山形銀行カードローンのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

山形銀行カードローンのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

多くの銀行がカードローンを提供しているので何が一番自分にメリットがあるのか判断するのが難しいものです。

ここでは山形銀行のカードローンを取り上げてメリットとデメリットを解説します。

さらに他社と比較して山形銀行カードローンの特徴も紹介します。銀行のカードローンを利用するにはよく調べてから選択する必要があります。

この記事を読めば山形銀行カードローンのメリットとデメリット、そして特徴を知ることが出来ます。

山形銀行カードローン詳細情報(スペック表)

申し込み条件 年齢が満20歳以上、満70歳未満の人
アコム株式会社の保証が受けられる人
山形銀行の審査基準を満たしている人
必要書類 身分証明書(運転免許証かパスポート)
収入証明書
審査時間 山形銀行口座を持っている人は最短で1日
利用用途 自由(事業資金を除く)
契約期間 1年間
限度額 500万円
保証会社 アコム株式会社

山形銀行カードローンのメリット

  • インターネット上で全ての手続きを完結できる
  • ローンカードが手元に届く前でも融資可能
  • 自動融資機能が付いているので他の支払いが楽

インターネット上で全ての手続きを完結できる

山形銀行カードローンは契約までの手続きが簡単なのがメリットの一つです。

山形銀行カードローンの契約手続きは全てインターネット上で完結することが出来ます。

カードローンの契約は必要書類の郵送を必須とする銀行も多くあります。また窓口に直接行かなければ本契約をしない銀行もあります。

山形銀行カードローンはこれらの手間を省くことが出来ます。

仕事で忙しい人はスキマ時間を利用してスマホで契約をすることも可能なのです。

山形銀行カードローンはインターネット上で全ての手続きを完了できるので、多くの手間や時間を省くことが出来るという点で大きなメリットだと言えます。

ただし融資希望金額が50万円をこえる場合は別途、所得を確認できる書類を提出しなければなりません。山形銀行カードローンを利用する際には融資希望金額には注意が必要です。

ローンカードが手元に届く前でも融資可能

山形銀行カードローンのメリットとして契約から融資までの時間が早いという点も挙げられます。

カードローンを利用する人の中には返済金を出来るかぎり早く手に入れたいという人もいるでしょう。

ローンカードの到着を待っている間に返済日が過ぎてしまい遅延料金が発生してしまうこともあります。

山形銀行カードローンでは契約後にローンカードが無くても必要金額を融資するサービスを行っています。

そのため返済日までにお金を用意することが可能になります。少しでも早く融資が出来るのは返済日が近づいている人にとって嬉しいサービスです。

山形銀行カードローンは契約後にローンカードが無くても融資可能であるというメリットがあります。

自動融資機能が付いているので他の支払いが楽

山形銀行カードローンは自動融資機能のサービスを行っているので返済日に銀行預金が無くても安心です。

山形銀行カードローンが行っている自動融資機能は公共料金やクレジットカードの返済日に銀行口座に預金が無い場合、返済に必要な料金を自動で融資してくれます。

仕事が忙しくて銀行に行く暇がなく、返済日が近づいているのに口座に預金することが出来ないという人もいるでしょう。

また返済日は複数以上あるためうっかり忘れてしまったということもあります。

返済に関しては個人の都合に関係なく遅れてしまうと遅延金が発生したり、自宅に督促状が届いたりしてしまいます。

返済の遅延は個人にとって様々な負担になってしまいます。

山形銀行カードローンの自動融資機能があれば返済日に間に合わせて自動で融資されるのでこういった事態を避けられます。

複数ある返済日に何度も銀行に行く手間や時間も省けるので支払いも楽になります。

山形銀行カードローンのデメリット

  • 返済が遅れた場合に金利が18%と高くなってしまう
  • ATMからの借入時に手数料が発生する場合がある
  • カードローンの利用が会社や家族にバレてしまう可能性が高い

返済が遅れた場合に金利が18%と高くなってしまう

山形銀行カードローンのデメリットとして金利が高くなってしまうという点が挙げられます。

カードローンを利用する際にはなるべく金利を低く抑えたいものです。

山形銀行カードローンの通常金利は他の銀行カードローンとほぼ同じような比較的低い金利です。

しかし返済に遅延が生じた場合は遅延金利として18%になってしまいます。

通常の最高金利が14.6%なのでかなり高金利です。

たとえば利用最低金額の10万円でも返済する額は118,000円になります。

元金以外に18,000円も返済しなければならなくなります。遅延しなかった時に比べて金額として3,400円も多く払わなければなりません。

通常時には金利も低く利用しやすい山形銀行カードローンですが遅延をしてしまうと金利が一気に上がってしまうので十分な注意が必要です。

金利が高くなれば返済の長期化につながりますし精神的にも苦しくなってしまいます。

ATMからの借入時に手数料が発生する場合がある

山形銀行カードローンはコンビニのATMで利用することが出来るので非常に便利です。

しかしコンビニATMで借り入れをする際には手数料が発生してしまうというデメリットも存在します。

山形銀行ATMおよび秋田銀行ATMを利用して借り入れをする際には手数料はかかりません。

しかしイーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATMで借り入れを行う際には手数料として108円~216円がかかります。

