十六銀行カードローン「Q-LOAN」のメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

十六銀行カードローン「Q-LOAN」のメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

Q-LOANは、地方銀行である十六銀行が提供するカードローンです。

十六銀行といえば、岐阜県・愛知県・三重県に本店を置く金融機関のなかで店舗数ナンバーワンを誇ります。

メガバンクより身近で頼れると支持されているのは、ユーザーの目線を大切にして真に必要なサービスを提供してきたからです。

Q-LOANの真骨頂もユーザーへの細やかな配慮にあります。日々の生活をより便利にサポートする、気の利いたパートナーです。

十六銀行カードローン「Q-LOAN」詳細情報(スペック表)

申込み条件 申込時年齢満20歳以上70歳未満であり、保証会社の保証が受けられる安定した継続収入がある
(パート、アルバイト、配偶者に収入がある専業主婦を含む)
必要書類 本人確認資料運転免許証、健康保険証など
所得確認資料(利用限度額51万円以上の場合)
給与所得者所得証明書、源泉徴収票など
個人事業主納税証明書(その1・その2)、確定申告書など
審査時間 最短翌営業日即日融資不可(2018年以降)
利用用途 自由(事業性資金を除く)
契約期間 3年ごとの自動更新
限度額 1万円~500万円
保証会社 アコム株式会社

十六銀行カードローン「Q-LOAN」のメリット

  • 店に足を運ばずに契約できる
  • お試し診断を利用できる
  • パート、アルバイト、学生、主婦、年金受給者でも申し込める
  • 利用用途に制限はない
  • ATMの利用で借り入れと返済ができる

店に足を運ばずに契約できる

十六銀行の口座を持っている場合はもちろん、持っていなくても申し込みは可能です。

インターネット、郵送、ファックスを利用することで、店に足を運ぶことなく申し込め、契約まで完了させることができます。しかも、インターネットを利用すれば、24時間・365日いつでも申し込めて便利です。確認事項に同意したうえで申込内容に記入すれば、申し込みそのものは終わりです。

あとは、申し込み後に送られてくるメールに記載された専用のURLから、本人確認用の書類をアップロードすれば審査結果がメールか電話で通知されます。

最終審査結果の回答メールを確認し、同意すれば契約が成立します。

お試し診断を利用できる

自分はQ-LOANを利用できるのだろうか、と心配な人もいるはずです。

そんなときは、サイト内にある「お試し診断」を利用することができます。「お試し診断スタート」ボタンを押し、必要項目を入力すれば、その場で診断結果が出ます。

実際に申し込むときと審査結果が異なる場合はありますが、手軽に利用できるため、借り入れを検討している人には利便性が高いです。

パート、アルバイト、学生、主婦、年金受給者でも申し込める

パート、アルバイト、学生などが借り入れしようと思っても銀行系のカードローンでは審査をパスできないケースがあります。

そんなときは、消費者金融系を利用しなければなりません。しかし、Q-LOANならパート、アルバイト、学生、主婦や年金受給者でも申し込むことができます。

専業主婦であっても配偶者に継続的な収入があれば問題ありません。利用限度額は30万円となりますが、契約することができるのです。

利用用途に制限はない

借り入れたおカネの使い道は自由です。事業性の資金以外なら、ユーザーのプランに任せて利用できます。

子供がいる家庭なら塾や学費といった教育資金に、上昇志向が強い人なら資格取得の費用に、生活環境を変えたい人ならリフォーム代や引っ越しの費用に、通院を余儀なくされている人なら医療費に充てることができます。

