千葉銀行カードローンのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

千葉銀行カードローン

カードローンを申し込む時は、金利や返済方法などをしっかりチェックしておくことが大切です。

どういうカードローンか分からず申し込みすると、後々後悔することになるかもしれません。

今回は千葉県や東京都など関東地方を中心に展開している、千葉銀行が提供するカードローンについて詳しく見ていきましょう。

メリットやデメリットはもちろん、他のカードローンと比較した特徴なども紹介します。

千葉銀行カードローン詳細情報

申し込み条件 契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方
安定した収入のある方(年金収入のみの方は申し込み不可)
住まいもしくは勤め先の所在地が千葉銀行本支店の営業地域内の方
必要書類 本人確認書類
審査時間 最短翌営業日
利用用途 自由(事業性資金を除く)
契約期間 2年ごとに自動更新
限度額 800万円
保証会社 エム・ユー信用保証(株)

千葉銀行カードローンのメリット

  • カードローン入金サービスがあるからスピーディーに借り入れできる
  • Webだけで申し込みが完結できる
  • 他社からの借り換えにも使える

カードローン入金サービスがあるからスピーディーに借り入れできる

千葉銀行カードローンには、カードローン入金サービスがあります。

これは、カードローンの契約が完了した後、すぐに借り入れができるサービスです。通常のカードローンは契約後にローンカードが発行され、それが自宅に届くまで借り入れができません。

そのため、融資を受けるまでに時間がかかってしまうこともあります。カードローン入金サービスを利用すれば、契約完了後に指定の口座にお金を入金してもらえます。

ローンカードがなくても、すぐ融資が受けられるのですぐにでもお金が必要な人に向いています。

もし少しでも早く融資を受けたいなら、振り込み用の口座を用意してカードローン入金サービスを申し込んでおくとよいでしょう。

Webだけで申し込みが完結できる

千葉銀行カードローンを利用しようと検討している人の中には、店舗が近くにない方もいるかもしれません。

そういう方でも、手軽に申し込みできるのが千葉銀行カードローンの魅力です。

申し込みから契約までWeb上で完結できるため、近くに店舗がなくても問題なく申し込みできます。

必要書類を郵送しなければならないと思っている方もいるかもしれませんが、アップロードすることで書類の提出が可能です。

ただし、Web完結の手続は千葉銀行の口座を持っている必要があります。インターネット上で申し込みを済ませたい方は、事前に口座の開設をしておくとよいでしょう。

他社からの借り換えにも使える

すでに他社から借り入れをしていて、金利が高く返済に困っている方もいるかもしれません。

そういう方にも、千葉銀行カードローンは向いています。金利が1.7%から14.8%と低く設定されているため、他社からの借り換えにも利用できます。

金利の低いカードローンに借り換えすれば、返済の負担も減って返済計画が立てやすくなるでしょう。

限度額が800万円と高く設定されているのも、千葉銀行カードローンの魅力です。これだけ限度額が高ければ、ローンのおまとめにも十分利用できます。

色々なカードローンから融資を受けていて管理に困っている方は、千葉銀行カードローンを利用して1つにまとめてみるのもよいかもしれません。

千葉銀行カードローンのデメリット

  • 即日融資には対応していない
  • 千葉銀行の口座を持っている必要がある
  • 住んでいる地域によっては利用できない

即日融資には対応していない

即日融資に対応しているカードローンを探している人もいるかもしれません。

即日融資に対応していると、申し込みしたその日に借り入れが受けられるため便利です。しかし、千葉銀行カードローンは即日融資に対応していません。

どんなに早くても、融資を受けられるようになるまで数日はかかるので注意しましょう。即日融資に対応していないのは、千葉銀行カードローンに限ったことではありません。

2018年から銀行カードローンは、即日融資不可になってしまったのです。

そのため、他の銀行のカードローンを選んだとしても、申し込みしたその日に融資を受けることはできないのです。即日融資を希望するなら、消費者金融系のカードローンを選ぶしかありません。

千葉銀行の口座を持っている必要がある

千葉銀行カードローンは、口座を持っていなくても申し込みができます。しかし、借り入れをして返済する時、千葉銀行の口座から引き落としがされるため、口座を持っていないと借り入れができません。

そのため、まだ口座を持っていない方はカードローンの申し込みをする時、口座開設の手続も行うことになります。カードローンの申し込み手続だけでなく、口座開設の手続きも増えてしまうのはデメリットになるでしょう。

普段使わないのに、カードローンのためだけに新たに口座を開設するのは嫌だと思う方もいるかもしれません。

また、口座開設の手続をしていると、融資までのスピードが遅くなる場合もあるので注意してください。

住んでいる地域によっては利用できない

千葉銀行カードローンの利用を検討しているなら、申し込み条件をしっかり確認しておく必要があります。

特に注意したいのが申し込みできるエリアです。千葉銀行カードローンは、千葉銀行本支店の営業地域内に住んでいる、もしくは勤務している方しか利用できません。

対応しているエリアは、千葉県、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県です。千葉県は全域に対応していますが、その他の都道府県の場合は一部対応していないエリアがあるので注意しましょう。

インターネット支店で取引する場合は、対応エリアが広くなっているので、そちらも確認しておくとよいです。

千葉銀行カードローンの審査基準は他社より甘い?

