関西みらい銀行カードローンの審査基準と審査に落ちる人の特徴まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

関西みらい銀行カードローンの審査基準と審査に落ちる人の特徴まとめ

関西みらい銀行カードローンは、その名のとおり関西を中心にサービスを提供しています。

関西みらい銀行のキャッシュカードがあれば専用ローンカードを発行せずに利用ができ、新しいカードを作らなくても使えるという利便性があります。

しかし、関西みらい銀行カードローンの審査に通らないかぎりは、契約を結び融資を受けることはできません。

このページでは、関西みらい銀行カードローンの審査基準や審査に落ちる人の特徴についてわかりやすく解説していきます。

対処法を知れば関西みらい銀行カードローンの審査に通る確率を高められる可能性がありますので、興味のある方はぜひ最後までご覧になってくださいね。

関西みらい銀行カードローンの審査基準は厳しい?

関西みらい銀行カードローンの審査基準は厳しいのでしょうか。

実は、審査基準自体は公表していないので、審査担当者以外は通過のボーダーラインが不明です。

しかし、一般的に関西みらい銀行カードローンは審査が緩いとは言えません。

というのも、関西みらい銀行カードローンは金利が低いという特徴があり、それはカードローンの審査では審査基準が高くなる要因のひとつでもあります。

他にも、保証会社に関しても審査基準が高くなる要因に挙げられます。

それでは、関西みらい銀行カードローンの審査基準が緩くない理由についてもう少し丁寧に説明していきましょう。

上限金利の低さから審査基準は厳しい可能性が高い

関西みらい銀行カードローンの金利は、年3.5%~12.475%です。

これは一般的に低金利の部類に入り、中でも上限金利の12.475%は非常に低金利。

ただ、他社の銀行カードローンと比較しなければ本当に低金利か疑問があります。

以下に人気の高い銀行カードローンの金利を示した表を用意しましたので、まずは確認してみてください。

銀行カードローン 金利
横浜銀行カードローン 1.5%〜14.6%
みずほ銀行カードローン 2.0%〜14.0%
オリックス銀行カードローン 1.7%〜17.8%
ソニー銀行カードローン 2.5%〜13.8%
楽天銀行カードローン 1.9%〜14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%〜14.6%

上記の表の銀行カードローンの上限金利と関西みらい銀行カードローンの上限金利を比較すると、明らかに低金利になっていることは理解できるでしょう。

金利の低いカードローンは利用者にとって返済負担が軽くなるメリットがあり、人気が高くなる傾向にあります。

したがって、関西みらい銀行カードローンも今後人気になっていく可能性があるでしょう。

それでは、金利の低さと審査基準が厳しくなる理由について説明していきます。

金利が低いと審査基準が厳しくなる理由

金利の低い銀行カードローンは、審査基準が厳しくなる傾向にあります。

低金利と審査基準の関係は、以下のような理由を挙げられます。

低金利は顧客にメリットがあるので集客しやすい
貸し倒れリスクが高くなってしまう

低金利ということは、返済負担が軽くなるので顧客が集まりやすいです。

当たり前のことですが、返済時に負担する金利=利息が高いのと低いのでは、低いカードローンを選びたくなるはずです。

高金利のカードローンに比べて低金利のカードローンは顧客が集まりやすいので、審査基準を厳しくして少しでも優良な顧客に融資しようと考えるわけですね。

優良な顧客に融資すれば、貸し倒れリスクを低くする効果があります。

たとえば、すでに他社で融資を受けていて年収200万円の人と借り入れ経験のない年収200万円の人がいれば、一般的に後者のほうが貸し倒れリスクは下がります。

このような理由から金利が低いと審査基準が高くなってしまう可能性があり、関西みらい銀行カードローンの審査基準は通常よりも高いと考えることができます。

保証会社の審査は厳しめ?

