10万円を即日融資で借りるのにおすすめの方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

10万円を即日融資で借りるのにおすすめの方法!

10万円を即日融資するには、消費者金融を利用するのがおすすめです。

まとまったお金が必要になった時に手元の現金が少ないと不安になりますが、消費者金融なら申し込んだその日のうちに10万円を借りることができます。

ただし、消費者金融の申込には審査があるため、即日融資で10万円を借りるためにはいくつかのポイントを押さえた手続きが必要です。

そこで今回は、申し込んだその日のうちに10万円を融資してもらうためのコツをご紹介します。

その他、10万円を借り入れることのメリットや、失敗しやすい注意点、初めての借入時に受けられる無利息サービスの内容、申込審査をスムーズに完了するためのポイントなどもまとめました。急にまとまったお金が必要になった方や、即日融資を受けたい方はぜひ参考にしてください。

10万円の即日融資におすすめの消費者金融

10万円を即日融資で借りるためにおすすめの消費者金融には、プロミスやSMBCモビットなどがあります。

民間の消費者金融は申し込んだその日の内に審査を完了し、借入を行うことが可能です。

特に、大手の消費者金融の場合は土日や祝日でも審査申込を受け付けているため、10万円を即日で借りたい人におすすめです。

いくつかある消費者金融のカードローン会社のうち、今回は借入がしやすいプロミスとSMBCモビットについてご紹介します。

スマホで手軽に借りるならプロミス

プロミス

大手消費者金融として有名なプロミスでは、10万円を即日で借り入れるための便利なサービスが充実しています。

プロミスのアプリローンというサービスを利用すれば、スマホだけで申込審査から融資までを完結することが可能です。

プロミスのアプリローンは、その名前の通りアプリを使って融資を受けるためのサービスとなっています。

一般的なカードローンでは、借入れ時にローンカードをATMに挿入して利用する必要があるため、手元にカードが発行されるまでは借入を行うことができません。

自動契約機が身近にあればその日の内にカードを発行してもらうこともできますが、プロミスのアプリローンならその手間なしでスマホのみで10万円の即日融資が利用できます。

なお、アプリローンの申し込みはアプリで完結するため、郵送物などのやり取りは不要です。

借入の際には、提携のコンビニATMを使って、プロミスのアプリ上に表示されるQRコードを読み込ませることで融資を受けられます。

金利や返済期日の設定はカードローンと同条件で借りられるため、安心して利用可能です。

プロミスのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説

電話連絡なしのWEB完結で借りるならSMBCモビット

SMBCモビット公式

電話連絡なしで、WEBからの手続きのみで10万円の即日融資を受けるなら、SMBCモビットをおすすめします。

SMBCモビットは、三井住友銀行などで有名なSMBCグループの会社です。

テレビCMなどでは竹中直人さんがイメージキャラクターを務めていることで有名となっています。

通常、カードローンのサービスを申し込んだ場合、審査の途中で電話連絡による手続きが発生するのが一般的です。

本人確認のための電話連絡のほか、勤務先への在籍確認などが電話連絡によって行われます。

SMBCモビットの場合、PCやスマホだけを使って申し込むWEB完結申込をすると、初回申込時の電話連絡は不要で申込審査が受けられるという仕組みです。

そのため、電話連絡をされたくない人はSMBCモビットの利用をおすすめします。

SMBCモビットの即日融資までの流れ!土日もOK・WEB完結申し込みも対応!

