日本ファイナンスのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

日本ファイナンスのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

カードローンはどれも同じようなものだと思っていませんか。

カードローンは商品によって限度額や金利も異なりますし、返済方式も違います。自身に合ったカードローンを利用しなければ、返済が難しくなることもあります。

カードローンを利用する前には事前に内容を把握しておきましょう。ここでは日本ファイナンスを他社とも比較しメリットやデメリットを紹介します。

この記事を読めば日本ファイナンスの特徴がわかります。

日本ファイナンス詳細情報(スペック表)

申し込み条件 20歳以上
必要書類 身分証明書(運転免許証、パスポート、保険証、マイナンバーカード)
審査時間 最短即日
使用用途 自由(事業用以外の使用に限る)
契約期間 最長5年
限度額 300万円
保証会社 日本ファイナンス有限会社

日本ファイナンスのメリット

  • 他の業者からお金を借りている場合でも審査に通りやすい
  • 即日融資でなければ来店不要
  • 利用者目線でのサービスに取り組んでいる

他の業者からお金を借りている場合でも審査に通りやすい

日本ファイナンスのメリットとして挙げられるのは、他の業者よりも審査が通りやすいという点です。

一般的に消費者金融のカードローンでは他の複数業者からローンを行っている人は審査に落ちやすくなっています。

金融業者は利用者のローン状況を他社とも情報共有しているからです。また、利用者の過去に金融トラブルがある場合は、ブラックリストに載せられていて審査が通りません。

特に過去に自己破産をしている人や、任意整理をしている人は審査が通ることはありません。

しかし、日本ファイナンスの場合は、そういった人でも審査が通りやすいというメリットがあります。

審査基準は公表されていませんので、審査に通った人の口コミを参考にすると、金融トラブルがありブラックリストに載っている人でも日本ファイナンスの審査を通ったという情報が見受けられます。

日本ファイナンスのメリットは他の業者よりも審査が甘いという点です。

即日融資でなければ来店不要

日本ファイナンスの融資の申し込みは、直接窓口に行かなくても完結します。窓口に行く手間を省けるという点はメリットと言えるでしょう。

日本ファイナンスは山口県を拠点とする消費者金融であり、店舗窓口も山口県にしかありません。

しかし、カードローンの申し込みはパソコンかスマートフォンがあればインターネット上で可能です。

必須である記入事項を全て記入し、身分証明書の写真を日本ファイナンスのサイトにアップして送れば、契約書が作成されます。日本ファイナンスから契約書が郵送で送られてくるので、内容を確認し承諾のサインをして送り返せば契約は完了します。

日本全国どこに住んでいても窓口に行くことなく契約が出来るのは、日本ファイナンスのメリットです。

利用者目線でのサービスに取り組んでいる

日本ファイナンスでは、利用者が安心して利用できるようにさまざまなサービスを試みています。

日本ファイナンスは会社の理念として「利用者目線に立つ」ということをモットーとしています。

新しいサービスのなかには、例えば店舗内で利用者がくつろげるような空間を提供しています。

また、初めてカードローンを利用する人でも、カードローンとはどのようなサービスなのかをわかりやすく説明しています。

事前に説明をすることによって、利用者が無理のない計画的な利用を促しているのです。日本ファイナンスではさらに、利用者からアンケート調査を行うことによって、さらなるサービスの改善を目指しています。

