ジャパンネット銀行カードローンのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

ジャパンネット銀行カードローン

ジャパネット銀行カードローンは銀行カードローンでは珍しい30日間無利息というメリットなどがあります。

一方で、ネットバンクのためにインターネット利用に慣れていないと利用しにくいデメリットなどもあるのです。

ジャパンネット銀行カードローンは他社と差別化ができているカードローンでしょう。

ここではジャパンネット銀行カードローンのメリット、デメリット、特徴を解説していきます。

ジャパンネット銀行カードローン詳細情報

申し込み条件 20歳以上70歳未満
必要書類 口座がなければ本人確認書類
審査時間 1日~3日
利用用途 原則自由(事業資金以外)
契約期間 3年
限度額 1000万円
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

ジャパンネット銀行カードローンのメリット

  • 30日間無利息サービス
  • 利用限度額が1000万円
  • 全国で申し込める
  • 300万円までの融資なら収入証明書不要

30日間無利息サービス

ジャパンネット銀行カードローンでは30日間無利息になるサービスを行っています。

消費者金融などでは見かけるサービスですが、銀行カードローンでは珍しいです。

初めての借り入れから30日間は何度借りても無利息になります。借りてから30日以内に返せる人であれば、利息を払わずに借り入れができるのです。

給料日まで少し足りないなど、ちょっとの期間だけ借りたいときなどにはメリットのあるサービスです。

また、最初の月に利息がつかないので、元本を返せるのは後の返済に大きく影響します。借りた額が大きければ、最初は利息の割合が大きいです。

それを最初から元本を払えるため、返済する元本を減らせるのです。最初の月に減らした元本に利息が付くので、返済が少し楽になるでしょう。

利用限度額が1000万円

ジャパンネット銀行カードローンの利用限度額は1000万円と高額です。銀行カードローンの中では高水準です。

1000万円あれば借り換えやおまとめにも利用できます。他社から借りている借金をまとめるときに1000万円でも足りなければ、カードローンで借り換えをするのは難しいです。

また、原則自由に利用できますので、結婚資金やレジャーなどで急に資金が必要になった時にも借り入れができます。

1000万円あれば、大抵の緊急事態は乗り越えられるでしょう。プライベートで1000万円以上を緊急で使うことはあまりないですし、そんな状況にはほとんど遭遇しません。

全国で申し込める

ネットバンキングであるジャパンネット銀行では、カードローンに全国から申し込めます。

地方銀行などでは申し込める地域を限定していることが多いですので、全国で申し込めるのはメリットです。特に居住地域を限定している訳ではありませんので、地方に住んでいてもジャパンネット銀行カードローンに申し込めるのです。

銀行が近くにない場合は諦めてしまうかもしれません。しかし、ジャパンネット銀行カードローンであれば、そんなケースでも問題なく申し込めます。

インターネットの繋がる環境が整っていれば、申し込めるでしょう。アプリからの申込みもできますので、スマホから申請することも可能です。特別にWi-Fiが繋がっている必要はありません。

300万円までの融資なら収入証明書不要

銀行カードローンでは50万円を超える融資には、収入証明書が必要になることが多いです。

収入がない人には返済能力がないと判断されるために、収入を証明する必要があるのです。そんな収入証明書ですが、ジャパンネット銀行カードローンでは300万円までの融資には提出する必要がありません。

