関西みらい銀行は即日融資不可!最短の借入方法と今日中にお金を借りる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

関西みらい銀行は、近畿大阪銀行と関西アーバン銀行の合併によって誕生した新しい銀行。

新銀行設立にあたって、個人向けの関西みらい銀行カードローンが誕生しました。

関西みらい銀行カードローンは、関西みらい銀行のキャッシュカードがあれば専用ローンカードを発行せずに利用することができ、消費者金融のように専用ローンカードの発行は必要ありません。

金利の低さにも魅力がありますし、新しい銀行カードローンということで注目している人も多いのではないでしょうか。

ここでは、関西みらい銀行カードローンが即日融資に対応しているか、関西みらい銀行カードローンでスムーズに借入する方法はあるのか、といった内容について解説していきます。

関西みらい銀行カードローンに興味を抱いている方は、必見の情報を網羅していますので、ぜひ最後までご覧になってください。

関西みらい銀行カードローンは即日融資は不可

関西みらい銀行カードローンは、即日融資に対応していません。

近年はインターネットの普及によりWebで審査に申し込めるようになったカードローンが増え、関西みらい銀行カードローンもWebに対応しています。

しかし、関西みらい銀行カードローンにかぎらず銀行のカードローンは2018年1月から審査システムの問題から即日融資を行うことは1社もありません。

また、関西みらい銀行カードローンは最短翌営業日に審査結果の回答は行っていますが、かならずしも翌営業日に融資をしているわけでもないんです。

特に新しく誕生したカードローンということで、まだまだ融資速度についての情報も不足しているのが現状。

加えて、関西みらい銀行カードローンは関西みらい銀行の普通預金口座を開設しなければ利用できない性質もあり、思っていた以上に借入まで遅くなる可能性もあります。

融資速度に関しては、関西みらい銀行カードローンはスピーディなカードローンに分類することはないでしょう。

即日融資に対応していない原因

関西みらい銀行カードローンにかぎらず銀行カードローンが即日融資に対応しなくなった原因は、以下のようなものを挙げることができます。

2018年1月から警視庁のデーターベースに申込者を照会する必要性がある
金融庁からの行政指導

数年前にとある銀行が反社会的勢力者に融資をしたことを契機に、2018年1月から徹底して調べるように義務づけられました。

その調べる方法として、警視庁のデータベースに申込者を照会することで、反社会的勢力者ではないか確認するようになりました。

一般人にとっては関係ない話ですが、警視庁のデータベースに照会することで最短でも1日はかかってしまうため、結果的に銀行カードローンは即日融資が不可能に。

それだけでなく、銀行カードローンの過剰貸付も問題化しました。

消費者金融は貸金業法の総量規制で年収の1/3以上の融資が禁じられていますが、銀行のカードローンは対象外でした。

そのため、再び自己破産をする人が増加傾向になり、せっかく消費者金融の過剰貸付を法律によって抑制したのに、銀行カードローンが抜け穴のようになったんですね。

したがって、銀行カードローンも申込者に対しての審査を厳しくするようになり、そういった面でも融資までの時間がかかるようになりました。

このような原因で、関西みらい銀行カードローンだけでなく、全国の銀行カードローンが即日融資に対応できなくなりました。

銀行カードローンの即日融資は停止!銀行から今日中に借りるのは無理?