関西みらい銀行カードローンの保証会社は、りそなカード株式会社またはオリックス・クレジット株式会社です。

保証会社は、関西みらい銀行の代わりに審査や保証をしていて、銀行自体はあまりカードローンの審査について詳しくないので、審査の詳しい保証会社に依頼しているといった状態です。

関西みらい銀行カードローンの保証会社は、りそなカード株式会社またはオリックス・クレジット株式会社で、いずれかが保証してくれれば契約できます。

しかし、いずれの保証会社も決して審査基準が緩いところではありません。

消費者金融系の保証会社であれば比較的審査基準は緩い傾向ですが、りそなカード株式会社もオリックス・クレジット株式会社も異なるため、緩いということはないでしょう。

関西みらい銀行カードローンは借り入れまで時間がかかる

最近のカードローンは、即日融資を行っている貸金業者が多いです。

特に関西みらい銀行カードローンのようにWebで契約ができるカードローンの多くは、スピーディな審査や融資に期待ができます。

しかし、関西みらい銀行カードローンは即日審査や即日融資に対応していません。

最短審査結果の回答は翌営業日ですし、融資まではさらに時間がかかります。

ただし、審査結果の回答に関しては関西みらい銀行カードローンが特別遅いというわけではなく、銀行カードローンはどこでも即日審査は行っていないんです。

理由は、銀行カードローンは警視庁のデータベースに審査申込者が反社会的勢力と関係している人物ではないか調べる必要があるためです。

警視庁のデータベースに照会して回答を得ることは即日では不可能なため、結果的に即日審査は不可能になっています。

また、保証会社にも審査申込者の情報のやり取りをする手間がかかり、そういった意味でも審査時間や融資時間は長くかかりがちになります。

専業主婦や学生でも審査に通る?

関西みらい銀行カードローンは、専業主婦や学生は審査に通りません。

他の銀行カードローンでは専業主婦や学生でも審査に通ることはあるので、関西みらい銀行カードローンは審査基準が厳しい理由のひとつになるでしょう。

自身が収入を得ていない専業主婦は審査に通らないのはまだ理解できますが、アルバイト等で収入を得ている学生も対象外にしているのは珍しいです。

学生でも収入さえ得ていれば審査に通る銀行カードローンは複数あるため、それだけ関西みらい銀行カードローンの審査は慎重だと言えるのではないでしょうか。

したがって、学生の方は関西みらい銀行カードローン以外のカードローンの審査を受けるようにするべきです。

また、専業主婦はアルバイトやパートタイマー等で収入を得たうえで、関西みらい銀行カードローンの審査を受けるか他社の審査を受けるか検討してみてはいかがでしょうか。

専業主婦でもキャッシングは利用できる?審査に通る条件は?

関西みらい銀行カードローンの審査に落ちる人の特徴

関西みらい銀行カードローンの審査に落ちる人は、以下のような特徴があります。

  • 申込み条件を満たしていない
  • 他社から借り入れが2件以上
  • 短期間に複数のカードローンに申し込んでいる
  • 個人信用情報機関のブラック
  • 収入が不安定

上記に挙げた内容は、関西みらい銀行カードローンの審査に落ちる人の一例で、ここではもう少し丁寧に解説していきましょう。

申込み条件を満たしていない

関西みらい銀行カードローンの申込み条件は、以下のとおりです。

  • 申込時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
  • 継続安定した収入のある方
  • 保証会社の保証を受けられる方

いずれの申込み条件にも該当していなければなりません。

ひとつでも欠けていると申込み条件を満たしていないと判断され、審査に落ちてしまいます。

関西みらい銀行カードローンの申込み条件自体は、決して厳しいものではないでしょう。

アルバイトやパートタイマーでも審査に通る旨が記載しているため、とりあえず収入を得ていれば審査通過の可能性はあります。

ただし、先にも説明したとおり専業主婦や学生の場合は審査を通ることはないので、該当者は他のカードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

