借入件数が多い状態でも即日融資OKの消費者金融!お金に困ったらココ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

借入件数が多い状態でも即日融資OKの消費者金融!お金に困ったらココ!

週末にお金が必要なのにすぐに使えるお金が手元にない。さらに給料日までまだ日にちがある。

そんなお金に困った時に即日融資をしてくれるのが消費者金融です。

しかし即日融資が可能な消費者金融でも借入件数が多いと審査で不利となることをご存知でしょうか?

すぐにお金が必要なのに消費者金融の審査に通過できないとなるとお金を借り入れることができないということです。お金が無くて困っているのに即日融資が受けられないという事態は避けなければなりません。

そこでいつでも審査に通過できるように、借入件数と消費者金融の審査について知っておいて損はないでしょう。

ということで今回は、即日融資可能な消費者金融で借り入れ件数が多いと審査にどのような影響を与えるのかと、借入件数が多くても即日融資をしてくれる消費者金融を紹介します。

借入件数が多くても即日融資OKの消費者金融

まずは借入件数が多くても即日融資がOKな消費者金融を紹介します。

もし現在、他の金融機関で借り入れており、審査に通過できるか心配な人はまず、下記で紹介する消費者金融を検討してみてください。

ただ知名度が高い消費者金融を利用するよりも、断然審査に通過できる可能性が高いのでうす。

ダイレクトワン

ダイレクトワン

スルガ銀行グループの消費者金融であるダイレクトワンでは、他社での借入件数が多くても即日融資がOKな消費者金融です。

ダイレクトワンは大手消費者金融ではなく中小消費者金融となるのですが、そのなかでもトップクラスに位置する消費者金融となります。

ダイレクトワンでは中小消費者金融でもありながら即日融資が可能となっており、店頭窓口から申し込むことが可能です。

そのため消費者金融でよく使われる申し込み専用の機械や、WEBからの申し込みに不安がある人にはおすすめです。

即日融資が可能なのと、1万円からという少額からでも利用することができ、金利については4~20%となっていますが、10万円以上の借入であれば金利が18%となるのでほぼ他の大手消費者金融と変わらないのです。

ダイレクトワンの審査は甘いって本当?ダイレクトワンの審査に通る秘訣

アコム

アコム

三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融であるアコムでは、他社借入件数が多くても即日融資を受けることが可能です。

アコムでは最大融資額が800万円と設定されており、お金に困っているときでも満足いく金額を借り入れることができます。

そしてアコムでは、はじめて契約した人には最大30日間の金利0円サービスを実施しています。そのため給料の前借や、すぐに返済できる計画がある人はアコムの利用を検討してみましょう。

アコムでは365日24時間申し込み受付をしており、最短30分で審査をしてもらうことができます。もちろん365日の営業なので土日祝日でも申し込み可能となっています。

WEBからの申し込みだけではなく、無人契約機での申し込みでも即日融資を受けることが可能なので自分に合った方法で申し込みましょう。

アコムは土日でも即日融資可能!即日審査は何時までOK?

プロミス

プロミス

「パッと!ピッと!プロミス」のフレーズでおなじみの、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスであれば、借入件数が多い人でも即日融資を受けることが可能です。

プロミスでは、WEBからの申し込みなら最短1時間の即日融資を受けることができ、通常であれば借入時にはカードが必要となるので郵送物が届くまで待たないといけませんが、WEB完結申込がプロミスでは可能なのでカードレスで借り入れることができるのです。

