Primary Menu

モビットで審査突破しよう

モビットで審査突破しよう

モビットは最短5分で簡易審査が終わるなど、審査スピードは業界最速です。
そのため、「急いでお金を借りたい!」という方におすすめしていますが、当然ながら審査に落ちてしまう可能性もあります。
そこで、ここではモビットの審査を徹底分析し、申し込みの際に気をつけるポイントなど細かく紹介していきます。
モビットに申し込みをしようと考えている人、色々なカードローンを見比べたい人、キャッシングの基礎知識を求めている方などは、ぜひ参考にしてください。

モビットの特徴を把握しよう!

モビットの審査の基本情報
オフィシャルサイト モビット
モビットってどんな会社? 大手都市銀行のグループ企業なので、安心感と信頼感は抜群!
TVCMなどでもおなじみの「真紅」がトレードマーク。
特徴は? 申し込みから融資完了まで全てネットで済む「WEB完結サービス」で人気を博したのがモビット。
電話連絡は基本的に行われないので、
職場に電話が来たら困るという人でも使いやすいのが嬉しい。
金利などは? 金利 3.0~18.0%
即日融資  OK!
最低返済額 4,000円~
審査に関する口コミ ・WEB完結サービスで、本当に審査完了まで電話とかかかってこなかったので助かりました。
・ 審査には通らないかなと思っていたのですが、ビックリするぐらいスンナリ通ってしまいました~。申し込んでから審査の完了までにかかったのは30分弱くらいだったと思いますよ。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
審査の情報は? パートやアルバイトなどで月収10万円以下でも通った記録あり。
正社員じゃなきゃダメだということは一切ないのでモビットなら安心して申し込める。
*下記ページに詳細を記載。

モビットの審査基準について

モビットの審査基準は、大手消費者金融の中でも標準的な厳しさといえます。
申し込み条件を満たして、信用情報に問題がなければ、問題なく審査通過できるでしょう。
ここでは、モビットの審査基準について詳しくご紹介します。

申し込み条件

モビットの申し込み条件

モビットの申し込み条件は厳しいものではありません。
年収が審査に大きく影響を与えると思う方も多いですが、安定しているかどうかが重要視されるため、100万円程度の年収であっても、半年以上継続して給与を貰っているのであれば、審査に通る可能性は高いでしょう。
また、他の消費者金融では、外国籍でも永住権があれば申し込みが出来ますが。モビットでは原則的に外国籍の方は対応していません。

審査通過率は?

モビットの審査通過率は、他の大手消費者金融とは違って公表されていません。
そのため、正確な数字を把握することは出来ませんが、同じ親会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の「プロミス」の審査通過率を参考にすることで、大まかな数値を把握することはできます。
プロミスの審査通過率は、2016年5月時点で44.0%となっており、大手消費者金融の中でも若干厳しめです。同じくSMBCグループに属するモビットも、大体同じ数字だと考えてもいいでしょう。

モビットとプロミスの貸借対照表

プロミスは2015~2016年にかけて、営業貸付金を約200億円伸ばしています。
しかし、規模では劣るモビットも、ここ一年間で約200億円貸付額を増やしていることを考えると、モビットの方が積極的に貸付を行っていると考えられます。
実質的な審査通過率はモビットの方が高いものと推測できます。

モビットの審査はどこを見られる?

モビットの審査は、「信用情報」「属性スコア」「提出書類」が見られます。
信用情報と書類審査は、記録された項目を確認していくだけなので、どこを見られるかは予想がつきやすいですが、属性スコアは各業者基準が違うので、審査の結果を左右する重要なポイントといえます。
モビットの属性審査は、プロミスが開発したスコアリングシステムを基にしており、統計的に顧客を属性ごとに分類し、自動的に限度額や金利などを決定しています。

モビット審査の流れ

モビット申し込みの流れ

モビットの審査は4つのSTEPで完了します。
審査スピードも早く、申し込み方法が簡単というのがモビット最大の魅力です。
ここからは、審査を受けるうえで気になるポイントについて解説していきます。

モビットの申し込み方法は?

