キャッシングが住宅ローンの審査に与える影響と今後の対応策

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

将来的には家を持ちたい、自分の理想の家を建てたいと考えた時にだれもが利用するのが住宅ローンです。

さすがに現金で新築の家を建てようとすると少し難しいでしょう。

しかしここで気になるのが、もしキャッシングを利用していた場合、住宅ローンの審査に何らかの影響を与える可能性があるのではないかということ。

実はキャッシングを利用していたとしても、住宅ローンの審査に通過することはできます。

つまり普通にキャッシングを利用していれば住宅ローンのような大金を借りることができるローンでも審査においては不利にはならないということです。あくまでも普通に利用している場合です。キャッシングを利用していない人よりは不利となります。

そこで今回は、キャッシングが住宅ローンに与える影響とこれから住宅ローンを利用しようと考えている人に対応策などを紹介していきます。

住宅ローンの審査ではキャッシングの利用履歴が分かる

住宅ローンはキャッシングに比べて大金を融資するローンとなります。

そのためキャッシング以上に審査が重要となり、申し込みをした人の返済能力を慎重に判断する必要があります。そして住宅ローンとキャッシングの関係性としては、住宅ローンの審査を行なう銀行は申し込みをした人のキャッシング利用履歴を調べることができてしまうのです。

なぜ住宅ローンの審査でキャッシングの利用履歴を調べることができるのか、それはクレジットカードの申し込みやローンの利用履歴などの情報が全て信用情報機関に記録されており、ローンの審査時には必ず信用情報機関で申し込みをした人の情報を調べる仕組みになっているからです。

住宅ローンの審査ではキャッシングを利用している人でも通過することは可能ですが、利用していない人よりも不利になることは確かです。

ここで重要なのが住宅ローンの審査に必ず通過するためには、キャッシングの利用履歴である信用情報が消えている状態が好ましいのです。

完済から何年経てば信用情報から消える?

信用情報機関に登録された信用情報は約5年経てば情報が消去される仕組みになっています。

そしてキャッシングを現在利用している人であれば、完済をしてから5年後にキャッシングの利用履歴である信用情報が消去されます。

気を付けてもらいたいのが、キャッシングの利用を契約した日から5年ではなく、完済してから5年ということです。

そのため完済をした後も5年経つまではキャッシングを再び利用してはいけませんし、クレジットカードの支払いの遅延や滞納は絶対にしてはいけません。

再びその日から5年待たなければ、信用情報は消えないからです。

信用情報にはどんな記録が残る?

信用情報には、基本的にクレジットカードとローンに関しての情報が記録されています。

  • 申し込み情報(名前、契約内容、審査のために確認した情報)
  • 契約内容
  • 支払い状況(支払い状況や残高など)
  • 会社が信用情報を確認した時

以上の内容が信用情報として記録されています。そして上記の内容の中に、債務整理や自己破産をした時の内容も記録されます。

延滞や自己破産をした場合にはブラックリストと呼ばれる金融事故を起こした人のリストに登録され、信用情報としては消えたとしてもリストからはしばらく名前が消えることがありません。

そのため金融事故だけは起こさないようにしましょう。自己破産だけは5年で信用情報が消えずに10年以上残ると言われています。

キャッシングの利用履歴があっても住宅ローンの審査には通る

気を付けてもらいたいのが、信用情報だけを元に住宅ローンの審査が行われるわけではありません。

そのためキャッシングの利用履歴があったとしても住宅ローンの審査に通過することはできるのです。

審査で一番重要なのは本人の返済能力となります。たとえキャッシング利用履歴があったとしても返済能力に問題がなければ銀行側としても住宅ローンの審査に問題なく通過をさせてくれます。