プロミスがWEB完結でカードレスを実現しているのは、アプリローンがあるからと言っても過言ではありません。

スマートフォンをお持ちの人であればアプリローンをダウンロードすることで、全国のセブン銀行ATMから取引が可能となるのです。

さらにプロミスでも初めて利用する人であれば30日間の無利息サービスがあるので、お得に借り入れることができるのです。

プロミスは土日でも借りれる?土日に審査と即日融資を受ける方法

アイフル

アイフル

大手消費者金融であるアイフルでは、借入件数が多い場合であったとしても即日融資を受けることができます。

アイフルでもプロミスと同様にスマートフォン用アプリが準備されているので、全国のセブン銀行ATMで取引がお持ちのスマートフォンで可能となります。

もちろんWEBからの申し込みであれば365日24時間申し込みが可能で、はじめてアイフルを利用する人であれば30日間の無利息サービスを行なっています。

アイフルでは公式ホームページで、事前に融資が可能か1秒診断と呼ばれるサービスを利用できます。

年齢と雇用形態と年収と他社借入金額を入力するだけで事前に借入可能か診断してもらうことができるので、気になる方は利用してみることをおすすめします。

アイフルから即日融資を受ける方法!申し込みから融資まで最短の流れ

借入件数が多いと消費者金融の審査は不利になる

ここまで借入件数が多い場合でも、即日融資が可能な消費者金融を紹介してきましたが、実際には借入件数が多いと、消費者金融の審査は不利になる傾向があるのです。

ただ不利となるので、これから消費者金融を利用しようと考えている人は事前に、借入件数が多いと評価されてしまう基準を知っておくと良いでしょう。

ではここから借入件数が多いと消費者金融の審査で不利となる理由を紹介します。

年収の1/3を超えると総量規制で借り入れ不可になる

総量規制と呼ばれる貸金業法があり、年収の1/3を超えると借り入れができなくなるのです。

そのため借入件数が多いと消費者金融の審査で不利となります。

年収の1/3とは、一社で1/3ではなく借り入れ合計金額の総額が年収の1/3となるので、借入件数が多いと言うことは自然に借り入れ金額が増えてしまうので借り入れが不可となりやすいのです。

そのためこれから新たな借り入れを検討している人は、まず自分の借り入れ金額の総額が年収に対してどの程度なのかを知っておきましょう。

同じ借入額でも借入件数が少ない方が審査は有利

借入金額が同じだとしても、借入件数が少ないほうが審査では有利となります。

これは借入件数が多い人は、借入総額が大きくなる傾向があるからです。例えば200万円の借り入れをする場合に、200万円を1社で借りるのと50万円を4社で借り入れるのであればどちらが即時融資を受けられる可能性が高いでしょうか。間違いなく50万円を4社で借り入れた方が有利となります。

1社で200万円となると、消費者金融側も申し込みをおこなった人の返済能力を隅々まで確認するので、50万円を借りた方が申し込みをする人にとっては有利となります。

そのため、借入件数が多い人は借入総額が大きくなる傾向があるので審査と不利となってしまうのです。

嘘をついても信用情報でバレるので要注意

ここで一点気を付けてもらいたいのが、総量規制を無視して年収を偽ったとしてもバレてしまうので注意が必要です。

消費者金融の審査では、必ず信用情報機関で信用情報の確認が行われます。信用情報には過去の借入申込状況や勤務先の情報、年収などが登録されています。

そのため嘘をついたとしてもすぐにばれてしまうのです。もちろん審査の段階でも在籍確認と呼ばれる勤務先への確認が行われるので、会社を偽ることもできませんので注意してください。

銀行カードローンは借入件数関係なく即日融資不可

カードローンには、大手消費者金融以外に銀行カードローンが存在します。

銀行カードローンの特徴としては、大手消費者金融の借入金額よりも借入金額の最高額が高く設定されています。

しかし銀行カードローンでは借り入れ金額や借入件数の多さに関係なく、即日融資を受けることができないのです。

銀行カードローンも総量規制を自主的に導入している

銀行カードローンは総量規制の対象外となっているのですが、銀行側が自主的に導入しているのです。

これは以前に銀行カードローンでの借り入れを行なう人が増加して、大手消費者金融とのバランスが崩れたり銀行側の審査不足により返済能力が低い人にも借り入れを行なった結果、返済ができない人や大手消費者金融の利用者減ったために、銀行側が自主的に総量規制を導入したのです。