コンビニATMでの借り入れは便利である一方で手数料がかかるというデメリットがあります。

山形銀行か秋田銀行のATMが近くにある人はなるべくコンビニのATMを利用しないようにしましょう。

カードローンの利用が会社や家族にバレてしまう可能性が高い

カードローンの利用はなるべく他の人に知られたくないものです。

しかし山形銀行カードローンは利用していることが知られてしまう場合があります。

山形銀行カードローンの在籍確認は身分証明書の郵送は行っておらず、職場に直接電話をします。在籍確認の電話をするスタッフは身分を名乗るようなことはしません。

しかし職場に電話をしてくるので、会社の人にカードローンのことを知られてしまう可能性があります。

また山形銀行カードローンのローンカードは郵送で自宅に送られてきます。

そのためローンカードが家族の目にさらされる可能性もあります。ローンカードが入っている封筒には内容物の記載はありません。

しかし家族にカードローンの利用がバレてしまう可能性はあります。

山形銀行カードローンの利用は会社や家族にバレてしまう可能性が高いというデメリットがあるのです。

山形銀行カードローンの審査基準は他社より甘い?

山形銀行カードローンの利用対象者は主婦やパート・アルバイト、さらに年金受給者でも利用できるように設定されています。

山形銀行カードローンは他のカードローンの審査よりも比較的甘いです。

審査は主に保証会社であり消費者金融系のアコム株式会社が行います。

審査基準は具体的に公表されていませんが、過去にアコム株式会社で金融トラブルの記録が無ければほとんど審査に通ります。

カードローンを利用する前に山形銀行の口座を開設している人に関しては更に審査が通りやすくなりますし、審査も迅速に行われます。

口座を持っていない人でも職場への在籍確認が取れればほとんどの場合で審査に通ります。

山形銀行カードローンは審査対象の幅も広く審査基準も他の銀行より甘いと言えるでしょう。

審査が甘いキャッシングランキング!即日融資も可能な消費者金融

山形銀行カードローンの金利は他社より高い?

カードローンを利用するうえで金利の高さは気になる点でしょう。

山形銀行カードローンの金利は4.5%~14.6%です。他の地方銀行カードローンと比べても平均的な水準と言えるでしょう。

たとえば他の地方銀行である横浜銀行の金利は1.9%~14.6%であり最高金利は山形銀行と同一です。

また千葉銀行のカードローン金利は1.7%14.8%でありこれも最高金利は0.2%しか変わりません。

最低金利に関しては他の銀行よりも高めに設定されているのは利用限度額が500万円と他行に比べて低いからです。

銀行のカードローンは利用金額が大きければ大きいほど金利を下げています。

そのため利用限度額の大きい銀行のカードローンは最低金利が低く設定されているのです。

山形銀行カードローンの金利は銀行カードローンの平均水準であり、金利の高い消費者金融系のカードローンよりも比較的低いと言えます。

山形銀行カードローンの利息一覧

1万円 1,460円
5万円 7,300円
10万円 14,600円
20万円 29,200円
50万円 73,000円
100万円 120,000円
150万円 180,000円
200万円 160,000円
300万円 240,000円
500万円 225,000円

山形銀行カードローンは返済しやすい?

