即日融資とは?即日振込・即日審査・即日発行とどう違う?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

カードローンやキャッシングを利用するうえで、気になるキーワードが多いでしょう。

例を挙げれば、以下のようなキーワードがあります。

  • 即日融資
  • 即日振込
  • 即日審査
  • 即日発行

いずれも即日という単語が使われていますが、すべて同じ内容ではありません。

それぞれ異なる特徴があり、事前に詳しく知らなければ失敗したと思う可能性があります。

そこで、このページではそれぞれのキーワードの内容から注意点まで丁寧に解説していきますので、これからカードローンの利用を検討している場合はぜひ最後までご覧ください。

即日融資とは申し込みから借り入れまで当日完結

即日融資は、審査に申し込んだ当日中に借り入れができるケースです。

審査に申し込んだ日に借り入れできない場合は、即日融資になりません。

つまり、急ぎの出費でその日のうちにお金を用意しなければならない状況であれば、即日融資に対応した貸金業者を探す必要があります。

インターネットから審査に申し込める昨今、WEB審査に対応した貸金業者はすべて即日融資に対応していると勘違いしがちです。

絶対に当日中にお金が必要なケースでは、即日融資と記載した貸金業者を選びましょう。

即日融資可能なおすすめカードローン!確実に今日中に借りたいならココ!

即日融資を受けるならWEB申し込みか自動契約機がおすすめ

近頃は貸金業者は複数の審査申し込み方法を提供しています。

即日融資に対応した貸金業者でも、審査申込方法によっては即日油脂ができません。

まずは、複数ある審査申し込み方法を以下に挙げておきましょう。

  • WEB
  • 自動契約機
  • 来店
  • 郵送
  • 電話

各貸金業者によって名称は異なる場合がありますが、おおよそ上記の審査申し込み方法のすべてまたは一部を選択できるようになっています。

この審査申し込み方法の中で、特に即日融資に優れた方法がWEBと自動契約機です。

どちらも即日融資に対応した貸金業者であれば、時間の関係を除外すれば高確率で当日中に借り入れが可能でしょう。

一方、電話や郵送は書類が送られてくるまでの期間があり、現実的に即日融資は不可能※。
※電話から自動契約機を介する場合は別。

来店の場合は営業時間の関係や自身の居住地域に店舗がなければ即日融資ができません。

こういった理由から即日融資を受けたい場合は、WEBまたは自動契約機がおすすめです。

即日融資は対応時間が決まっているから要注意

即日融資に対応した貸金業者でも決して24時間いつでもというわけではありません。

契約さえ結べば専用ローンカードや24時間対応の振込キャッシングサービスを使って融資を受けられますが、まだ審査を完了していないケースでは厳しいです。

というのも、貸金業者によって振込キャッシングに対応した時間帯や自動契約機の営業時間は異なります。

しかも仮に営業時間内であっても審査が完了しなければ即日融資になりません。

たとえば、審査の中には勤務先で働いているか確認する在籍確認の電話があり、審査申込者の会社が休みだったり電話に出なかったりすると審査が完了しないんです。

他にもさまざまな事情から審査に時間がかかることもありますし、振込対応の時間を過ぎてしまうケースで、即日融資にならないことも考慮しておきましょう。

大手消費者金融は原則即日融資対応

大手消費者金融は、原則的にすべて即日融資に対応しています。

大手消費者金融の代表格を、以下に挙げておきましょう。

他にも有名所の消費者金融はありますが、上記の5社は歴史も知名度もあり、大手消費者金融として納得できるのではないでしょうか。

ここで挙げた5社はいずれも即日融資に対応した消費者金融です。

全国規模で設置する自動契約機もあり、仮にWEBで申し込んで振込融資の時間帯を越えていたところで、自動契約機の営業時間であれば専用ローンカードを発行してもらって当日中に借り入れする方法もあります。

最近はインターネットの普及により中小消費者金融でも即日融資に対応しているケースも増えてきましたが、審査スピード等を考えても大手消費者金融はスムーズに融資まで受けられる確率が高いでしょう。