もちろん、冠婚葬祭といった物入りには便利ですし、ローンの借換え、給料日前の生活費にも使えます。

ATMの利用で借り入れと返済ができる

十六銀行のATMだけでなく、全国のセブン銀行ATMからも借入れと返済ができるため便利です。

しかも、利用限度額の範囲内であれば、何度でも繰り返し利用することができます。Q-LOANならいつでもATM利用手数料とATM時間外手数料が無料です。

返済に関しては柔軟に対応しており、期日前に返済できることはもちろん、一括返済も可能です。

最低返済額は2000円ですので、メガバンク系のカードローンは敷居が高そうだと感じているユーザーも手軽に利用できます。

また、金利は利用限度額で異なりますが、アコム株式会社への保証料も含まれた融資利率であり、別途保証料を上乗せされることはありません。

十六銀行カードローン「Q-LOAN」のデメリット

  • 申し込み資格に一定の枠が設けられている
  • 十六銀行に口座を持っていないと不便
  • カードが使用できる状態でも不便さはある

申し込み資格に一定の枠が設けられている

借り入れの審査で「収入に応じて無理なく返済できるか」という点を重視していることが謳われており、実際に年収や職業に関係なく、安定継続した収入があれば申し込みできるシステムになっています。

そのため、パート、アルバイト、学生、専業主婦、年金受給者の隔てなく契約することが可能です。

しかし、申し込み資格が存在します。「満20歳以上70歳未満」の安定継続した収入がある人という一定枠が設けられているのです。

つまり、70歳以上の人には申し込み資格がありません。安定的に収入を得られていても、枠から外されてしまいます。

70歳を過ぎてからも生き甲斐を求めて仕事をしている人はいますし、健康や体調に気をつかって若々しさを保っている人もいます。

人手不足の世の中では、女性の社会進出はもちろん、ベテランが培ってきた経験を生かす場が増えてきます。そんな時代に突入してしまいましたが、それでも70歳という年齢を境にして融資申し込みが断られる状況にあります。

十六銀行に口座を持っていないと不便

できるだけ早く融資をしてもらいたい、というユーザーにとって申し込みからどれくらいの期間で利用できるのかは重要なポイントです。

最短、ということになると、申し込みの2~3日後に融資を受けることが可能です。十六銀行に開設してあるユーザー名義の口座へ振り込まれる方式になります。

その場合は、ユーザー本人の確認が完了している口座だけが対象です。

また、申し込み希望者が住んでいるエリアに十六銀行の支店がない場合、申し込みができないケースがあるので注意が必要です。

口座への振り込みを希望する場合は、ユーザー本人名義の銀行口座を指定することで融資を受けられます。

十六銀行の口座を持っていなくても利用できるということになりますが、新規契約の際は気をつけなければなりません。

口座への振り込みに使用できるのは、十六銀行に開設されたユーザー名義の口座だけです。その場合は、電話のみの対応で、インターネットは利用できません。

カードが使用できる状態でも不便さはある

カードが到着してもすぐに使用することはできません。郵送中の事故防止のために、利用できない状態で届くからです。

ユーザー本人が受取確認の連絡を入れることでようやく使えるようになります。カードが到着したら、送付台紙の裏に記載された電話番号に連絡しなければなりません。

また、カードが使える状態になっても、足を運ぶことのできるATMは限定されます。

十六銀行ATMのほか、セブン銀行ATMでのみ利用可能です。ATM利用手数料やATM時間外手数料もフリーだと謳われていますが、自分の居住地にそれらのATMがない場合は不便です。

十六銀行カードローン「Q-LOAN」の審査基準は他社より甘い?

インターネットを利用すれば、24時間・365日、いつでも申し込むことができます。

WEB完結型を謳っており、確かに、店頭に足を運ぶ手間をかけることなく契約することは可能です。

しかし、申し込みの際に、インターネットに特化されたサービスではないことに気づきます。

借り入れの意思の確認と在籍確認のために電話がかかってくるからです。審査をおこなう前段階の確認作業ですが、審査基準に照らし合わせるための準備として徹底されます。

本審査では「収入に応じて無理なく返済できるか」が重視されています。

そのため、通常ならば、所得確認資料は「利用限度額51万円以上」の場合だけ用意すればいいのですが、50万円以下の場合でも提出を求められるケースがあります。

さらに、十六銀行との取引の有無は問わないということになっていますが、居住地の付近に十六銀行の支店がない場合は申し込めないときがあります。

審査基準で最も明確にされているのが年齢枠です。「満20歳以上70歳未満」の安定継続した収入のある人という基準を設定しています。

パートやアルバイト、学生、専業主婦、年金受給者にも融資されますが、同じ年金受給者でも70歳以上の者は自動的に申し込み資格を失うことになります。

審査が甘いキャッシングランキング!即日融資も可能な消費者金融

十六銀行カードローン「Q-LOAN」の金利は他社より高い?