モビットではWEB完結申し込みが有名ですが、WEB完結以外にも申し込み方法が多彩です。最近では、無人契約の設置にも力を入れており、モビットの無人契約機コーナーを見かける機会も増えてきました。
また、同じネット申し込みでも、すべてWEB完結で申し込み出来る訳ではなく、条件を満たす必要があるのでご注意ください。
WEB完結申し込みの利用条件(リンク)

ネット申し込みで訊かれる項目一覧

簡易申し込みでの記入事項

モビットのネット申し込みでは、上記の項目が訊かれることになります。
勤務先情報などすぐには分からないこともあると思うので、申し込み前に必要情報は調べておくといいでしょう。
入力情報に誤りがあると、業者からの信用を損ない、審査で不利に働く可能性もあるので気をつけましょう。

審査で提出する必要書類について

モビットの審査で必要な書類は人によって異なります。
限度額50万円以内で、簡易審査に問題がなかった方であれば身分証明書のコピーを提出するだけで済みますが、限度額が50万円を超える場合は、収入証明書の提出が法律で義務付けられています。また、簡易審査の結果に応じても、収入証明書の提出が求められるケースもあるようです。
必要書類は審査結果照会を行うと、WEB上にアップロードする方法で提出することができ、スマホであれば専用アプリから写真データで送信することもできます。
郵送でも書類を提出することができますが、届くまでに時間がかかるため、急いでいる方はWEB提出をおすすめしています。

収入証明書が必要になるケース

貸金業法が改正されて以来、消費者金融では限度額が一定以上になると収入証明書が必要になります。総量規制によって年収の1/3以上貸し付けを行うことが禁じられているため、多額の融資では年収のチェックが義務付けられているのです。
気をつけなければならないのは、複数の業者からの借入枠も100万円を超えてはならないということです。すでに他社から借り入れがある方は、収入証明書が求められる可能性は高いでしょう。
その他に、現在の職場で働きはじめてから期間が短い場合は、業者の判断で収入証明書の提出が求められることがあります。

モビットの審査にかかる時間は?

モビットの審査は簡易審査が最短5分、本審査も合わせて最短30分で完了します。
WEB完結申し込みであれば即座に借り入れ可能なので、申し込んでから30分でお金を借りることが出来るというわけです。
しかし、審査が終わってから必要書類を送らなければ、融資を受けることが出来ないので、書類の画像データなど事前に用意しておくことをおすすめします。

簡易審査と本審査はどう違う?

簡易審査では申し込み時の基本データを基に審査を行い、融資が可能かどうか機械的に判断します。10秒単位で簡易審査は終了し、続いて住所などの詳細情報を入力して、最終的な本審を受けます。
簡易審査は統計的に審査が可能な状態が顧客を見極めるもので、
本審査は簡易審査の結果に間違いがないか確認するものと考えていいでしょう。
一番の大きな違いとしては、簡易審査はあくまで統計的に顧客を審査するのに対し、本審査は信用情報など細かにチェックして、信用できるかどうか人間が判断するという点です。
なお、簡易審査に通れば高い確率で本審査にも通るようです

モビットは在籍確認が必要?

通常のキャッシングの審査では、在籍確認が行われますが、モビットのWEB完結申し込みであれば電話での在籍確認をパスすることができます。
すべての手続きをWEB上で済ませることにこだわったサービスなので、業者から電話がかかってくることもなければ、郵送が届くこともありません。

WEB完結申し込みの利用条件

WEB完結申し込みの利用条件

モビットの審査結果はメールか電話でお知らせ

モビットのでは、審査結果の通知方法を選択することができます。
携帯電話・自宅・勤務先から選ぶことができ、基本的に電話で審査結果を知らせています。
WEB完結申し込みであれば、電話ではなくメールにて審査結果は通知されますが、通常のネット申し込みでもメールで審査結果を知りたいという方は、事前にもビットへと相談しておきましょう。

モビットのWEB完結はカードレス

モビットのWEB完結はカードレスなので、ローンカードが発行されることはありません。
一度WEB完結で審査に通ったあとは、基本的にローンカードの発行を受け付けていないので、モビットカードを持っておきたいという方は、通常のネット申し込みを利用するといいでしょう。

