銀行カードローンの即日融資は停止!銀行から今日中に借りるのは無理?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

銀行カードローンの即日融資は停止!銀行から今日中に借りるのは無理?

銀行カードローンは即日融資が停止されているため、申し込んだその日のうちにすぐ借入したい場合にはおすすめできません。

以前は銀行カードローンでも即日融資が可能なことがありましたが、現在ではどの銀行でも即日融資を受けることはできなくなっています。

即日融資ができない銀行カードローンに対して、消費者金融のカードローンなら申し込んだその日のうちに借入が可能です。

そのため、出来るだけ早く手元に現金が必要な方は消費者金融のカードローンに申し込むか、銀行カードローンの中でも審査完了までの日数が比較的短いところに申し込むことをおすすめします。

そこで今回は、銀行カードローンの中でも審査が早い金融機関についての情報や、銀行カードローンでは即日融資ができなくなってしまった理由、おすすめの消費者金融カードローンについてまとめました。即日融資を希望される方はぜひ参考にしていただければ幸いです。

銀行カードローンの即日融資は2018年から停止中

銀行カードローンの即日融資は、2018年をもって停止となり、それ以降は審査完了までに数日間かかるようになってしまいました。

それ以前は銀行カードローンでも、申し込んだその日のうちに審査を完了し、融資を受けることができましたが、後程解説する理由によって即日融資がストップしてしまった経緯があります。

現在では、銀行の窓口に行っても、その日のうちに融資を受けることはできません。

そのため、まとまったお金がすぐに手元に必要な方は、銀行系カードローン以外の選択肢を利用するのがおすすめです。

今日中にお金が必要なら消費者金融一択!

どうしても今日中に現金が必要な場合、借入先の選択肢としては消費者金融のカードローン会社一択となります。

消費者金融のカードローンなら、最短即日で借入が可能です。ただし、銀行系カードローンよりも消費者金融カードローンの方が利息は高めに設定されているため、その点のみご注意ください。

審査に関しては、銀行カードローンの方が厳しく、消費者金融カードローンの方が甘い基準となっています。そのため、確実に即日融資を利用したい方は消費者金融のカードローンに申し込むのがおすすめです。

どうして銀行カードローンの即日融資は停止になったの?

銀行カードローンの即日融資が停止となった背景には、以前の銀行カードローンの利用者でトラブルを抱える人が増えてしまったことが挙げられます。

困ったときにすぐに手元に現金が用意できて便利なカードローンではありますが、利用に際してはきちんと返済できるように計画的に使わないと、債務整理や自己破産といったトラブルにおちいってしまうため、要注意です。

こうしたトラブルをできるだけ防ぐようにする目的で、現在は国の法律によって銀行カードローンや消費者金融カードローンの利用に一定の規制がかかるようになりました。

銀行カードローンの過剰貸付が社会問題に

銀行カードローンの即日融資に関する規制がまだ存在しなかったころ、銀行によるカードローン利用者への過剰貸し付けが社会問題となったことがあります。

過剰貸付とは、お金を借りた人が借入金額をすべて完済できないほどの融資をしてしまうことです。

銀行といえば固い金融機関というイメージがあるかもしれませんが、実際には個人への貸付において過剰な貸付を行ってしまったことがあり、社会問題となったのです。

総量規制の対象外だったため、多重債務者が増えてしまった

銀行カードローンによる過剰貸付が社会問題化した背景には、銀行によるカードローンが総量規制という法律上のルールの対象外だったこともあります。

総量規制とは、貸金業法によって定められたルールで、民間の消費者金融に対して個人に融資できる貸付金額の合計を申込者の年収の3分の1までに制限する決まりのことです。

年収の3分の1までという制限を設けることで、返済できないほどの過剰な融資ができないようにする目的があります。

しかし、銀行カードローンは運営会社が民間消費者金融ではなかったため、この総量規制のルールが適用されませんでした。

そのため、申込者は年収の金額にかかわらずいくらでも銀行カードローンからの借入が可能となってしまい、多重債務者が増えたのです。

2018年から銀行カードローンの審査厳格化が進む

銀行カードローンによる自己破産者が増えないようにするため、2018年から本格的に審査の厳格化が進みました。

銀行カードローンの新規申し込みに際して、返済能力の有無をより厳しく審査することで、完済できないほど借入をしてしまう人をなくすのが目的です。

銀行の場合、メインの事業は個人への貸付ではなく、預金口座や企業への融資となっています。

そのため、個人への貸付をメインの事業としている民間の消費者金融よりも、顧客層からの信頼を重視している側面があります。

銀行カードローンの利用で多重債務や自己破産におちいってしまう顧客が出てきてしまうと、イメージダウンによってメインの業務にも支障が出てしまうのが特徴です。

そのため、現在は民間消費者金融よりも厳しい審査基準によって、しっかりと日数をかけてチェックが行われています。

銀行カードローンの融資は最短2~3日必要

銀行カードローンの融資は、最短でも2~3日は必要になります。申し込んだその日のうちに借入を行うことは、どの銀行カードローンでもできません。

また、土日や祝日など、銀行カードローンの審査部が休業となっている期間は手続きが進まないため、急いで融資を受けたい場合には銀行カードローンを使うのは難しいです。

審査の早い銀行カードローンはどこ?

