セブン銀行カードローンのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

セブン銀行カードローン

セブン&アイホールディングスの傘下であるセブン銀行。その銀行が発行するセブン銀行カードローンは、知名度も高く人気のあるカードローンです。

カードローンを探している人の中には、利用を検討している方もいるのではないでしょうか。

セブン銀行カードローンを利用するなら、まずは詳細なスペックや特徴を知っておく必要があります。

どんなメリットやデメリットがあるのかもしっかり把握しておけば、安心して申し込みできます。

セブン銀行カードローン詳細情報

申し込み条件 セブン銀行口座を持っていること
契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満の方
指定の保証会社の保証を受けられる方
必要書類 身分証明書
審査時間 原則30分以内(申し込み時間によって変わる)
利用用途 自由(事業性資金を除く)
契約期間 1年
限度額 最大50万円
保証会社 アコム株式会社

セブン銀行カードローンのメリット

  • キャッシュカードを使って借り入れができる
  • 24時間365日借り入れ可能
  • 郵送物はキャッシュカードのみ

キャッシュカードを使って借り入れができる

一般的なカードローンは、専用のローンカードが発行されそれを使って借り入れをします。

しかし、セブン銀行カードローンはローンカードの発行がありません。口座を開設した時に発行される、キャッシュカードを使って取引ができるのです。

普段からたくさんカードを持ち歩くのは嫌だという人にとって、これは大きなメリットになります。

また、ローンカードがないため、誰かにカードを見られてカードローンを利用していることがバレる心配もありません。

カードローンを利用する時、誰かにバレないか不安に感じている方もいるでしょう。セブン銀行カードローンなら、キャッシュカードを持ち歩くだけで借り入れができるので安心です。

24時間365日借り入れ可能

セブン銀行カードローンは、セブン銀行ATMやダイレクトバンキングサービスを利用して、24時間365日いつでも借り入れができます。

カードローンを利用する時、今すぐにでもお金が必要というケースも多いでしょう。そういう時、土曜や日曜日、深夜など時間外で借り入れができないと不便です。

セブン銀行カードローンなら、借りたい時にすぐ融資が受けられます。さらに借り入れする時の手数料は無料です。

セブン銀行ATM、ダイレクトバンキングサービスどちらも手数料はかかりません。頻繁に借り入れをすると、数百円の手数料も大きな負担になってしまいます。

余計な費用をかけずに借り入れできるのは大きなメリットです。

郵送物はキャッシュカードのみ

カードローンを申し込むと、色々な郵送物が届いて家族にバレてしまうのではないかと、不安に思っている方もいるでしょう。

セブン銀行カードローンは、家に届く郵送物がキャッシュカードのみです。キャッシュカードなら、見られたとしてもカードローンの利用を悟られる心配は少ないでしょう。

カードローンを利用すると、利用明細書が発行されることが多いですが、それも家に届くことはありません。

利用明細書を見たい時は、Web上の専用ページから確認できます。マイページにログインしないと見ることができないため、知らないうちに誰かに明細を見られる心配もありません。

セブン銀行カードローンのデメリット

  • セブン銀行以外のATMで借り入れができない
  • セブン銀行の口座を開設しないと利用できない
  • 限度額があまり高くない

セブン銀行以外のATMで借り入れができない

カードローンによって、どのATMで借り入れできるかが変わります。対応しているATMが多ければ多いほど、借り入れがしやすくなるというわけです。

セブン銀行カードローンはセブン銀行のATMでしか借り入れができません。他のコンビニや大手銀行のATMを使って借り入れができないのはデメリットになります。

しかし、セブンイレブンは店舗数が多いコンビニなので、ATMを探すのにそれほど困らないでしょう。

また、どうしてもATMが身近にない時は、ダイレクトバンキングサービスを利用して借り入れを受けることもできます。

何よりいつでも手数料無料で借り入れできる大きなメリットがあるので、他のATMが使えなくてもそれほど気にならないかもしれません。

セブン銀行の口座を開設しないと利用できない

セブン銀行カードローンには、セブン銀行の口座がないと利用できないデメリットがあります。すでにセブン銀行の口座を持っている人は問題ないですが、まだ口座がない人は口座開設の手続もしなければなりません。

カードローン申し込みの手続きと口座開設の手続き、2つもやるのは面倒だと感じる人もいるでしょう。

また、2つ同時に申し込みをするとそれぞれの手続きに時間がかかってしまい、借り入れまでに時間がかかるというデメリットもあります。

少しでも早く融資を受けたい人にとって、これはマイナス要素になってしまうでしょう。

もしセブン銀行カードローンを利用しようと考えているなら、事前に口座を作っておくと手続きがスムーズに進みます。

限度額があまり高くない

カードローンには限度額があり、限度額以上の借り入れをすることはできません。

最大限度額が100万円のものもあれば、300万円以上に設定されているものもあるのです。多額の融資を希望する方は、限度額が高いカードローンを選ぶ必要があります。

セブン銀行の最大限度額は50万円です。他のカードローンに比べると、低い限度額に設定されているので注意しましょう。

もし50万円以上の融資を希望しているなら、セブン銀行カードローンでは足りません。

ただし、限度額が低ければその分審査基準が甘くなる傾向があります。50万円以下の融資を求めている人にとっては、最大限度額が低いことはデメリットになりません。

セブン銀行カードローンの審査基準は他社より甘い?

