専業主婦でもキャッシングは利用できる?審査に通る条件は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

スマホを持った専業主婦

専業主婦の方は自身に収入がないため、キャッシングの審査では不利になります。

また総量規制の対象となるキャッシング業者では、申し込みを受け付けていないところもあるので要注意です。

そこで今回はキャッシングを利用したい専業主婦のために、キャッシングの仕組みと審査に通る条件を解説していきます。

まずはなぜ専業主婦がキャッシングの審査に通りにくいのか説明します。

専業主婦はなぜキャッシングを利用できない?

消費者金融などの貸金業者は、総量規制によって原則的に年収の1/3を超える貸付が禁じられています。

そのため自身の収入が0円とみなされる専業主婦には、基本的に融資を行うことができません。

総量規制には専業主婦のために、「配偶者貸付」という特例が認められています。しかし通常のキャッシングと比べてリスクが高いことから、大手消費者金融では対応していないケースが殆どなのです。

総量規制とは?

総量規制とは過剰貸付を抑制するためのルールで、利用者の借入総額が年収の1/3を超える貸付を禁止しています。

これは貸金業法によって定められており、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠が対象となります。

そのため基本的に収入のない専業主婦は、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を利用することはできません。

総量規制についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

総量規制とは?総量規制対象外のキャッシングってあるの?

配偶者貸付とは?

配偶者貸付とは総量規制の特例として認められており、自身に収入のない専業主婦でも配偶者に収入があれば融資を認めるものです。

しかし配偶者貸付が適用されるには、配偶者の収入を証明する書類や同意書の提出が求められます。また中には配偶者に内緒で契約する主婦の方もおり、融資後にトラブルへと発展するケースが多いのです。

そのため大手消費者金融の中には、配偶者貸付に対応していない業者も多いのが実情です。
しかし法律上は融資を行うことはできるので、どうしても消費者金融のキャッシングを利用したい方は、一度相談してみることをおすすめします。

銀行カードローンは総量規制対象外

総量規制は貸金業者にしか適用されないため、銀行のカードローンは対象外となります。

そのため専業主婦の方でも、銀行カードローンであれば手軽に利用することができます。

一般的に専業主婦の場合、限度額が低めに制限されることが多いですが、中にはネット上の手続きだけで融資可能な銀行もあります。

手軽にキャッシングを利用したい専業主婦の方には、総量規制対象外の銀行カードローンがおすすめです。

専業主婦が銀行カードローンの審査に通る条件

  • 配偶者に安定した収入があること
  • 年齢などの申し込み条件を満たしていること

専業主婦が銀行カードローンの審査に通る条件は主に上記の2つです。

基本的に審査は配偶者の信用情報を基に行われるため、配偶者に安定した収入さえあれば審査に通る可能性は高いです。

しかし申し込み者本人の信用情報も確認されるため、過去に返済の延滞などをしていると、審査は不利になるので気をつけましょう。

本人の身分証明書だけでOKの銀行も!

銀行によっては本人の身分証明書だけで申し込みできるところもあります。

配偶者の収入証明書や同意書なしで申し込みできるので、必要なときすぐに融資を受けることができます。

ただし配偶者の情報なしに融資を受ける場合、限度額は低く制限されるのでご注意ください。

在籍確認の電話はどうなる?

専業主婦が申し込んだ場合の在籍確認は銀行によって対応は様々です。

配偶者へ確認の電話をする業者もあれば、本人への電話だけで済む業者もあります。

そのため申し込み前に、在籍確認の方法を確認しておくことをおすすめします。

配偶者に内緒でキャッシングを利用できる?

銀行カードローンであれば、配偶者に内緒でキャッシングを利用することも可能です。

どうしても内緒で融資を受けたいという方は、本人情報だけで申し込みでき、在籍確認も本人への電話だけで終わる銀行を利用しましょう。

しかし後々になって借金が配偶者にばれた場合、離婚問題に発展する恐れもあるので、軽い気持ちでキャッシングは利用しないようにしましょう。

キャッシング業者からの郵便物に注意!

配偶者に内緒でキャッシングを利用する際には、業者からの郵送物には注意しましょう。

自動契約機のない銀行では、発行されたローンカードは自宅に郵送されるので、カードの受け取りには注意が必要です。

また毎月の利用明細書にも気をつけなければいけません。家族に借金を内緒にしたいのであれば、WEB明細に切り替えて自宅への郵送物はなるべく減らすようにしましょう。

専業主婦のキャッシングでよくある質問

最後に専業主婦がキャッシングを利用するうえでよくある質問を紹介します。

キャッシングの審査に落ちてしまう理由は?

配偶者の情報を基に申し込んでいる場合、配偶者の信用情報に問題がある可能性があります。

過去にキャッシングやクレジットカードの返済に延滞をしていたり、債務整理をしていたりするとキャッシングの審査には通りません。

またすでに配偶者が他社から借金をしている場合、審査は不利になります。

日頃から配偶者のお金使いが荒い場合、隠れて借金している可能性が高いです。

借金の返済を延滞するとどうなる?

専業主婦が借金の返済を延滞した場合、申し込み時に配偶者の情報を入力しているのであれば、配偶者に連絡がいく可能性が高いです。

内緒で借金をしていた場合、大きなトラブルに発展してしまうので、返済には遅れないようにしましょう。

また自宅にも催促状が送られるようになるので、家族にもばれる可能性が高くなります。

レディースローンは審査に通りやすい?

レディースローンとは女性を対象にしたキャッシングサービスで、女性でも利用しやすいように配慮されています。

しかし審査基準は通常のキャッシングとは変わらず、女性だから審査に通りやすくなるということはありません。

審査が不安だからとレディースローンを利用しても意味はないので、別の対策を練るようにしましょう。

当サイトではレディースローンの審査に通るコツを紹介した特集記事も掲載しています。キャッシングを利用しようと考えている専業主婦の方もぜひ参考にしてください。

レディースローンの審査に通るための7つのコツ!

まとめ

手軽にキャッシングを利用するなら消費者金融がおすすめですが、専業主婦では審査に通らないので注意が必要です。

また最近では銀行カードローンのサービスも進歩し、配偶者に内緒で手軽にネットから融資を受けられるようになっています。しかし万が一借金がばれてしまうと、夫婦間の関係に大きく影響するのでお気をつけください。

どうしようもない理由がない限りは、配偶者に了承を得てからキャッシングを利用するようにしましょう。