山形銀行カードローンの返済額は低めに設定されており、返済のしやすいカードローンです。

山形銀行カードローンの月々の返済金額は最低利用金額で2,000円からになっています。

月々2,000円の返済金額であればカードローンの返済によって生活を圧迫されることはないでしょう。

月々の返済負担が少なくなることで生活にもゆとりが生まれ精神的にも楽になります。

ボーナスなどで月々の返済よりも多めに返済が可能なタイミングでは近くのATMで任意に返済をすることも出来ます。

多めに支払いが出来るときは多めに支払っておくといいでしょう。

ただし、任意に返済をしたとしても完済しなければ、月々の返済額は変わらないので注意も必要です。

返済が遅れてしまうと遅延金利の18%になってしまいます。

返済期限には任意で返済した後も注意することが大切です。

返済方式

山形銀行カードローンの返済方式には2つあります。

月々決められた料金を返済していく約定返済と自身の都合で返済額を決めて返済できる任意返済です。

約定返済に関しては月々指定された銀行口座から決められた金額が引き落とされていきます。

銀行口座に預金をしておけば自動で行われるので余計な手間はかかりません。

返済金額と返済日は決まっているので口座に預金を忘れないようにしましょう。

山形銀行カードローンでは任意返済も行っています。

お金に余裕がある時には随時返済できるだけの金額をATMから返済出来ます。山形銀行カードローンは返済金額も低くゆとりをもって返済可能です。

しかし返済期間が長期化してしまうこともあります。任意返済の方式を利用して返済期間も短くすることが可能なのです。

銀行のカードローンも借金に変わりありません。返せるときにはなるべく早く返すようにしましょう。

返済日

山形銀行カードローンの返済日は毎月3日です。

自身の利用している銀行口座を利用して返済する場合、返済日には銀行口座から自動的に引き落としが行われます。

3日が銀行の休日だった場合は翌営業日に自動的に引き落としがされます。

返済日にも任意の返済はATMから可能になっています。

また銀行口座を利用せずに返済する人は、毎月3日までに山形銀行のATMかコンビニATMで返済を行う必要があります。

コンビニATMを利用して返済する場合は手数料無料となります。

銀行からの自動引き落としをするにしても、直接ATMから返済するにしても返済日の3日は厳守しましょう。

山形銀行カードローンの遅延金利は18%とかなり高いです。不必要な利息を支払うことになるのは避けましょう。

毎月の返済額

1万円 2000円
5万円 2000円
10万円 2,000円
20万円 4,000円
50万円 10,000円
100万円 20,000円
150万円 25,000円
200万円 30,000円
300万円 40,000円
500万円 60,000円
限度額上限 60,000円

山形銀行カードローンの借り入れ方法

ローンカードが届く前にも融資は可能

カードローンの借り入れをATMなどで行う際にはローンカードが必要になります。

山形銀行カードローンのローンカードは契約が成立した時点から約1週間で郵送されてきます。

利用する人の中にはローンカード郵送期間にも返済をしなければならないという場合もあります。

山形銀行カードローンは契約が出来ていればローンカードを持っていなくても必要な資金を銀行に振り込んでくれます。

もしもローンカードが届く前に返済期限が近付いているのであれば、その旨を事前に山形銀行カードローンの窓口に申し込みましょう。

申し込み時間によっては翌営業日になってしまうこともあるので注意が必要です。

ローンカードが手元に届けばATMで借り入れられる

ローンカードは契約してから1週間ほどで手元に届きます。山形銀行カードローンの場合、通帳の発行はしていません。

ローンカードがあれば近くの山形銀行ATMで利用できるようになります。

また山形銀行ATM以外でもイーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATMで利用可能です。

コンビニのATMであれば、わざわざ銀行窓口に行く必要もありませんし時間を気にする必要もありません。

山形銀行ATMであれば借り入れの時の手数料は無料です。

しかし他のATMでの借り入れを利用すると手数料として108円~216円かかってしまうので注意が必要です。

自動融資機能によって自動的に融資される

人によっては返済の日に銀行口座の預金が足りていないという場合もあります。

山形銀行カードローンでは自動融資機能を利用して、自身の口座残高が不足していた場合でも不足金額を自動で融資します。

このシステムにより返済の遅延を避けることにもなりますし、銀行に足を運ぶ手間が省けます。

ただしこのシステムも利用限度額の範囲内と決められているので、利用可能な金額はその都度確認する必要があります。

また自動融資機能の対象外になる料金もありますので注意が必要です。

山形銀行カードローンへ申し込んだ人の口コミ

申し込み年 2018年
年齢 20代
職業 パチンコ屋
年収 480万円
利用目的 事故をした時の車の修理
希望限度額 100万円

先輩の車を運転している時に側面をこすってしまいました。外国車であり部品があまり手に入らないということもあり修理には90万以上必要とのことでした。先輩に借りていた車を傷つけてしまったという引け目もあるので修理代を全額負担しなければいけないと思いました。手元にはお金がなかったので山形銀行のカードローンを利用して修理代にあてました。金利がそれなりに高いので何とか早めに返そうと現在一生懸命働いています。

申し込み年 2017年
年齢 30代
職業 アパレル会社
年収 360万円
利用目的 限定モデルのドレスを購入するため
希望限度額 50万円

私が好きなデザイナーが海外の有名なファッションショーに出品するドレスの販売を開始しました。ドレスということもあり40万以上する高価なものでしたが、限定モデルだったので購入することにしました。手元に現金が無かったので山形銀行のカードローンを利用しました。契約まで全ての手続きをスマホで完了させました。手続きも簡単でしたし審査もすぐに通ったので購入に間に合いました。欲しかったドレスなのでとても嬉しいです。

申し込み年 2019年
年齢 40代
職業 会社員
年収 700万円
利用目的 家族旅行
希望限度額 100万円

子供も大学を卒業し就職も決まったので、家族旅行に行けるのも最後かと思い海外旅行を計画しました。私自身も次年度からは管理職になることが決まっていたので、ここでカードローンを利用してもすぐに返しきる自信はありました。妻は知っていたのでローンカードが自宅に届いた時も何のトラブルもありませんでした。このカードローンを利用した家族旅行は全て成功に終わりました。一生に一度の楽しい思い出作りが出来ました。