カードローンを利用する時、気になるのが審査基準の甘さでしょう。審査基準が厳しければ、それだけ融資を受けにくくなってしまいます。

審査基準は銀行によって変わりますし、年収がいくら以上あれば確実に融資が受けられるなどの明確な基準はありません。

しかし、申し込み条件や保証会社などを見れば、ある程度予想することはできます。

千葉銀行カードローンは、パートやアルバイトの方も申し込み可能なカードローンです。

パートやアルバイトは正社員に比べると、収入は低くなりがちです。そういった方にも融資を行っているということは、特別審査基準を厳しくしているとは考えにくいでしょう。また、保証会社は消費者金融の大手アコムの審査も行っている会社です。

消費者金融は銀行カードローンよりも審査難易度が低いと言われているため、その点からも審査基準はそれほど厳しくないと言えるでしょう。

千葉銀行カードローンの金利は他社より高い?

金利によってトータルの返済額も変わるため、カードローンを選ぶ時の重要なポイントになります。

金利が低いカードローンを利用するほうが、返済の負担が少なくなるのです。

千葉銀行カードローンの金利は1.7%から14.8%で、借り入れ極度額によって金利が決定されます。他の銀行カードローンの金利を見てみると、楽天銀行スーパーローンは1.9%から14.5%、三井住友銀行カードローンは4.0%から14.5%、イオン銀行カードローンは3.8%から13.8%です。

これらと比較すると、千葉銀行カードローンの金利はかなり低いことが分かります。金利が低い銀行カードローンを探している人に、ぴったりなカードローンと言えるでしょう。

千葉銀行カードローンの利息一覧

“カードローンを利用して返済をする時、元金と合わせて利息も返済しなければなりません。

利息は借り入れ期間や金利によって変動します。千葉銀行カードローンは、借り入れ極度額によって金利が決定されます。

極度額800万円なら年1.7%、510万円以上650万円以下なら年4.0%といった具合に一定の金利が適用されます。

しかし、100万円以上340万円以下の極度額の場合に限って、年6.0%から12.0%の間で適用される金利が変動するので注意してください。

適用される最少金利で7日間の借り入れをした場合の利息額は以下の通りです。

最少金利で7日間借り入れした時の利息

1万円 28円
5万円 141円
10万円 283円
20万円 567円
50万円 1419円
100万円 1726円
150万円 2589円
200万円 3452円
300万円 3452円
500万円 4123円
800万円 2608円

千葉銀行カードローンは返済しやすい?

返済しやすいかどうかも、カードローンを選ぶ時に見ておいたほうがよいでしょう。

返済がしにくいカードローンを選んでしまうと、返済が滞ってしまうなどのトラブルが起こりかねません。千葉銀行カードローンは、ATMからの随時返済にも対応しているのですが、対応しているATMが多いです。千葉銀行のATMはもちろん、セブン銀行やゆうちょ銀行のATMからも返済ができます。

また毎月2000円からの自動返済ができるのも魅力です。返済額が固定で毎月自動的に口座から引き落としされるので、返済を忘れてしまう心配もありません。

返済に利用できるATMが多く、返済し忘れる心配がない自動返済ができるという点から、千葉銀行カードローンは返済しやすいカードローンと言えるでしょう。

返済方式

千葉銀行カードローンの返済方式は定額返済です。定額返済は、毎月決まった日に一定額を返済するというものです。

例えば借り入れ残高が10万円以下だった場合は、毎月2000円を返済していきます。

10万円超20万円以下なら4000円、20万円超30万円以下なら6000円というように、借り入れ残高によって返済額は変わります。決められた範囲内であれば、何度借り入れを行っても返済額は変わりません。一定額を返済する方式なので、今月はいくら返済すればよいか分からなくなることもないでしょう。

