キャッシングの審査基準と審査に落ちる理由のすべて

キャッシングの審査基準と審査に落ちる理由のすべて

今月の予定を見返した時やスケジュールを確認してみると、想像していたよりもお金を使っていたり、必要だったということはありませんか?

旅行や知り合いの結婚式、職場での飲み会に趣味のショッピング。これではお金がいくらあっても足りることはありません。そこで急な出費が必要となった時に助けになってくれるのがキャッシングです。

しかし、すべての人がキャッシングで借り入れることができるわけではないことをご存知でしょうか?

キャッシングには必ず審査を受ける必要があります。そのため審査の基準によってはキャッシングを利用できない可能性もあるのです。

そこで今回は、キャッシングの審査基準と審査に落ちてしまう理由を全て紹介します。

もしこれからキャッシングを利用しようと考えている人や、キャッシングの審査に落ちたことがあり不安を感じている人などはぜひ参考にしてみてください。この記事を読めば初めての人でも、キャッシングの審査について理解できると思います。

キャッシングの審査で見られるポイント

まずはキャッシングの審査で見られるポイントについて紹介します。

いくつか審査ポイントがあるのですが、基本的には利用者である申し込みを行なった人の、返済能力を確認するために行われる点がポイントです。返済能力とはつまり、毎月の安定した収入と返済を行なえる余力があるかの能力となります。

そのためキャッシングの審査では、毎月安定した収入が無い人は、まず審査に通過することができないでしょう。そのためキャッシングを利用する人の前提条件として、働いていることが必要となります。もちろん主婦やフリーターだとしても、パートやアルバイトで毎月安定した収入があれば問題ありません。

それではキャッシングの審査で見られるポイントを見ていきましょう。

申し込み時に入力した申込情報

申し込み時の入力した情報を元に、審査は基本的に行われます。

こちらでは、利用者の氏名や生年月日、家族構成や勤務先になどについて細かく入力する必要があります。もちろん年収や他社での借り入れが有無についても入力するようになっています。特に一番細かく入力するのが勤務先についての情報となります。キャッシングの審査には利用者の返済能力を確認する必要があるので、給料をもらっている会社の規模や業種について、詳しく調べられることになります。

そして申し込み情報の入力時に、絶対に嘘の情報を入力しないようにしてください。

嘘の情報を入力すると審査に落とされてしまいます。これは嘘の情報を入力したとバレてしまう可能性が高いためです。後程紹介しますが、信用情報を調べると年収や勤務先を金融機関側はわかる仕組みになっているためです。

属性スコアリングによって機械が採点

実際に入力をした、申し込み情報は属性スコアリングによって機械が採点することになるのです。

これは申し込み情報の入力内容によって点数が決められており、入力内容を機会が自動的に採点する仕組みになっているのです。その属性スコアリングの対象となるのが以下の項目となります。

  • 年齢
  • 配偶者や子供の有無
  • 固定電話の有無
  • 携帯電話の有無
  • 居住形態
  • 職種(職業)
  • 保険証の種類
  • 会社の規模、社員数
  • 勤続年数
  • 借り入れ状況、延滞履歴
  • 金融事故情報の有無

これらの項目を点数化し、審査の判断基準の一つとするのが属性スコアリングとなります。

信用情報機関に登録されている信用情報

審査で重要なのは申し込み情報だけではありません。

信用情報機関に登録されている個人の信用情報も重要となります。

こちらの信用情報とは、クレジットカードやキャッシングの申し込み時に記録される情報とカードの使用状況やキャッシングの返済状況を元にした情報となるのです。
そしてキャッシングの審査では、ほぼ必ず信用情報を確認されることになります。つまり信用情報に何か問題があると、キャッシングの審査も重要なポイントとなるのです。

信用情報機関とは

ちなみに信用情報機関とは、個人の信用情報の収集や管理を行なっている組織となります。つまりクレジットカードを持っている人やキャッシングを利用したことがある人ならば、信用情報機関にデータが記録されているということです。ちなみにこちらで管理されているデータは加盟している金融機関やクレジットカード会社が、利用者の申し込み情報を提供し、逆に審査の時には情報の提供を受ける形となっています。