銀行カードローンの中でも、大手で有名な銀行の商品は比較的審査が早い傾向があります。

ただし、最速の場合でも申し込んだ日の翌日に審査完了し、借入れできるようになるためご注意ください。

あくまでも、銀行カードローンの中では融資までの期間が短いということなので、即日融資が可能な民間消費者金融と比較すると借入までに時間がかかります。

銀行カードローンの中で比較的早く審査が完了する商品は以下の通りです。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、銀行系のカードローン商品の中でも融資までの日数が短いことが特長となっています。

メガバンクとして有名な三菱UFJ銀行が運営しているカードローン商品で、俳優の阿部寛さんがイメージキャラクターです。

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは、申し込みがWEB上だけで完結できます。

また、24時間いつでも申込を受け付けているのが特徴です。

ただし、実際に審査の手続きが進むのは審査部の営業時間中のみとなるため、借入れができるまでには2~3営業日がかかります。

バンクイックの利用限度額は10万円から500万円までの間で、年収の3分の1までを限度額として金利1.8%~14.6%で借入が可能です。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンも、銀行系のカードローンの中では比較的審査が早い商品となっています。

三井住友銀行カードローンは契約限度額が10万円から800万円となっていて、高額な融資もうけられるのが特長です。

また、金利は年率4.0%から14.5%となっています。申込に際しては、来店不要でWEB上で完結することが可能です。

ネットにつながるパソコンやスマホをお持ちなら、どこからでも申込ができます。

なお、申込から融資が行われるまでは2~3営業日が必要です。

ホームページ上の記載によれば、本人確認書類のアップロード完了から、最短で翌営業日に審査結果が通知されます。

なお、三井住友銀行の口座をすでにお持ちの方は、審査通過後にキャッシュカードですぐに借入が可能です。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは、ネットバンキングとして有名な楽天銀行によって提供されているカードローン商品です。

楽天銀行のカードローンは金利が年率1.9%~14.5%の設定で、最大限度額は800万円までとなっています。

申込はスマホで完結することができますが、審査完了までには2営業日~5営業日かかります。

なお、すでに楽天銀行の預金口座を開設している方であれば、楽天の会員ランクに応じた申込得点などがあり、最大で31,000ポイントがプレゼントされるなどの特典があるのが、他の銀行系カードローンにはないメリットです。

楽天銀行の口座を持っていれば、新たに口座を作らずに借入ができます。

楽天会員のランクが高い場合、審査で優遇を受けられる場合がありますが、審査時には収入状況や信用情報などの要素が加味されるため、必ず優遇されるとは限りません。

銀行から今日中にお金を借りるのは無理?

今日中にお金を借りたい場合、銀行のカードローンを利用することはできませんが、そのほかの方法を使えば即日で借入をすることが可能です。その場合、カードローンという形ではない別の方法で融資を受ける形となります。以下に、銀行で即日融資を受けるための方法についてご紹介します。

積立定期預金があれば低金利の担保貸付が可能

すでに銀行に積立定期預金の口座を持っている方の場合、その口座を担保にして低金利の担保貸付を利用することが可能です。

積立定期預金を利用した担保貸付のメリットとして、銀行カードローンで融資を受けるよりも低金利なことがあげられます。

一般的な銀行カードローンの年利は15%前後が相場となっていますが、積立定期預金の担保貸付なら1%前後で借りられるのが特徴です。

なお、銀行の総合口座で定期預金をお持ちの方なら、定期預金を解約することなく貸付を利用できます。

総合口座をお持ちの銀行によってこのシステムの名前が異なるためご注意ください。

三菱UFJ銀行では「自動借入」、三井住友銀行では「総合口座貸越」などの呼称になっています。

新規で今日中に借りるなら消費者金融を利用しよう

新規に申し込みをして今日中に借入をしたい場合は、消費者金融を利用するのがおすすめです。

消費者金融なら、ネットからの申し込みでその日のうちに融資を受け、現金を手元に用意することができます。

大手の消費者金融の場合、土日や祝日であっても休まずに審査が行われている場合が多いです。

ただし、確実に即日融資を利用したい場合は出来るだけ早い時間帯に申込手続きを開始することをおすすめします。

プロミス

プロミス

大手消費者金融として有名なプロミスでは、いつでも即日審査を受けることができます。

申込条件としては、一定の収入を得ている満20歳~69歳の方という条件で、パートやアルバイトの方でも借入が可能です。

プロミスの場合、スマホのアプリを使ってカードなしで借入ができる「アプリローン」というサービスがあります。

アプリローンは申込から審査、利用までをすべてスマホ1台で完結できるため、即日融資を希望する人に役立つサービスです。

プロミスのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説

アイフル

アイフル

アイフルも、大手消費者金融として有名なカードローン会社の1つで、即日融資を受けること可能です。

審査の基準や厳しさはプロミスと同様で、利便性の面でも同じくらいのサービスとなっています。

アイフルでは、女性専用の電話番号などが用意されていて、女性の方でも安心して申し込み可能です。

ただし、女性専用のダイヤルは担当オペレーターの方が女性というだけで、女性だと審査が優遇されるということはないためご注意ください。

今回は、即日融資を希望する方のために役立つ情報をご紹介しました。

銀行カードローンはどんなに早くても2~5営業日が審査に必要です。すぐに手元にお金を用意したい方は、消費者金融のカードローン商品を利用するようにしましょう。

アイフルのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説