即日融資可能なおすすめカードローン!確実に今日中に借りたいならココ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

即日融資可能なおすすめカードローン!

即日でまとまったお金を融資してもらいたいと考えた場合、すぐに借入が可能な金融機関としては大手の消費者金融が挙げられます。

アイフルやアコムといった大手の消費者金融なら、土日でも申込から即日で融資を受けることが可能です。ただし、消費者金融のカードローンを利用する際には、審査に合格する必要があります。

そこで今回は、即日融資を受けたい人におすすめのカードローンに関する情報をまとめました。

スムーズに融資を受けるために整えておきたい準備事項から、審査に落ちてしまった場合の対処法なども含めて、融資を受けるためのポイントをお伝えします。

即日融資が受けられる金融機関をお探しの方はぜひ参考にしてください。

プロミスならアプリローンで簡単借り入れ!

大手消費者金融としてテレビコマーシャルなどでも有名なプロミスでは、アプリローンというシステムを使って簡単に借り入れることが可能です。

アプリローンは、一般的なカードローンによるお金の借入を、スマホのアプリだけで完結できる画期的なサービスとなっています。

通常のカードローンを利用する際には、申込審査に合格した後に借入に必要なカードが発行されるのが普通です。

発行されたカードを金融機関の提携ATMに挿入することで、現金を受け取ることができます。

しかし、カードローンの場合は手元でカードを受け取るまでの間、ATMを利用して融資を受けることができません。

指定の銀行口座への即時振込を利用すれば、手持ちの銀行口座で融資を受けることができますが、いずれにしてもカードを受け取れる状態であることが必須となります。

一方、プロミスのアプリローンでは、カードが発行されない代わりに、お手持ちのスマートフォンなどの端末にインストールしたアプリを使って融資を受けることが可能です。

アプリ画面に表示されるQRコードを、コンビニの提携端末に読み込ませることで借入ができるという仕組みになっています。

申し込みから借入、返済までをすべてアプリ上で完結できる便利なサービスです。

電話連絡なしならSMBCモビット

即日借入が可能な消費者金融として、SMBCモビットも有名です。SMBCモビットなら、電話連絡を受けることなく借入審査を完了することができます。

一般的に、カードローンの利用にあたっては電話による連絡が必要です。申込後に本人確認のためにかかってくる電話や、勤務先として登録した会社に本当に在籍しているかどうかを確認する在籍確認の電話などがあります。

SMBCモビットなら、これらの電話連絡を行わずに借入をすることが可能です。電話連絡による審査を受けたくない事情をお持ちの方は、SMBCモビットでの申込及び借入をおすすめします。

審査が不安ならダイレクトワンがおすすめ

消費者金融のカードローンに申し込む場合必ず審査に通過する必要がありますが、審査に対して不安がある人も少なくありません。

そんな場合におすすめなのが、ダイレクトワンというカードローンサービスです。

ダイレクトワンは有名なカードローン商品ですが、他の大手消費者金融と比較すると審査基準が緩いのが特長となっています。

過去に消費者金融のカードローン審査で断られてしまったことがある人などは、ダイレクトワンでの借入を検討してみるのがおすすめです。

ダイレクトワンでは、主婦の方や学生の方でも、パートやアルバイトによる収入があればどなたでも申込可能となっています。

即日融資が必要なら消費者金融一択

即日融資が必要な場合、借入れ先の選択肢としては消費者金融一択となります。

似たような融資が受けられるサービスとして銀行系のカードローンもありますが、銀行系のカードローンは審査に必ず1営業日以上必要な点に注意が必要です。

消費者金融であれば、大手の会社の場合即日の審査及び融資を受け付けています。

一方、銀行系のカードローンでも審査を行っていますが、消費者金融と違って警察のデータベースとの照合プロセスが義務付けられているなど、時間がかかってしまうことが多いです。

銀行系のカードローンは少なくとも1営業日は融資までに時間がかかってしまうため、即日融資が必要なら消費者金融を選ぶようにしましょう。

アイフル

大手の消費者金融として人気が高い業者の1つに、アイフルがあります。アイフルは初めて申し込む人に限り利息が最大30日間無料になる特典がついているほか、ネットからの申し込みで最短30分で即日融資を受けられるのが特徴です。

 

アイフルでは、スマホアプリで借入ができるサービスも登場しています。

申込から借入、返済までをすべてスマホのアプリで完結させることが可能です。ネットやアプリ経由でアイフルに申し込む場合、郵送でのやり取りなどは一切不要のためスピーディに融資を受けることができます。実質年利は3.0%~18.0%という設定で、最高融資限度額は800万円までです。