関西みらい銀行カードローンの借入は最短でも翌営業日以降

関西みらい銀行カードローンは、審査結果の回答を翌営業日にしています。

ということは、最短で借入できたとしても翌営業日以降です。

また、関西みらい銀行カードローンは、関西みらい銀行の普通預金口座を所有していなければ契約を結ぶことができません。

したがって、審査に申し込む前にまずは関西みらい銀行の口座開設を行う必要があり、その手続きを含めると融資まで必要以上に時間がかかってしまうでしょう。

他にも、高額融資を申し込むと余分に時間がかかる傾向にあり、収入証明書類の提出や審査が慎重になってしまうことが考えられます。

いずれにせよ関西みらい銀行カードローンは融資を受けるまで時間がかかり、急ぎの金欠でスムーズにお金を必要としている方にとって利便性は悪いです。

関西みらい銀行カードローンの審査の流れ

審査に申し込む方法

関西みらい銀行カードローンの審査に申し込む方法は、以下のものがあります。

  • Web
  • 電話
  • FAX
  • 郵送

複数の審査申し込み方法がありますが、おすすめはWebです。

パソコンやスマートフォンでインターネットに接続できればWebを利用できます。

一方、その他の審査申し込み方法では書類のやり取りで余計な時間がかかってしまうので、スムーズに融資を受けたい場合はおすすめできません。

関西みらい銀行カードローンでは、関西みらい銀行の普通預金口座を所有していない場合、審査と同時に普通預金口座の開設を申し込まなければなりません。

同時申し込みにおいてもWebであれば項目を選択・回答していく形式で、容易にできるのではないでしょうか。

ただ、スムーズに審査を受ける必要がなかったり、パソコンやスマートフォンの操作が苦手であったりする場合は、他の審査申し込み方法でも構いません。

自身に最も応じた審査申し込み方法を選んでみてはいかがでしょうか。

仮審査

仮審査の申し込みでは、申込者の個人情報や勤務先情報を入力します。

間違った内容を入力しないように慎重に確認していきましょう。

仮審査では、審査に申し込んだ内容を吟味し、申し込み後に自宅や勤務先に在籍確認の電話連絡が行われます。

仮審査の結果で通過の連絡がくれば、次は本審査に進みます。

注意点は、仮審査で承認を得たところで絶対に本審査で通過するわけではありません。

ほぼほぼ高確率で本審査も承認になるとは思いますが、本審査が終わるまでは審査に通ったと判断しないようにしましょう。

また、仮審査で否決になった際に、否決の理由を確認したいと考える人も多いでしょう。

しかし、関西みらい銀行カードローンは仮審査の否決理由については回答していません。

これは関西みらい銀行カードローンが特別なわけではなく、他の銀行カードローンや消費者金融でも同様の応対をしているため一般的です。

本審査

仮審査で承認を得たあとは、本審査に本申し込みを行います。

本審査では、申込者本人を確認するための本人確認書類等を用意しなければなりません。

関西みらい銀行カードローンで利用できる書類は、以下のものがあります。

  • 利用できる本人確認書類
  • 運転免許証(両面)
  • 運転経歴証明書(両面)
  • パスポート(写真および住所のページの画像)
  • 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページの画像)
  • 住民基本台帳カード(両面)
  • 在留カード(両面)
  • 特別永住者証明書(両面)
  • 利用できる収入証明書類
  • 源泉徴収票(最新分)
  • 住民税決定通知書(最新分)
  • 課税証明書(最新分)

このように提出を求められた書類を用意しなければなりません。

また、Webで書類を提出する場合は、スマートフォンやデジカメで撮影するはずです。

その際に画像が不鮮明であったり途切れていたりすると再提出を求められます。

再提出になると余計な時間がかかってしまうため、結果的に融資まで時間がかかってしまうので、一発で承認を得られるように注意を払いましょう。

契約・借入方法

本審査に通過すると契約を結ぶことができます。

関西みらい銀行カードローンは、基本的にATMを介した借入方法です。

自動融資のオートチャージ機能もありますが、これは光熱費等の引き落としの際に残高不足のときのみ発動するサービスで、普段の借入には関係ありません。

関西みらい銀行カードローンは、キャッシュカードを利用して借入ができ、専用ローンカードを発行する手続きは不要です。

手元にあるキャッシュカードでATMから借入が可能です。

関西みらい銀行カードローンが利用できるATMは、以下のものがあります。

  • りそな銀行ATM
  • 埼玉りそな銀行ATM
  • 関西みらい銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネットATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • バンクタイムATM
  • BANCS提携銀行ATM
  • MICS提携銀行ATM