イオン銀行カードローン「フリーローン」なら年3.8%~年13.5%の固定金利で、借入利率は審査の結果決定されます。

みずほ銀行カードローンは年2.0%~年14.0%で住宅ローンを利用すると0.5%引き下げられます。三井住友銀行カードローンでは年4.0%~年14.5%で借入利率は契約極度額に応じて異なります。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」なら年1.8%~年14.6%での変動金利で、借入利率は利用限度額等によって異なり、利用状況に応じて限度額の引き上げも可能です。

Q-LOANは、地方銀行である十六銀行がサービス提供するカードローンで、融資金利は年4.6%~年14.6%の変動金利です(保証料を含む)。メガバンクと比べても高くはない水準に抑えられています。

十六銀行カードローン「Q-LOAN」の利息一覧

1万円 1460円
5万円 7300円
10万円 14600円
20万円 29200円
50万円 73000円
100万円 146000円
150万円 189000円
200万円 252000円
300万円 258000円
500万円 230000円
限度額上限 230000円

十六銀行カードローン「Q-LOAN」は返済しやすい?

ユーザーの都合が配慮され、まとまった金額の返済や一括での返済もできます。

また、毎月の支払額はミニマムペイメント方式で決定されているため、支払い義務のある最少額が割り当てられます。

そのため負担が小さくて済み、返済しやすくなっています。またQ-LOAN なら、十六銀行とセブン銀行のATMを使えばATM利用手数料やATM時間外手数料がかからないため、気軽に利用できます。しかし、返済はそれらのATMに限定されるため使い勝手の悪さもあります。

返済方式

Q-LOANではミニマムペイメント方式という返済方法が採用されています。ミニマムペイメント方式は、毎月同じ額を支払うという意味ではリボルビング払いの一種です。

ただし、その額はユーザー側が決めるのではありません。利用残高に応じて自動決定される仕組みです。

しかも、毎月支払うべき最少額(ミニマム)を意味し、ユーザーの支払い負担を軽減してくれます。

Q-LOANを利用すれば、借り入れ金額が10万円以下の場合は返済額が2000円になります。

10万円超~20万円以下なら4000円、20万円超~30万円以下なら6000円、30万円超~40万円以下なら8000円、40万円超~50万円以下なら10000円、50万円超なら借入金額が10万円増すごとに2000円が追加されます。

返済日

Q-LOANを利用した借り入れは、35日ごとに返済する必要があります。

初回は借り入れ日の翌日から数えて35日以内に、その後は返済日の翌日から数えて35日以内に、ATMを使って返済するシステムです。

返済時のATM利用明細で次回返済期限を確認することができます。取り引きの途中で追加の借り入れをすることは可能ですが、返済期日が延長されることはありません。

さらに、決まった返済日以外でも任意に返済ができます。借り入れた翌日に臨時収入があり、急きょ返済できるようになったという場合でも応じています。

毎月の返済額

1万円 2000円
5万円 2000円
10万円 2000円
20万円 4000円
50万円 10,000円
100万円 20000円
150万円 30000円
200万円 40000円
300万円 60000円
500万円 100000円
限度額上限 100000円

