ベルーナノーティスの審査は甘い!審査基準と審査に落ちる人の特徴

「大手消費者金融では借りられないけど、中小の消費者金融で借り入れるのは少し不安…」という人も多いのではないでしょうか?

この記事で紹介するベルーナノーティスは、カタログ通販で有名なベルーナグループの運営する金融会社です。ベルーナグループは東証一部上場企業でもあるので、他社の中小消費者金融とくらべても安心感がありますね。

さらに大手消費者金融では借りられない人でも融資ができるなど、審査が甘くおすすめの消費者金融です。

ではその審査基準とはどのようなものなのでしょうか?また審査に落ちてしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

この記事では、ベルーナノーティスの審査基準から審査落ちとなる人の特徴までを解説していきます。
是非参考にしてくださいね!

ベルーナノーティスの審査が甘い3つの理由

ベルーナノーティスの審査が甘いとされる理由は3つあります。

  •  大手消費者金融ではなく中小消費者金融であること
  •  申し込み条件の年齢上限が78歳と高いこと
  •  専業主婦でも配偶者に収入があれば審査に通ること

この3つのポイントがなぜ審査が甘いという結果となるのか、以下で具体的に解説していきます。

大手消費者金融ではなく中小消費者金融である

ベルーナノーティスは冒頭でもお伝えした通り、中小消費者金融に属します。

中小消費者金融の特徴は、

  •  「すでに何社かで借入のある返済能力のある人」をターゲットにしていること
  •  大手と違い独自の審査基準で判断しているため融資が通りやすいこと

があげられます。

大手のターゲットは、消費者金融を利用したことのない新規顧客層がメインですので、複数の金融会社からの借入や、支払いの遅延などの事故があると審査に大きく影響します。

一方、中小では支払いの遅延があったとしても、支払が滞っていなければ融資がおりる可能性はあります。

ベルーナノーティスも中小の特徴を持った消費者金融ですので、大手とくらべると審査が甘いといえます。

大手消費者金融と中小消費者金融の違いとは

大手と中小の違いは、知名度の違いのみで分かれていると言っても過言ではありません。

現在国内で大手消費者金融とされているのは

  • プロミス
  • アイフル
  • アコム
  • レイクALSA
  • SMBCモビット

上記の5社が大手消費者金融と呼ばれているもので、その中でもプロミス、アイフル、アコムの3社は最大手となります。

この大手消費者金融と、中小消費者金融の違いは何かというと、大手は全国展開しているビッグチェーンで、中小は地域密着型のローン会社であるという点です。

しかし現在ではインターネットの普及によって、ネット申込みが可能になったことから「地域密着の中小」という概念もなくなりつつあります。

つまり現在は知名度のあるものが大手と呼ばれているということです。

申し込み条件の年齢上限が78歳と高い

ベルーナノーティスの貸し付け条件に着目してみると、

20歳から78歳までの安定した収入のある方で、当社基準を満たす方

という記載があり、対象年齢の幅が広いことがわかります。

他社の年齢制限と比較した結果は次の通りです。

消費者金融 貸付年齢制限
ベルーナノーティス 20歳〜78歳
プロミス 20歳〜69歳
アイフル 20歳〜69歳
アコム 20歳〜69歳
レイクALSA 20歳〜69歳
SMBCモビット 20歳〜69歳
J.Score 20歳〜69歳

大手と比較してみると、70代以上の高齢者が対象となっているのはベルーナノーティスだけとなりました。

一般的に高齢者は、年齢を重ねるほど病気やケガのリスクが高まるため、返済能力が疑問視される傾向にあります。

そのため70歳を超える高齢者を対象外とすることも珍しくありません。

その点ベルーナノーティスは対象年齢も広く、高齢者への審査基準が甘い消費者金融といえます。

専業主婦でも配偶者に収入があれば審査に通る

ベルーナノーティスは収入のない専業主婦であっても、配偶者に収入があり、条件を満たせば融資を受けることができます。

これは「配偶者貸付」という貸金業法で定められている制度ですが、この制度を取り扱うかは、各消費者金融会社に委ねられています。大手を始めとした消費者金融では、申込者本人に返済能力があるかを重要視するところが多いため、取り扱いがないことがほとんど。

そんな中、ベルーナノーティスは配偶者貸付に対応している数少ない消費者金融のひとつであることから、審査が甘いといわれています。

東証一部上場グループだからブラックの審査は厳しい

中小消費者金融であるベルーナノーティスは、大手とくらべると審査基準が甘いことがわかりました。

では一般的にいわれるブラック状態の場合はどうでしょうか?