日本ファイナンスのメリットは、利用者と共にサービスの質が成長し続けているという点にあります。

日本ファイナンスのデメリット

  • 金利が15%~20%と高めに設定されている
  • 利用限度額が300万円と低い
  • 即日融資を行うためには山口県内にある店舗に直接行かなければならない

金利が15%~20%と高めに設定されている

日本ファイナンスのデメリットとして挙げられるのは金利が他社に比べて高いという点です。

日本ファイナンスでは金利を15%~20%に設定しています。この金利は他の大手消費者金融と比べても、中小企業の消費者金融と比較しても高い水準です。

カードローンを利用するうえで、一番気になるのは金利の水準です。金利が高く設定されていれば、返済額も当然多くなってしまうからです。

カードローンを利用する場合は、なるべく利息分を少なくしたいものです。日本ファイナンスは金利が高いため、利息も多くなるというデメリットがあります。

利用限度額が300万円と低い

日本ファイナンスのデメリットとして、利用限度額が300万円と低いことも挙げられます。

利用限度額が低ければ、高額の利用が出来ず用途が限られてきてしまいます。実際に住宅や車の購入は高額である場合が多く、限度額の300万円でも足りないことがあります。

また、おまとめローンをして借金を一つにまとめるにしても、限度額が低ければまとめられません。

他社の限度額と比べると、その低さが目立ちます。大手の消費者金融であるアイフルの利用限度額は800万円と日本ファイナンスよりも500万円も高い水準です。

また、日本ファイナンスと同規模の中小企業であり、東京を中心にしている消費者金融であるライフティは500万円の限度額に設定しています。

日本ファイナンスの利用限度額は300万円と少なく、用途が限られてきてしまうのがデメリットと言えます。

即日融資を行うためには山口県内にある店舗に直接行かなければならない

日本ファイナンスは山口県に本拠地を置く消費者金融です。

店舗窓口も全て山口県内になります。利用の申し込みは全てインターネットで完結できますが、融資までの間に書類のやり取りなどがあり、長い場合は1週間ほどの時間がかかってしまいます。

個人によっては融資を急いでいる人もいます。日本ファイナンスでは即日融資を受けることも可能です。

しかし、即日融資を受ける場合は直接窓口に行かなければなりません。山口県に本拠内を置く会社であるため、近郊に住んでいる人でなければ直接窓口には行けません。

即日融資を受けられるのは事実上、山口県近郊に住んでいる人に限られてしまいます。

住まいが山口県近郊ではなく即日融資を受けたいという人には不向きなカードローンなのです。”

日本ファイナンスの審査基準は他社より甘い?

日本ファイナンスの審査基準は他社よりも甘いです。申し込み条件は20歳以上であり、公式的には他の条件は提示されていません。

日本ファイナンスを実際に利用している人の口コミを参考にすると、金融に関してトラブルがあった人でも審査に通ったという情報もあります。

金融の履歴がブラックの人の中には過去に自己破産をした人や、任意整理を行った人もいます。

さらに、日本ファイナンス以外の業者からも融資を受けている状態でも審査に通ったという口コミもあります。

他の消費者金融では過去に金融トラブルがある人や他の複数業者からローンをしている状態で、審査が通る業者は少ないです。

この点を考慮すると日本ファイナンスは他の業者と比べて審査が甘いと言えるのです。

審査が甘いキャッシングランキング!即日融資も可能な消費者金融

日本ファイナンスの金利は他社より高い?

日本ファイナンスの金利は15%~20%です。この金利は他社よりも高いです。他の消費者金融の金利と比較すれば、その金利の高さを確認できます。

大手の消費者金融であるアイフルの金利は3%~18%であり、最低金利では12%、最高金利では2%もの開きがあります。

中小企業の消費者金融で東京を拠点とするライフティの金利は8%~20%であり、最高金利は変わらないものの、最低金利は7%もの開きがあります。

ライフティの限度額は500万円であり、日本ファイナンスよりも200万円限度額を高く設定しています。

限度額が高ければ最低金利も下がるのがローンのシステムです。日本ファイナンスとライフティでは200万円しか変わらない限度額で7%もの金利のひらきがあります。

他社との比較をすれば一目瞭然となりますが、日本ファイナンスの金利は他社と比べて最低金利も最高金利も高いということがわかります。

日本ファイナンスは返済しやすい?

