プロミスのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説

プロミス

プロミスは他社に比べていいところもあれば、少し悪いところもあります。

いいところと悪いところを理解して契約したほうが安心できますし、他社を理解したうえで契約できる良さも得られるでしょう。

多くのメリットを得て、プロミスからお金を借りたほうがいいでしょう。

ここではプロミスのメリットとデメリットについて説明します。

他社と比較したプロミスのメリット

他社と比較して得られるメリットとして、まずアプリローンを提供しているという部分です。アプリを提供しているプロミスは、契約後にアプリを利用して簡単にお金を借りられます。

短時間でお金を借りたいと考えている方はもちろんのこと、外出先でもATMによる借入をしたくないと思っている時、カードを忘れてしまった時でも借りられるのはいいことでしょう。

また、即日融資を受けるまでの時間がかからないのもいいところです。

即日融資にかかる時間が消費者金融ではかなり短く設定されており、短時間で契約して借りられるのがいいのです。

借りるまでに多くの時間を使うことなく、短い時間でお金を借りて自分が希望したように使えるのはメリットと言えるでしょう。

他には無利息期間をしっかり設けている部分や、全国に自動契約機を設けており、カードを即日で発行できるメリットもあります。

更に金利面での優遇はもちろんのこと、会社としての信頼性も高い会社です。

安心して借りられる部分もメリットと言えるのです。

アプリローンで簡単に借入できる

プロミスはアプリを提供している会社で、アプリによって簡単に借入が可能です。

これまではATMを利用して借入を実施する場合もあれば、パソコンを使って振込依頼を出す傾向が多くありました。

しかし、この方法は場所が制限されてしまうほか、振込依頼を出せる方法が限定的で、すぐに借りられない問題もありました。

しかしアプリを提供したことで、外出先でも振込で借りられるメリットが生まれました。

外出先でも簡単にアプリを操作して振込ができるため、短時間で借入ができます。

しかもカードを持っていない場合でもアプリで借りられる良さがあります。

カードを自宅に忘れてしまった場合でも、すぐにアプリを操作して借りられるのはいいところでしょう。

アプリを使えば簡単に借りられるのはいいところですし、外出先でも気軽に借りられる方法を得られる良さがあります。

簡単に借りたいと思っているなら、プロミスのアプリを利用して借りる方法を考えてください。

即日融資までの審査スピードが最短

即日融資までにかかりる時間が短いのもいいところでしょう。

プロミスは最短で30分の審査を実施しており、短時間で審査を完了させられる良さがあります。

しかも契約までにかかる時間も短く、1時間程度でカードを発行したり、振込融資を受けられるのです。

短時間で借りられる体制をしっかり整えているのがプロミスのいいところでしょう。

プロミスはすぐに借りられるように自動的に審査する方法を採用するほか、短時間で審査が終わるように確認作業を実施します。

銀行カードローンと違い、警察のデータベース照会という審査が必要ないため、自社の審査が完了した時点で融資ができるという良さがあります。

プロミスはさらに短時間で借りられるように、契約から融資までの時間も早めています。

短時間で借りられるのはいいことですし、即日融資を希望している人にはとても安心できる会社でしょう。

すぐに借りたいという気持ちを持っているなら、まずはプロミスに相談して申込みをしましょう。

短時間で審査結果が返ってきて、契約後にはすぐ振込が実施されます。

借入日の翌日から無利息期間が適用される

プロミスは無利息期間(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)を持っている会社です。無利息期間は多くの会社で採用されているものですが、実はプロミスと他社では適用の方法が異なっています。

