専業主婦でもOKの即日融資カードローンはどこ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

専業主婦でもOKの即日融資カードローンはどこ?

「夫に収入があれば専業主婦でもカードローンで融資を受けることができる」というのは過去の話。

現在では収入のない専業主婦の場合、融資を受けることがとても難しいのが現状です。

とはいえ、家計管理を任されることも多く、夫に余計な心配をかけず不足分を借入れたいという人も多いはず。

そこでこの記事では、専業主婦でも借入のできるおすすめのカードローンと即日融資を受けるためのコツをまとめました。是非、参考にしてくださいね!

専業主婦の即日融資はかなり難しい

専業主婦が即日の融資を受ける場合、その条件はかなり限られてきます。

なぜなら収入のない専業主婦に貸し付けをおこなう消費者金融は存在せず、銀行のカードローンであっても過剰な貸し付けが過去に問題になった経緯から、現在は自粛している銀行がほとんどだからです。

ここではその理由を詳しく解説していきます。

2018年から銀行カードローンは即日融資停止に

銀行カードローンでは2018年1月から、これまでの審査に加えて警察庁のデータベースを照会しています。

そのため審査に時間がかかり、融資を受けられるのは最短でも翌日。即日融資は実質停止となりました。

警察庁のデータベースで照会が必要とされた原因は、反社会勢力への融資が明るみになったこと。このことから審査方法が問題視され、反社会勢力への融資を事前に防ぐ対策として警察庁のデータベースを利用することになったのです。

これによって反社会勢力への融資を防ぎ銀行の信用を担保する一方で、即日融資を停止せざるを得ない結果となりました。

専業主婦は大手消費者金融から借り入れできない

銀行のカードローンが即日融資できないのであれば、一般的に銀行よりも融資が通りやすいとされる消費者金融で…と思われる人も多いのではないでしょうか。

しかし消費者金融は銀行とは違い、貸金業法によって定められた「総量規制」という法律によって収入のない人への融資をすることができません。

また、専業主婦であれば配偶者貸付という契約方法も存在しますが、この契約方法を取り扱うかは各事業者に任せられており、大手の消費者金融では取り扱っていないのが現状です。

ただし、配偶者貸付に対応していないのは大手であり、中小の消費者金融では取り扱っている金融会社もあります。

では具体的にどこの会社が対応しているのか、下記で専業主婦でも利用可能なおすすめのカードローン会社を紹介していきます。

即日融資が必要な主婦におすすめカードローン

上記の項目では専業主婦が即日融資を受けることが難しい理由を解説しました。

そんな中でも中小の消費者金融では「配偶者貸付」の手続きをすることによって、借入が可能な金融会社も存在します。

配偶者貸付とは、契約者に年収がなくても配偶者に年収があれば契約ができる制度です。所定の手続きをすることで総量規制の範囲内となる年収の1/3まで借入ができます。

この制度が使える会社であれば、専業主婦でも審査に通る可能性が高くなりますね。

ではここからは、専業主婦でも利用が可能なおすすめのカードローン会社をピックアップして、その特徴と詳細を紹介していきます。

ベルーナノーティス

ベルーナノーティス

ベルーナノーティスは通販で有名なベルーナグループの運営する金融会社です。

配偶者貸付に対応しており、最短で即日に融資を受けることができます。さらに大手と比べ審査が甘いことも特徴で、他社では延滞金があり通過しなかったけどここでは通ったというケースも。

14日間の無利息期間があり、返済が月々2,000円~というのもポイントです。

金利(実質年率) 4.5%~18.0%
借入限度額 1万円~300万円
即日融資 最短即日

キャッシングのフタバ

キャッシング フタバ

キャッシングのフタバは創業50年以上の老舗で、10万円~50万円の融資を専門とする中小消費者金融です。

配偶者貸付に対応しており、審査時間が最短30分と大手に引けをとらない早さであることがその魅力です。

最短で即日の融資が可能ですが、即日融資の条件として15時までに手続きを完了させる必要があります。銀行の営業時間を過ぎると翌日以降となりますので、遅くても平日の14時までに審査が終えられる状態にしておきましょう。

キャッシングのフタバのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

金利(実質年率) 14.959%~17.950%
借入限度額 10万円~50万円
即日融資 最短即日

セディナカード Jiyu!da!

セディナカード

最後はセディナの運営するセディナカードJiyu!da!です。

こちらは申込み対象として記載されている内容が、

  • 高校生を除く18歳以上
  • 電話連絡が可能な方

と、大手の消費者金融などでよく記載されている「安定した収入のある方」という文言がなく、学生や主婦でも申し込みが可能。もちろん、配偶者貸付にも対応しています。

また、自動審査システムを用いた独自審査であるため、他社と比べ審査が甘く比較的通りやすいカードローンと言えます。

クレジットカード利用も可能なので、お得にポイントを貯めたい主婦にもおすすめです。

金利(実質年率) 上限18.0%
借入限度額 1万円~200万円
即日融資 不明

専業主婦でもバイト・パートをすれば大手消費者金融から借り入れ可能!