定額返済とは別に、随時返済にも対応しています。ATMを利用して自分が好きな額返済できるので、余裕がある時にまとめて返済することも可能です。

返済日

千葉銀行カードローンの返済日は毎月1日です。この日に千葉銀行の口座から、指定された金額が引き落とされます。

1日が土日や祝日だった場合は、次の営業日が返済日になります。返済額は極度額によって決められているので、その金額を前日までに口座に入金しておきましょう。

もし口座にお金が入っていなかった場合、引き落としがされず遅延扱いになってしまいます。カードローンを利用する時、返済の遅延は厳禁です。

返済が遅れてしまうと銀行からの信用を失ってしまうので注意しましょう。

また遅延損害金が発生し、負担が増えてしまうこともあるので気をつけてください。

あまりにも酷い場合には信用情報に傷がつき、新たにローンが組めなくなるなどのリスクが発生してしまうので、必ず返済日までに口座にお金を入れておきましょう。

毎月の返済額

カードローンを利用する上で、毎月いくら返済すればよいかは重要になります。

自分が返せる範囲を超えてしまうと、返済ができなくなってしまうからです。

利用するカードローンや金利、返済方式など様々な要素で毎月の返済額は大きく変わります。

カードローンの申し込みをする前に、しっかりチェックしておかないと後から後悔することになります。

千葉銀行カードローンは定額返済なので、毎月の返済額は固定です。一定の範囲内であれば、借り入れ金額が変わっても返済額が変動することはありません。

毎月の返済額は以下のようになっています。

借入残高 返済額
10万円以下 2000円
10万円超20万円以下 4000円
20万円超30万円以下 6000円
30万円超40万円以下 8000円
40万円超50万円以下 10000円
50万円超100万円以下 20000円
100万円超200万円以下 30000円
200万円超300万円以下 40000円
300万円超400万円以下 50000円
400万円超500万円以下 60000円
500万円超600万円以下 70000円
600万円超700万円以下 80000円
700万円超800万円以下 90000円

千葉銀行カードローンの借り入れ方法

ATMを使った借り入れ方法

全国にあるATMを使って、借り入れすることができます。

対応しているATMは千葉銀行だけでなく、全国の提携金融機関、セブン銀行やローソン銀行などのコンビニのATMなどが利用可能です。

対応しているATMが多いというのも、千葉銀行カードローンの魅力でしょう。身近に利用できるATMが多ければ、気軽に借り入れができるので便利です。

千葉銀行や常陽銀行、横浜銀行などのATMは8時45分から18時までの間なら手数料無料で借り入れできます。

コンビニのATMで借り入れする場合は、手数料がかかるので注意してください。

インターネットバンキングやテレフォンバンキングでの借り入れ

千葉銀行カードローンの借り入れ方法はATMだけではありません。インターネットバンキングやテレフォンバンキングを使って借り入れすることもできます。

わざわざATMに出向かなくても借り入れできるので、近くにATMがない時に利用するとよいでしょう。

インターネットバンキングを利用するためには、カードローンの口座をちばぎんマイアクセスの利用口座に登録する必要があります。

ちばぎんマイアクセスは、カードローンの借り入れだけでなく振り込みや残高照会が利用できるサービスです。

銀行営業時間外でも手続できるので、登録しておくとよいでしょう。

インターネットでの手続きが苦手な方は、テレフォンバンキングでの借り入れもおすすめです。電話でオペレーターと話しながら手続きできます。

千葉銀行カードローンへ申し込んだ人の口コミ

申込年 2017年
年齢 22歳
職業 フリーター
年収 250万円
利用目的 ブランド品購入
希望限度額 20万円

千葉銀行の口座を持っていたので、カードローンも利用してみることにしました。私はフリーターで正社員に比べると収入が少ないので、借り入れできるか不安でしたが無事融資を受けられました。希望限度額を低めにしたのが良かったのかもしれません。毎月の返済額が少ないので、フリーターの私でも無理なく返済できています。おかげで、ずっと欲しかったブランド品が購入できて大満足です。

申込年 2018年
年齢 32歳
職業 会社員
年収 340万円
利用目的 旅行代
希望限度額 30万円

家族で旅行に行くことになったのですが、予定の予算をオーバーしてしまい千葉銀行カードローンで融資を受けました。初めてのカードローンでしたが、返済額が分かりやすく自動返済ができるので、無理なく返済できています。対応しているATMが多いのも助かります。銀行が閉まってしまった時でも、コンビニのATMからささっと借り入れできるのですごく便利です。

申込年 2017年
年齢 38歳
職業 会社員
年収 380万円
利用目的 結婚式の費用
希望限度額 50万円

結婚式の費用が足りなかったので、千葉銀行カードローンを利用しました。銀行カードローンはたくさんありますが、比較した結果金利が低かったため選びました。近くに千葉銀行がなかったので、インターネットから申し込みできるのは助かりました。書類もアップロードで提出できるので、契約まで店舗に出向く必要もありません。カードローン入金サービスがあり、すぐ借り入れできるのも便利でした。

申込年 2017年
年齢 41歳
職業 会社員
年収 400万円
利用目的 借り換え
希望限度額 100万円

今まで他のカードローンを利用していたのですが、金利が高くなかなか返済が終わらなかったため、千葉銀行カードローンに借り換えました。金利が1.7%から14.8%とかなり低いので、借り換えには最適なカードローンです。千葉銀行カードローンに借り換えたおかげで、かなり返済計画が立てやすくなりました。