アコムの審査は甘い?厳しい?審査に通りやすくする方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

アコムの審査は甘い?厳しい?審査に通りやすくする方法

消費者金融最大手のアコムは、審査基準が厳しい傾向にあります。

消費者金融は甘いと思われるかもしれませんが、実際には審査が厳しいところも多数あります。

アコムも駄目な人は徹底的に排除しており、審査を通過できないケースが多いのです。

審査を通過したいと思っているなら、審査を通過できるコツをしっかりと使いましょう。

審査に落とされる原因を取り除きつつ、いい思いをしてもらえるような状況を作り上げることがアコムの審査では重要なのです。

アコムの審査は甘い?厳しい?

アコムは銀行カードローンに比べれば審査は甘く、通過しやすくなっています。

銀行系のカードローンは、審査を通過に必要な条件がかなり厳しくなっているほか、現在住んでいる場所によっても審査を通過できない可能性があります。

従って審査を受けられない状況もあり得るくらいで、審査が厳しい傾向というより審査ができない問題も起こってしまいます。

一方でアコムは全国規模で展開しているほか、審査基準も厳しいわけではないのですぐに審査を受けられます。

しかも審査を通過するための条件がそこまで厳しくない傾向にあり、審査を確実に通過できる状況であれば簡単に審査を通過できる可能性があります。

審査基準が大幅に銀行系のカードローンと違うのはいいところでしょう。

ただ、消費者金融の中では厳しい傾向にあります。

消費者金融には中小のように誰でも審査を通過させている会社も多々ありますが、アコムは消費者金融でも厳しい傾向で審査をしており、審査を通過できるレベルにないと思われれば審査は通過できないのです。

審査を確実に通過したいと思っている人は、アコムの基準に合わせてしっかり条件を満たしておきましょう。

大手消費者金融の審査通過率で比較してみた

大手の消費者金融がどれくらいの審査通過率を確保しているのか、実際に比較してみました。

プロミス 46.4%
アイフル 46.1%
アコム 44.2%

以上が公表している会社の審査通過率です。SMBCモビットやレイクALSAは公開していないため情報がわかりません。

プロミスとアイフルは、アコムよりも平均で1%以上の審査通過率を確保しています。

1%というのはあまり変わらないように感じられますが、1%の違いは審査の基準がアコムよりプロミスとアイフルの方が甘いと示しているのです。

つまり審査基準ギリギリの状況で、プロミスやアイフルは審査を通過できる可能性があり、アコムの場合は審査に落とされる可能性があるのです。

アコムの数字は大手の消費者金融では低い傾向にあり、毎月審査通過率では最下位を取り続けています。

それだけ審査を厳しくしているほか、審査基準ギリギリと判断されれば審査を通過できないようにしています。

安心してお金を借りられるような状況を作るために、そして相手を理解したうえで審査を通過させたいと考えているので、甘い審査を実施していないのです。

アコムの審査通過率は徐々に下がりつつあるくらいで、消費者金融でも厳しい基準で審査を受けていると考えてください。

甘い審査で簡単に審査を通過できると思っている人は、その考えを捨ててしっかりした基準で審査を受けないと厳しいと考えておくのです。

銀行カードローンと審査基準は違う?