また、女性でも安心して申し込めるSuLaLiというプランなら、カードのデザインを2種類から選べるほか、限度額が10万円までで借りすぎず安心して利用できます。

このようなきめ細かなサービスを用意しているところもアイフルの特徴です。

アコム

即日融資が可能な大手消費者金融として、アコムも有名です。アコムも他の大手消費者金融と同様、初めての申し込み時に限り最大で30日間は金利0円で借入ができます。

実質年率は3.0%~18.0%となっていて、ネット上や電話窓口から申し込むことが可能です。

審査にかかる時間は最短で30分、審査通過後は24時間365日いつでも借入が可能となっています。

また、プランによってはクレジットカード機能を付けることも可能です。アコムの公式ホームページ上では、簡単な質問に答えるだけで申込が可能かどうかをすぐにチェックできるサービスが無料で使えるので、アコムでの借入を検討している方はぜひご利用ください。

大手消費者金融なら土日でも即日振込可能!

大手消費者金融でカードローンサービスの申し込みを行う場合、土日でも即日振込による融資が可能になっているのが特徴です。

中小の消費者金融ではここまで充実したサービスを展開しているところがないため、申込時の信用審査に問題が無い人であれば大手消費者金融を利用するのが最短融資を受けるための近道となります。

ただし、大手消費者金融の中でも各社で借入の方法が異なる場合があるため、注意が必要です。

通常、土日に申し込みを行ってその場でカード発行及び借入を完了するなら、自動契約機による契約をするのが最も確実となっています。

自動契約機にはカード発行機能がついているため、郵送などでカードが送られてくるのを待つ必要がありません。

指定した口座に銀行振り込みする形で融資を受ける場合は、銀行の営業日にならないと振り込みが反映されないことがあるため注意しましょう。

消費者金融によっては、指定の銀行口座を持っている人には土日や祝日であっても24時間、即時振込が反映されるサービスを展開しているところもあります。

土日に即日融資を受けたい人は、どのような形で借り入れる方法があるか、申込をする金融機関のサービス内容をチェックするようにしてください。

自動契約機とネット申込はどちらが早い?

自動契約機とネット申込では、条件によってはほぼ同時となりますが、基本的には自動契約機で申し込みを行い、その場でカード発行と借入をする方が最短で融資を受けることができます。

ネット申込の場合、審査に通過した後に改めて自動契約機でカード発行を行ったり、アプリローンの場合でも提携のコンビニATMなどに足を運んだりする必要があるため、融資を受けるタイミングが若干遅くなるからです。

また、自動契約機でカードローンに申し込む場合には、その場でオペレーターの方が審査手続きを進めてくれます。

そのため、もしも申込書類に不備があったとしても、その場でやり取りをして訂正したりすることも可能です。

申込にあたって不明な点も直接聞きながら作業を進められるので、ネット申込をするのと比べてスピーディに申込手続きができます。

できるだけ早く申込審査と借入を完了したい方は、最寄りの自動契約機でカードローンに申し込むのがおすすめです。

銀行カードローンは2018年から即日融資は停止

2017年以前までは、銀行カードローンでも即日融資のサービスを展開しているところがありました。

しかし、2018年以降は銀行カードローンで即日融資を受けることができなくなっています。

銀行が運営するカードローンの審査では、悪質な団体や反社会的な組織への融資を行わないようにするため、申込者の情報を警察のデータベースと照合する手続きが義務付けられました。これにより、2018年以降は技巧カードローンで即日融資を受けることはできません。

また、銀行カードローンは消費者金融のカードローンと比べると金利が低いですが、その分審査が厳しいのも特徴です。

そのため、即日融資を希望する人は銀行カードローンへの申し込みを避けるようにしてください。

時間に余裕があり、審査にも通過できそうな方は銀行カードローンという選択肢も考えられます。

中小消費者金融は店頭申し込みなら即日融資可能

消費者金融にも規模が大きいところと小さいところがあり、中小消費者金融の場合は土日の即日融資を行っていないことが多いです。

ただし、店頭申込を選択することで、中小消費者金融でも即日融資を受けることができます。

店頭で申し込む場合、審査に必要な書類の提出から各種確認、そして審査通過後の融資の受け取りまでをその場で完結させることが可能です。

ただし、中小消費者金融の店頭申込を利用するには、平日の店頭営業時間に手続きを行う必要があります。

中小消費者金融として有名な事業者としては、以下のようなところが有名です。

セントラル

セントラルは中小消費者金融として有名で、大手消費者金融にも劣らないサービスを展開してるのが特徴です。

Webからの申し込みでも即日融資を受けることが可能な他、はじめて申し込む人の場合は最大で30日間利息が0円になるサービスや、セブン銀行のATMで利用できるローンカードがあるなど、充実した内容となっています。