十六銀行カードローン「Q-LOAN」の借り入れ方法

  • カードを使ってATMを利用する
  • 口座に振り込んでもらう

カードを使ってATMを利用する

審査に合格し、無事ローンカードが届いても、すぐに融資を受けられるわけではありません。

まずはユーザー本人がカードの受け取りを確認したという電話連絡を入れる必要があります。

カード送付台紙の裏面に記載されてある番号にかけます。そのあとで近所のATMに足を運べば借り入れすることができます。

ATM利用手数料はもちろんATM時間外手数料もフリーですし、利用限度額の範囲内であれば、何度でも繰り返し利用できます。

利用限度額は1万円~500万円であり、審査によって範囲が決定されることになります。

専業主婦の場合は30万円が上限です。また、十六銀行ATMとセブン銀行ATM限定で利用できるため注意が必要です。

口座に振り込んでもらう

申し込みを済ませ、契約が完了すれば借り入れできるようになります。

ただし、最短で融資を受けるというケースでは、本人の確認が完了している口座だけが対象となり、十六銀行にある本人名義の口座に振り込まれることになります。

申し込み希望者の居住エリアに十六銀行の支店がない場合は、申し込みができないことがあるので気をつけなければなりません。

さらに、口座への振り込みを希望する場合は、本人名義の銀行口座を指定することで融資を受けられます。

十六銀行の口座を持っていなくても利用できるということになりますが、新規契約の場合は注意が必要です。

口座振り込みに使用できるのは、十六銀行に開設された本人名義の口座に限定されるからです。その際は、電話のみの受付で、インターネットは利用できません。

十六銀行カードローン「Q-LOAN」へ申し込んだ人の口コミ

申し込み年 2016年
年齢 30歳
職業 専業主婦
年収 90万円ほど
利用目的 急な出費に備えるため
希望限度額 10万円ほど

ダンナにそれなりの収入があるため生活には困っていません。平日は近所のスーパーでアルバイトをしていて、ひと月に8万円ほど収入を得ています。それでスマホ代を支払ったり、軽自動車の維持費に回したり、気に入った服を買ったり、たまには通販も楽しんだりします。

貯金するほど残りません。でも、地元に住んでいるため、急に同級生たちから女子会に誘われることがあります。

久しぶりに会うということでちょっとリッチな店を選ぶことが多いんです。そんなときはQ-LOANに頼ってます。自分のライフスタイルなら上限の30万円なんて要らないし、10万円以下の借り入れで済みます。あとは2000円ずつ支払っていけばいいので気楽です。

申し込み年 2019年
年齢 69歳
職業 アルバイト
年収 300万円ほど
利用目的 生活費など
希望限度額 30万円ほど

自営業をしていましたが、一昨年、店を閉めました。体力の衰えや体調の悪化が続いていたためです。家内に先立たれてから独りでやってきましたから、心労が祟ったのかもしれません。半年ほど養生するとかなり回復しました。そんなわけで、今度はまったく違った仕事にチャレンジすることにしたんです。

若い人も混じっていてなかなか刺激があります。ただ、アルバイトですから大して稼げるわけではありません。

まして、わたしは国民年金受給者ですから、生活に余裕があるとはとても言えません。それでも、お盆や正月になると、娘や息子たちが帰郷して孫を連れてきます。

お小遣いを握らせてやりたいじゃないですか。いろいろ迷いましたが、Q-LOANに申し込むことにしました。来年には70です。申し込み資格から外れてしまいますので思い切ってよかったです。慎ましく生活していれば、返済も難しくありません。

申し込み年 2018年
年齢 40歳
職業 会社員
年収 500万円ほど
利用目的 資格勉強の資金
希望限度額 100万円ほど

いま、転職を考えています。収入はまあまあですが、脱サラして一国一城の主になった親友に感化されてしまいました。夢は独立系のファイナンシャルプランナーです。会社組織に籍を置かずに活動できるのが魅力です。資格をゲットするためにいろいろやりましたが、独学は効率的ではありません。

結局、専門学校の社会人コースに入りました。そのための費用としてQ-LOANから借り入れしたんです。わたしは岐阜に住んでいますし、十六銀行は学生のころからメインバンクとして使ってきましたので申し込むことに迷いはなかったです。メガバンク系より親しみがあっていいじゃないですか。