カードレスのメリット

カードレス最大のメリットは、カード発行の手間が省けることです。
ローンカードの発行は、郵送が届けられるのを待つか、自動契約機に出向いてその場で発行するしかないですが、いずれにしても時間と手間がかかってしまいます。
カードレスであれば、審査と入会手続きが終わればすぐに利用できるので便利です。

カードレスのデメリット

カードレスであれば、提携ATMから借り入れや返済を行うことができません。
そのため、ATMからの借り入れや返済を予定した方は、カードレスを選ばない方がいいでしょう。

無人契約機では最短5分でカード発行可能

モビットの無人契約機は、申し込みと審査を行うだけでなく、その場でカード発行を行うことも可能です。そのため、郵送でカードが届くまで待ちたくないという方は、お近くの自動契約機でカードを受け取ることができます。
モビットの自動契約機は2016年時点で全国に約400台と、どんどん数を増やしています。
大手消費者金融のアコムやプロミスでさえ、約1000台であることを考えると、モビットの無人契約機もかなり充実してきているといえるでしょう。
また、モビットの無人契約機では、収入証明書の提出も行えるので、増額審査などで提出を求められた際にも大変便利です。

モビットの増額審査は通りやすい?

モビットの限度額を増額するには、新たに増額審査を受ける必要があります。
継続的に利用しており、総量規制に引っ掛からなければ、審査には通るので過度に心配する必要はありません。
ただし、まだ利用し始めてから時間が経っていない場合や、返済の遅れを何度も繰り返していると、審査に通らないケースもあるのでお気をつけください。
限度額が上がれば、借りられる額が増えるだけでなく、金利も下がるなどメリットが多いのでおすすめです。

増額審査にかかる時間は?

増額審査は、何の問題もなければ数秒で終わることもありますが、年収や信用情報など何か問題があった場合には、長くて数日審査に時間がかかる可能性があります。
また、限度額50万円以上に増額する場合や、他社からの借入額も合わせて借り入れ総額が100万円を超える場合には、収入証明書を提出しなければ審査に通らないので、審査時間は更にかかってしまうでしょう。

モビットの審査に関するQ&A

ここでは、モビットの審査に関してよくある質問と答えを紹介しています。

土日でも即日融資が可能?

モビットでは、24時間いつでもネット申し込みを受け付けていますが、土日では振込融資が反映されないため、即日融資を受けるには自動契約機でカードを受け取る必要があります。
自動契約機の営業時間は8:00~21:00である店舗が多く、少なくとも20:30までに申し込みを終わらせておかなければなりません。
ネット申し込みをしてから、自動契約機でカードだけを発行することも可能なので、自分のライフスタイルに合わせて選択するといいでしょう。

学生でも申し込み可能?

モビットは、満20歳以上であれば、アルバイトでも申し込みを受け付けているので、学生の方でも十分審査に通ります。
しかし、アルバイトや学生の方であれば、年収が少ないこともあり、限度額が低めに設定されるというのは覚悟しておきましょう。
また、年収が100万円を大きく下回る場合には、審査に通らない恐れもあります。

主婦でも申し込み可能?

モビットは「配偶者貸付」制度を利用することで、専業主婦でも借り入れ可能です。
元々、消費者金融では貸金業法によって収入のない方への融資は禁じられていますが、専業主婦には特例が認められているのです。
モビットの申し込みでは、必要情報として職業を選択する必要がありますが、主婦という項目はありません。そのため、収入のある配偶者の情報を記入するようにしておきましょう。
その後、モビットから本人確認の電話などかかってくるため、そのタイミングで自分が主婦であることを相談するようにしましょう。
ただし、WEB完結申し込みであれば、モビットと連絡が取れないため、申し込みをする際には通常のネット申し込みを利用しましょう。

アルバイトやパートでも審査に通る?

