審査が甘いおすすめフリーローンランキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

審査の甘いフリーローンランキング

ローンには様々な種類があることを知っていますか?

車を買うための自動車ローン、学費を賄うための教育ローン、家を買うための住宅ローン、さらには犬や猫などのペットを飼うためのペットローンなど、現代にはさまざまなローンが存在します。

しかしこれらのローンは利用方法が限定されています。たとえば、自動車ローンで家を買うことはできないのです。

となると、急な出費が必要となった時に使えないならローンを利用することは無いと思うかもしれません。

そんな時に使える、利用目的が自由なフリーローンというもの存在することをご存知でしょうか?

フリーローンとは銀行が取り扱っている個人向けの自由に使えるローンとなっています。

自由に使えるローンとしてカードローンがありますが、フリーローンは金利も低めに設定されていることも多く、お得にお金を借りることができるのです。

今回は審査の甘いおすすめフリーローンと、フリーローンの審査に関するお役立ち情報を解説していきます!

安心で選ぶならメガバンク!審査の甘いおすすめ銀行フリーローンランキング

第1位:イオン銀行フリーローン

イオン銀行フリーローン

イオングループの銀行であるイオン銀行のフリーローンは非常におすすめできる銀行フリーローンです。

8年以内の計画的な返済で10万円~700万円まで、10万円単位で借り入れることができます。金利も年3.8%~年13,5%となっています。

イオン銀行フリーローンはインターネットから申し込むことができるので、店舗に来店する必要がなく、好きな時間に申し込むことができます。

返済方法はインターネットバンキングかイオン銀行から返済することができ、いつでも全額繰り上げ返済が可能で手数料も無料となっています。もちろん担保も保証人も不要となっています。これはオリックス・クレジット(株)が保証をしてくれるためです。

そしてイオン銀行フリーローンには以下の申し込み条件があります。

  • 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方
  • ご契約時の年齢が満20歳以上、満60歳未満の方
  • イオン銀行に普通預金口座をお持ちの方
  • 安定かつ継続した収入の見込める方(原則として前年度税込年収が200万円以上の方)
  • 保証会社であるオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方

加えて、年金受給者・学生・無職(専業主婦)の方は利用することができません。

第2位:三井住友銀行フリーローン

三井住友銀行フリーローン

三井住友銀行のフリーローンは、借入期間が1年以上10年以内で、借り入れ金額は10万円以上300万円以内となっています。

金利は変動金利型となっており、三井住友銀行所定の短期プライムレートに連動する長期貸出金利を基準に決定しています。

ちなみに現在三井住友銀行で公表されている金利は年5.975%となっています。

申し込み方法はローン契約機、インターネット、電話から申し込むことができ、ローン契約機は三井住友銀行内に設置をしてあるので無い店舗については窓口で申し込みことができます。

インターネットからの申し込みであれば、24時間いつでも申し込むことが可能なので、仕事で日中忙しくても夜などの空いている時間に申し込むことが可能です。

もちろんフリーローンによる借り入れ金額の使い道は、インテリアの購入から旅行の代金、冠婚葬祭に伴う資金などと自由に使うことができます。

ちなみに三井住友銀行のフリーローンには以下の申し込み条件があります。

  • お申込時満20歳以上、満65歳以下の方
  • 前年度税込年収が200万円以上(個人事業主の方は所得金額)で、現在安定した収入のある方(年金収入のみの方はご利用いただけません)
  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方
  • ご契約時に当行(ローン契約機)にご来店いただける方
  • 日本国内在住の方

第3位:みずほ自動車多目的ローン

みずほ銀行多目的ローン

みずほ銀行には多目的ローンというフリーローンがあります。

最長7年間の借入期間で300万円まで借り入れることができます。金利は変動金利で年5.875%と固定金利で年6.5%となっています。

みずほ銀行の多目的ローンは、パソコンからの申し込みと店頭での申し込みが可能となっています。もちろんパソコンからは24時間申し込み可能です。

みずほ銀行の多目的ローンには以下の申し込み条件があります。

  • 年齢が満20歳以上満66歳未満で、最終返済時の年齢が満71歳未満の方
  • 勤続年数(自営業の方は営業年数)2年以上の方
  • 前年度税込年種(個人事業主の方は申告所得)が200万円以上で安定かつ継続した収入を見込める方
  • 保証会社であるオリエントコーポレーションの保証が受けられる方