信用情報機関には、JICC・CIC・JBAと呼ばれる3つの機関が存在しており、各機関で提携している金融機関や会社が違うのですが、基本的には金融事故情報だけは相互的に情報を共有しています。

信用情報機関に登録される情報一覧

信用情報機関には登録される情報を紹介します。

基本的に以下の情報が信用情報として記録されます。

  • 氏名、生年月日、住所、電話番号
  • 勤務先、勤務先電話番号
  • 申し込み商品名、照会日、契約予定金額、支払い予定回数
  • 残債額、請求額、入金履歴、返済履歴
  • 延滞、破産、債務整理など

クレジットカードやキャッシングに申し込みをした時の、申し込み情報については、ほとんど記録されることになります。もちろんキャッシングなどの場合には、借り入れ金額や返済状況なども記録をされ、金融事故となる延滞や破産などの情報も記録をされています。

身分証明書・収入証明書など必要書類

キャッシングの申し込みと同時に、身分証明書や場合によっては収入証明書の提出が必要となります。

まず身分証明書については期限が切れていないものであることは当然で、写真入りの身分証明書が基本的に必要となります。ただ無いと言う場合には、複数の身分証明書を提出することで審査を通過することができます。収入証明書については、個人事業主や会社経営者などの給料をもらっているわけではなく稼いでいる人や、借入申込金額が大きい人の場合に提出を求められるので、該当する場合は事前に準備しておくことをおすすめします。

身分証明書として認められるもの一覧

身分証明書としては以下のものが認められています。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード
  • 特別永住者証明書
  • 健康保険証
  • 公的証明書類

各金融機関によって、写真入りでないものによっては指定があるので確認しておきましょう。

収入証明書として認められるもの一覧

収入証明書としては以下のものが認められています。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

キャッシングの審査基準は種類によって異なる

キャッシングはお金を借りることができる商品の一つです。そのため商品を出している金融機関によって審査基準が違うのです。

基本的には、消費者金融・銀行・クレジットカードでキャッシングを申し込むことができ、審査基準に違いがあります。消費者金融でも大手や中小といった違いでも、審査基準に大きな違いがでてくるため、キャッシングを申し込む時には慎重に選ばなければなりません。

そこでここからは、キャッシングの審査基準で金融機関によりどのような違いがあるのかを紹介します。

消費者金融のキャッシングは比較的審査基準が甘い

消費者金融のキャッシングは基本的に審査基準が甘くなっている傾向があります。そのため初めてキャッシングを利用する人や、自分の属性スコアリングや信用情報に自信が無い人は消費者金融の利用をおすすめします。

それと消費者金融であれば、即日融資を受けることができます。これは申し込みをしたその日に、最短で借り入れることができるのです。そのため急いでお金が必要という方などにはおすすめです。

ちなみに消費者金融は2つに分けることができ、大手消費者金融と中小消費者金融に分けれるのです。それぞれの違いを見ていきましょう。

大手消費者金融の審査通過率は50%程度

大手消費者金融は、やはり審査の甘さだけではなく、借り入れるまでのスピードが早い点です。特に申込方法にいくつか種類があったり、最短で即日融資を受けることができます。

大手消費者金融の審査通過率は約50%程度と言われており、他に借り入れが無かったり、安定した収入がある人であれば借り入れることができます。

それと大手消費者金融の多くでは独自にキャンペーンなども実施しているので、お得に利用することもできます。他にも公式スマートフォンアプリを準備しているので、お持ちのスマートフォンで簡単に申し込みから返済まで行うことができます。

中小消費者金融は審査基準が甘いけど…

審査が甘い消費者金融でも、さらに審査が甘いと言われているのが中小消費者金融となります。中小消費者金融の審査がさらに甘いのには理由があり、大手消費者金融の審査で落ちてしまった人でも借り入れるようにしているためです。もちろんそれでも審査があるので、誰でも借り入れることができるわけではありません。

