みずほ銀行カードローンのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは銀行カードローンの中でも特にスタンダードな性能を持っており、金利の低さや限度額の高さなど強みも多いです。

そんなみずほ銀行カードローンのメリットやデメリットなどについて詳しく解説していきます。

他社との比較もしていくのでどのカードローンを利用しようか悩んでいる方にも、うってつけの内容となっています。

みずほ銀行カードローン詳細情報

申込条件 満20歳から満66歳の方で安定した収入がある方(世帯収入のある専業主婦も利用可能)
必要書類 本人確認書類のコピー、収入証明書類(200万円超える借り入れの場合)
審査時間 数日から1週間(キャッシュカード兼用型)、2週間から3週間(カードローン専用型)
利用用途 原則として自由(事業性資金を除く)
契約期間 1年(自動更新)
限度額 800万円
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション

みずほ銀行カードローンのメリット

  • 金利や限度額など基本的な要素が優れており、安定して使いやすい
  • 提携ATMが多く、様々な場所で利用できる
  • 専業主婦の方も世帯収入があれば申し込み可能

金利や限度額など基本的な要素が優れており、安定して使いやすい

みずほ銀行カードローンの金利は2.0%から14.0%となっています。

一般的な銀行系カードローンと比べるとやや低めと言える水準です。

特に下限金利が低いので高額借り入れの際に負担を軽減することが出来ます。

限度額は800万円と高めに設定されています。

余裕をもってカードローンを利用したいという方にもうってつけといえるでしょう。

みずほ銀行カードローンは特殊な性能などがほとんどなく、基本的な要素に優れたカードローンとなっています。

限度額が高いほど金利は低くなり、200万円以上の限度額が適用されると金利は1桁になります。

提携ATMが多く、様々な場所で利用できる

みずほ銀行は様々なATMと提携しています。その中にはセブン銀行やローソンATM、ゆうちょ銀行も含まれます。

これらのATMは全国の各地に設置されているので、見つけることがそれほど難しくありません。

そのことは様々な場所で利用したいという方にとって大きなメリットと言えるでしょう。

また、コンビニに設置されているATMの利用時間は店舗の営業時間とリンクしていることが多く、銀行が開いていない夜の時間帯でも利用することが出来ます。

時間の制約をそれほど受けることなく利用できるので、忙しい方も利用しやすいと言えるでしょう。

ただし、コンビニATMを利用する場合は、手数料が掛かるのでその点には注意しておきましょう。

また、ATMにはそれぞれ1日に取り扱う限度額が設定されており、その金額を超える借り入れは出来ない仕組みになっています。

ATMでの借り入れは1000円単位で行えます。

専業主婦の方も世帯収入があれば申し込み可能

カードローンの中には専業主婦の方が利用できないものもあります。

しかし、みずほ銀行カードローンでは、世帯収入のある家庭の専業主婦の方にも融資を行っています。

幅広い方に貸付を行うことにより、多くの利用者を集めることに繋げているのが、みずほ銀行カードローンの1つの特徴です。

パートやアルバイトの方も利用することが出来ます。非正規雇用などにより、収入があまり多くない場合は希望限度額を低めに設定していないと、審査落ちしてしまうリスクが高まることに注意しておきましょう。

みずほ銀行カードローンのデメリット

  • みずほ銀行の口座開設の必要がある
  • 返済方法が口座引き落としのみ
  • 申し込みの方法やカードの種類によって融資を受けられるまでの時間が大幅に変わる

みずほ銀行の口座開設の必要がある

みずほ銀行の口座を持っていない方がみずほ銀行カードローンに申しこんだ場合は、口座の開設をカードローンの手続きと同時に行う必要があります。

そのため、カードローンを利用できるまでに長めの時間がかかってしまいます。

口座開設をインターネット上で行った場合はそれだけで2週間かかり、そこにカードローンの審査時間が加わることで3週間ほどかかると考えておく必要があります。

返済方法が口座引き落としのみ

みずほ銀行カードローンの返済は残高スライド方式となっており、残高に合わせた定額が毎月自動的に引き落とされます。

ATMを使った任意返済などには対応していません。そのため、一気に全額返済を行って、金利負担を軽減するといったことは出来ないので注意しておきましょう。

口座引き落としは口座残高が足りてさえいれば自動的に行われるので便利ではありますが、月々引き落とし額によっては返済期間が長くなることもあります。

任意返済に対応しているカードローンであれば、臨時収入があった時に一気に返済を行って返済期間を短くすることも可能ですが、みずほ銀行カードローンの場合はそのようなことが出来ません

。あくまで一定のペースで返済していく必要があります。

申し込みの方法やカードの種類によって融資を受けられるまでの時間が大幅に変わる

みずほ銀行カードローンでは申し込み時点で既にみずほ銀行の口座を持っている場合であっても、申し込みの方法やローンカードの種類によって利用開始までの時間に大きな違いが生まれます。

例えば、インターネット上からキャッシュカード兼用型のカードローンを申し込んだ場合は、24時間以内に融資を受けられるケースもありますが、電話でカードローン専用型に申し込むと2週間から3週間かかることになります。

インターネット上で同じように申し込んだ場合でも、キャッシュカード兼用型とカードローン専用型では融資までの時間が大きく異なります。

カードローン専用型に申し込むと審査時間が長くなりやすいので注意しておきましょう。

みずほ銀行カードローンは即日融資可能?最短で融資を受ける方法

みずほ銀行カードローンの審査基準は他社より甘い?