年収や信用情報に傷があるかどうか、勤務先など様々な要素が審査に影響します。

その基準は審査を行うカードローン会社、保証会社によって変わります。セブン銀行カードローンですが、他のカードローンと比べて特別厳しいというわけではありません。

それは金利がそれほど低くなく、限度額も低く設定されているからです。基本的には金利が低ければ低いほど、融資額が多ければ多いほど審査は厳しくなります。

なぜかというと、貸し倒れのリスクが高くなるからです。低い金利で多額の融資をし、万が一返済されなかった場合カードローン会社が大きなダメージを負うからです。

セブン銀行カードローンは、金利面や限度額などを見ても審査基準はそれほど厳しくないと考えてよいでしょう。

セブン銀行カードローンの金利は他社より高い?

金利によってトータルの返済額が変わるため、カードローンを選ぶ時の重要なポイントになります。

セブン銀行カードローンの金利は年15%です。他のカードローンの場合、最低金利と最高金利が決まっており、審査によってどの金利が適用されるか決められるのですが、セブン銀行カードローンは15%で固定されています。

10万円借りても、50万円借りても15%の金利が適用されるというわけです。他の銀行カードローンの上限金利を見てみると、みずほ銀行カードローンは14%、ソニー銀行カードローンは13.8%、りそな銀行カードローンは12.475%となっています。

それらと比べると、年15%の金利は若干高めの設定と言えるでしょう。

セブン銀行カードローンの利息一覧

カードローンを利用し融資を受けたら、必ず返済をしなければなりません。借りた分のお金を返すだけでなく、元金に利息を合わせた金額を返済することになります。

利息額は借入額と金利、借入期間などによって決まります。そのため、金利が高くなればなるほど利息額が増え、トータルの返済額が多くなってしまうのです。返済計画を立てる時は、事前にどのくらいの利息を払うことになるのかチェックしておきましょう。

利息のことを考えず借り入れしてしまうと、思っていた以上の返済額になり返済に困ってしまうかもしれません。

セブン銀行カードローンの金利は15%なので、15%の金利で計算された利息と元金を合わせて返済します。例えば1週間借り入れした場合の利息額は以下のようになります。

1万円 28円
5万円 143円
10万円 287円
20万円 575円
50万円 1438円

セブン銀行カードローンは返済しやすい?

返済のしやすさをチェックすることも、カードローンを選ぶ時には大切です。返済しにくいカードローンを選んでしまうと、毎月の返済がスムーズに行えません。

返済しやすいカードローンを選んでおけば、返済が遅れるなどのトラブルなく、安心して融資が受けられます。

セブン銀行カードローンには、毎月自動入金サービスというものがあります。これは他の金融機関の口座から、毎月一定の額をセブン銀行の口座に入金してくれるサービスです。

これを利用すれば、返済日にセブン銀行口座にお金を入れ忘れる心配もなくなります。

また、毎月の返済以外にダイレクトバンキングサービスや、セブン銀行のATMを使って好きな額を返済することも可能です。こういった便利なサービスが充実しているセブン銀行カードローンは、返済がしやすいカードローンと言えるでしょう。

返済方式

カードローンにはいくつか返済方式があり、どうやって返済するかが変わります。

それぞれメリットデメリットがあるため、どの返済方式が自分に合っているか見極めることが大切です。セブン銀行カードローンは約定返済という、毎月決まった額を返済する方法になっています。

利用限度額で金額が決まり、その範囲内であればいくら借りていても返済額は変わりません。毎月同じ額を返済すればよいので、今月はいくら払えばよいか分からなくなることもないでしょう。

また、返済計画が立てやすくなるというメリットもあります。返済額を気にせず借り入れをしたい、分かりやすい返済方式のカードローンを探している、そういう方に向いています。

返済日

セブン銀行カードローンを利用すると、毎月返済日に決められた額を返済しなければなりません。

返済日は毎月27日で、セブン銀行口座から自動引き落としされます。セブン銀行口座に返済額分のお金が入っていない場合、引き落としがされず返済できないので注意しましょう。

返済が遅れてしまうと、新たに借り入れができなくなってしまうこともあります。また遅延損害金というものがあり、遅れた期間の分返済とは別にお金を支払わなければなりません。