そのため大手消費者金融でも銀行カードローンでも総量規制の対象範囲内ということを覚えておきましょう。

借入件数が多くても即日融資を受けられる人の特徴

実は借入件数が多くても即日融資を受けることができる人には特徴があるのです。

これはその人の属性や信用情報により借り入れやすさが変動しているということになります。

そこで件数が多くても即日融資を受けることが出来る人の特徴を紹介します。

会社員・公務員で安定した収入がある

まずは会社員や公務員で安定した収入がある人が即日融資を受けやすいのです。

もちろん会社員でも大手企業であればさらに受けやすくなります。

これはその人の返済能力の高さが影響しています。消費者金融としては借り入れを行なう人の返済能力が高ければ高いほど安心してお金を貸すことができます。

返済能力が低いと、最悪の場合貸し倒れという事態にもなりかねません。もしかすると返済不履行となることも。

そのような事態を避けるためにも、消費者金融としては会社員や公務員のような安定した収入がある人が優先的に審査で通過することができます。

同じ職場に長期間勤務している

こちらも収入や信頼と言う面で高い評価を得ることができるからです。

同じ職場に長期間勤務しているということは、今後も仕事を辞める可能性が低く、それなりに給料が高くなっているので、消費者金融側としても安心して即日融資を行なうことができます。

もし職場を転々としている人だと、収入が安定せずに貯金を貯めることが難しかったり、審査に通したとしてもすぐに仕事を辞めて返済できない状態となる可能性があるため、同じ職に長期間勤務している人の方が有利となるのです。

これまで返済の延滞をしたことがない

これまでに借り入れやクレジットカードの支払いで返済を延滞したことが無い人は即日融資を受けやすいのです。

これは返済をしてくれる信頼がその人におけるからです。延滞が無いと言うことはきちんとした収入や、返済計画を立てている証拠でもあります。

つまりこのように延滞したこと無い人には、これまで積み重ねてきた信頼があり、安心してお金を融資することができるので、有利となるのです。

借入件数が多いならおまとめローンもおすすめ

もし現在借入件数が多く新たな借り入れができるか心配という人は、おまとめローンの利用をおすすめします。

おまとめローンは、他社の借り入れを一本にまとめることができるローンで、借入件数が多いために複雑となっている支払いや金利をまとめて管理できるようになるので非常におすすめのローンとなります。

アコムのおまとめローン

アコムには、貸金業法に基づく借換え専用ローンと呼ばれるおまとめローンがあります。

貸金業法に基づく借換え専用ローンには3つの特徴があり、毎月の返済金額、金利の負担を軽減することができ、段階的に残高の減少を確認することができ、これまで複数に返済していたためバラバラだった返済日を1つにまとめることができるのです。

貸金業法に基づく借換え専用ローンの利用にも当然審査があるので、同様に本人確認書類を準備しておく必要があります。

アイフルのおまとめローン

アイフルには、貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローンと呼ばれる通称「おまとめMAX」というおまとめローンがあります。

こちらもアコムと同様に金利や返済金額をまとめることができるので、返済金額を減少させることもできるのです。

おまとめMAXの申し込みはインターネットから申し込むことができるので、気になった方はまずはアイフルのホームページを確認してみましょう。

借り過ぎは借金地獄につながるので要注意

以上が借入件数が多い状態でも即日融資OKな消費者金融の紹介となります。

もし現状で借入件数が多い人は、1社ずつ返済を目指すかおまとめローンの利用を検討しましょう。借入件数が多いと返済の管理などが複雑になり大変なことになります。

それと借りすぎは借金地獄につながるので要注意が必要です。

即日融資ができるからといって、借りてばかりいると返済できなくなる恐れや、返済で給料を全て持っていかれる事態となることもあります。

そのため借り過ぎには気を付けて、計画的な返済をしていきましょう。もちろん計画的な借り入れも。

即日融資可能なおすすめカードローン!確実に今日中に借りたいならココ!