ブラック状態とは、過去に3カ月以上の長期滞納や、債務整理、強制解約など、CICやJICCといった信用情報機関に「事故情報」として情報があることをいいます。

結論からいうと、東証一部上場企業のグループ会社でもあるベルーナノーティスは、このようなブラック状態では審査に通過することはできません。消費者金融業の規模は中小といえども、ベルーナグループは東証一部上場の大企業ですので、ブラック状態の利用者への審査は厳しくなっています。

ベルーナノーティスの在籍確認は担当者の個人名で掛かってくる

審査の基準と同様に気になるのが、申し込みが周囲にバレないかどうかという点ではないでしょうか。

ベルーナノーティスは、プライバシーに十分配慮した対応をしてくれることも魅力のひとつです。在籍確認の電話は個人名でかけてくれますので、万が一本人が電話に出られない場合でも心配ありません。

電話内容も「○○と申しますが、××さんはいらっしゃいますか?」という簡単なものですので、周囲にもバレずに利用することができます。

ベルーナノーティスの審査に落ちる人の特徴

ベルーナノーティスは審査が甘いといっても、なかには審査落ちしてしまう人もいます。その理由や原因について公表されることはないため、確実な原因は不明のままです。

しかし審査に落ちた人の情報から、ある程度の傾向や基準を絞り込むことができます。ここでは、実際に審査落ちとなった人の情報をもとに、どのような人が審査に落ちやすいのか?その傾向をまとめました。

申込み前にチェックすることで、多重申込みよる「申込みブラック状態」を免れることができますので、是非チェックしてみてください!

信用情報に重大な事故情報が記載されている

  • 自己破産や任意整理などの債務整理をしたことがある
  • 3カ月以上の長期滞納がある
  • 強制解約となったことがある

上記のような場合には、審査を通過する可能性はきわめて低くなります。なぜならこのような状態はブラックと呼ばれ、重大な金融事故として信用情報機関に残るからです。

消費者金融はCICやJICCといった信用情報機関の情報をもとに審査をおこない、ベルーナノーティスも例外ではありません。

このような重大な事故情報は、5年間ほど残ります。過去に債務整理や長期滞納などがあった場合は、申込みの前に現在の信用情報がどうなっているのかを確認してみましょう。

現在利用中のローンで延滞・滞納している

信用情報に傷がつく金融事故と呼ばれるものは、上記のような重大な事故以外にも延滞や滞納をしている支払いも含まれます。

例えばクレジットカードの利用や、携帯電話の割賦契約などで未払いがあり、信用情報機関に事故として登録されている状態では審査に通ることはありません。

また水道、光熱費をクレジットカード払いにしている場合は注意が必要です。請求書払いであれば延滞していても信用情報機関に登録されることはありませんが、クレジットカード払いで延滞や滞納が発生すると信用情報に登録されます。

申込み前に、それぞれの支払いで滞納しているものがないか確かめておきましょう。

すでに借入額が総量規制を超えている

消費者金融は貸金業法という法律に則って運営しています。この法律の中に総量規制という法律があるのをご存知でしょうか?

これは貸付金額を制限する法律で、現在は年収の1/3を超える金額の融資ができなくなっています。

例えば年収が300万円であればその1/3は100万円となりますので、融資限度額は100万円までです。

ベルーナノーティスへの申込み時点で100万円の借入があると、すでに上限金額に達しているため、「これ以上の貸し付けができない」という理由で、審査に落ちてしまいます。

申込み時に他社借入金額を少なく記載してごまかそうと思われる人もいますが、情報信用機関で確認すればすぐにわかってしまうのでやめましょう。

在籍確認に対応できていない

ベルーナノーティスを利用するためには在籍確認が必須となっています。

在籍確認とは、申込書に記載した勤務先に本当に勤務しているのかを確認するためのものです。

そのため、「本当は無職だけど適当に勤務先を書いて申込んだ」という場合は、在籍確認が取れませんので審査に通ることもありません。

また在籍確認の方法は電話での確認となります。申込みをした日時が勤務先の営業時間外などで対応できない場合は在籍確認を取ることができないため、審査も通過できません。

在籍確認に対応できる時間帯に申し込むようにしましょう。

申込情報に誤りがある

審査に通るか不安な人によく見られる特徴が、申込み情報を偽ることです。

  • 年収をごまかした
  • 勤務先を偽った
  • 住所を偽った

など、誤入力の範疇をこえる申込み情報の誤りは虚偽としてみなされます。このような嘘の情報での申込みが発覚した場合は詐欺の恐れがあると判断され審査に通りません。それどころか内容によっては今後申込み自体ができなくなる可能性もあります。

虚偽の申請は在籍確認や本人確認書類の提出、収入証明書の提出などですぐにバレてしまいますので、絶対にやめましょう。

短期間に複数のキャッシングへ申し込んでいる(申し込みブラック)

1ヵ月のうちに複数社に一斉に申し込むことも審査落ちとなる大きな原因のひとつです。

審査に通るかわからない状態だと、面倒だから一度に申込み手続きをしてしまおうと思ってしまいますよね。しかしこの数打てば当たる方式は、申込み者にとってはデメリットにしかなりません。

審査をするベルーナノーティスからしてみると、

  • お金に困窮していてどこからも借りられない人なのではないか
  • 返済に苦しんでいて、貸しても返済されないのではないか

という不安要素になるわけです。

申込み情報は信用情報機関に登録され、半年程度は情報として残ります。

調べたところ、4社以上の消費者金融に申し込むことで「申込みブラック」となることが多く、数が多ければ多いほど審査に通過する可能性も減るようです。一斉に申込むのではなく、ベルーナノーティス1本に絞って申込み、審査落ちした場合は6ヵ月程度時間を空けて再度申し込むようにしましょう。

またベルーナノーティスの審査以外のスペックや、実施兄利用した人たちの口コミ等は、こちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

ベルーナノーティスのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説