他社から借り入れが2件以上

関西みらい銀行カードローンの審査に申し込む段階で、すでに他社のカードローンを利用している人は審査で不利になります。

特に2件以上のカードローンを利用していると、多重債務者の状態で貸し倒れリスクが高くなると判断されてしまいます。

もちろん複数社のカードローンを利用していれば絶対に審査落ちするというわけではありませんが、審査を受けるうえで不利になることは覚えておきましょう。

返済できるのであれば、完済したのちに関西みらい銀行カードローンの審査に申し込むほうが審査通過の確率を高めることができます。

また、借り入れ状況に関しては個人信用情報機関に情報を照会すれば判明するため、虚偽の申告をしたところでバレてしまうので意味がありません。

短期間に複数のカードローンに申し込んでいる

短期間に複数のカードローンの審査に申し込むと不利になる可能性があります。

どうしても審査に通るか不安で複数のカードローンの審査に申し込みたい気持ちはわかりますが、そこまでお金に困っているのかと勘繰られるかもしれません。

また、借りるだけ借りて自己破産をするつもりでは、といった風に思われることもあり、いずれにせよ短期間に複数のカードローンの審査に申し込んで得になることはないんです。

可能であれば、半年程度の期間を空けてから審査に申し込むほうがマイナス材料を減らせる効果に期待できます。

個人信用情報機関のブラック

関西みらい銀行カードローンは、審査を受けるうえで個人信用情報機関に申込者の情報を照会しています。

この情報を照会した際に、過去に延滞や対応あるいは債務整理を行っている人は、審査において非常に大きなデメリット材料と判断されます。

過去のブラック情報は一定期間経過すれば削除されますが、保証会社と関連した貸金業者で融資を受けていれば社内情報に記録が残っていることもあるでしょう。

過去のカードローンの利用等でブラックになり得ることをした場合は、関西みらい銀行カードローンの審査に通らない可能性が高いです。

収入が不安定

収入が安定していない人は、審査に落ちる可能性が高くなります。

毎月安定して収入を得ている人と自営業やフリーランスのように月によって収入が不安定になっている人では、前者のほうが審査に通りやすいメリットがあります。

もちろん自営業者やフリーランスでも安定した収入を証明できれば問題ありませんが、証明できないと不安定と判断されることもあります。

また、アルバイトやパートタイマーでもシフトの都合で収入が不安定になると、決して安定した収入とは言えないでしょう。

借入限度額50万円以下では原則的に収入証明書の提出は不要になるので、安定した収入に自信がない場合はなるべく少額の融資額を希望したほうが無難です。

関西みらい銀行カードローンの審査に通過するコツ

関西みらい銀行カードローンの審査に通過するコツは、以下の3種類があります。

  • 借入限度額は低くして審査に申し込む
  • 申込時に入力を間違わない
  • 返済実績を作る

それでは、それぞれの審査通過のコツについて丁寧に解説していきます。

借入限度額は低くして審査に申し込む

関西みらい銀行カードローンの審査に申し込むとき、借入希望額を入力できますが、なるべく少額にするほうが審査に通りやすいです。

たとえば、借入限度額50万円以下は収入証明書の提出が不要です。

これは借入限度額50万円以下であれば、そこまで厳しい審査をしていないという風に考えることもできるでしょう。

一方、それ以上の借入限度額を希望すると収入証明書の提出が必須で、審査のハードルを上げていることがわかります。

また、一般的に考えても大金は貸すのは怖くても少額ならという考えもできます。

このようなことから借入限度額は必要最小限の少額を希望するほうが審査に通る可能性を高められるでしょう。

申込時に入力を間違わない

関西みらい銀行カードローンの審査に申し込むときに、入力内容を間違ってしまうと台無しになってしまいかねません。

多少のミスなら仕方ありませんが、年収額や電話番号の間違いは危険です。

たとえば、年収500万円を50万円と入力してしまえば、明らかに審査落ちしてしまう確率を高めてしまいます。