それと大手消費者金融に比べて金利が高かったりすることもあります。

中小消費者金融を利用する際に一番気を付けなければならないのが、知名度が低い消費者金融です。これは闇金の可能性があるのです。闇金とは違法な金利や取り立てを行なう、無許可の貸金業者となります。そのため中小消費者金融を利用する時には、知名度の低い会社を避けて、きちんとした会社を利用する必要があるのです。

審査が甘いキャッシングランキング!即日融資も可能な消費者金融

銀行カードローンは審査基準が厳しい

銀行でもキャッシングを申し込むことができ、銀行カードローンと呼びます。

ただ消費者金融と比べると審査が厳しく、即日融資を受けることができないというデメリットがあります。

しかし、銀行カードローンにもメリットがあり、消費者金融と比べて金利が低かったり、借り入れ金額が大きいという点があるのです。そのため属性スコアリングや信用情報に自信がある人は、銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

2018年からさらに審査基準の厳格化が進んでいる

審査が厳しい銀行カードローンですが、2018年からさらに審査基準の厳格化が進んできました。消費者金融は賃金業法である総量規制の対象となるので、年収の1/3を超える融資を行なうことができません。

しかし2018年以前は銀行カードローンは総量規制の対象外だったので関係なく融資をおこなっていたのですが、銀行側も消費者金融とのバランスを取るために、2018年より自主的に総量規制を導入し、さらに審査基準を厳格化したのです。

クレジットカードのキャッシングは審査基準が異なる

クレジットカードでもキャッシングを利用することができます。クレジットカードには基本的にショッピング枠とキャッシング枠が準備されており、クレジットカードの申し込み時か途中で新たなにキャッシング枠の利用を申し込むことで利用できるようになります。

しかし、クレジットカードのキャッシングについては、各クレジットカード会社によって審査基準が異なるのです。これは金利や利用限度額が違うため、それぞれのクレジットカードで確認していく必要があります。

カードの利用実績によって審査に通りやすくなる?

クレジットカードのショッピング枠の利用実績が、審査に影響を与える場合があります。

これはクレジットカードのショッピング枠の利用で、延滞などを起こしている場合には不利となります。そのため支払いで延滞を起こした経験がある場合には、不利となる可能性があると覚えておきましょう。

それとクレジットカードのショッピング枠での利用実績が評価されて、審査に通りやすくなる可能性は低いので期待せずにおきましょう。いくら毎月かなりの金額をクレジットカードで支払っていたとしても、審査で有利になる可能性は低く、信用情報や属性スコアリングに問題があると審査に落ちてしまいます。

そのため、クレジットカードの利用実績が全くない場合に比べると、利用実績がある場合の方が有利となりますが、そこまでの期待は持てないでしょう。

キャッシングの審査に落ちる理由

ここまでキャッシングの審査時のポイントを紹介してきました。

ただ重要なポイントも多いので、どの点を気を付ければ良いのかが分かりにくいかもしれません。そこでここからは、実際にキャッシングの審査に落ちてしまう理由を紹介します。
落ちてしまう理由を知れば、自分が審査を受ける時の対処法として役に立つので、自分が当てはまるなと思うポイントを改善していきましょう。

属性スコアの評価が低い

属性スコアの評価が低い場合には、審査に落ちてしまいます。

どうしても属性スコアリングは機械的に判断をされてしまうので、一定の点数に届かなければ審査に通過することができません。

それでは各項目について紹介していきます。

勤続年数が短い

勤続年数が短いと評価が低くなってしまいます。これは職を転々としている可能性があったり、仕事が長く続かない可能性を持たれているためです。

それと勤続年数が短いとどうしても給料が低くなりがちです。そのため返済能力の点で、勤続年数が長い人と劣ることがあるので、評価が低くなってしまうのです。

居住年数が短い

居住年数が短いと、何度も引っ越しをしている場合やすぐに引っ越しをしてしまう可能性があるためです。

これは行方が分からなくなったりすることを防ぐためです。長く同じ居住に住んでいる人であれば、引っ越す可能性が低いので、居住年数が短いと評価が低くなってしまうのです。