モビットは申し込み条件に書かれている通り、アルバイトやパートの方でも審査に通ります。ただし、年収が低いことと、雇用が不安定であることから、50万円以上の限度額は難しいようです。
半年以上同じ勤務先で働いており、収入も200万円近くあれば、継続的に利用することで50万円以上増額することも可能ですが、最初の審査でいきなり50万円以上の限度額は難しいでしょう。

ここからは、モビットの金利・返済・評判&口コミなど様々な詳細情報を紹介していきます。
キャッシングについて良く知らない方にも分かりやすい内容となっているので、キャッシングについて知りたいという方もぜひ参考にしてください。

モビットの金利は3.0%~18.0%

モビットの金利は上限金利18.0%と消費者金融の中では平均的です。
下限金利3.0%と他の消費者金融と比べて大きく低いのは、限度額が800万円と高いのが理由です。キャッシングでは、基本的に限度額が上がれば金利は下がるため、消費者金融の中で一番限度額が高いモビットは、一番金利が低いカードローンといえます。
しかし、同じく限度額800万円の銀行カードローンと比較しても、モビットの金利は安い部類に入るので、多額の融資にもお得といえます。

他社カードローンと比較

一般的に同じ限度額帯では、金利が低ければ低いほど審査は厳しくなります。
消費者金融の中では、プロミスが一番金利は低いですが、審査通過率も大手消費者金融の中では一番低くなっています。
そのため、モビットはアイフルやアコムと同じ程度には審査に通りやすいことが、金利の数値から見て取れます。
また、銀行カードローンでは限度額が1000万円まで対応している業者もありますが、モビットと殆ど金利が変わらないことも分かります。

モビットの返済方式は「残高スライドリボルビング方式」

モビットでは、残高スライドリボルビング方式を採用しており、約定日時点での借入残高に応じて返済額が変動します。そのため、約定日前に出来るだけ元金を減らしておけば、発生する利息も少なくて済みます。
残高スライドリボルビング方式は、現在多くのカードローンで取り入れられており、スタンダードな返済方式といえます。

メリット

残高スライドリボルビング方式では、多く借りれば返済額も高くなるため、利息だけがどんどん膨らんでいくことがなく、効率的に返済を進めることができます。借入額が少なければ返済額は非常に少ないため、少しお金に困った時には助かります。

デメリット

残高スライド方式では、借入額が増えれば毎月の返済額が高くなるため、無駄に借りすぎていると返済がきつくなってしまいます。また、借入額に応じて返済額も少なくなってしまうため、約定返済だけではなかなか完済することができません。
残高スライドリボルビング方式で利息を抑えようとした際には、随時返済を積極的に行って早期完済することをおすすめします。

モビットの返済方法について

モビットの返済方法は、ATM・引き落とし・振込返済の3つです。
それぞれメリットとデメリットがありますが、銀行からの振込返済は、手数料も無駄にかかってしまうのでおすすめできません。

ATM返済が向いている人

普段からATMで借り入れをしている方は、ATM返済が便利でしょう。
時間帯に応じて手数料が発生してしまいますが、百円程度なので気にならない方にはおすすめです。
またモビットは、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなければ、引き落とし返済が出来ないので、ATM返済を利用する方が多いようです。

三井住友銀行は2016年04/01~09/30まで手数料無料

モビットの親会社であるSMBCコンシューマーファイナンスは、三井住友銀行グループに属しており、その関係から三井住友銀行のATMを手数料無料で利用できるサービスを展開しています。
百円程度の手数料でも、何回も取引する方にとっては負担となるため、これを機会にモビットのカードローンを利用するといいでしょう。

口座引き落とし返済が向いている人

つい返済日をうっかり忘れてしまうという方は、口座引き落とし返済を選びましょう
引き落とし返済は、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている必要がありますが、自動的に返済を行ってくれるだけでなく、手数料がかからないというメリットもあります。
手数料を節約したいという方も、口座引き落とし返済がおすすめです。

返済日は毎月5・15・25・末日

モビットの返済日は毎月5・15・25・末日から選ぶことができます。
引き落とし返済では、設定した期日で自動的に引き落とし返済が行われますが、ATM返済では忘れないように振込をしなければなりません。
ATM返済では期日の前もって返済することも可能で、期日前に返済が行われた場合でも、次回の返済日は翌月となります。

返済を延滞するとどうなる?

