即日振込とは!ブラックでも審査なしで即日振込は可能?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

即日振込や即日融資など「即日」と聞くと魅力的ですよね。
たしかに、申し込みから審査を経て借入まで考えると、即日振込を受けられるのは最高です。
でも、本当に即日振込ができるのか、即日融資と即日振込はどう区別されているのか気になりますよね。

そもそも、借入でいう即日振込とは「申し込んだ日に自分の口座に借入ができる」という意味です。
確実に自分の手にお金が入ることを即日振込と言います。

この記事を読めば、自分が使いたい賃金会社では即日振込が可能なのか分かり、即日振込に一歩近づきます!
目次から自分が気になる内容を読んでみてください!

即日融資と即日振込は違う

即日振込は即日融資と並べられているのをよく見るかと思います。
でも、この二つは全くの別物です。
即日融資は「キャッシング会社が当日に振り込むこと」をいうので、必ず借入希望者の手にお金が渡るとは限りません。

つまり、即日融資と書かれていてもその日にお金を借りられると考えているのは間違いです。
しっかり区別して自分が使いたいのはどちらかはっきりさせましょう。

振込可能時間に注意

即日振込と書かれているカードローンに申し込むときにも注意が必要です。
これは即日融資と書かれているときも同様です。

自分の口座が「利用するカードローンの即日振込に対応しているのか」をHPで見ながら確認を取るようにしましょう。

場合によっては即日融資と書かれているカードローンでも振込まで対応してくれるかもしれません!
利用するカードローンを選ぶ判断材料にしてみて下さい。

24時間即日振込可能なカードローン5選

大手のカードローンの中で即日振込を受けられるのはこちらの5選です。

  • SMBCモビット
  • アイフル
  • アコム
  • プロミス
  • レイクALSA

どのカードローンも一度は見たことがある会社ばかりなのではないでしょうか?
それぞれのカードローンにはどのような特徴があるのかそれぞれ簡単にご紹介していきます。

SMBCモビット

SMBCモビット公式

SMBCモビットは、名前の通りSMBCグループが運営する会社です。

そのため三井住友銀行のATMを使えば手数料が無料ですし、クレジットカードと一体型のカードローンとしても使えます。

クレジットカードにキャッシング機能がついているのはよく見ますが、カードローンがメインでクレジットカードが付いているのはSMBCモビットならではの機能です!

即日振込された後に、銀行がたくさんあるとお金も下ろしやすいので便利ですよ!
三井住友銀行の口座を持っている方には一番おすすめです!

アイフル

アイフル
アイフルは「愛が一番」でお馴染みの大手消費者金融で、街中にもたくさん広告が貼られているのを見たことがあるかと思います。
大手なので使い道別に商品がたくさんあって、自分に合った借り方ができるのがメリットです。

即日振込にも対応していて、HPには1秒で仮審査をしてくれるサービスがあったり、自分がどの借り方をすればいいのか分かるサービスがあったりと充実しています。

急な出費で即日振込を受けてすぐに返済ができる方は、30日間無利息なのでぜひ審査に申し込んでみて下さい。

アコム

アコム
アコムは大手の消費者金融では珍しいクレジットカード機能も付けることができるカードローンです。
初めて利用する方は30日間無利息で、即日振込にも対応しているので急にお金が必要になった方にはぴったりの消費者金融です。

借入可能か3秒であらかじめ審査してくれるサービスがあり、信用情報を傷つける前に対策ができます。
ご自分の最寄り駅やよく使う駅の近くにもあるかと思うので、来店申し込みもスムーズにできます。
使おうか迷っている方は探してみてください。

プロミス

プロミス
プロミスも即日振込に対応しているカードローンです。
フリーキャッシングなので、担保や保証人も要らず運連免許証さえあれば借入することが可能です。

普段から免許証を持ち歩いている方は、直接来店申し込みを選べば審査から借り入れまでしてくれるので、即日振込よりも確実かもしれません。

ただ、この時に収入証明書も必要になるので忘れないように注意してください。
来店で即日振込を受けたい方は午前中に申し込むようにして、時間に余裕を持つように心がけてください。

