アコムの審査基準を徹底解説!審査に落ちる理由と対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

アコムの審査基準を徹底解説

アコムは審査基準が銀行よりも厳しいものではありません。

しかし銀行よりも厳しくないと言え、消費者金融の中では審査基準が厳しい傾向にあります。

しっかりと条件を確認し、基準を満たしてから審査を受けるようにしましょう。

ここではアコムの審査基準について説明します。審査基準が1つでも変われば様々な部分が変わってきます。

審査基準をしっかりクリアしたいと思っているなら、このページを見て問題点を改善しておきましょう。

アコムの審査基準は公開されてない!

アコムの審査基準は公開されていません。その理由は審査基準に合わせて申込内容を作られてしまい、本当の情報がわからなくなる可能性があるからです。

情報を偽って審査を受けるような人が多くなると、アコムが本当に信用できない人も信用してしまい、お金を適当に貸して返ってこなくなる問題があるからです。

審査基準を公開すると、同時に他社からもこのような条件で貸しているのかとわかってしまいます。

他社にも情報が知られてしまうのはあまり良くないですし、他の会社は条件を見ながら調整し、アコムよりも借りやすいように調整するかもしれません。

微妙な調整によって、アコムがお金を貸しづらい状況を作ってしまえば問題が起きてしまいます。

審査基準が公開されていないため、どのような条件が求められるのかしっかりと考えておかなければなりません。

ただ、基準とされる項目は多々あるので、1つ1つの情報をしっかりと確認し、問題がないと判断できるようにしましょう。

アコムの申し込み条件

アコムの申込み条件としては、まず返済能力がしっかり備わっていることです。

返済能力が足りないと判断されれば審査を通過できません。返済能力がない人は、貸しても返ってこない問題が起きてしまうので、アコムは審査を通過できないのです。

次に年齢制限です。20歳以上でなければアコムは利用できません。20歳を超えていない人は申込み条件をクリアできていないので、申込みすら受け付けてくれません。年齢制限はしっかりとクリアしておきましょう。

最後にその他の情報を確認して、信用できると判断されなければなりません。銀行の場合は保証会社から保証を受けられるかどうかが条件とされますが、アコムの場合は自社で審査を実施するため、基本的にはアコムから信用される情報を提供できるかが条件となります。

アコムの審査通過率は50%以下

アコムの審査通過率は50%以下で、40%台のかなり低い数字に設定されています。40%台というのはそこまで高い数字ではありませんし、6割くらいの人が審査に落とされていると考えれば審査通過率は低いと感じるでしょう。

ただ、審査に落とされる人の大半が、収入か借金に関連する問題、もしくは信用情報で審査に落とされています。

50%にも満たさない審査通過率は、審査に落とされている人が多いことを示しています。審査落ちがかなり起こりやすいアコムでは、信用できる情報をしっかり提供できるかが重要です。