モビットでは、返済の延滞があった場合、厳しいペナルティがあるので注意しましょう。
通常の利息に加えて、利率20.0%の遅延損害金も発生していくため、返済するまで通常の2倍以上利息が発生していくことになります。
また、長い間返済が遅れたり、遅延回数が増えたりすると、信用情報にも記録されることになります。信用情報にマイナス情報があると、今後のあらゆる信用審査で不利になるので気をつけましょう。
そのため、返済に遅れそうな時には、事前にモビットへと相談しておくようにしましょう。
そうすれば、信用情報への記録を待ってもらえるほか、自宅への催促状の郵送などもストップさせることができます。
返済に関する相談は、オペレーターに電話するほか、公式サイトの会員ページである「Myモビ」からも出来るようです。

モビットの借り入れ方法

モビットの借り入れ方法は、振込融資かATMからの借入があります。
WEB完結で申し込みをした際には、モビットカードは発行されないので振込融資となります。

振込融資の場合

振込融資を利用する際には、前もって振込先口座を登録しておく必要があります。
口座を登録しておけば、WEB上からの申し込みで簡単にお金を借りることができ、手間もかからないので便利です。
しかし、振込返済の場合、夜間や土日では振込が反映されないこともあるので、確実にお金を受け取りたいという方には不向きかもしれません。
また、毎週日曜日の午前0時から午前7時の間は、メンテナンスがあるので振込融資が受けられないようです。

モビットカードを利用する場合

モビットカードで借り入れをすれば、ATMや時間帯によっては手数料が発生します。
発生した手数料は返済額に組み込まれるため、何度も借り入れをしていると、無駄に手数料を発生させることになり、返済額を増やしてしまいます。
ATMから借り入れする際には、追加借り入れをなるべく減らせるように、一度の取引で多めに引き出すようにしましょう。

モビットの提携ATMは全国100000台

モビットの提携ATMは全国で約10万台を超えるため、全国で不便なく利用できます。
手数料は時間帯に応じて発生するようになっていますが、手数料無料キャンペーンなど行っているので、借り入れするATMを選ぶというのも大切です。

モビットの限度額は最大800万円まで

モビットは消費者金融の中で最大となる800万円までの限度額に対応しています。
限度額が高ければ下限金利は低くなるので、高めの限度額で審査に通れば、設定される金利を引き下げることができます。
もちろん、限度額が高ければ幅広い用途に利用できるため、おまとめローンや借り換えも可能というメリットもあります。

他社カードローンと限度額を比較

限度額で比較してみると、消費者金融の中だけでなく、銀行カードローンの中でもモビットの限度額は高いことが分かります。しかし、消費者金融には総量規制があるため、実際にモビットから800万円か利用とした場合、最低でも2400万円の年収が必要ということになります。

おまとめローン・借り換えも可能!

モビットは限度額が高いため、複数の他社からの借り入れを一つにまとめる、おまとめローンとして利用することも可能です。
しかし、上限金利は他の消費者金融と変わらないため、おまとめや借り換えをしても大きなメリットはないでしょう。
目安としては、総額100万円を超える債務を抱えている方は、モビットのおまとめローンを利用してもいいかもしれません。

総量規制は大丈夫?

消費者金融には年収の1/3以上貸し付けが出来ない総量規制があるため、すでに多額の借金を抱えていると、新たに融資は受けられません。
しかし、総量規制には特例が認められており、総量規制や借り換えローンなど、債務者が一方的に有利となる融資は認められています。
そのため、おまとめローンや借り換えは、総量規制をオーバーしても借り入れが可能です。
逆に、現状より金利が低くなければ融資を行うことが出来ないため、おまとめローンの審査は通常よりも厳しくはなります。

モビットの評判&口コミについて

モビットを利用するなら、事前に評判や口コミはチェックしておきましょう。
ここでは審査や借り入れなど、実際に利用した方たちの口コミを紹介しています。

申し込み

男性 20代 社会人
モビットの申し込みはスマホだけで終わったので楽でした。仕事のお昼休みの間に審査を終わらせることが出来たので急いでいる人にもおすすめです。土日に遊ぶお金を確保出来て助かりました。

モビットは申し込み手順がシンプルということもあり、申し込みについては良い評判がほとんどです。特にWEB完結申し込みは、業界初の試みということもあり、モビットの目玉サービスとして好評です。