みずほ銀行カードローンの審査基準は平均的か、少し厳しめとなっています。

メガバンクの取り扱っているカードローンなので申し込み者の数も多く、審査基準を低くする必要性が低いと言えるでしょう。

限度額も高めに設定されているので安易な審査をしてしまうと、銀行側が大きなリスクを背負うことにもなりかねません。

それゆえにみずほ銀行カードローンではオーソドックスかつ確実性の高い審査基準を設けています。

とはいえ、特別に厳しい審査が行われるわけではないため、返済能力や借入総額に問題がなければ十分に審査通過できます。

もしも、審査通過の自信がないということであれば、なるべく希望限度額を低めに設定しておくことが有効です。

銀行カードローンであるため、信用情報には細かいチェックが入ります。

また、保証会社が株式会社オリエントコーポレーションなので、これまでのオリコカードの利用状況が審査に影響を与える可能性もあります。

オリコカードの返済で延滞をしてしまった経験を持つ方は注意が必要となります。

みずほ銀行カードローンの審査は甘い?審査に通るコツを教えます!

みずほ銀行カードローンの金利は他社より高い?

みずほ銀行カードローンの金利は2.0%から14.0%であり、どちらかというと低めと言えるでしょう。

金利の幅が広いので限度額によって適用される金利が大きく異なることに注意が必要ですが、2.0%から14.0%のどの金利が適用されたとしても、一般的なカードローンと比べると低めの水準なので利用者にとってメリットがあります。

ただし、みずほカードローンの返済方法は月々の自動引き落とししかなく、返済期間が長くなってしまうことにより金利負担が膨らむ恐れもあります。

その点を踏まえた返済計画を立てることが重要です。

みずほ銀行カードローンの利息一覧

1万円 1400円
5万円 7000円
10万円 14000円
20万円 24000円
50万円 60000円
100万円 80000円
150万円 90000円
200万円 100000円
300万円 120000円
500万円 150000円
限度額上限 160000円

みずほ銀行カードローンは返済しやすい?

みずほ銀行カードローンでは口座自動引き落としによる定額返済となっています。

毎月の返済額は一定の範囲内で定まっているので、安定した返済計画を立てることが出来ます。

そのため、返済しやすいと言えるでしょう。ただ、ATMや窓口などを利用した任意返済には対応しておらず、一気にまとめて返済するといったことは出来ないので注意が必要となります。

つまり、月々安定して返済をしていきたいという方にとっては返済しやすく、その時点での借り入れ残高を一気に返したいという方にとっては少し返済しにくい可能性もあります。

返済方式

みずほ銀行カードローンの返済方式は残高スライド方式となっています。

これは借り入れ残高に応じた金額を月々に分散して返済する方式です。

残高が減るにつれて毎月の返済額も少なくなっていきます。計画を立てやすい返済方式ではありますが、任意のタイミングでの返済は出来ないので注意しておきましょう。

残高スライド方式による月々の最低返済額は金融機関ごとに決められていますが、みずほ銀行カードローンの場合は少し低めに設定されています。

返済日

みずほ銀行カードローンの返済日は毎月の10日となっています。

9日時点での借入残高を反映した返済額が決定され、10日に引き落としが行われる仕組みです。

10日が金融機関の休業日だった場合は翌営業日以降に持ち越されます。

大型連休などに10日が含まれている場合は、返済日が大きく変わることもありますがその場合はホームページやメールなどで告知されます。

みずほ銀行カードローンでは返済方法が1つしかないので、原則として全ての利用者が10日に返済をすることになります。

毎月の返済額

1万円 5000円
5万円 5000円
10万円 10000円
20万円 10000円
50万円 20000円
100万円 20000円
150万円 40000円
200万円 40000円
300万円 60000円
500万円 80000円
限度額上限 100000円

みずほ銀行カードローンの借り入れ方法

ATMからの借り入れ

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行などのATMでローンカードを使えば簡単に借り入れ出来ます。