アコムの審査は甘い?厳しい?審査に通りやすくする方法

アコムの属性審査で見られるポイント

ここからはアコムに関連する審査の項目を説明します。

まずはアコムの属性審査で見られる項目について紹介しましょう。ちなみに属性審査というのは申込内容のことです。

安定した収入を確保していること

返済能力を示すために、安定した収入が求められます。収入が足りないと判断されれば審査を通過できなくなり、アコムの信用は得られません。

アコムとしては、しっかり返済できる能力を確保していなければ貸せないと判断しており、安定した収入がしっかり得られていることを最初の条件としています。

安定した収入というのは、仕事をしているかどうかも関係していますが、何よりも年収額が多いという部分です。

年収額が100万円の人と300万円の人では審査基準が大幅に変わります。

大きな収入を持っている人は審査を通過しやすくなり、あまり大きな収入を持っていない人は審査に落とされる確率が高いと考えておきましょう。

仕事をしっかりしていること

アコムは無職や専業主婦では借りられません。理由は総量規制が適用されているためで、総量規制により無職や専業主婦には貸せないようにしています。

アコムとしては専業主婦や無職の審査は職業欄だけで排除しているくらい、仕事に就いては厳しく見られている部分もあります。

仕事は最低でもしておかなければならない条件です。

仕事をしている人でも、明らかに安定しない仕事と判断されれば審査に落とされてしまいます。

収入が不安定な仕事だったり、一定期間しか仕事をしていないような状況であれば審査に落とされます。

期間工など、一定期間しか仕事をしていない人は審査に落とされやすい傾向があるので気を付けたほうがいいでしょう。

借金額が多くないこと

安定した収入を持っていると同時に、安定した収入以上に借金を持っていないことが重要視されます。

借金が多すぎると判断されればアコムは審査に落としてしまいます。

アコムとしては、他社借入を持っている時点で信用できないと判断しやすく、金額によっては審査を通過してお金を貸すわけにはいかないと判断しています。

借金額は収入の33%以上持っているとほぼ審査に落とされてしまいます。

つまり33%を超えなければいいのですが、30%以上持っていると危険なので注意してください。

20%以上の借入を持っていた場合は、収入に対して借りすぎと判断される可能性が高いため、借金額が多くならないようにしっかり借入額は調整してください。

住居を持っていること

家に住んでいないと判断されれば審査に落とされてしまいます。

理由は住んでいるところがない時点で、信用できると判断できないからです。

つまり最低でも住んでいる住居は必要となるのですが、ここで気を付けたいのが賃貸の場合です。

賃貸は信用度が低く、安定した収入を持っていないと判断されれば審査に落とされやすくなります。

既に物件を購入しており、お金を払わずに生活できているなら問題ありません。

しかし賃貸の場合は毎月の家賃を支払わなければ住めません。

家賃によって返済能力が足りないのではないかと思われやすいため、賃貸よりも購入した物件の方が信用されやすくなります。

信用を増やしたいなら物件は購入したほうがいいでしょう。

家族構成が安定している

あまり家族構成は関係ないように思われますが、同居人がいると返済できる人がいるかもしれないと判断され、返済されないリスクが軽減されています。

2人暮らしでもいいですし、家族と同居している状態でも構いませんが、家族構成が1人ではないと判断された方が圧倒的にいいのです。

できれば同居人がいる状態で審査を受けたほうがいいでしょう。

住んでいる人が1人の場合、借りている人が返済できなければ他の人に返済の連絡ができず、返済されないリスクが高くなると判断されます。

つまり家族構成が複数人いる状態で審査を受けたほうが審査は通過しやすいのです。

できれば同居人がいる状態で審査を受けてから、1人暮らしをするなどの対策を考えたほうがいいでしょう。

アコムの信用情報審査で見られるポイント

次にアコムの信用情報審査で見られるポイントを確認しましょう。

信用情報は全ての消費者金融で確認される項目ですが、この部分に問題があると問答無用で審査に落とされます。

どのような状況だと駄目なのか、そして安心できる情報は何かを確認しておきましょう。

クレジットカードの利用履歴

申込も含めて、クレジットカードの利用履歴を確認されます。

一見するとクレジットカードの利用履歴は関係ないように思われますが、実際には信用情報で確認されています。

過去に利用しているカードの履歴等を確認して、本当にしっかり返済されているのか見ているのです。

もちろん悪い情報が1つでもあれば、その時点で審査に落とされてしまいます。

クレジットカードの利用履歴に遅延などの問題があれば、アコムで借りても返済されないと判断されやすくなります。

クレジットカードで過去に問題を起こしているようなら、審査を受けないほうがいいかもしれません。

ただ、過去に問題を起こしている場合でも、信用情報機関が情報を削除していれば問題なく審査を受けられます。

カードローンの利用履歴

クレジットカードと同じように、カードローンを利用している際の履歴が確認されます。

カードローンは特に注意して確認される項目で、返済されていない情報がないかチェックしています。

もし返済されていない情報が1つでも残されているようなら、これは危険と判断されて審査に落とされてしまいます。