10万円の即日融資なら消費者金融がおすすめの理由

10万円の即日融資を受けるなら消費者金融がおすすめとなっていますが、それにはいくつかの理由があります。

手元にまとまったお金が必要になった時に、現金を借り入れる手段には複数の選択肢がありますが、その中でも消費者金融が特におすすめできる理由は以下の通りです。

ネット申し込みから簡単に借り入れできる

消費者金融がおすすめの1つ目の理由として、ネット申込から簡単に借入ができる点が挙げられます。

大手だけでなく、最近では中小の消費者金融であっても申込んだその日のうちに即日融資をしてもらえるところが増えているのが特徴です。

ネットにつながるパソコンやスマホ、タブレット端末さえあれば、簡単に借入ができます。

店頭での申込が必要な場合、土日や祝日、営業時間外では申込ができない可能性が高いです。

しかし、消費者金融のカードローンサービスなら時間帯にかかわらずネットからの申し込みを受け付けているので、最小限の待ち時間で現金を借り入れることができます。

一部の消費者金融では、ネットからの申し込み後、審査が完了したら指定の銀行口座にすぐに融資額を振り込んでもらえるサービスもあるため便利です。

10万円なら金利が高いことによる影響が少ない

消費者金融で10万円を即日融資することのメリットとして、金利が高いことによる影響が少ないことが挙げられます。

消費者金融のカードローンサービスは、銀行系のカードローンと比べると金利が高いのが特徴です。

しかし、支払う利息額は借入れる金額が多いほど増えていく仕組みとなっているため、10万円の即日融資なら利息がそれほど高額にならずに借り入れることができます。

なお、消費者金融のカードローン商品の金利は、最大でも年率20%が上限として定められていて、大手の消費者金融ほど金利は低いです。

中小消費者金融は大手の消費者金融と比べると金利が高くなりますが、その分審査の基準が甘く、融資してもらいやすいという特徴があります。

はじめての借り入れには最大30日間の無利息期間がある

10万円を即日融資で借り入れる時に消費者金融のカードローンがおすすめの理由として、はじめての申し込み時には最大で30日間の無利息期間があることも挙げられます。

特に、大手の消費者金融のカードローンでは、初回の申し込みから30日間は無利息期間が設定されているケースが多いです。

中小消費者金融でも、最近では初回申込時の無利息サービスを行っているところがあります。

無利息期間中に借り入れた金額を完済すれば、利息が発生しません。

つまり、10万円の融資を行った場合、10万円分を返せばその他にお金がかからずに利用できるということです。

実質的に無料でお金を借入れられるサービスとなるため、カードローンを初めて利用する方におすすめとなっています。

なお、30日間の無利息期間のカウント方法は、消費者金融会社によって2つのパターンがあるので要注意です。

1つは、申込審査が完了した日からカウントして30日間が無利息というパターンです。

この場合、借入をしてもしなくても、30日後には無利息期間が終了となってしまうのでご注意ください。

もう1つのパターンは、初回の借入を行った日から数えて30日間が無利息になるというものです。

こちらは、借入をしなければ無利息期間が消費されずにそのまま残るため、自分の好きなタイミングで初回の無利息期間をスタートすることができます。

10万円借りたら毎月いくら返済すればいい?

即日融資で10万円を借り入れた場合、毎月いくらを返済すればよいかは、申し込む消費者金融会社によって異なります。

月々の返済額の目安としては、毎月4,000円ずつを返済していくところが多いです。

アプリローンが便利な消費者金融のプロミスでは、10万円を借入した場合、32回の返済回数で毎月4,000円ずつ支払って完済することができます。

また、電話連絡不要で申し込みが完結できるSMBCモビットも、同じく毎月4,000円ずつ返済して10万円の借入が可能です。

ただし、借入れの回数が多くなって、完済までの日数が長くなるほど、最終的に支払うべき利息の合計額も増えていくのでご注意ください。

最低4,000円の返済金額を支払えばよい場合であっても、できるだけ早めに支払いを行って完済させるのがおすすめです。

銀行カードローンは即日融資できないので要注意

銀行系カードローンでは、申し込んだその日のうちに即日融資を受け取ることができません。

消費者金融のカードローンと違って、銀行系のカードローンの審査には最低でも1営業日が必要となるため、申し込んだ翌日に借入ができる形となります。

銀行系のカードローンで即日融資ができない理由は、消費者金融のカードローンよりも申込審査のプロセスが多いからです。

銀行系のカードローン審査では、申込者の年収や職業といった返済能力の確認のためのプロセスに加えて、警察の保有するデータベースとへの照合が義務付けられています。

そのため、どんなに早い場合でも審査完了までに1営業日はかかってしまうという仕組みです。

銀行系のカードローンでは、かつて反社会的な団体への融資が行われてしまった事件があったことから、警察データベースとの照合が厳しく行われるようになった背景があります。

そのため、即日融資で10万円を借入したい場合は、銀行カードローンではなく消費者金融カードローンの利用がおすすめです。

確実に10万円を即日融資で借りるためのコツ

10万円を即日融資で借りる場合、もしかすると申込審査を通過できずにその日の内に現金が手に入らないかもしれません。

10万円を即日融資してもらうためには、確実に審査に通過することが重要になります。

そこで、消費者金融のカードローンで即日融資を希望する人のために、審査に通過しやすくするポイントを以下にまとめました。

希望限度額を10万円に設定しておく

希望限度額を10万円に設定しておくと、10万円を即日融資してもらうための審査に通過しやすくなります。

どんなカードローン会社で申込を行う場合でも、申込時の手続きで必ず希望の借入限度額の申告が必要です。

多くの場合、最低の借入希望限度額は10万円からとなっています。

将来的に10万円以上の借り入れを行う可能性があったとしても、初回の申込時には10万円を希望限度額として申し込むのがポイントです。

希望限度額を10万円として申し込みを行えば、借入金額がそれほど大きくならないため、審査に通過しやすくなります。

そのため、10万円を即日融資で借入れたい場合、希望の限度額を10万円として申請しておくようにしましょう。

信用されやすい利用目的を考えておく

カードローンの申込審査を確実に通過するためのポイントとして、信用されやすい利用目的を考えておくことも重要です。

カードローンの申し込み時には、希望の限度額などに加えて、借入れた金額を何に利用するかを入力する項目があります。

この時、審査に通りにくい利用目的を記入してしまうと、10万円の即日融資が受けられなくなってしまうので、要注意です。

利用目的として審査に通過しやすいものは、レジャー目的や旅行などがあります。

一方、生活費やギャンブルといった利用目的は返済能力が低いと見なされてしまう危険性が高いため、おすすめできません。

あくまでも一時的にお金が必要であるということが分かるような利用目的で、審査に申し込むことが大切です。

念のため収入証明書も用意できるとベスト

即日融資をスムーズに受けるためのポイントとして、収入証明書の用意も挙げられます。

10万円を希望借入限度額として申し込みを行う場合には収入証明書の提出は不要ですが、提出できる書類がある場合には提出しておいた方が審査に通過しやすいです。

収入証明書として使える書類には、勤め先で発行されている給与明細の直近2ヶ月分や、ボーナスをもらっている場合は賞与明細、自営業の方の場合は確定申告書類などがあります。

これらの書類が準備できる場合、申込時に収入証明書を提出しておくと、10万円を即日融資できる確率が高くなるのでおすすめです。

10万円なら学生でも消費者金融なら借り入れ可能です!

即日融資で10万円を借り入れる場合、学生の方であっても問題ありません。

大手の消費者金融カードローン会社でも、主婦や学生の方の申し込みを受け付けています。

ただし、パートやアルバイトなどで本人に一定の収入があることが申込条件となっている場合が多いため、その点のみ注意しましょう。

なお、実家からの仕送りやFX、株式投資による利益は収入としてみなされません。

今回ご紹介した情報を参考に、民間の消費者金融で10万円の即日融資をスムーズにご利用いただければ幸いです。

即日融資可能なおすすめカードローン!確実に今日中に借りたいならココ!