以上の条件を全て満たしている方のみ申し込むことが可能です。

第4位:ジャパンネット銀行フリーローン

ジャパンネット銀行のフリーローン

ジャパンネット銀行にもフリーローンがあります。

こちらは借り入れ限度額が最高200万円で、借り入れ期間は6ヵ月から7年までとなっています。

ちなみに他社とのローン金額の合算が1,000万円までしか借り入れることができません。

申し込み方法については基本的にインターネットのみとなっています。

そしてジャパネット銀行のフリーローンには以下の申し込み条件があります。

  • 申込時の年齢が20歳以上70歳未満(完済時年齢73歳未満)の方
  • 仕事をしていて、安定した収入のある方
  • ジャパンネット銀行に普通預金口座をお持ちの個人の方(お持ちでない方は同時にお申し込みいただけます)
  • 一定の審査基準を満たし、当社の指定する保証会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方

ちなみに法人・営業性口座ではローンを利用することができないので注意が必要です。

第5位:じぶん銀行フリーローン

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行フリーローンは、通信会社であるauを利用している人が金利の優遇などの特典を受けられるフリーローンです。

もともと金利が高めに設定されている為、審査基準は比較的甘めです。

金利は実質年率2.2%から17.5%となっており、遅延損害金は18%です。

返済方法はATMでの返済か自動支払い返済のどちらかを選択することができます。

自動支払い返済に関してはじぶん銀行の口座を持っていることが条件となっています。

じぶん銀行フリーローンの申し込み条件は以下の通りです。

  • 契約時の年齢が満20歳以上、70歳未満であること
  • 継続的に安定した収入が得られていること
  • 保証会社であるアコムの保証を受けられること

以上の3つの条件を満たすことができれば、じぶん銀行フリーローンを利用することができます。

地方銀行は審査が甘い!審査の甘いおすすめ地方銀行フリーローンランキング

フリーローンはこれまで紹介した都心部のメガバンクよりも地方銀行のほうが審査に通過しやすいといわれています。

フリーローンを運営する銀行という組織は高い公共性が求められます。

そしてその公共性の高さは規模が大きくなればなるほど、高い基準で求められるようになります。

つまり、銀行の規模が大きければ大きいほど健全な経営をしなくてはならないという社会的責任が伴うのです。

地方銀行も健全な経営を求められることはもちろんですが、日本全国から申し込みが来るメガバンクと比較すると、ある程度リスクを背負った経営をすることができるのです。

つまり、これまで紹介したメガバンクよりも地方銀行フリーローンのほうが審査は甘い傾向にあるのです。

ここからは、地方銀行フリーローンのおすすめトップ3を紹介します。

第1位:横浜銀行フリーローン

横浜銀行フリーローン

横浜銀行フリーローンは借り換えやおまとめローンとしても利用することができる便利なフリーローンです。

公式サイトでは返済シミュレーションをすることもでき、安心して借り入れをすることができます。

本審査でなく仮審査に申し込むことも可能であるため、迷っている場合は一度仮審査を受けてみることをおすすめします。

横浜銀行フリーローンの申し込み条件は以下の通りです。

  • 契約時の年齢が満20歳以上69歳以下であること
  • 申込者本人か配偶者に安定した収入があること
  • 居住地か勤務先が東京都、神奈川県、群馬県(桐生市、高崎市、前橋市のみ)であること
  • 保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスの保証を受けられること

以降の4つの条件を満たすことができれば、横浜銀行フリーローンを利用することができます。

第2位:北海道銀行「道銀ベストフリーローン」

道銀ベストフリーローン

道銀ベストフリーローンは北海道銀行が運営しているフリーローンです。

融資限度額は10万円から300万円、1万円単位で設定することができます。

金利は年率3.8%から14.0%です。

返済方法は毎月元利均等分割返済となっています。

道銀ベストフリーローンの申し込み条件は以下の通りです。

  • 融資時の年齢が20誌以上65歳未満であり、かつ完済時に70歳未満であること
  • 北海道銀行に普通預金の口座を持っていること
  • 北海道銀行指定の保証会社の保証を受けられること

以上の3つの条件を満たすことができれば、パートやアルバイト、専業主婦の方でも道銀ベストフリーローンに申し込むことができます。

第3位:八十二銀行「はちにのフリーローン」

はちにのフリーローン

はちにのフリーローンは八十二銀行が運営するフリーローンです。

融資の限度額は10万円以上700万円以内、10万円単位で設定することができます。

はちにのフリーローンの申し込み方法は以下の通りです。

  • 満20歳以上である、最終返済時の年齢が70歳以下であること
  • 定期的な収入と返済能力を持っていること
  • 八十二銀行が指定する保証会社の保証を受けられること

以上の3つの条件を満たしていれば、八十二銀行「はちにのフリーローン」に申し込むことができます。

フリーローンの審査基準は甘い?厳しい?