このように複数のATMを介して借入ができます。

中でも全国規模で24時間運営しているコンビニATMを利用できるのは利便性が高いのではないでしょうか。

ただ、時間帯やATMによっては、所定のATM利用手数料が発生することもあり、その点は注意しなければなりません。

関西みらい銀行カードローンで少しでも早く借入する方法

関西みらい銀行カードローンで少しでも早く借入したい場合は、なにも考えずに適当に審査を受けると後悔するかもしれません。

そこで、少しでもスムーズに融資を受けるために、以下の方法を検討してみてください。

借入希望額はできるだけ少額に設定して申し込む
不要なローンは解約または完済しておく

それでは、上記の対処法についてもう少し具体的に説明していきましょう。

借入希望額はできるだけ少額に設定して申し込む

関西みらい銀行カードローンは、審査申し込み時に借入希望額を設定できます。

審査によってその借入希望額がかならずしも実現するわけではありませんが、それでも高額を申し込むよりは少額を申し込むべきです。

というのも、高額融資を希望すれば、それだけ審査を慎重に行うため、審査で余計な時間がかかってしまう恐れがあります。

しかも50万円以上の借入限度額を希望すると収入証明書類の提出も必須です。

自身が必要としている金額以上を希望してしまうことは、審査が厳しくなるだけでなく融資までの時間や提出書類が増えるといったデメリットが多くなります。

このような理由から関西みらい銀行カードローンの審査に申し込むときは、なるべく少額の借入希望額を設定することをおすすめします。

不要なローンは解約または完済しておく

関西みらい銀行カードローンの審査に申し込む際に、すでに他社銀行または消費者金融あるいはクレジットカードを所有しているかもしれません。

現在進行形で利用している場合はどうすることもできませんが、使っていないものを所有しているのであれば、解約または完済しておくべきです。

というのも、関西みらい銀行カードローンの審査に申し込むと申込者の情報を個人信用情報機関に照会します。

その際に他社のローンやカードを所有していると、返済状況が厳しいのではないだろうかと思われてしまいます。

結果、関西みらい銀行カードローンの審査に落ちてしまう可能性が高まり、審査難易度を高めてしまうことになるでしょう。

利用していないローンやクレジットカードを所有している場合は、まずは解約・完済したうえで審査に申し込むようにしてはいかがでしょうか。

関西みらい銀行の普通預金口座の開設は必要

関西みらい銀行カードローンの契約は、普通預金口座の開設が必須です。

もしも関西みらい銀行の普通預金口座を所有していない場合は、事前に開設するか同時開設しなければなりません。

面倒に感じるかもしれませんが、絶対に所有していなければ利用できないんです。

仮に関西みらい銀行カードローンの審査に落ちたところで、関西みらい銀行の普通預金口座は手元に残ります。

今後利用する予定があれば構いませんが、利用する予定もないのに持ちたくないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかも普通預金口座の開設をするとなれば、時間がかかってしまうことも珍しくなく、Webで同時開設をすると数十日の期間になることもあり得ます。

このようなことから関西みらい銀行カードローンの利用は、普通預金口座を開設する手間がかかることは覚えておきましょう。

絶対に即日融資が必要な場合は消費者金融を検討する

絶対に即日融資を検討している場合は、関西みらい銀行カードローンの利用を考えるべきではありません。

即日融資に対応した消費者金融を検討するほうが、高確率で当日中にお金を借りられます。

特に大手消費者金融はすべて即日融資に対応しており、最短1時間以内に融資をしてくれることも決して珍しくありません。

消費者金融の場合は、自動契約機で専用ローンカードを発行してくれたり、指定口座に振込キャッシングをしてくれたり、即日融資に関してはトップクラスの性能です。

それだけでなく大手消費者金融ははじめて利用する人を対象に無利息期間サービスを提供しており、場合によっては関西みらい銀行カードローンよりも返済負担が軽くなるかもしれません。

このように大手消費者金融を中心に消費者金融は即日融資に対する規制はなく、急ぎの出費にも対応してくれる可能性が高いでしょう。

関西みらい銀行カードローンのまとめ

このページでは、関西みらい銀行カードローンの即日融資についてと審査申し込み方法を中心に解説してきました。

最も覚えておいて欲しいことは、関西みらい銀行カードローンは即日融資に対応していないことと普通預金口座の開設をしなければ利用できないことです。

当日中にどうしてもお金が必要という場合は、関西みらい銀行カードローンの利用は考え直したほうが無難でしょう。

また近日中にお金が必要なケースでも関西みらい銀行の普通預金口座を所有していない場合は、口座開設の時間もかかってしまうため向いていません。

それでも関西みらい銀行カードローンは金利の低さに魅力があり、どうしても利用したいと考える人も少なくないでしょう。

そういった場合は、少しでも審査をスムーズに終えるための工夫をするべきです。

なるべく借入希望額を低く設定したり、不要なローンやクレジットカードを解約または完済しておくようにしましょう。

緊急で即日融資を考えるのであれば消費者金融、金利の低さ等を考慮するのであれば関西みらい銀行カードローンといった風に区別して検討してみてはいかがでしょうか。