審査落ちを避けるなら返済していない状況を作らないようにしましょう。

カードローンは他にも他社の借入が多くないかチェックされます。

他社の借入がかなり多いと判断されれば、貸せる状況ではないと判断されるからです。

他にも申込履歴等を確認して、カードローンの申込み状況が安心できるか見ています。

アコム以外の会社にも申込みをしていると確認できれば、多重債務と判断されて審査に落とされるのです。

分割払いの購入履歴

携帯電話の購入など、分割払いを利用している場合の履歴も情報が残されています。

現時点で分割払いで購入している商品があれば、分割払いで購入しているとわかりやすく表記されています。

ただ、この分割払いという部分は、そこまで審査に与える影響は大きくありません。金額がそこまで多くないと判断されれば問題ないからです。

分割払いをたくさん使っていると、多数の分割払いがあると判断されて審査に落とされやすくなります。

これも返済能力が足りないと判断されるからです。

分割払いを多数利用している場合で、クレジットカード以外の分割払いが多く残されているなら、それは危険と判断しておきましょう。

分割払いはほどほどに利用しておくのです。

住宅ローンの利用履歴

住宅ローンを使っているかどうかも確認されます。

住宅ローンは借入には該当しないように思われますが、信用情報では確認されるので気を付けてください。

信用情報で住宅ローンを使っている情報を見て、返済に問題があると確認されれば審査に落とされやすくなります。

また、住宅ローンの返済を何らかの方法で減額した場合も危ないと判断されます。

住宅ローンは様々な情報が残されている可能性が高く、本当に返済できる能力があるのかしっかり判断できます。

アコムだけでなく、他の会社も住宅ローンに関連している情報はしっかり確認している傾向があります。

もし住宅ローンの利用状況に問題があるなら、かなり厳しい状況に追い込まれる可能性があると思ってください。

債務整理に関連する情報

最後に債務整理に関連する情報です。過去に借金をしていたものの、債務整理で減額している場合は情報が残されています。

債務整理の場合、どの時期にどのような方法を使って減額しているかしっかり記述されています。

一見すると借金を減額してでも返済しているように思われますが、貸している側にはいい情報ではありません。

債務整理をしていた場合、返済しないで減額される可能性が高いこと、正しく返済してくれない可能性が高いことなどを理由として審査に落とされやすくなります。

しかも情報が残されている年数が長く、会社によっては10年近くも情報が残されています。

債務整理に関連している情報は審査落ちの可能性が高いので気を付けましょう。

アコムの審査に落ちる人の特徴

次にアコムの審査に落ちてしまう人の特徴を説明します。この特徴に該当しているようなら、審査を受けないほうがいいかもしれません。

審査に落とされると信用情報も悪くなってしまいます。安心して審査を受けられるようにしましょう。

収入が足りない

返済できる能力を確保していないと判断されれば審査に落とされてしまいます。

返済能力はとても重要な項目ですが、あまり返済能力を持っていないのに審査を受けている人がそれなりに多いのです。

その結果、変s内能力が足りないと判断され、審査に落とされる可能性が高くなってしまいます。

具体的には、収入をしっかり確保していない、もしくは全く持っていない人が審査を受けた場合です。

年収が100万円にも満たないような状態はもちろんのこと、審査を受ける基準にほぼ該当していない年収0円で審査を受けると審査に落とされてしまいます。

確実に審査を通過したいなら、最低でも150万円程度は確保したほうがいいでしょう。

仕事をしていない

仕事をしていないと判断されれば、審査に落とされてしまいます。

仕事をしていないのは収入を確保できない状態と判断されますし、何よりも安定した収入を確保できる状況ではありません。

そして専業主婦や無職の場合は、総量規制のルールによりお金を貸せないと判断されるため、職業欄を確認した時点で審査に落とされます。

不安定な仕事やアルバイトによる雇用も審査に落とされやすくなります。

アルバイトは不安定な収入に加えてあまり多くの年収を持っていない傾向があり、審査を通過できる基準をクリアできないのです。

安定した収入を確保するには、正社員として雇用されなければなりません。

正社員じゃない人は厳しい判断を受ける可能性が高いのです。

借金が多すぎる

年収に対して明らかに借りている金額が多すぎる場合は審査に落とされてしまいます。

借金が多すぎると判断されれば、これ以上貸しても返ってこないとアコムに判断されてしまい、審査に落とされます。

特に年収の3割以上を借りている人は、返済能力を持っていても返済されないと判断されやすいので審査に落とされてしまうのです。

借金は毎月の返済を通じて、しっかりと返済しなければなりません。

返済がしっかりできていないと判断されるような借金を抱えていると、アコムとしてはお金を貸せないと判断します。

審査を確実に通過するためには、借金を多く抱えないように注意してください。

同時に借金を毎月しっかりと返すようにしましょう。

信用情報に問題が多すぎる

信用情報に残されている問題が多すぎて、アコムが信用できないと判断して審査に落とす場合があります。

信用情報にはいい情報も多数残されていますが、返済していないと判断される情報はもちろんのこと、現時点で利用している支払いなどの情報が多すぎる場合、アコムで借りても返済されないと判断されるのです。