フリーローンの審査は甘いのか、それとも厳しいのか。

これは初めに説明しておくと、フリーローンの審査は比較的に厳しいものとなっています。

もちろん利用目的が自由になっているかだけではなく、年収や勤務先、勤続年数に条件が付いているなど、カードローンの審査に比べても申し込み段階から少し基準が厳しいのです。

低金利の銀行フリーローンは審査が厳しくなる

やはりフリーローンの審査基準が厳しいのは、金利が低く設定されていることが多いためです。

つまりフリーローンでも金利が低いローンは、審査に厳しくなるということです。

基本的に金利が低いということは、銀行側としては収入が低くなってしまいます。

その代わりに必ず返済をしてくれる人や、借り入れ金額が大きい人に貸し出したいと思うので、金利が低いフリーローンは審査が厳しくなってしまうのです。

もし誰でも低金利で借りることができてしまうと、銀行としては返済能力が備わっていない人にも貸し出す結果となり、貸し倒れという危険性があるのです。

そのためフリーローンの審査は厳しめになっていて中でも、あらかじめ低金利のフリーローンや、金利が固定されている場合には審査が厳しくなってしまう傾向にあります。

フリーローンとキャッシングはどちらが審査は甘い?

銀行のフリーローンと比べると、消費者金融などのキャッシングの方が審査には通りやすいです。

フリーローンの場合、比較的借入金額も大きくなるため、貸し出す側としてもリスクが高くなってしまいます。

キャッシングの場合、審査の結果に応じて限度額が設定され、それ以上は再度増額審査を受けなければ借り入れできないため、貸金業者としても安心して融資を行うことができます。

しかし消費者金融の場合、貸金業法の定める総量規制の対象となるため、年収の1/3を超える借り入れはできないのでご注意ください。

審査の甘いおすすめキャッシングは、こちらの記事でも紹介しています。

審査が甘いキャッシングランキング!即日融資も可能な消費者金融

フリーローンとカードローンの違い

フリーローンは利用目的が自由となっているローンとなります。

ただカードローンも基本的に利用目的が自由となっています。それではフリーローンとカードローンにはどのような違いがあるのでしょうか?

それはフリーローンは貸付形態が「証書貸付」と呼ばれる、借り入れ金額全てを借りるローンとなります。

カードローンは「当座貸越」と呼ばれる、利用限度額内で自由に借りることができるローンです。

つまり300万円借り入れる場合に、フリーローンであれば300万円全て借りることになり、カードローンの場合は300万円を上限としてその金額内であれば1万円だけや50万円だけといった金額で借り入れることができるのです。

そのためフリーローンは1度返済をして再び借り入れようと思うと同じ審査を受けないといけないのに対し、カードローンは限度額内であれば再び自由に借り入れることができるのです。

それと冒頭で紹介しましたが、基本的にフリーローンの方が金利が低く、カードローンの方が金利が高い傾向にあります。

こまめに借り入れを行うならカードローンがおすすめ

こまめに借り入れをおこない返済する場合には、カードローンの方がおすすめです。

特に本当に急にお金が必要となる、友達からの飲み会や旅行の誘い、結婚式の費用などはカードローンの方が利用に向いているのです。

それとフリーローンは利用目的が自由と紹介しましたが、事業目的と投資目的の場合には利用を禁止されています。カードローンであれば本当に利用目的が自由となっている特徴もあるのです。