所定の手続きを取れば、300万円までは収入証明書なしでお金を借りることができるのです。

他の銀行では50万円以上ですので、ジャパンネット銀行カードローンとの差は明らかです。これは収入に自信のない人にはメリットでしょう。

ジャパンネット銀行カードローンのデメリット

  • ジャパンネット銀行の口座が必要
  • インターネットでしか申し込めない
  • 変動金利
  • 主婦の場合は配偶者の勤め先に在籍確認の連絡がいく

ジャパンネット銀行の口座が必要

銀行カードローンでは口座を持っていることが条件になっていることが多いですが、ジャパンネット銀行カードローンも同じです。

口座を持っていないとお金を借りることができません。そのため、口座開設の手続きを取る必要があるのです。

インターネット上でできるとはいえ、面倒な手続きが増えることになります。

口座なしにお金を借りることができる銀行もありますので、口座が必要なことはデメリットです。

また、お金を借りるために口座を作ると、必要なくなったときには解約することになるでしょう。

この手続きが面倒だということもあるのです。口座を作って、必要なくなったら解約するというのでは、口座を最初から作らない方がいいと思う人は多いでしょう。

インターネットでしか申し込めない

ジャパンネット銀行はネット銀行ですので、オンライン上に存在しています。そのためインターネットからのみ申し込めます。

インターネットの利用に長けている人はいいでしょうが、そうではない人は利用できないでしょう。

例えば年配の人などはジャパンネット銀行カードローンを利用できない可能性は高いです。

電話での申込みに対応していないジャパンネット銀行カードローンでは、インターネットを利用できないことは致命的なのです。

また、インターネットを日常的に利用していないと、操作ができずに申し込みを諦めることも多くなります。

提出書類のアップロードと言われても、言っている意味が理解できずに挫折してしまうことも考えられます。

変動金利

ジャパンネット銀行カードローンは変動金利です。そのため、金利が固定されていないという特徴があります。

金利が安くなることもあれば、高くなることもあるのです。固定金利と比べると、高くなることがある可能性もあるためデメリットでしょう。

金利がどちらに転ぶか分からないため、どう転んでもいいように用意しておく必要があります。

金利が高くなっても払えるように用意するのは手間がかかります。一方で安くなることもあります。その時は利益があるでしょう。

主婦の場合は配偶者の勤め先に在籍確認の連絡がいく

ジャパンネット銀行カードローンでは主婦も申し込めます。

主婦が借りられるのはメリットですが、借りる前に配偶者の会社へ在籍確認の電話がいきます。

配偶者がカードローンに申し込んでいると知らなければ、本人が出た場合に驚くでしょう。そのようなデメリットがあるのです。

また、会社の同僚が電話を取ったとしても、不審な電話として配偶者に報告するかもしれません。

勘の鋭い人であれば、カードローンの在籍確認だと気づくかもしれません。そうなると、トラブルに発展することも考えられます。

ジャパンネット銀行カードローンの審査基準は他社より甘い?

ジャパンネット銀行カードローンの審査は3日以内に終わるので、甘いかもしれません。銀行カードローンでは審査に1週間程度かかることが多いです。

銀行カードローンより審査にかかる時間が少ないので、審査基準は甘くなってしまう可能性は高いです。

また、金利が銀行カードローンよりも高く設定されていますので、審査が甘くなることもあるでしょう。

金利が高いため借りる人が少ないですが、多くの人に借りてもらわないと利益が出ません。

そのため、審査基準を甘くして貸し付けている確率は高いです。一般的に金利が低い金融機関から借りることが多く、金利が高い金融機関からは借りない傾向があります。

しかし、ジャパンネット銀行カードローンが成り立っているのは、金利が低い金融機関では借りられない人に貸し付けているからです。

信用度が低い人に貸し付けている可能性が高いことから、ジャパンネット銀行カードローンの審査は甘いと言えるでしょう。

ジャパンネット銀行カードローンの金利は他社より高い?

ジャパンネット銀行カードローンは最高金利が18%ですので、消費者金融と同程度です。

一般的な銀行カードローンの金利は14%程度ですので、約4%の違いもあることになります。消費者金融と比べれば高くないですが、他の銀行と比べると高いです。

金利の違いはジャパンネット銀行カードローンは銀行カードローンよりも、消費者金融のローンに近いことを意味しています。

貸し倒れリスクを考慮しても、利益を上げるために金利を高く設定しているのでしょう。

しかし、100万円以下の融資では18%ですが、1000万円の融資では金利が1.59%と低く設定されています。

低額融資では高い金利ですが、高額融資になるとどんどん低くなっていくのです。高額融資になったときの低金利は消費者金融の金利とは違います。

高額融資では銀行の金利と同等になっていて、低額融資では消費者金融の金利と同等になっています。どちらも上手く使い分けているのが、ジャパンネット銀行カードローンです。

ジャパンネット銀行カードローンの利息一覧

1万円 338円
5万円 7950円
10万円 39611円
20万円 100727円
50万円 609531円
100万円 1022950円
150万円 1185114円
200万円 1337134円
300万円 1259261円
500万円 2260988円
1000万円 1329999円

ジャパンネット銀行カードローンは返済しやすい?

ジャパンネット銀行カードローンは返済しやすいのですが、それにはいくつか理由があります。

まず、借りている残金に合わせた最低返済額を返済すれば、問題ないことです。

ジャパンネット銀行カードローンでは残金に合わせた最低返済額が設定されていて、その金額を期日までに支払うだけでいいのです。

10万円以下の借入のときは、毎月3000円の返済で済みます。一定の返済額を返済する方法もありますが、最低返済額を返すだけでいいと考えると毎月の支払いが楽になります。

他には、支払い日の前にメールでお知らせメールがくることです。返済を忘れてしまう人は多いですので、忘れてしまう人のためにメールがきます。

支払いを忘れてしまうと延滞になってペナルティを受けることもあります。そのようなことが起きないように、ジャパンネット銀行カードローンには防止策があるのです。

返済方式

ジャパンネット銀行カードローンの返済方式は、基本的に口座からの自動引き落としです。

ジャパンネット銀行の口座にお金が入っていると、自動で引き落としされますので、支払いを忘れることがありません。

しかし、支払日までに十分な金額を入金しておく必要があります。忘れてしまうと、引き落としができずに延滞になってしまうのです。

返済額は決まっていますので、あらかじめ入金しておくとトラブルになりにくいでしょう。また、最低返済額以上は随時返済することが可能です。

資金に余裕があって、追加で返済できるときは手数料無料で返済できます。追加で返済すると元本を減らすことができるので、返済期間が短くなるでしょう。繰り上げ返済は一部と全額から選べます。