レイクALSA

レイクALSA
レイクALSAは最近CMも流れ始めた勢いのある大手消費者金融です。
もともとは銀行カードローンだったのですが、消費者金融になったので審査に通りやすくなったと勘違いされがちですが、審査は厳しいのでお気を付けください。

でも、審査に通れば即日振込を受けられるのでおすすめです!
また、レイクALSAの大きな特徴で無利息期間が60日間ある寛容さも大きなメリットです。

他の消費者金融だと長くても30日間なので、二倍の期間も空けてくれるのは嬉しいですね。
審査に通れば手厚いサービスが待っているので、ぜひ申し込んでみてください。

カード会社別に何時まで即日振込が可能か徹底調査

即日振込は申し込み時間に気を付けないと、そのサービスを最大限受けられません。
でも、そんなに大切なデータであるのにも関わらず、利用するカードローンや自分の口座によって期限が違います。

自分が借りたいカード会社と口座の組み合わせから、即日振込を受けるのは何時までに申し込めばいいのか知っておきましょう。
こちらの表が何時まで即日振込が受けられるかを金融機関別に表したものです。

三井住友・みずほ・三菱UFJ 楽天銀行 その他銀行
SMBCモビット 9:30~23:30※ 9:30~23:30 9:30~21:00※
アコム 平日24時間受付・土日20時まで 24時間受付 14:30まで
アイフル 24時間受付 24時間受付 9:00~23:00
プロミス 24時間受付※ 24時間受付 24時間受付※
レイクALSA 24時間受付 24時間受付 24時間受付

それぞれ金融機関とキャッシング会社で微妙に取引可能時間が違うので、具体的に説明していきます。
多くの方がコンビニのATMで取引を進めるかと思うので、コンビニのATMに絞って比較してみました。

SMBCモビット

SMBCモビットの取引可能時間はこちらの通りです。

セブン銀行ATM セブンイレブン 365日いつでも0:10~23:50で取引可能
ローソンATM ローソン、ナチュラルローソン 深夜メンテナンス以外は取引可能(午前3:00~4:00に15分程度)
インターネット銀行 ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、生活彩家、デイリーヤマザキ、セイコーマート、セーブオン、ポプラ 深夜メンテナンス以外は取引可能(午前3:00~4:00に15分程度)

アイフル

アイフルの取引可能時間はこちらの通りです。

セブン銀行ATM セブンイレブン 平日・土曜・祝日はいつでもOK(深夜2時~3時はメンテナンス)
ローソンATM ローソン、ナチュラルローソン 24時間365日いつでもOK
インターネット銀行 ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、生活彩家、デイリーヤマザキ、セイコーマート、セーブオン、ポプラ 24時間365日OK(一部例外機種あり)

アコム

アコムの取引可能時間はこちらの通りです。

セブン銀行ATM セブンイレブン 365日いつでも0:10~23:50で取引可能
ローソンATM ローソン、ナチュラルローソン 深夜メンテナンス以外は取引可能(午前3:00~4:00に15分程度)
インターネット銀行 ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、生活彩家、デイリーヤマザキ、セイコーマート、セーブオン、ポプラ 24時間365日取引可能(3:00~5:00の間で15分程度メンテナンス)

プロミス

プロミスの取引可能時間はこちらの通りです。

セブン銀行ATM セブンイレブン 24時間365日取引可能
ローソンATM ローソン、ナチュラルローソン 24時間365日取引可能
インターネット銀行 ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、生活彩家、デイリーヤマザキ、セイコーマート、セーブオン、ポプラ 24時間365日取引可能

※毎週月曜日0時~7時は取引ができません。

レイクALSA

レイクALSAの取引可能時間はこちらの通りです。

セブン銀行ATM セブンイレブン 24時間365日取引可能(0:10~23:50は使えません)※
ローソンATM ローソン、ナチュラルローソン 24時間365日取引可能(0:10~23:50は使えません)※
インターネット銀行 ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、生活彩家、デイリーヤマザキ、セイコーマート、セーブオン、ポプラ 24時間365日取引可能(0:10~23:50は使えません)※

※月曜日→0時~5時、木曜日→0時~1時30はメンテナンス時間

ネット銀行なら24時間即日振込ができる

ネット銀行だと24時間即日振込を受けられる場合がほとんどです。
ネットだけで完結しているから素早さは魅力的ですね!