そして申し込む側としてもキャッシングでの返済が問題にならないためにも完済しておく必要があります。

完済していたら審査への影響は少ない

キャッシングの利用履歴があったとしても住宅ローンの審査に通過することはできますが、なるべくキャッシングの影響を低くしておきたいところです。

そこで申し込む側が出来る事は、現在利用しているキャッシングを完済しておくことです。

住宅ローンを貸し出す側としては住宅ローンの利用履歴はあまり問題とはなりません。

それよりも現在キャッシングを利用していて、住宅ローンを返していけるのかが気がかりとなります。つまり返済能力に疑いをもたれる可能性があるということ。

そのために現在返済中のキャッシングがあれば返済をしておくと、住宅ローンの審査での影響は少なくなります。

借り入れ中なら完済して住宅ローンへ申し込むのがベター

つまり安心して住宅ローンの審査に通過するためには、借り入れがあるキャッシングを完済しておく必要があります。

現在キャッシングを利用している人と、キャッシングの返済が完済している人では、銀行側としては返済を完済している人を審査に通過させてもらえる可能性は高いと言えます。

そのため住宅ローンを借りるよりも、まずは今返済中のキャッシングをなるべく早めに完済することを考えましょう。

もしキャッシングを返済し終わってないのに住宅ローンの審査に通過をして借り入れることが出来たとしても、想像以上に大変な返済がまっています。

キャッシングの返済をすぐに終わらせることができないということは、収入と支出のバランスがあまりよろしくありません。

その状態で新たなローンが発生すると、日々の生活も苦しくなってしまうからです。

そのためキャッシングの返済が終わってない場合は完済してから住宅ローンを申し込むようにしましょう。

キャッシングが住宅ローンの審査に大きな影響を与えるケース

ここまで住宅ローンを申し込むときにキャッシングは完済しておいた方がよいという紹介をしてきました。

ここからはもしキャッシングの返済が終わってないのに、住宅ローンの審査に申し込んだ場合に影響を与えるケースを紹介します。

当然ながらキャッシングの返済が終わってないのに住宅ローンに申し込むと、不利となってしまうので気を付けてください。

住宅ローンと合わせた返済比率が30%を超える

ローンを組むときに目安とする返済比率は30%以内という基準があります。

もし返済比率が30%を超える場合は、住宅ローンの審査に通過することができない可能性が非常に高いのです。銀行側としても貸し倒れだけは防がなければならないからです。

よく考えてみてください。年収のうち30%を返済にあてるとなると、普段の生活が非常に苦しくなってしまいます。

そのローンを組んだ瞬間から、これまできていた生活をすることが出来なくなると言うことです。

つまり無理な返済をしていくことになるということで、返済比率が30%を超える場合には住宅ローンの審査に大きな影響を与えてくるのです。

キャッシングで返済の遅延・延滞をしている

キャッシングの返済で遅延や延滞をしている人は、住宅ローンの審査に大きな影響を与えてしまいます。

まず信用情報で金融事故を起こしているということになるので、当然ながら審査に通過できないかもしれません。

そして銀行側としても、他のローンで遅延や延滞をする人に長期間返済してもらう住宅ローンの審査に通過させたいと思うでしょうか?

おそらく誰が審査をしたとしても、キャッシングの返済で遅延や延滞をおこしてしまう人にお金を貸したいと思うことは無いはずです。そのため住宅ローンの審査とは関係なく、キャッシングの返済における遅延や延滞は絶対にしてはなりません。

キャッシングの利用目的に計画性がない

キャッシングの利用しているのに上手く返済計画を立てられていない場合には注意が必要です。

そもそもなぜキャッシングを利用しているのかが明確になっていない場合、返済計画を上手く立てることができません。

ここで給料の前借であったり、今月の生活が厳しいためキャッシングを利用して返済計画がきちんと立てられている場合には問題はありません。

しかし利用目的が明確になっていなかったり、返済のあてもないのにキャッシングを利用している場合は気を付けなければなりません。

このように理由もなくキャッシングを利用していると計画通りに返済できないことが多く、さらにキャッシングを積み重ねていく可能性があるのです。

最悪の場合、キャッシングにキャッシングを重ね多重債務になる危険性も秘めているため、必ず利用目的を明確にして返済計画を立てなければならないのです。

過去に債務整理をしたことがある

過去に債務整理をしたことがある場合は、住宅ローンの審査に影響を与えてしまいます。

一度債務整理をしてしまうと、信用情報に記録が残るだけではなく、世間的なイメージも悪くなってしまうからです。

お金を貸す側としても、また債務整理をされる可能性があったり平気で返済を延滞するかもしれないからです。

そのため過去に債務整理をした経験がある人は住宅ローンの審査で不利になる可能性が高いので注意をしておきましょう。

キャッシング=審査落ちではないが確実に審査は不利になる

キャッシングを利用しているからと言って住宅ローンの審査で必ず落ちると言うわけではありません。

審査で重要なのは借り入れを行なう人の返済能力です。返済能力に問題がなければキャッシングを利用していたとしても住宅ローンを利用することはできます。

ただキャッシングを利用している人としてない人では、している人の方が審査では確実に不利になるので気を付けておきましょう。

もしキャッシングを現在利用している人で住宅ローン利用の計画がある場合には、まずはキャッシングの完済を目指すことをおすすめします。

銀行としても何もローンが無い状態の方が好ましいと判断しますからね。