消費者金融と銀行カードローンは審査基準がかなり違います。

消費者金融の場合、必要な年収はそこまで多くありませんし、他社借入が多少残っている程度なら審査を通過できます。

中小の消費者金融なら、他社借入の額がかなり多くても審査を通過させる会社もあるくらいで、とにかくお金を貸すという方針を取るケースが多いのです。

ちょっとした不利な情報が残っていたとしても、他でカバーできるなら審査を通過できる可能性があります。

一方で銀行カードローンの場合、ある程度の収入を持っていないと返済能力が足りないと判断されます。

さらに他社借入についても厳しく見られており、100万円以上借りていると審査を通過できない銀行もあります。

低金利でお金を借りている以上、本当に信用できる人以外には貸さないようにしているのです。

つまり銀行カードローンの審査基準は消費者金融よりも厳しく、求められるラインは高くなっているのです。

銀行カードローンは厳しい傾向にあるため、審査を通過できない可能性が非常に高いのです。

平均して審査通過率は10%~20%程度で、会社によっては10%にも満たないような審査通過率です。

一方で消費者金融が40%以上の審査通過率を確保しているのは、審査基準が銀行よりもかなり甘くなっており、審査を通過しやすいように工夫されている点があるのです。

消費者金融には総量規制があるので要注意

消費者金融は審査を通過しやすい代わりに総量規制が適用されています。

総量規制は年収額から3分の1以上の借入を禁止しており、年収額が少ない人だと限度額を確保しづらくなっています。

また、他社借入も含めて3分の1という制限が加わっているので、他社借入が多すぎると審査を通過できなくなります。

銀行カードローンには総量規制が適用されていないものの、消費者金融の場合は総量規制で厳しい制限を受けるので気を付けてください。

総量規制により、借入額が多くなるにつれて審査の通過率も下がってしまうので、借金に関連する情報は確認してから審査を受けるといいでしょう。

アコムの審査に通りやすくする方法

アコムの審査を通過したいと考えているなら、まずは審査に通りやすくなる方法をしっかりと確立しましょう。

適当に審査を受けて落とされてしまう状況だけは絶対に作らないようにするのです。

ここからはアコムの審査を通過できるコツを紹介します。

限度額をできる限り引き下げる

高い限度額を要求すると、審査を通過しづらくなります。その原因は限度額に対して収入が足りないからです。

アコムは総量規制が適用されているため、限度額を増やしすぎると年収額の3分の1を超えてしまいます。

3分の1以上と確認された時点で、審査通過は絶望的な状態です。

確実に審査を通過したいと考えているなら、まずは限度額を引き下げておきましょう。

高い限度額は狙わずに、10万円でもいいからアコムの審査を通過する方針を取っておくのです。

10万円程度の限度額であれば、50万円も収入があれば審査を通過できる場合があるので、審査通過への難易度は劇的に下がります。

限度額は後から増やせる可能性が高いので、無理に最初から高い限度額を得る必要はありません。

少ない限度額からスタートして、信用を得てから大きな限度額を狙うといいでしょう。

他社借入を返済する

既にお金を借りている場合、他社借入の影響で審査に落とされる可能性が高くなってしまいます。

審査に落とされたくないと考えているなら、まずはアコム以外の会社で借りている金額を返してください。

アコム以外の借入が残っている時点で、審査ではかなり厳しい判断受けやすくなります。

他社借入はアコムが信用できないと判断する情報に該当します。

他社借入が多すぎるようなら審査を通過できる可能性は劇的に減りますし、総量規制の影響で審査を通過できない場合があります。

確実に審査を通過したいなら他社借入は0円にするなど、より安心して返済できる状況を作り上げたほうがいいでしょう。

なお、アコムではクレジットカードのショッピング枠に関しては、借入として認めていません。

クレジットカードを多く使って返済途中だった場合は、借入額を0円として計上できるので安心してください。

信用情報を先に確認しておく

アコムは信用情報を確認し、問題があると判断されれば審査に落とされてしまいます。

信用情報は悪い情報が残されている可能性も高く、申込みのタイミング次第では審査に落とされやすくなってしまうのです。

しかし、信用情報は個人でも確認できます。無料で確認させてくれるわけではありませんが、お金を払って必要な手続きをすれば情報を得られるのです。

先に信用情報を確認しておき、怪しい情報が残されているようなら審査を受けないようにします。

そして一定の期間が経過して信用情報に問題がないと判断されたところで審査を受けるのです。

審査を受けるタイミングをしっかり考えると同時に、過去に信用情報に問題が起きるような行為をしているなら絶対に確認したほうがいいでしょう。

信用情報に問題があると判断されるだけで、アコムの審査は通過しづらくなるので気を付けてください。

記入ミスを減らす

何らかの問題で記入ミスが発生していた場合、記入ミスのまま審査を受けてしまいます。

場合によっては悪い情報ととらえられてしまい、審査に落とされる可能性があります。

記入ミスは絶対に避けるようにして、確認作業を徹底してください。

また、虚偽の記載は絶対に避けてください。虚偽の記載が1つでもあると、信用できないと判断されて審査に落とされてしまいます。

審査を確実に通過したいなら、虚偽の記載はせずに信用できる情報だけを提供してください。

悪いイメージを持たれないように、正しい情報だけを提供しておくのです。

アコムに関連している会社で借りて返済する

この方法は余裕のある人が採用できる手法です。あまり余裕がないなら利用しないほうがいいでしょう。

アコムは保証会社として審査を実施する銀行カードローンが多数あります。

銀行カードローンの審査時に、問題がないと判断されればアコムにもいい情報が残されており、アコムの申込みをした際に審査を通過しやすくなります。

そこで銀行カードローンの審査を受けて、保証会社であるアコムに審査をしてもらいます。

ここでいい情報を提供し、審査を通過しやすくするのです。

ただ、この方法は審査通過率の低い銀行カードローンの審査を受ける必要があること、アコムが保証会社であるカードローンは地方銀行に多いなど、問題点はかなりあります。

しかもただ審査を通過しているだけでなく、借りて返済する能力を見せて、保証会社のアコムにもいい情報を多数提供しておかなければなりません。

かなり難しい方法で、余裕がなければ利用できないでしょう。

ただ、アコムにいい情報が残されていると、審査通過の確率は高くなる他、保証会社の時に審査をしているなら問題ないだろうと思われて、審査を少し甘くする場合があります。

うまく銀行カードローンの審査を使えば、アコムに信用できる情報を与えられるかもしれません。

中小消費者金融の方が審査は甘いけれど…

中小の消費者金融は審査が甘いものの、対応が非常に悪いという問題を抱えてしまっています。

大手の消費者金融は本当に安心して借りられるようにしていますが、中小の消費者金融は安心して借りられないところが多く、場合によっては審査は通過できても借入に関連する問題が起きるなど、あまりいい状況が作られません。

中小の消費者金融は審査を通過できる確率が大手よりも高く、50%以上の審査通過率を確保している会社があります。

しかし、審査を通過できると言っても、その後の借入はあまり多くできないほか、店舗でしか借りられない不便な会社も多数あります。

様々な場所で借りられる大手の消費者金融を使ったほうがいいでしょう。

まとめ

アコムは審査通過率が大手の消費者金融では低いものの、審査は丁寧に実施しています。

どの項目が問題なのかしっかり考えて、審査に落とされないようにしてください。

いい情報をしっかり提供できるように、審査時には悪い情報をあまり与えないほうがいいでしょう。

そして審査を通過しやすいように、自分の収入に合わせて限度額を希望するなど、確実に審査を通過できる申込みを作り上げてください。

アコムのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説