みずほ銀行のATMであれば手数料はかかりません。

みずほ銀行はセブン銀行、ローソンATM、ゆうちょ銀行などと提携していて、それらのATMでも借り入れをすることが出来ます。

提携ATMでの借り入れの場合は手数料がかかるので注意が必要です。

ATMでの借り入れの場合は原則として1000円単位となります。

ATMにはそれぞれ1日に取り扱える金額が定められており、その金額を超える場合はたとえ契約上の限度額の範囲内であっても借り入れできないケースがあります。

ネットバンキングからの借り入れ

みずほ銀行カードローンはネットバンキングからも借り入れ可能となっています。

みずほ銀行ではみずほダイレクトというネットバンキングのサービスを実施しており、登録をすることで簡単に利用できます。

事前の登録が必要となるものの、1円単位での借り入れを行うことができ、手数料もかかりません。

ネットバンキングからの借り入れを申請した場合は当日または翌日に振り込まれます。

みずほダイレクトは高度なセキュリティが実装されているので安心して利用することが出来ます。

設定の内容次第では口座残高不足の際に自動融資を受けられる状態にすることも可能です。

みずほ銀行カードローンへ申し込んだ人の口コミ

申込年 2016年
年齢 40歳
職業 会社員
年収 550万円
利用目的 引越し費用を確保したい
希望限度額 150万円

私は20年以上前からみずほ銀行の口座を利用しています。そのため、みずほ銀行カードローンのことは以前から知っていました。しかし、お金を借りることには少し抵抗があったので申し込んではいませんでした。

ある時に引っ越しをしようと思ったのですが、想定以上に費用がかかることに気づきました。どうやって費用の問題を解決しようか悩んでいた時に思い出したのがみずほ銀行カードローンです。なるべく早めの融資を受けたかったのですぐに申し込みを行いました。

インターネットから申し込みを行って、次の日には審査結果が届いたことを覚えています。銀行カードローンでありながらこれほど早く審査が終わることには驚きました。

きっとキャッシュカード一体型にしたのが良かったのだと思います。みずほ銀行カードローンを利用できたおかげで、引っ越し費用を用意することが出来ました。現在では既に返済を開始しています。返済額がある程度固定されているので返済計画を立てやすいです。私の場合は金利が10%前後になっており、ありがたいと感じています。

申込年 2017年
年齢 43歳
職業 パート・主婦
年収 80万円
利用目的 子供の学費を用意するため
希望限度額 50万円

私には2人の子供がいて、家族4人で暮らしています。この度子供が大学に進学することになったのですが、想定以上に学費がかかることに気づきました。

奨学金も利用しているのですが、それでも足りない部分があります。そこで私は古くから馴染みのあるみずほ銀行のカードローンを利用することに決めました。しかし、私にはパート収入しかなく、それほど高額な融資は期待できないのではという思いがありました。

ただ、みずほ銀行カードローンでは専業主婦の方にも融資を行っていると聞いたことがあったので、申し込んでみることを決意した次第です。審査結果が送られてきたのは3日後だったと思います。こちらの希望通り、50万円の融資を受けることができました。

私の収入だけで50万円の融資を受けることはおそらく不可能だったと思うので、世帯収入も審査に影響したのではないかと推測しています。いずれにしてもみずほ銀行カードローンに申しこんだおかげで学費を問題なく支払うことが出来ました。金利も14%と低めなのでありがたいと感じます。

私のように収入がそれほど多くない方でも利用できるのはメリットだなと思いました。みずほ銀行と言えば日本を代表するメガバンクなので、正直審査は厳しいかなと考えていました。実際にはそれほど厳しくなかった印象があります。

申込年 2015年
年齢 29歳
職業 建築業
年収 400万円
利用目的 キャリアアップのための費用が必要になったため
希望限度額 100万円

私は建築業をしている29歳の者です。職場の環境にはある程度満足しているものの、なかなか収入が上がっていかないことに徐々に不安を募らせていました。

キャリアアップや転職をすれば収入が上がるのではないかと思いましたが、そのためには費用が必要です。あいにく私は毎月のやりくりでいっぱいいっぱいであり、到底そのような費用的な余裕を作ることが出来ませんでした。

そこで利用しようと思ったのがみずほ銀行カードローンです。メガバンクであるみずほ銀行であれば信用性が高いと感じました。私はみずほ銀行の口座を有していましたが、キャッシュカードとローンカードは分けたいと思っていました。ゆえにカードローン専用型で申し込みを行ったことを覚えています。1週間経っても審査結果は送られてきませんでした。

みずほ銀行カードローンは銀行系カードローンにしては審査が速いと聞いていたので、少し驚きましたがもう少し待つことにしました。審査結果が送られてきたのは申し込みから3週間後のことです。想定していたよりもだいぶ遅かったですが、審査を通過できたことは良かったと思います。

後で調べてみると分かったのですが、どうやらカードローン専用型を選ぶと審査時間が長くなるそうです。ローンカードを使用して早速借り入れを行い、キャリアアップのための費用に充てさせてもらいました。今はまだ勉強中ですが、1か月後には資格試験を受けてみるつもりです。みずほ銀行カードローンのおかげで費用に余裕を持つことが出来ました。審査時間にはちょっと注意が必要ですが、あとの部分はとても良かったです。

みずほ銀行カードローンの口コミ・評判まとめ!審査は厳しい?他社と比べてお得?