消費者金融の中でもネット銀行口座で受け取れば、即日振込ができることも多く、どうしてもその日中にお金が必要になったらネット銀行の利用を考えてみて下さい。
以下が即日で借り入れができるサービスです。

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行は提携しているコンビニや銀行ATMで24時間365日取引ができるのが特徴です。
2018年の10月から他の金融機関との手続きも24時間365日可能になったことから注目された、日本でトップクラスに有名な銀行です。

ネット銀行とはいえ普通の銀行と変わらず、VISAデビットカードが作れたり、宝くじを買えたりと大手の銀行に負けないサービスの充実感です。
ネット銀行を使うことが不安であれば、ジャパンネット銀行の利用をおすすめします。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行の特徴は審査の時間の早さ、借入返済にかかる手数料がかからない点です。
また、ネット銀行なので来店はもちろん不要!仮審査も最短で60分で終わります。

しかし、本審査のときには必ず勤務先に在籍確認があるのでご注意ください。
ただ、条件によっては指定されている金利よりも下げられるので金利が低いネット銀行カードローンを探しているなら住信SBIネット銀行はもってこいですよ!

楽天銀行

楽天銀行カードローン
楽天は最近いろいろな事業に手を伸ばしていて、ネット銀行カードローンにも手を伸ばしています。
そして、なんと言っても楽天といえばポイントやキャンペーンですよね!

現在はご入会とご利用で最大31000ポイントプレゼントキャンペーンをしているので、申し込むならキャンペーン中をおすすめします!

また、いろいろな金融商品を発表している楽天だからこそ、楽天独自のランクごとに審査に通りやすさが変わる特別な審査方法を採用しています。

ランクは楽天で買い物をしたときや楽天カードを使ったときに貯まる楽天ポイントによって決められます。
シルバーランク、ゴールドランク、プラチナランク、ダイヤモンドランクの4段階に分かれていてダイヤモンドランクになれば審査の通りやすさが爆上がりです!

楽天銀行カードローンを使うときは、事前に楽天ポイントを貯めておくと、キャンペーンと相まって一石二鳥ですよ!
普段から楽天をよく使う方はぜひ利用してみてください!

中小サラ金でもwebで即日振込を受けられる!

即日振込可能なキャッシング会社を探していると、大手の消費者金融が目立ちますが、中小の消費者金融でも即日振込が可能です。

ただし、中小のサラ金だと全国展開していることが少ないため、全国対応している中小消費者金融を選ぶ必要があります。

全国対応している中小の消費者金融はネットで借り入れが可能になっています。
店舗が少なくても、ネットを介せば即日振込をしてもらえるので、あきらめずに探してみて下さい。

ブラックでも即日振込が可能な中小消費者金融3社

信用情報に傷が付いていても即日振込が受けられる中小消費者金融はあります。
でも、闇雲にブラックOKの消費者金融を探していると、闇金に引っかかってしまいます。

闇金に引っかからないためにも即日振込が可能な中小消費者金融をご紹介します。
こちらの3社がブラックでも審査に申し込めて、闇金ではない中小消費者金融です。

  • キャッシングフタバ
  • キャネット
  • AZ

こちらの3社について詳しくご紹介していきます。

キャッシングフタバ

キャッシング フタバ
キャッシングフタバは中小消費者金融のなかでは一番会社の規模が大きいといっても過言ではないキャッシング会社です。

中小消費者金融の中では珍しく30日間無利息サービスを提供しているのも大きな魅力です。
ただし、即日振込を受けるためには平日の14時までに契約することが必須事項です。
キャッシングフタバは学生専用や女性専用など多くのメニューをそろえているので、その中から自分に合う借り方を見つけてみて下さい。

キャネット

キャネット
キャネットは24時間申し込みを受け付けていて即日振込にも対応している中小消費者金融です。
インターネットでの対応なので、来店不要で全国からキャッシングを受けることができます。