アコムも無利息を採用していますが、契約日の翌日から無利息が適用されます。

契約日というのは、借りるまでにアコムと契約した時点で確定するものであり、契約した時点で次の日から無利息期間が適用されます。

一見すると不便な点は無いように思われますが、無利息期間が勝手にスタートしているため、借入が遅くなると無利息期間の恩恵が受けられない可能性もあります。

一方でプロミスの場合、借入日の翌日から無利息期間が適用されます。借入日が遅くなったとしても、無利息期間は借りた翌日からスタートするので問題はないのです。

勝手に無利息期間が開始されていて、いつの間にか無利息期間が終了している問題はプロミスでは起こらないのです。

安心して借りられるのはいいところでしょう。

無利息期間の設定は、会社ごとに異なる部分です。

プロミスは借りる側に有利な無利息期間が設定されているので、無利息による安心感はかなり得やすくなっているでしょう。

全国に自動契約機があるからカードを発行しやすい

プロミスは全国に自動契約機を設けています。自動契約機ではカードを発行したり、契約後に問題が起きた時に対応できます。

さらにカードの再発行や暗証番号の変更など、不都合な点が起きてしまった場合に対応できるのも自動契約機のメリットです。

自動契約機を日本全国に配置しているので、あらゆる場所でカードを発行して借りられます。

プロミスの自動契約機は短時間でカードを発行できるほか、手続きがとても簡単で誰でもカード発行の手続きができます。

わからない時は電話で相談しながら手続きができるのもいいところでしょう。

なお、自動契約機は利用者が少ない場所から消えているケースもあり、プロミスは場所を制限しながら自動契約機の配置を考えています。

地方を中心に自動契約機がかなり遠くなっている場所もあるので注意してください。

上限金利が17.8%と大手消費者金融の中では低い

上限金利の数字は17.8%と高いように感じられますが、大手消費者金融は18%で契約します。

つまり0.2%という微々たる数字ですが、上限金利が引き下げられているメリットを得られます。

実は0.2%と言っても、借りる額によっては恩恵がかなり大きくなります。

金利が違うと利息が変わります。大手消費者金融に比べると、基本的にプロミスの方が発生する利息は減らされています。

あまり多くの利息が出てこないだけでなく、大手の消費者金融でも少しだけ利息分で得をしているのがいいところでしょう。

なお、プロミスと大手消費者金融を比較すると低いように感じられますが、銀行系カードローンよりも圧倒的に金利は高くなっています。

銀行で借りられる人は、銀行で契約したほうがもっと得をするでしょう。

ただ、審査が急激に厳しくなるほか、すぐに借りられないデメリットがあります。すぐに借りたいならプロミスがいいでしょう。

プロミスの金利は他社と比較して高い?利息はいくらかかるのか徹底解析!