信用情報に悪い情報が多く残されていると、信用情報の項目だけで審査に落とされます。

特に債務整理に関連している情報はしっかりと見られてしまい、審査に落とされてしまいます。

過去にお金に関連している項目で審査に落とされている場合は、審査に落とされる可能性が急激に高まるので気を付けておきましょう。

虚偽の記載が残されている

あらゆる情報はアコムが調べれば簡単にわかってしまいます。アコムが調べて記述内容と違うものが含まれていると判断されれば審査に落とされてしまいます。

特に属性の中に嘘の情報が掲載されていれば、信用できないと判断されて審査に落とされます。しかも虚偽の記載があれば、次の審査も落とされる可能性がとても高いのです。

虚偽の記載というのは、アコムに嘘をついてお金を借りようとしたと判断され、信用されないのです。

信用されない情報はアコムに延々と残されてしまい、審査を通過できない状況を作りだしてしまいます。

確実に審査を通過したいなら、絶対に虚偽の記載は避けるようにしてください。虚偽の記載を作ってしまうとその時点で審査は通過できないのです。

アコムの審査に落ちたときの対処法

アコムの審査に落とされてしまった場合は、これから紹介する内容をしっかり見て、対策を立てましょう。

適当に審査を受けるのではなく、しっかりと考えて審査を受けたり、他の会社を検討するなどの対策をしてください。

審査に落とされた項目を確認する

アコムのメールには、審査に落とされた項目が何か記載されていません。

審査落ちに関連する情報は、基本的に利用者にはわからないようにしているのです。

つまり審査に落とされた場合は、自分でどの項目が悪くて審査に落とされたかしっかり見ておかなければなりません。

審査落ちの原因を特定し、次の審査につなげておくのです。

審査に落とされた項目がすぐに改善できるのであれば、改善に踏み切りましょう。

改善されれば審査を通過できる可能性がありますし、場合によってはすぐに審査通過が期待できるかもしれません。

一方で改善できるとは考えられない項目の場合は、しばらく待ってから情報を改善させ、もう1度アコムの審査を受けましょう。

すぐにアコムへ申込みをしない

アコムへ申込みをすると、審査に落とされている情報だけであらゆる部分を判断されてしまいます。

審査に落とされているのにまた審査を受けていると判断されれば審査に落とされる確率が急激に上昇するほか、審査項目を改善しているのに何も見られないまま審査落ちの連絡を受けます。

それどころか審査をしてくれないブラック状態に陥る可能性があります。

ブラック状態となればアコムでの借入は絶望的ですし、他の消費者金融にも影響が及ぶ可能性があります。

問題を避けるためにはアコムへすぐ申込みをしないように心がけてください。

審査を受ける前にゆっくりと時間を割き、なぜ審査に落とされたのかしっかり考えたうえで次の申込み日を決めるといいでしょう。

信用情報の改善を待つ

信用情報が原因で落とされているのであれば、信用情報が改善されるまで待ちましょう。

信用情報が改善されないまま審査を受けても、悪い情報が原因で落とされてしまいます。

信用情報に悪い情報が残されているなら、ゆっくりと時間をかけて情報を削除してもらえば、問題なく審査を通過できる場合があるのです。

悪い情報によって削除されるまでの時間は変わります。

ちょっとした遅延であれば1年程度で削除される場合もありますが、債務整理のように厳しい情報だと10年くらいは残されている場合があります。

悪い情報1つでアコムの審査を通過できるかが変わってくるため、信用情報が改善されるまではゆっくり時間を使ったほうがいいでしょう。

収入アップを図る

収入を増やせば信用される可能性が高くなり、審査を通過できるかもしれません。

現時点で収入が足りていないと思っているなら、副業等を通じて収入を増やす方法もあります。

副業に関連している収入証明を作成しておけば、これだけ収入を増やせたとして証明ができて、アコム側にいい情報を提供できるかもしれません。

注意したいポイントとしては、転職するという選択肢はあまりとらないほうがいい点です。

転職する場合は勤務年数がリセットされてしまいます。勤務年数が変わってしまうと、信用できないと思われる可能性が高くなるので、転職はしっかりと考えて行動したほうがいいでしょう。

転職する場合は1年間は審査を受けないことも考えてください。

他の消費者金融を狙う

最後の手段として、消費者金融を変えてみるという方法があります。

アコムでは審査に落とされてしまうものの、他の消費者金融に切り替えると審査を通過できる可能性があります。

ただ、アコムと同じ規模でサービスを提供するプロミスやアイフルでは審査に通らない可能性が高いため、できれば他の会社を利用したほうがいいでしょう。

中小の消費者金融は、審査を通過できる可能性があります。

中小の会社は利用者を求めており、審査基準が甘くなっているのです。

アコムでは駄目だと思っているなら、中小の会社を利用する選択肢も考えてください。

ただ、中小の会社は知らないところも多々あるため、しっかり情報収集をしてから審査を受けるようにしてください。

まとめ

アコムの審査基準は銀行に比べると甘いかもしれませんが、消費者金融の中では厳しい傾向にあります。

しっかりと情報を調べると同時に、自分がこれまで利用してサービスなどを振り返り、安心して審査を受けられるか考えておきましょう。

もしアコムの審査に落とされてしまったら、情報の改善を図るなどして審査を通過しやすくしましょう。

時間をかけて改善させれば、もしかしたら数年後には落とされていたアコムの審査を通過できるかもしれません。