年収が低い

年収が低いと、借り入れた金額を毎月返済でき可能性があるため評価が低くなってしまいます。もちろん返済以外でも出費は必要となるので、年収が高い人に比べると低い人は評価がどうしても低くなってしまうことは仕方がないのです。

賃貸物件に住んでいる

賃貸物件に住んでいると、夜逃げをされてしまう可能性や簡単に引っ越しができてしまうので評価が低くなってしまいます。

逆に自分の家を持っていると、ある程度資産に余裕があると評価されたり、住宅ローンを組むことができる信用と家賃がかからないという点から評価が高くなるのです。

不安定な仕事についている

大企業や公務員と言った安定した仕事についている場合ではなく、パートやアルバイト、派遣社員などの場合には収入が必ず約束されているわけではないので、評価が低くなってしまいます。

勤務先の規模が小さい

中小企業やベンチャーなどの、勤務先の規模が小さい場合にも評価が低くなってしまいます。これは将来的に倒産や事業が落ち込むことが考えられるため、結果的に収入が減り、返済できない可能性があるためです。

自営業・個人事業主である

自営業や個人事業主の場合には、毎月の収入が安定しているわけではないので、どうしても評価が低くなってしまいます。いくら大金を稼いでいたとしても翌月に収入がゼロという可能性が自営業や個人事業主の場合も考えられるためです。

連絡先がない

連絡先がない場合には、評価が低くなってしまいます。

連絡先が無いと、延滞などの問題が発生した時に連絡が取れなかったり、夜逃げをされる危険性があるためです。さらに携帯電話を持っていない場合には何らかの金銭的な事情が考えられるため、返済能力に疑いをもたれてしまうためです。

一人暮らしである

一人暮らしの場合には、評価が低くなってしまいます。

もし働けなくなった場合や、何らかの事情で会社を辞める事態となった時に、返済を助けてくれる人がいないためです。家族がいればすぐにお金に困る可能性が低くなるためでもあります。

年齢が若すぎる・高齢すぎる

年齢が若すぎる場合と高すぎる場合には、評価が低くなってしまいます。

年齢が若い場合には、収入や信用が低いため、返済できない可能性があるためです。

年齢が高すぎる場合には、仕事を続けることが難しくなったり、病気で倒れてしまう可能性があるためです。

属性スコアはすべての項目の総合点で決まる

属性スコアリングは全ての項目の総合点できまります。そのため一部で問題があったとしても、そのほかの項目でカバーをできればこちらの審査は通過することができます。

しかし全ての項目でこのようにいくわけではありません。例えばこの後に紹介する信用情報に関わるスコアに問題がある時には、かなり評価が低くなってしまうでしょう。

そのため、収入や職種については気を付けておく必要があります。

信用情報に傷がついている

キャッシングの審査に落ちてしまうのは、属性スコアリングだけではなく信用情報に傷が付いている場合があります。そこで信用情報に傷が付いてしまう原因を紹介します。

ちなみに信用情報に傷が付いてしまうと、高い確率で大手消費者金融や銀行カードローンの審査に落ちてしまうようになるので気を付けましょう。

過去にローン返済の延滞をしたことがある

過去にキャッシングのローン返済やクレジットカードの支払いを延滞したことがある場合には信用情報に傷が付いてしまいます。

ただ一度の延滞で傷が付くわけではなく、2度や3度繰り返すと傷が付いてしまいます。

当然ながら借りたお金をきちんと返済できない場合には、問題があると疑われてしまうためです。そのため延滞や滞納だけは絶対にしないようにしましょう。

過去に他社のキャッシング審査に落ちたことがある

過去に他社のキャッシングやクレジットカードの審査に落ちたことがある場合には注意が必要です。他の会社で審査に落ちたということは、どこかに問題があったと言うことになります。もちろん審査基準が違うかもしれませんが、調べるとすぐにわかる可能性が高いのです。そして一番に疑われるのが信用情報です。