審査が甘いキャッシングランキング!即日融資も可能な消費者金融

即日審査とは申し込みから審査回答まで当日中に終わる

即日審査とは、審査に申し込んだ日に審査回答を得られることです。

その日のうちに審査結果の可否の報告があるので、翌日以降に融資を受けられます。

審査に申し込んだ当日中に審査結果を知ることができるため、審査の結果が気になって他のことが手につかないという事態になりません。

即日審査に対応していない貸金業者だと数日後または数十日後に審査の結果の回答があるケースもあり、それまで気になったり他社の審査に申し込みづらくなったりします。

最近はインターネットの普及からWEBから24時間審査に申し込めるようになった背景もあり、即日審査に対応した貸金業者は増えている傾向にあります。

即日審査可能なカードローンランキング!今すぐ借りるならココ!

審査が終わっても融資は受けられないケースもあるので要注意

即日審査はあくまで当日中に審査結果の回答をしているに過ぎません。

審査に通ったのであればその日tのうちに融資をしてくれるだろうと考えることは間違っています。

審査結果の回答と融資は別物と考えるほうが失敗を防げるでしょう。

言葉は似ていますが、即日審査と即日融資を見間違わないように注意してください。

確実に即日融資を受けたいなら申し込む前に確認しておこう

即日融資を絶対に受けたい場合は、即日審査かつ即日融資に対応した貸金業者であるか事前に確認しておきましょう。

即日審査と明記した貸金業者の審査に申し込んで実際に審査を通過しても、当日中にお金を借り入れできなければ意味がないケースも珍しくありません。

自身が審査に申し込む予定の貸金業者の公式HPを参考に、本当に即日融資を行っているのか事前にきちんと確認しておくべきです。

即日審査と見間違えたり、時間帯や審査申し込み方法などに注意したりして、失敗しないように気をつけましょう。

即日振込とは申し込んだ当日中に振込融資を受けられること

即日振込とは、審査に申し込んだその日のうちに振込融資を受けられることです。

基本的に即日融資と同じ考えで問題ありませんが、即日融資は専用ローンカードを用いたり来店して手渡しだったりして借り入れすることも含んでいます。

一方、即日振込とは指定の銀行口座に振込融資あるいは即日キャッシングをしてくれることで、当日中にお金を借り入れするという点ではな同じですが、銀行口座を経由する部分が異なります。

このように即日振込とは銀行口座を貸金業者に伝えたうえで当日中に借り入れするケースを指します。

新規申込では即日振込みできないケースもあるから要注意

即日振込に対応する貸金業者は少なくありませんが、新規で審査に通った場合は即日振込に対応していないことがあります。

他の方法で即日融資を受けられれば問題ないですが、即日振込に拘る場合は事前に利用する貸金業者が新規でも対応しているか確認しておきましょう。

また、銀行のカードローンに多いのが特定の銀行口座を所有していなければ即日振込ができないといったケースです。

審査に申し込んだ銀行の普通預金口座を所有していなければ即日振込にならないこともあるため、事前によく確認するようにしましょう。

最近は24時間即日振込OKの消費者金融が増えている

最近は24時間即日振込に対応した消費者金融が増えてきました。

数年前までは特定の銀行口座を所有している人のみが24時間振込に対応している限定的なケースばかりでしたが、最近はそのかぎりではありません。

理由は、モアタイムシステムに加入した銀行が増えていることです。

モアタイムシステムとは原則的に24時間365日振込できるサービスで、システムに加入している銀行であれば対応しています。

消費者金融によって24時間振込対応の可否は異なりますが、事前に確認しておくと利用するうえで便利になるでしょう。

即日振込とは!ブラックでも審査なしで即日振込は可能?

即日発行とは当日中にカード発行までできること

即日発行という内容は、審査に申し込んだその日にカードを発行できることです。

ここで注意しなければならないのは、カードを発行しても利用できるとは限らない部分。

即日カードを発行しても郵送で自宅に送ってくる場合はそのタイムラグがあるため、そのカードを利用できるのは数日後になってしまうでしょう。

即日発行だから今日中にカードを使えると勘違いしていると予定が狂うかもしれませんので、即日発行したうえで当日中に利用できるのかについて調べておくことが大事です。

クレジットカード商品で使われることが多い

即日発行という言葉はクレジットカード商品で使われることが多いです。

クレジットカードはその名のとおりカードを利用するために発行するので、即日発行という言葉が当てはまります。

一方、消費者金融の場合は専用ローンカードを発行することはありますが、振込融資にも対応しているので、即日発行よりも即日融資や即日振込という言葉を使うことが多いです。