特に初めてキャッシングを受けようとしていて、借入希望額も少ない方はインターネットを使って楽にお金を借りちゃいましょう!
返済ももちろん銀行振り込みでできるので、近くに中小の消費者金融がない方はキャネットをつかうことをおすすめします。

AZ

AZ
AZは即日振込にも対応している中小の消費者金融です。
中小の消費者金融の中では珍しく借入前に3秒で借り入れ可能か診断してくれるサービスをしていて、大手に負けず劣らずのキャッシング会社です。

もちろん、サービスが似ているだけではなく日本貸金協会に会員であり、ちゃんとした認定のサラ金です。
審査にも最短30分で回答してもらえて、急に確実にお金が必要な方にぴったりの中小消費者金融です。

ただ、即日振込を受けるためには平日に18時まで、土曜日は16時までに契約しなければいけません。
審査の時間も考えて確実に即日振込を受けるためには締め切りの2時間前までに申し込み作業を始めるようにしましょう。

銀行カードローンで即日振込を受けたいなら「バンクイック」

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
一般的に銀行カードローンでは即日振込ができません。
みずほ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンなどの大手銀行カードローンは軒並み2~3営業日はかかると公式HPには書かれています。

それでも安心できる大手の銀行カードローンから即日振込を受けたい方は三菱UFJ銀行カードローンの「バンクイック」を使ってみましょう。
バンクイックはインターネットから申し込みが可能で、24時間365日審査を受けられます。

インターネット申し込みでは最短で30分で審査が完了するので、銀行カードローンを利用したい方にはいちばんおすすめです。
審査に通過してからはテレビ電話で契約して、カードを発行することができます。

郵送でカードを送ってもらうと即日振込に間に合わないので、その日中にお金が欲しい方はテレビ窓口から申し込みましょう。
ただ、銀行カードローンなので審査は厳しいことには変わりません。

自分の属性をよく理解したうえで、消費者金融にするか銀行カードローンにするか考えてみてください。

おすすめの振込が早い銀行カードローン

先ほど銀行カードローンは即日振込ができるところが少ないと紹介しました。
バンクイックに申し込みたくない方、インターネット申し込みやテレビ通話契約に違和感がある方にはこちら2社の銀行カードローンをおすすめします。

  • 三井住友銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン

それぞれ詳しくご紹介していきます。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローンはSMBCグループが提供している銀行系カードローンです。
最短2営業日で融資を受けることができます。
銀行系カードローンなので、三井住友銀行で取引すれば手数料は全くかかりません。

毎月の返済額は2000円からでいいので、自分のペースで返済していきたい方には特におすすめです。

さらに、既に口座を持っている方は24時間いつでもWEB完結型の申し込みができるので、普段から三井住友銀行を使っている方は無難にこの銀行カードローンを選んでおきましょう。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンは最短で3営業日で融資を受けられる銀行カードローンです。
融資にかかる時間はキャッシュカードを持っているかどうかで全く違います。

みずほ銀行カードローンを利用するためにはキャッシュカードが必須なので、もし持っていなければキャッシュカードの発行から始まります。

急にお金が必要になった方で、みずほ銀行のキャッシュカードを持っていればみずほ銀行カードローンを使うことをおすすめします。
他の銀行カードローンに比べて金利が低いので、ぜひ審査にチャレンジしてみてください!

即日振込を受けるときの流れ

即日振込を受けるためにはwebで申し込むのが一般的です。
ここまで紹介した銀行カードローンも即日振込を受けるためには、インターネットで申し込みが必要です。
ここではインターネット申し込みの流れを紹介します。
こちらが申し込みから借入までの流れです。

  • スマホ・パソコンで申し込む
  • 仮審査
  • 本人確認書類の提出
  • 本審査
  • 借入

それぞれ具体的に何をするのか、必要なものはあるのかご説明します。

スマホ・パソコンで申し込む

まず、名前や年齢をweb上に記入し申し込みます。
ここで必要なものはスマホかパソコン以外には特にありません。

また、ここで嘘を書いてもあとで本人確認書類を提出するので意味がありません。
必ず、正直に書くようにしましょう。

仮審査

申し込みをしたデータから申し込み資格に該当しているかをみる仮審査がおこなわれます。
大手消費者金融も銀行系カードローンも未成年は利用ができません。

申し込みの時に未成年や収入が著しく少ない人をふるいに落とすために仮審査を一度通します。
仮審査はコンピュータを通して30~1時間程度で終わるので、即日振込を受けたい方は待っている間に次の手順の準備をしておきましょう。