審査

女性 20代 フリーター
モビットは審査に通りやすいと聞いていたので申し込みました。正社員ではないので、審査に通るかどうか不安でしたが、申し込んで20分ぐらいで答えが返ってきたので嬉しかったです。ただ、限度額が最初は10万円程度だったので、ちょっと生活は苦しかったですね。

モビットの審査は消費者金融の中でも甘いため、申し込み条件さえ満たしていれば、審査に通る可能性は大きいです。しかし、属性スコアリングシステムを採用しているため、チェックされる項目も多く、限度額の数字に納得がいかない方も少なくないようです。

借り入れ

男性 30代 会社員
モビットは使えるATMが多かったのが嬉しかったですね。普段コンビニATMを利用することが多いので、どのコンビニでも使えるというのは助かりました。

モビットは、提携ATMの数が多く、WEB申し込みから借入も出来るため、不満を持っている方は少ないようです。しかし、毎回手数料が発生してしまうのはデメリットといえます。

返済

男性 20代 学生
三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行の口座でなければ引き落とし出来ないというのは不便でした。自分で返済する方式であれば、時々期日を忘れてしまうことがあるので、いちいち遅延損害金を取られて損した気分でしたね。

モビットの返済は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座がなければ、引き落とし返済できないというのは大きなデメリットです。返済でも手数料が発生してしまうため、長期的に利用する顧客にはもったいないと感じるようです。

女性利用者

女性 30代 社会人
モビットはWEB完結ですべて手続きが終わるので、女性でも安心して申し込みできるというのは大きなメリットでしたね。会社の人に借金していることがばれたらもう働けないですからね。

モビットはWEB完結申し込みがあるので、電話でオペレーターと電話する必要もなく、女性でも安心して申し込みしやすいというメリットがあります。また、カードレスなのでモビットからの郵送もなく、周囲の人たちにもばれにくいというメリットがあります。

モビットの関するQ&A

ここでは、モビットでよくある質問と答えを紹介しています。
モビットについてもっと知りたいという方は、ぜひ参考にするといいでしょう。

モビットのアプリはどんなサービスがある?

モビットでは、申し込み者や利用者のために、専用のアプリを用意しています。
App StoreかGoogle Playからダウンロードすることができ、iPhoneユーザーでもAndroidユーザーでもご利用いただけます。
モビットの公式アプリでは、必要書類が送信できるほか、目覚まし機能というユニークなサービスも用意しています。
女優の夏菜さんの貴重な写真や、俳優の竹中直人さんの貴重なボイスなど、楽しめるコンテンツとなっているので、ぜひお試しください。
会員専用サービスもアプリから利用できるため、モビットを利用している方はダウンロードをおすすめします。

モビットは保証会社もやっている?

モビットは三井住友銀行グループ傘下に属しており、一昔前は三菱東京UFJ銀行グループにも属していました。そのため、銀行カードローンの保証会社として保証業務も行っていました。
しかし、2014年の3月からモビットの保証業務は、すべてエム・ユー信用保証へと譲渡され、現在では銀行カードローンの保証業務を行うこともなくなりました。

モビットは千円単位で借り入れ・返済できる?

モビットは殆どの提携ATMで千円単位の借入が可能です。
キャッシングを利用したことがない方には分からないかもしれませんが、現在でも万単位でしか借り入れできない業者は多く、ちょっとお金を借りたい時には非常に不便です。
モビットでは、年々千円単位で借り入れできるATMの数を増やし、今では提携ATMの中でも、主要銀行とコンビニATMであれば、千円単位で自由に借り入れと返済ができます。

モビットの会社概要を知りたい

モビットは、最近になってテレビCMなどのメディア露出が多くなり、認知度を上げたことから、新しいカードローンと思われがちですが、実は2000年には創立していたというのは驚きです。
元々は三菱東京UFJ銀行が中心となって出資をしており、2004年から三井住友銀行が株式を取得し、大手銀行2社が共同出資する珍しい消費者記入として注目を集めました。
2012年からモビットの代名詞といえる「WEB完結」サービスを開始し、一気に認知度を増やすきっかけとなりました。
2014年からはSMBCコンシューマ-ファイナンスへと、三井住友グループが株式を譲渡し、現在の形へとなりました。