最初に説明したとおり即日発行はあくまで審査を受けた日にカードを発行する意味であり、即日利用できるとはかぎらないので注意しなければなりません。

銀行カードローンは現在即日融資は停止中

銀行カードローンは数年前まで現在の消費者金融同様に即日融資に対応していました。

貸金業法の総量規制もなく即日融資に対応していたので、消費者金融よりも銀行のカードローンのほうが利便性は高かったと言えるかもしれません。

しかし、2018年1月から銀行カードローンは即日融資を停止しました。

理由は、反社会的勢力に資金を供与しないため、審査申込者をその都度警察庁のデータベースに照会して関係者ではないと判断してもらう必要が出てきたためです。

銀行自体は即日融資に対応できる技術はありますが、警察庁と連携するうえで即日融資ができなくなったということです。

銀行カードローンの即日融資は停止!銀行から今日中に借りるのは無理?

消費者金融から即日融資を受けるには?

消費者金融から即日融資を受けるためには、事前に対処をしなければなりません。

適当に審査に申し込んで即日融資ができると自己判断していると、結果的に即日融資にならなかったというケースがあります。

もちろん公式HPに即日融資に対応していると明記した消費者金融でも同じです。

ここでは、即日融資に対応した消費者金融を利用するうえで、失敗せずに即日融資を受ける方法について解説していきます。

確実に消費者金融で即日融資を受けたい場合は、ぜひ確認しておいてください。

申し込みの流れ

消費者金融の審査に申し込む場合は、WEB契約または自動契約機契約がおすすめです。

また、審査はWEBで完了させておいて契約や専用ローンカードは自動契約機で受け取るという方法もあるため、とりあえずWEBを利用するほうが無難です。

WEBの場合は24時間審査に申し込むことができ、可能であればなるべく午前中の時間帯あるいは前日の夜を選びましょう。

午後からでも審査に申し込むことはできますが、即日融資を受けるためには午前中に審査を完了していることが望ましいです。

というのも、平日14時前後まで審査を完了していないと即日振込してくれないこともあり、そういった場合は翌日まで待つまたは自動契約機に専用ローンカードを受け取りに行く手間がかかってしまいます。

また、大多数の消費者金融は審査申込者の勤務先の会社に電話連絡を行います。

審査申込者が電話口に出る必要はありませんが、会社の人が在籍している旨の返事をしてくれなければ審査は完了しません。

たとえば、会社が休みの日で電話番が誰もいないというケースでは、当日中に審査が完了せず即日融資を受けられない可能性が高いです。

このように審査に申し込む前に手抜かりがないように気をつけなければなりません。

必要書類

消費者金融の審査に申し込むと、提出しなければならない書類があります。

本人確認書類と収入証明書類で、特に本人確認書類は提出が必須です。

収入証明書類は50万円以上の借り入れまたは他社含め100万円以上の借り入れになる場合は提出が必須になりますが、それ以外は原則的に不要です。

事前に提出書類を用意しておけばスムーズに契約を結ぶことができるので、即日融資に繋げやすいことは言うまでもありません。

各消費者金融によって利用できる本人確認書類や収入証明書類は異なり、誤っていれば再提出を求められ結果的に融資時間まで遠のいてしまいます。

他社で使えた書類でも使えないというケースもあるため、審査に申し込む予定の消費者金融で利用できる書類を確認しておきましょう。

申込み条件

消費者金融は各社審査に申し込む最低限の条件を定めています。

大半は、成人していて安定した収入を得たうえで返済能力を有している必要があります。

消費者金融によって申込み条件はまったく異なるため、かならず事前に確認してください。

申込み条件を知らずに申し込むと条件を満たしていないということで審査に落ちてしまうかもしれません。

そうなると時間の無駄にしかならず、即日融資にならないことは言うまでもないでしょう。

確認すれば避けられ事柄なので、きちんと確認しておいてください。

即日融資におすすめの消費者金融!早く低金利で借りられる消費者金融はコレ!