返済日

ジャパンネット銀行カードローンの返済日は、毎月1日~28日の間か月末から選べます。

給料日などのお金が入ってくる日が決まっているのであれば、その直後に設定しておくと払えない可能性が減ります。直後にしておかないとお金を使ってしまい、支払えない事態も考えられます。

返済をしてから生活をするように、給料日直後に返済日を設定することは大事なのです。また、返済日を給料が出る直後に設定しておき、給料日の直前に繰り上げ返済をする日と自分で設定すれば、早く返済を終わらせることができます。

最低金額の返済をし続けるよりも、繰り上げ返済する方が支払いは早く終わるのです。給料日直前であれば余剰資金が余っている可能性がありますので、それを繰り上げ返済に充てます。

毎月の返済額

1万円 3000円
5万円 3000円
10万円 3000円
20万円 6000円
50万円 1万円
100万円 2万円
150万円 2万5000円
200万円 3万円
300万円 4万円
500万円 5万円
1000万円 8万円

ジャパンネット銀行カードローンの借り入れ方法

口座がない場合は口座を開設する

ジャパンネット銀行カードローンで借り入れるためには口座が必要です。

口座開設を先にしておくと申し込みがスムーズに進むでしょう。

口座開設には本人確認書類などの提出が必要ですが、口座開設アプリをダウンロードしておけばアップロードするだけ開設できます。

アップロードしない場合は郵送で送ることになります。

申込み

公式サイトから申し込みを行います。申込みはインターネットからのみとなっていますので、電話などで申し込むことはできません。

必要事項に記入するだけですので、難しい質問などはほとんどないです。

本人確認書類の提出

運転免許証などをスマホやパソコンからアップロードします。パソコンなどを持っていない人は郵送で送ることもできます。

本人確認書類によっては郵送しかできないものもありますので注意が必要です。

また、融資額が多い場合には収入証明書を求められる可能性があります。

審査

提出された書類を検討して、審査を行います。信用情報などを審査しますので、引っ掛かると審査に落ちます。

また、利用限度額などの審査結果をメールで通知されるでしょう。審査結果の通知は原則として平日の営業時間内に行われます。

初期設定

口座を開設したばかりの人は初期設定が必要になります。すでに口座を持っている人は不要の手続きです。

初期設定をするときにはキャッシュカードとトークンを受け取り、所定の手続きを踏むことになります。

難しい設定ではありませんが、マニュアルを読みながら進めるとトラブルが防げます。

借り入れ開始

初期設定が済むと借り入れが可能になります。初回の借り入れに限り、他の金融機関に振り込む形での借り入れが可能です。

また、口座預金が残高不足になっている場合に、自動で不足分を借り入れることもできます。

ジャパンネット銀行カードローンへ申し込んだ人の口コミ

申し込み年 2018年
年齢 29歳
職業 サラリーマン
年収 400万円
利用目的 旅行
希望限度額 80万円

ジャパンネット銀行カードローンは簡単に借りられると聞いて、申し込むことにしました。申し込んでから口座が必要だと気づいて、慌てて口座開設アプリをダウンロードしたのです。必要書類を提出するのも簡単にできましたし、カードローンの申込みは簡単だと思いました。審査は3日以内で終わって、すぐに連絡が来ました。支払いが近かったので、早く借りられて助かりました。簡単だったので、困ったときにはまた利用します。

申し込み年 2019年
年齢 33歳
職業 公務員
年収 350万円
利用目的 結婚資金
希望限度額 100万円

結婚式が意外と盛大になったので、資金を借りることにしました。カードローンでお金を借りたことがなかったのですが、ジャパンネット銀行カードローンは簡単に申し込めました。審査もすぐに終わりましたし、借り入れまでに時間はかからなかったのです。初期設定が面倒でしたが、マニュアルを読んでなんとか進められました。一度借りたので、困ったときにはまた借りようと思います。まずは先に借金を返さないといけません。

申し込み年 2017年
年齢 30歳
職業 自営業
年収 500万円
利用目的 交際費
希望限度額 60万円

交際費がかなり膨らんでしまったので、ジャパンネット銀行カードローンでお金を借りることにしました。申込みは簡単で、スマホから申し込めたから助かりました。審査に時間はかからず、合格通知がきたと思います。借り入れまでスムーズにいったので、次からも借り入れをするかもしれません。ただ、金利が高いので返済は早くした方がいいと思いました。もう少し借りた方が金利は安くなるのでしょう。