“日本ファイナンスは他社と比べると返済がしにくいカードローンです。

なぜなら日本ファイナンスでの返済方法は2つしかありません。銀行からの口座振り込みか、日本ファイナンスの店舗窓口に直接行って返済する方法だけしかないからです。

他社が行っているサービスにはこれ以外にも主な返済方法が2つあります。

自身の銀行口座からの自動引き落としにするか、コンビニなどのATMからの返済方法もあります。

日本ファイナンスを利用している時には毎月返済日に銀行に行くか、店舗窓口に行くという手間がかかってしまいます。

返済を忘れてしまうと、遅延損害金として20%の金利を支払わなければならなくなります。

他社が採用している返済方法に対応していないため、返済がしにくいカードローンだと言えるのです。

返済方式

日本ファイナンスの返済方式は「元利均等返済方式」をとります。利用者は毎月返済する金額が一定となるので、混乱することもなく返済計画も立てやすくなっています。

ただし「元利均等返済方式」はデメリットもあるので、日本ファイナンスを利用する前に仕組みを理解しておきましょう。

「元利均等返済方式」は毎回の返済金額は一定ですが、金額の内訳(借入総額と利息の比率)が毎月変わります。

金利は借りている総額から前回返済した額を引いた金額に対してつくことになります。

たとえば、10万円を18%の金利で借りて12ヶ月で返済するという場合のシミュレーションを行ってみましょう。

この場合は月々の返済金額は9,167円(最終月のみ9,174円)であり、合計で110,011円の返済になります。

返済当初は金利部分ばかりの返済になってしまうので借入総額がなかなか減っていかないデメリットもあります。

返済日

日本ファイナンスの返済日は利用者個人によって異なります。

日本ファイナンスでは、カードローンの契約時にスタッフと利用者とが相談をして返済日を設定することになっています。

利用者によっては給料日も違いますので、返済するのに一番都合が良い日を選ぶことができます。

日本ファイナンスは契約時に設定した毎月の返済日に、決められた金額を返済していく約定返済です。

気をつけなければならないことは、日本ファイナンスでは銀行口座からの自動引き落としをしていないことです。

返済日には必ず銀行振り込みか日本ファイナンスの店舗窓口に直接行って返済をしなければなりません。

契約時に返済日を決めるときには、自身が振り込みの手間を割けるかどうかも考慮しなければなりません。

日本ファイナンスの借り入れ方法

基本的に日本ファイナンスでの借り入れは全て契約時に申請した金額になります。

直接窓口での契約ができない場合は、書類によって契約内容の確認を行います。

インターネットか電話で申し込んだ場合は、日本ファイナンスから契約内容と承諾のサインが必要な書類が送られてきます。

申込者本人は日本ファイナンスから送られてきた契約書の契約内容と承諾のサインをした後で、契約書を送り返します。

承諾のサイン付きの契約書が日本ファイナンスに届いた段階で契約が成立したことになり、契約で決められた融資金額が自身の指定した銀行に振り込まれます。

契約時に申請した金額以上の金額の融資を希望する場合は日本ファイナンスの窓口に直接行って申請するか、フリーコールに電話して申請することになります。

日本ファイナンスで借り入れをする場合は、毎度契約が必要となるので時間がかかります。

他社のようにATMを利用して借り入れをすることはできません。

日本ファイナンスへ申し込んだ人の口コミ

申し込み年 2019年
年齢 30代
職業 主婦
年収 なし
利用目的 父の日のプレゼント
希望限度額 10万円

私は夫と共に生活をしている主婦です。基本的に家事全般を行っていて、収入になるような仕事はしていません。一生懸命働いてくれている温泉好きの夫のために、一泊二日の温泉旅行に行く計画を立てました。しかし、手元にお金がなく、夫に相談するわけにもいかなかったので、日本ファイナンスを利用しました。家から出る必要もなく全てスマホで契約を済ますことが出来ました。お金はアルバイトで返そうと思います。

申し込み年 2018年
年齢 40代
職業 会社員
年収 480万円
利用目的 新しいパソコンを購入するため
希望限度額 50万円

私は某企業でエンジニアとして働いています。私の仕事は勤務時間内に全ての業務を終わらせることは出来ません。したがって家で作業をすることもあります。膨大なデータ量を使用するため、ハイスペックなパソコンが必要です。しかし、先日急に家のパソコンが壊れてしまいました。ハイスペックのパソコンになると値も張ります。そのため、すぐにお金を用意できなかったので日本ファイナンスで融資をしてもらいました。

申し込み年 2017年
年齢 30代
職業 フリーター
年収 220万円
利用目的 家賃支払
希望限度額 10万円

私は山口県でフリーランスとして働いています。職業柄、毎月の固定された給料をもらえるわけではありません。そのため月によっては給料が少なく、家賃を払えない場合があります。カードローンを利用して1月でも乗り切れば何とかなると思い、日本ファイナンスを利用しました。家賃の支払い日も迫っていたので、直接窓口に行って契約をしました。窓口での契約だったので、即日融資もしてもらえました。何とか家賃を滞納せずにすみました。