場合によっては、信用情報に傷がついてしまうこともあります。信用情報に傷がついてしまうと、新たにローンが組めなくなったり、クレジットカードが作れなくなったりする危険があるので、返済は遅れないようにしましょう。

毎月の返済額

カードローンを利用する時、毎月どのくらいの返済額になるのか気になる方もいるでしょう。

返済額が大きくなり、負担が増え返済が滞ってしまうケースもあるので注意してください。同じ金額を借り入れしたとしても、毎月の返済額が同じとは限りません。それはカードローンによって、返済方式や金利が変わるからです。

借り入れした金額によって返済額が変わるカードローンもあれば、利用額に関わらず毎月一定の額を返済すればよいカードローンもあります。

カードローンを選ぶ時は、自分が無理なく返せる返済額かを事前にチェックしておきましょう。セブン銀行カードローンは約定返済という方法で返済をすることになります。

これは、利用限度額によって決められた額を、毎月支払う方式です。限度額内であれば、何度借り入れしても毎月返済する金額は変わりません。月々の返済額は以下の通りです。

利用限度額 月々の返済額
10万円 5000円
30万円 10000円
50万円 10000円

セブン銀行カードローンの借り入れ方法

ATMからの借り入れ

セブン銀行カードローンは、ATMから借り入れができます。利用できるATMはセブンイレブンに設置されている、セブン銀行のATMです。注意したいのが、金融機関や他のコンビニのATMでは借り入れできないことです。

ゆうちょ銀行や提携銀行のATMなど、色々なATMが利用できるカードローンも多くあります。そういったカードローンに比べると、対応しているATMが少ないので、多少不便さを感じるかもしれません。

しかし、セブン銀行カードローンは手数料無料でATMから借り入れできる魅力があります。セブン銀行のATMは、原則24時間365日利用可能です。

いつでも無料で借り入れできるのは大きなメリットでしょう。キャッシュカードを使い、1000円単位で好きな金額を借り入れできます。

ダイレクトバンキングサービスでも借り入れ可能

借り入れできるのはATMだけではありません。セブン銀行が提供している、ダイレクトバンキングサービスからも借り入れができます。

ダイレクトバンキングサービスは、WEB上で振り込みやローンサービスの申し込み、振り込みなどができる便利なサービスです。

これを使えばパソコンやスマホを使い、いつでも借り入れの申請ができます。近くにセブン銀行ATMがない時は、ダイレクトバンキングサービスで借り入れするとよいでしょう。

口座を持っていても、利用開始登録しておかないと利用できないので、事前に手続しておいてください。

セブン銀行カードローンへ申し込んだ人の口コミ

申込年 2016年
年齢 28歳
職業 会社員
年収 370万円
利用目的 生活費
希望限度額 30万円

初めてのカードローンが、セブン銀行カードローンでした。セブン銀行は有名でしたし、大手のカードローンなので安心感があり選びました。やっぱりATMの手数料がかからないのが便利です。生活費が足りない時、頻繁に借り入れするので手数料がかかると結構な負担になってしまいます。どこに行ってもセブンイレブンはあるので、ATMを探すのにも困りません。

申込年 2014年
年齢 35歳
職業 会社員
年収 450万円
利用目的 レジャー費用
希望限度額 50万円

セブン銀行カードローンで、50万円の借り入れをしていました。限度額いっぱいの金額ですが、毎月10000円の返済なのでそれほど負担になりません。セブン銀行のATMしか使えないのが気になっていましたが、ダイレクトバンキングサービスで借り入れすることが多いので、特に問題はなかったです。旅行費用にするために借りたのですが、借り入れまでのスピードも早くよいカードローンだと思いました。

申込年 2017年
年齢 22歳
職業 会社員
年収 330万円
利用目的 趣味のため
希望限度額 10万円

欲しいゴルフクラブがあって、それを買うために融資を受けました。色々なカードローンを探しましたが、キャッシュカードだけで借り入れできるのが便利そうだったので選びました。金利はそれほど低くないですが、毎月返済する金額は一定なので特に返済が厳しい感じはしません。何よりローンカードを持たなくてよいのはやっぱりありがたいです。財布がかさばりませんし、人にカードローンを利用しているのがバレる心配もありません。

申込年 2018年
年齢 45歳
職業 会社員
年収 480万円
利用目的 子供の留学費用
希望限度額 50万円

子供が海外に留学することになり、その費用が少し足りませんでした。そこでセブン銀行カードローンで融資を受けることにしたのです。家の周辺にセブンイレブンの店舗が多かったのも理由です。限度額上限が50万円と若干少な目ですが、それ以上借りるつもりはなかったので問題ありません。自動入金サービスなど便利なサービスが充実しているのも魅力です。