大手の消費者金融の申込みで必須となる条件は、「安定した収入があること」です。

この安定した収入とは正規雇用に限らず、パートやアルバイトのような非正規でもOKとすることがほとんど。

そのため専業主婦であっても、パートなどで収入があれば大手の消費者金融から借入れることもできます。

ここでは大手消費者金融の中でも即日融資が可能で、専業主婦にとくにおすすめなカードローン会社を2つ紹介します。

プロミス

プロミス

プロミスは審査時間が最短30分、即日融資も最短1時間という早さと対応力の高さに定評のある大手消費者金融です。

また、Web申込みで銀行口座の登録をすることで契約後は24時間どこでも最短10秒で振込をしてくれます。

契約をWebで完結すれば郵送物が送られることがないため、家族にバレる心配もありません。さらに、三井住友銀行のATM利用手数料が無料であることも嬉しいポイントです。

プロミスの審査基準を教えます!審査に落ちる人の特徴と対処法

金利(実質年率) 4.5%~17.8%
借入限度額 最大500万円
即日融資 最短1時間

アコム

アコム

登録者数ナンバーワンを誇る大手の消費者金融が「むじんくん」でおなじみのアコムです。

カードローンの借入上限金額が800万円までと高いのが特徴的で、楽天口座を登録すると最短1分で24時間振込融資を受けることができます。

ただし、プロミスとは違いカードレス契約がないため契約時点でカードを契約機に受け取りに行くか、郵送でカードを受け取る必要があります。

アコムのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
借入限度額 1万円~800万円
即日融資 最短即日

専業主婦カードローン即日融資のコツ

収入のない専業主婦が即日融資を受けるには、中小の消費者金融を利用した配偶者貸付が現実的です。

ここでは、配偶者貸付のポイントと注意点をまとめました。

専業主婦の即日融資までの流れ

即日融資を受けたい場合は以下の流れとなります。

申込み

インターネットや電話など、各金融会社所定の申込み方法から申し込みをします。電話であればこの段階で即日融資希望であることを担当者に伝えておきましょう。

インターネット経由であれば住所、氏名、連絡先や年収といった個人情報の記載が必要です。電話申込みでもこの時点で個人情報を伝える必要があります。

申込み時間はインターネットであれば24時間受付けの金融会社がほとんどですが、電話申込みは営業時間が限られることが多いので注意しましょう。

審査

必要事項を伝えたあと審査がされます。審査結果はメールやSMS、電話などが一般的です。

電話による在籍確認

登録の電話番号宛に本人確認のための電話がかかってきます。

契約の手続き

審査に通ると、契約手続きに進みます。ここで本人確認書類や、配偶者貸付に必要な書類の提出をインターネットやFAXでおこないます。

即日融資をしたい場合、「融資方法をカード発行ではなく口座振込にすること」が重要です。また、この時点で契約書や事前説明書の案内がされます。

融資が口座に振り込まれる

指定の銀行口座に希望の融資額が振り込まれます。

カードローンを利用しても配偶者にはばれない?

専業主婦で配偶者貸付を利用する場合は、配偶者の同意が必要となるため必然的に借金をすることを相談しなければいけません。

一方でパートやアルバイトなどで収入のある主婦の場合は、通常の申込みができます。その場合、配偶者や自宅への連絡は基本されず、郵送物も送らない契約をすることで基本的にはバレません。
ただし滞納をした場合は、自宅への連絡や郵送物が届きますのでバレる可能性があります。

在籍確認&本人確認の電話はどうなる?

専業主婦が配偶者貸付を利用する際の在籍確認ですが、勤務先のない専業主婦の場合は自宅もしくは個人携帯宛に本人確認の電話があります。

専業主婦がカードローンの申し込みで必要な書類

配偶者貸付で必要となる書類は下記の通りです。

即日融資を受けるためにも早めに準備をしておきましょう。

  • 婚姻関係の証明書(住民票)
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 配偶者の同意書

専業主婦がカードローンを配偶者貸付で利用するには、収入がないため配偶者の同意書が必ず必要になります。

これは連帯保証人としての同意ではなく、あくまでも契約をすることへの同意のための書類であり、融資は無担保です。

なるべく早い時間帯に申し込みを済ませておくこと

配偶者貸付に対応している中小の消費者金融は、即日融資ができる時間が限られていることがほとんど。

多くの場合は銀行の営業終了となる15時がタイムリミットとなります。

すべての手続きを終えるまでに通常3時間~4時間程度の時間がかかるため、即日融資を受けたいのであれば営業開始と同時に申込み手続きをするなど、余裕を持って早めに申込みを済ませるようにしましょう。