実質年率は4.80%~18.0%となっていて、大手消費者金融と同様の利息設定です。

なお、セントラルなどの中小消費者金融の審査は大手の消費者金融よりも通過しやすくなっています。

そのため、即日審査を希望する人で大手消費者金融での借入を断られてしまった人でも、セントラルでは借入ができる可能性があります。

アロー

株式会社アローは、キャッシングやローンサービスを展開している中小消費者金融の1つです。

申込はネットやFAX、郵送などの方法に対応していて、電話での申込は受け付けていません。

アローのスタンダードな商品であるフリープランでは、最短45分で審査を終了することが可能です。

フリープランでは、最大で200万円までを15.0%~19.94%の利率で利用することができます。

大手消費者金融や銀行系のカードローンと比べると若干利率が高くなっていますが、その分審査に通りやすいのが特徴です。

アローのサイト上では、希望の融資額と返済回数を入力することで返済のシミュレーションができるようになっています。

アローでの借入を検討中の方は、ぜひ返済シミュレーションを利用してみてください。

確実に即日融資を受けるには午前中に申し込みを!

大手か中小かに関わらず、確実に即日融資を受けたい場合には午前中に申し込みを完了することが大切です。

審査部門の営業時間が午後までとなっていても、審査に時間がかかってしまった場合には翌営業日まで持ち越されてしまう場合もあります。

午前中に申し込みを行っておけば、審査プロセスに多少時間がかかったとしても、余裕をもって当日に融資を受けることが可能です。

夜遅くまで営業時間が記載されている大手消費者金融で申し込みをする場合でも、油断せずにできるだけ早い時間帯に申込を済ませておくようにしましょう。

カードローンへ申し込む前に準備しておくこと

カードローンサービスに申し込みを行う前には、事前に準備しておくべきことがいくつかあります。

申込に必要な書類や、申込方法を確認しておくことなどです。必要書類が用意できていなかったり、内容に不備があったりするとスムーズな手続きができなくなってしまいます。

そのため、カードローンに申し込む場合は、以下のポイントに特に注意するようにしましょう。

必要書類を確認しておこう

申込にあたって必要な書類を事前に確認しておくことが大切です。

必要書類として一般的なものは、本人確認書類や収入証明書などになります。

なお、本人確認書類は顔写真付きのものであれば1つだけで提出可能ですが、運転免許証やパスポートなどが無い場合には、2つ以上の本人確認書類が必要になることもあるので注意してください。

また、運転免許証やパスポートを持っていても、有効期限が切れてしまっていたりすると申込審査が受けられません。必ず、最新の情報が書かれた有効期限内の必要書類を用意するようにしましょう。

なお、収入証明書は借入限度額が50万円未満の場合には提出が不要な場合が多いです。

収入証明書として利用できる書類には、給与明細や賞与明細、確定申告書類や源泉徴収票などがあります。

申込み方法を確認しておこう

各種金融機関のWebサイトなどで、申込方法や手続きの流れを確認しておくことも大切です。

滞りなく申込手続きを行えるように、Webや店頭、電話などどのような申込方法があるかを確認しておくことをおすすめします。

もしカードローンの審査に落ちてしまったら?

万が一、カードローンの審査に落ちてしまった場合、注意すべきポイントがあります。

それは、再審査のタイミングや他の借入方法についてです。審査に落ちてしまったら、以下の2点に注意して対処するようにしてください。

すぐに他社へ申し込んでも審査に落ちる可能性大

審査に落ちてしまった直後に他社に申し込んでも、審査に落ちてしまう可能性が非常に高いです。

各種金融機関は申込者の信用情報を信用機関のデータベースを照合することで確認しているため、どこか1社で申込審査に落ちた直後は他の金融機関の審査にも通らない可能性があります。

また、連続して複数のカードローン審査に落ちてしまうと、そのことが信用情報に悪影響を及ぼして余計に審査に通りづらくなってしまうので要注意です。

少なくとも半年は期間を空けて、別の金融機関の審査に申し込むようにしてください。

カードローン以外の借入方法を考えよう

カードローン審査にもしも落ちてしまった場合、カードローン以外の借入方法を検討するのも1つの手段です。

たとえば、質屋などでは担保となる品物があれば、審査なしでお金を借りることができます。

カードローン以外の方法で借入ができないかどうかも視野に入れてみてください。

今回ご紹介した情報を参考に、スムーズに即日融資を受けていただければ幸いです。