そのため、過去に他社に審査に落ちたことがある人は気を付けましょう。

短期間に複数のキャッシングへ申し込んでいる

短期間に複数のキャッシングに申し込んでいる場合には審査に通過できないでしょう。

これは申し込み情報が信用情報を調べると分かり、何社にも短期間に申し込んでいるということはかなりの大金を目的としている場合や、信用情報などに問題があり何社も申し込んで無理やり審査に通過しようとしているなどの疑いをもたれるためです。

過去に任意整理や自己破産をしたことがある

過去に任意整理や自己破産をしたことがある場合には、審査に通過することがかなり難しいでしょう。

信用情報でも任意整理や自己破産をした場合にはブラックリストに載ってしまうためです。ブラックリストに乗ると各信用情報機関で共有されるため、審査ですぐに判明していまいます。そのため過去に任意整理や自己破産をした経験がある人は、信用情報の記録が消える5年~10年は待たなければなりません。

その他金融機関とトラブルを起こしたことがある

もし他の金融機関とトラブルを起こした経験がある場合には、審査に通過することが難しいでしょう。

特に提携をしている銀行などだと、トラブルのデータが残されている場合があるので、審査に通過できなくなってしまうのです。

そのため金融機関とトラブルを起こした経験がある人は気を付けましょう。

在籍確認で確認が取れない

キャッシングの審査では在籍確認が必ず行われます。

在籍確認とは、勤務先に審査担当者が電話をする審査となります。

この在籍確認は、申し込み情報で記入をした勤務先に本当に勤めているのか、勤務先が実在するのかを確認するためです。そのため在籍確認で確認が取れない場合には、いくら信用情報や属性スコアリングに問題がなかったとしても審査に通過することができません。

提出した書類に不備がある

提出した書類に不備がある場合には審査に通過することができません。

例えば身分証明書が更新されていないものや、収入証明書については発行から3ヵ月以内のものと指定があるかもしれないので気を付けましょう。

身分証明書については必ず提出前に確認をしておいたり、収入証明書については申し込み段階で取り寄せておくようにしておけば大丈夫です。

申込み条件を満たしていない

申し込み条件を満たしていない場合には当然ながら審査に落ちてしまいます。

例えば20歳未満であったり、学生、専業主婦、安定した収入が無いなど、各賃金業者によって申し込み条件があるので、必ず確認しておくようにしてください。

他社借入を抱えている

他社借入を抱えている場合にも、審査に通過することが難しくなります。

もし他社で借り入れいる時には、その借り入れを返済するまで申し込むのを辞めておく必要があります。

他社借入総額が年収の1/3を超えると総量規制に引っかかる

ちなみに他社借入があると、総量規制に引っかかる可能性があるためです。

先ほども紹介した通り、総量規制とは年収の1/3を超える借り入れを行なうことができない法律です。

これは1社での借り入れではなく他社借入の総額となります。そのため希望金額が年収の1/3を超える場合には審査に落ちてしまうので気を付けましょう。

キャッシングの審査基準は時期によっても異なる

キャッシングの申し込み時期によっては審査基準が異なる場合があります。

これはGWのような連休前や、結婚式が多くなる6月、引っ越しや入学や就職が多くなる3月などです。お金が必要となる場面が多く利用者が増えるため、審査時間も増え審査基準も厳しくなる傾向にあります。

逆に審査基準が緩くなる傾向の次期があります。これは7月前後や12月といったボーナスを貰える時期となります。そもそもお金が貰えるのでキャッシング利用者が減少し、収入が増えているので審査基準が緩くなるのです。

そのためすぐにお金が必要でない場合や自分で申し込み時期を調整できる時には、審査基準が緩くなる時期を狙いましょう。