本人確認書類や収入証明書の提出

今までで嘘をついていた方はここで脱落します。
本人確認書類は最近、インターネットで写真を撮って提出できるようになったので、とても便利になりました。
本人確認書類に使える書類は以下の通りです。

  • 現住所が記載されている本人確認書類(健康保険証、パスポート、年金手帳など)
  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話など)
  • 氏名、住所、生年月日が書いてある公的書類(住民票、納税証明書、印鑑登録証明書など)

これは例としてアイフルの必要書類をお見せしています。
消費者金融でも銀行カードローンでも本人確認書類は必要なので、即日振込を受けたいのであれば必ず準備しておきましょう。

本審査

仮審査と本人確認書類を受けて本審査がおこなわれます。
ここではいよいよ信用情報も見られるので、今まで滞納履歴がある方はここで脱落の可能性ありです。
本審査では以下の項目が見られます。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 信用情報
  • 基本情報との整合性

仮審査に通ると本審査で落ちる可能性は低いので安心して大丈夫ですが、虚偽の申告をしていたり、入力を誤っていると審査にも落ちます。
審査に申し込むときは急いでいても、慎重に入力するようにしてください。

借入

見事審査に通れば、カードを受け取って借り入れができます。
即日振込を受けたい方は提携ATMに行けばすぐにお金を受け取れるので、すぐに近くにないか探してみましょう。

提携ATMの他にはネットで申し込めば、振込キャッシングを受けられることができます。
ただ、借入限度額ギリギリの額をすぐに借りてしまうと返済が大変になるので、計画的に最低限の額を借りるように気を付けましょう。

即日振込を確実に受けるには事前準備が必須!

即日振込を受けるためには仮審査に申し込むまえから事前準備をしておくことがとても重要になります。
スムーズに借入までこなすためには準備しておくことやコツがいくつかあります。

  • 本人確認書類を予め準備しておく
  • 借りたい日の午前中までに申し込んでおく
  • 借入希望額を下げておく

それぞれ簡単に説明します。

本人確認書類を予め準備しておく

先ほど紹介した本人確認書類は仮審査に申し込む前に準備しておきましょう。
特に住民票や納税証明書などの公的書類は準備に時間がかかります。

収入証明書を発行するのにも時間はどうしてもかかるでしょう。
そのためにも、申し込みしながら書類を発行してくれる機関へ向かうのをおすすめします。

審査に通っているかわからなくても、即日振込のためには事前の準備が大切です。
無駄だとは思わずに事前に発行しておきましょう。

借りたい日の午前中までに申し込んでおく

事前準備と併せてお金が必要な日が事前にわかっているのであれば、即日振込を受けるためにも借りたい日の午前中までに申し込みを進めておきましょう。

即日振込に対応しているキャッシング会社でも午後15時で締め切る会社も多いです。
確実に即日振込サービスを利用するためには「借りたい日の午前中が期限」と覚えておきましょう。

借入希望額を下げておく

即日振込に申し込むときは借入希望額を下げておくことが大切になります。
審査通過の難易度は借入希望額が高いほどあがり、時間も比例してかかるようになっています。

借入希望額が高いと貸す側にリスクがのしかかるので仕方がないですよね。
そのためにも即日振込を確実に受けるには、借入希望額を最低限にしておくことが肝になります。

即日振込を受ける前によく考えてから申し込もう!

即日振込が可能なキャッシング会社を探していると、借りることで頭がいっぱいになってしまいがちですが、一度立ち止まってよく考えるようにしましょう。
もし、勢い余って大金を借りてしまうと返済が大変すぎて痛い目に遭います。

即日で焦る気持ちも分かりますが、慎重に借りるかどうか、借りるならいくら借りる必要があるのか決めてください。
そのうえでお金を借りるなら、即日振込が可能なキャッシング会社の利用を検討してみてください!