業界最大手SMBCグループだから安心

業界最大手のSMBCグループに属しているプロミスは、安心感が非常に強い会社です。

安心できる理由として、プロミスが危ないと判断された場合でもSMBCグループで支えてくれるので、倒産などの心配がありません。安心して契約できる良さがあります。

SMBCグループというのは、三井住友銀行を中心とした非常に安定したグループです。

このグループに属している会社は信頼性が高いほか、グループ内で支えあう方法が使えるため、資金面での問題がありません。

さらに問題となる部分を改善させ、より安心できる会社へと変えられるのです。

安心できる会社だからこそ、プロミスは借りやすく契約もしやすいのです。

プロミスって借りたらヤバいですか?実際の利用者の口コミ・評判

他社と比較したプロミスのデメリット

プロミスはいいところも多数ありますが、いいところだけではありません。

悪い部分も少しはありますので、しっかりと把握してから契約したほうがいいでしょう。

悪い部分を理解し、プロミスと他社を比較したうえで契約を考えるのです。

特に厳しいのは審査基準と金利面での問題でしょう。

金利は他社で低く提供している会社がある他、かなり低い金利を提供する銀行も多数あります。

審査基準は消費者金融の中でも厳しい傾向があり、審査を通過できない人もいます。

しっかり審査基準をクリアするように心がけ、確実に契約できるようにしましょう。

電話連絡なしのWEB完結申し込みはない

プロミスでは電話連絡を入れなくてもいいWEB完結は用意されていません。

どのような場合でも本人確認が実施され、電話連絡が入ります。

SMBCモビットのWEB完結申し込みであれば電話連絡なしで審査可能ですが、プロミスでは電話連絡なしに対応していません。

近年はネット上であらゆる契約が完了する方法も模索されていますが、プロミスは信頼できない方法で契約できないと判断しており、電話連絡を実施して契約します。

つまり電話連絡なしで契約する方法はありません。どのような場合でも電話に出て、しっかり確認を実施しなければなりません。

電話に出なかった場合は審査に落とされてしまいます。ちょっとした油断で審査に落とされてしまうことがないよう、電話に出なければなりません。

銀行カードローンと比べると金利が高い

消費者金融の宿命かもしれませんが、銀行カードローンよりも金利が圧倒的に高い数字で、特に上限金利は高くなっています。

上限金利は17.8%と大手消費者金融よりも低くなっていますが、銀行は14%台で提供しているカードローンが多くなっており、上限だけで3%も違います。

また、限度額が高くなれば金利も引き下げられますが、500万円上限を借りたとしても金利が高く、銀行よりも1%程度高いのです。

高い金利を適用している背景には、プロミスがしっかり運営できる状況を作りたいと思っていること、そして銀行よりもハードルの低い審査を実施している点が影響しています。

銀行カードローンに比べると圧倒的に金利が高い傾向もあるので、契約する際は利息の支払いを覚悟して契約してください。

銀行カードローンを使って低金利で借りたいと考えているなら、プロミスは選択肢から外したほうがいいかもしれません。

なお、中小の消費者金融を中心にプロミスよりも低金利で貸している会社もあります。

大手の消費者金融は金利が高い傾向もありますが、中小の消費者金融よりも金利が高くなっている場合もあるので注意しましょう。

場合によっては中小の消費者金融も選択肢に入れてみましょう。

中小消費者金融と比べると審査基準が厳しい

消費者金融の審査は絶対的に甘めになっていますし、安心して契約できるように自動的に審査を実施する方法も採用されています。

短時間で審査を完了させられる点は魅力的ですが、中小の消費者金融よりも審査基準が厳しく、誰でも借りられるわけではありません。

一番の問題は借金です。借金を持っている人がプロミスから借りようとすると、総量規制の影響に加え、自主規制によって貸せないと判断されて審査に落とされてしまいます。

審査を通過したいと思っているなら、借金は抱えないほうがいいでしょう。

また、収入面でも不足していると判断されれば審査に落とされてしまいます。

プロミスは返済能力という部分をかなり意識しているため、返済能力が足りないと思われれば借りられません。

審査を通過するなら安定した収入も必要となります。

審査基準が中小の消費者金融より厳しく、審査に落とされる可能性もしっかり残されている点には気を付けておきましょう。

一方で中小の消費者金融は借金がどれだけあっても借りられる場合もありますし、債務整理などで審査に落とされる可能性も低くなっています。

色々と悪い情報が残っているなら、中小の消費者金融を考えたほうがいいでしょう。

誰でも審査に通るわけではないので要注意

プロミスは誰でも審査に通しているわけではありませんし、無収入の人や仕事をしていないと判断されれば審査を通過できません。

さらには信用情報などに悪いものが残されていれば、審査に落とされてしまいます。

つまり審査を通過できる可能性は決して高くないのです。実際に半分以上の人が審査に落とされている現状もあります。

審査を通過したいと考えているなら、まずは審査基準をしっかり理解しておきましょう。

審査基準を知っておけばそれだけで審査の通過率は高められるでしょう。

更に審査に落とされる問題点なども解消できるため、審査を通過できなくて辛い状況に追い込まれる心配はありません。

下記のページで審査に関連している情報を掲載しています。

これからプロミスの審査を受けたいと考えているなら参考にしてください。

特に審査を通過できるか不安に感じている方は見ておくと安心です。

大手消費者金融の中ならプロミスが断然おすすめ

大手の消費者金融では、プロミスがかなりおすすめできる会社なのは間違いありません。

プロミスは無利息期間の適用が借りた翌日になるなど、借りる人に有利な状況を作っているのは間違いありません。

さらにポイントサービスなども提供し、無利息期間を何度も追加できる良さもあります。

ただ、大手の消費者金融でも審査の通過率がそこまで高くないほか、電話による確認作業が絶対に実施されるデメリットもあります。

しっかりとデメリットを把握して、契約したほうがいいのか考えてから申し込みましょう。