また、連絡先の電話番号や勤務先の電話番号を間違って入力すると、連絡をするにもできないという事態になってしまうこともあるでしょう。

審査に申し込むときは、パソコンやスマホを使用すると思いますが、入力内容について間違いがないかよく確認するように注意してください。

返済実績を作る

すでに他社のカードローンを利用している人は、返済実績を作ると関西みらい銀行カードローンの審査で有利に働く可能性が高いです。

これは過去にカードローンを利用していない人よりも審査において有利になることがあります。

というのも、完済した実績があれば「この人はきちんと返済する人だ」という判断材料になります。

これまで一度もカードローンを利用したことがない人よりも信頼度の面で高く評価されるというわけですね。

もしも現在借り入れしているカードローンがあり、完済できる余裕があれば返してしまったほうが審査に通る確率が高まるでしょう。

関西みらい銀行カードローンの審査に落ちたときの対処法

完済みらい銀行カードローンの審査に落ちたときは、以下のような対処法があります。

  • 半年以上の期間を空ける
  • 一定期間は銀行カードローンの審査に申し込まない
  • 消費者金融の審査を受けてみる

それでは、上記に挙げた3つの対処法について解説していきましょう。

半年以上の期間を空ける

関西みらい銀行カードローンの審査に落ちてすぐに再び申し込んだところで審査に落ちてしまうのはほぼ確実です。

なんらかの明らかな入力ミスでもなければ、すぐに申込者の属性が評価されるようなことはありません。

しかし、半年程度の期間を空ければ申込者の属性が向上しているかもしれません。

たとえば、勤続年数が長くなりますし、収入が増えていることもあるでしょう。

こういった意味から関西みらい銀行カードローンの審査に落ちた場合、半年以上の期間を空けたほうが審査で再評価さることもあります。

一定期間は銀行カードローンの審査に申し込まない

短期間に連続して銀行カードローンの審査に申し込んでも、結果はそこまで変わらないでしょう。

それよりも一定期間は銀行カードローンの審査に申し込みせず、半年程度の期間が経ってから審査に申し込むほうが通過の可能性があります。

現在の属性では審査に通らなくても一定期間経過すれば評価されることもありますし、短期間に連続して審査を受けているというマイナス材料もなくなります。

どうしてもお金を借りなければいけない状況であれば仕方ありませんが、緊急でない場合は空白期間を作ることも大事です。

消費者金融の審査を受けてみる

関西みらい銀行カードローンの審査に落ちた場合、消費者金融の審査に申し込んでみてはいかがでしょうか。

消費者金融ですでに融資を受けた貸金業法の総量規制に抵触しているのであれば審査通過の希望はなくなりますが、まだ融資を受けていない人は審査に通るかもしれません。

銀行のカードローンに比べて消費者金融のほうが審査は緩い傾向です。

その代わり金利は高くなりがちですが、大手消費者金融は無利息期間サービスの提供もしています。

短期間に返済できる目途があれば、銀行のカードローンよりも消費者金融のほうが返済額でお得だったということもあるでしょう。

銀行のカードローン以外でもお金を借りられるのなら構わないという場合は、消費者金融の審査に申し込むことを検討してみてください。

キャッシングの審査基準と審査に落ちる理由のすべて

まとめ

今回は関西みらい銀行カードローンの審査基準について解説してきました。

関西みらい銀行カードローンの審査基準は、消費者金融に比べると難しく、銀行のカードローンの中でもやや厳しめの可能性が高いです。

専業主婦や学生の方は審査を申し込む土俵にも立てないので、かならず他のカードローンを検討しなければなりません。

また、限定した地域の人しか利用できないというデメリットもありますね。

一方、関西みらい銀行カードローンは金利の低さにとても魅力があります。

関西みらい銀行カードローンは誰でも審査に通るわけではないので、よく考えたうえで審査に申し込むことを検討してみてはいかがでしょうか。