに契約手続きも全てWEB上で完結することができます。

すでにセブン銀行の口座を持っていれば、本人確認書類や収入証明書類といった必要書類を提出することなく、カードローン契約の手続きを行なうことができるのでかなりスムーズに審査を進めることができます。

メリットが詰まったカードローンであるため、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

即日融資可能なおすすめカードローン!確実に今日中に借りたいならココ!