フリーローンは基本的に銀行で借りることが多いのですが、銀行にもカードローンがあります。

そこでおすすめの銀行カードローンを2社紹介します。

フリーローンは希望融資額が一括で振り込まれる

カードローンは最初に限度枠を作成し、その減額の範囲内でお金を借ります。

しかしフリーローンは形が変わってきます。

フリーローンでは希望融資額が一括で振り込まれます。

希望の融資額の振り込みを受けたら、そこからは毎月決められた額を返済していく形です。

フリーローンは使い道がある程度決まっている場合に利用をおすすめします。

フリーローンの使用方法は自由だが、資金使途確認資料が必要になることもある

フリーローンはカードローンとは違い、なにに利用しても構いません。

しかし、申し込み時に申告しておいた使い道以外に融資金を利用することは契約違反になります。

そのため、フリーローンの審査には資金使途確認資料が必要となる場合があるのです。

こまめに借り入れをおこなうならカードローンがおすすめ

こまめに借り入れをおこない返済する場合には、カードローンの方がおすすめです。

特に本当に急にお金が必要となる、友達からの飲み会や旅行の誘い、結婚式の費用などはカードローンの方が利用に向いているのです。

それとフリーローンは利用目的が自由と紹介しましたが、事業目的と投資目的の場合には利用を禁止されています。

カードローンであれば本当に利用目的が自由となっている特徴もあるのです。

フリーローンは基本的に銀行で借りることが多いのですが、銀行にもカードローンがあります。そこでおすすめの銀行カードローンを2社紹介します。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは、借り入れ限度額800万円までで金利が年1.9%~14.5%となっています。

申し込みもインターネットを利用してスマートフォンから申し込むことができるので、簡単に申し込むことが可能です。さらにコンビニATMでの利用手数料が0円で24時間取引可能となっています。

他にも楽天銀行カードローンでは、楽天会員ランクで審査を優遇してもらえたり、入会と利用で楽天ポイントプレゼントキャンペーンをしたりなどもしているので、楽天会員の方は楽天銀行カードローンをお得に利用することができます。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは、借り入れ限度額800万円までで金利が年1.7%~17.8%となっています。

申し込みもオリックス銀行カードローンの公式ホームページから24時間受け付けているのでいつでも申し込むことができます。

ちなみにローンカードを使って提携ATMで返済をする場合には手数料0円となっています。

消費者金融のキャッシングは即日融資OKだから急な出費におすすめ

実際に急な出費が必要となった時に、すぐに借り入れることができるのはフリーローンでもなく、銀行カードローンでもありません。

賃金業者で唯一即日融資に対応しているのは消費者金融のキャッシングです。

そのため本当にお金を必要としている人のために、おすすめのキャッシングを紹介します。

プロミス

プロミス

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでは365日24時間申し込むことが可能です。

審査時間もフリーローンや銀行カードローンでは1日で終わらないのですが、プロミスでは最短30分で審査が完了するのです。

そして最短10秒で借り入れることができるので、本当にお金が急に必要となった時に、即日融資を受けることができます。

そして申し込みについてはWEB完結申し込みや自動契約機などがありますが、プロミスでは公式スマホ専用アプリが準備されているので、アプリで申し込みから借り入れまで全てを完結させてしまうことができます。

そのためカードを持ちたくない人やパソコンを持っていない人でも、安心してお持ちのスマートフォンで借り入れることができるのです。

⇒プロミスのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説

アイフル

アイフル

 

大手消費者金融のアイフルでも即日融資を受けることができます。

もちろんインターネットから365日24時間申し込み可能で、最短30分で審査が完了します。

申し込み方法も、インターネットからと電話や自動契約機を使った申し込みができるので、好きな方法で申し込みましょう。

インターネットからの申し込みであれば基本的にネットで完結できるので、人に会いたくないという人にはおすすめです。

ちなみにアイフルにも公式スマホアプリが準備されています。

アプリから申し込みや借り入れまでできるので、アイフルカードを持ちたくないという人などにはおすすめです。

⇒アイフルのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説

アコム

アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムでは即日融資を受けることができます。

アコムでは、インターネット・自動契約機・電話・郵送による申し込みが可能で、インターネットからなら最短30分の審査の結果がわかります。

もちろん365日24時間申し込み可能です。

ちなみにプロミスやアイフルにもあるのですが、アコムでは初めて利用する人に対して最大30日間の金利0円サービスを実施しています。

これはフリーローンなどには無いので非常にお得です。

それとアコムにも公式アプリであるアコムナビが準備されているのでそちらを利用することもできます。

自分にあった申し込み方法で申し込みをしましょう!

⇒アコムのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説

銀行フリーローンは資金使途が明確な時に利用しよう

フリーローンはカードローンと比べて自由度の高いローンであるといえます。

しかし、資金使途などで虚偽の報告をしてしまうと契約違反となってしまうケースがほとんどであるため、使い道が明確である時にのみフリーローンを利用することをおすすめします。

また、メガバンクのフリーローンより地方銀行のフリーローンのほうが審査は甘い傾向にあります。

そのため、地方在住者の方はメガバンクに固執せず、近くの地方銀行のフリーローンも検討してみましょう。