アルバイト・パート・フリーターでも消費者金融の審査に通る?

いざというときに役立つ消費者金融。

審査に通ればスピーディにお金を借りられる魅力があります。

しかし、審査に通らなければお金は絶対に借りられずアテが外れてしまうでしょう。

そこで、このページでは消費者金融の審査にアルバイト・パート・フリーターでも通るのかという点を中心に、審査を受ける前に知るべき必見の情報を徹底的に解説していきます。

消費者金融であればアルバイト・フリーターでも借り入れできる

消費者金融はアルバイト・フリーターでも審査に通ります。

すべてのアルバイト・フリーターが絶対に審査を通過するわけではありませんが、決して審査に通らないわけではありません。

また、消費者金融の審査難易度は基本的に厳しいものではないため、アルバイトやフリーターでも借入できる可能性は充分あります。

ただし、借入可能限度額は少額に設定されることが多く、50万円以下の借入限度額になるだろうと予想しておくべきでしょう。

というのも借入限度額50万円以上を希望すると収入証明書類の提出を求められ、審査難易度のハードルが上がることを示唆しています。

審査に通りたいという気持ちがあれば、あえて審査難易度が高くなる借入限度額を希望しないほうが得策です。

消費者金融の審査に通るには安定した収入が必要

消費者金融の審査に通りたい場合は、第一に安定した収入を得ている必要があります。

安定した収入と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、これは決して高収入を意味しているわけではありません。

消費者金融の提示する「安定した収入」とは、多くのアルバイトやフリーターが得ている毎月数万円から数十万円程度の収入でも大丈夫です。

なにより重要なことは、収入の多さよりも毎月返済に困らない安定した収入を得ているということです。

たとえば、安定した収入を得ていないが資産1億円の人と毎月10万円収入を得ているアルバイトでは、消費者金融の審査に通るのは後者です。

このように消費者金融の審査は安定した収入を得ていれば、誰でも審査に通る可能性はあります。

消費者金融の審査内容とは?

ニート・無職の学生・専業主婦は消費者金融の審査に通らない

消費者金融の審査に通らない人は、ニート・無職の学生・専業主婦です。

自身が収入を得ていない場合、消費者金融の審査は通りません。

これは貸金業法の総量規制が関係しており、年収1/3以上の融資を禁止した法律です。

年収0円のニート・無職の学生・専業主婦に融資することはできないんです。

ただし、専業主婦の場合は配偶者貸付制度を利用すれば消費者金融からお金を借りられる可能性があります。

配偶者貸付制度とは、配偶者の夫が収入を得ていてかつ同意書の提出等をして、そのうえ審査に申し込む消費者金融が対応している場合にかぎります。

大手消費者金融では配偶者貸付制度に対応していませんが、一部の中小消費者金融では対応していることもあるため、専業主婦は借りられる可能性はあるでしょう。

それでも手続き等が面倒で利用する人が少ないのが実情です。

収入を得ていない人は、まずはアルバイトでも構わないので収入を得たうえで消費者金融の審査に申し込むようにしましょう。

大手消費者金融の申込み条件を比較

大手消費者金融とは、ここでは以下の消費者金融を指します。

  • プロミス
  • アイフル
  • アコム
  • レイクALSA
  • SMBCモビット

いずれも知名度が高く、これまで消費者金融を利用したことがない人でも一度くらいは見たことがあるのではないでしょうか。

それでは、以下に各大手消費者金融の申込み条件を比較した表を用意しましたので、まずは確認してみてください。

消費者金融名 申込み条件
プロミス 年齢20~69歳の本人に安定した収入のある方
アイフル 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方
アコム 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
レイクALSA 満20歳から満70歳まで,安定した収入のある方
SMBCモビット 満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方

各社、年齢制限と文言に違いはありますが、安定した収入があることが絶対条件です。

いずれの大手消費者金融にもアルバイトやパートタイマーあるいはフリーターは対象外と明記していないので、審査に通る可能性はあります。

現在なんらかの形で収入を得ている場合、大手消費者金融の審査に申し込む価値は充分あるのではないでしょうか。

銀行カードローンも申し込み可能だが審査基準が厳しい

お金を借りる先は消費者金融以外に銀行カードローンもあります。

銀行カードローンと消費者金融の商品上の違いはほぼありませんが、審査難易度に関しては異なります。

具体的には、銀行カードローンは消費者金融に比べて審査基準が厳しいです。

これは銀行カードローンの貸付金利が消費者金融よりも低金利なことが多く、それだけ返済負担リスクが高くなります。

そのため審査基準を厳しくして融資対象者を厳選することで、銀行カードローンはリスクを減らすように努めています。

銀行カードローンの低金利は魅力的ですが、とにかく審査に通ってお金を借りたい状態であれば、やはり消費者金融を検討するべきではないでしょうか。

中小消費者金融は審査が甘いけど利息が高いので要注意

中小消費者金融は大手消費者金融と比較すると審査は甘いです。

審査が甘い理由は知名度が低く顧客獲得が難しいことと利息を高めに設定して返済負担リスクを抑えているためです。

借りるときは審査が甘い中小消費者金融は魅力的ですが、返済になると苦しくなるので利用する前によく考えなければなりません。

また、大手消費者金融では当たり前になってきた無利息期間サービスをしていない中小消費者金融も多いです。

利便性に関しても大手消費者金融のように自動契約機がないことも多く、あらゆる面で大手消費者金融に劣っている部分が目立ちます。

信用情報に傷もつくのでおすすめできません

中小消費者金融でお金を借りて高い利息になり、返済に遅延したり滞納したりすると信用情報機関にキズがつきます。

信用情報機関にキズがついた状態はいわゆるブラックと呼ばれるもので、今後ローンの審査を受けるときに著しく審査に通ることが厳しくなります。

目先の借入だけを考えて将来的にローンを組めなくなると困ることも多いはずです。

中小消費者金融の利用が絶対にいけないわけではありませんが、審査に申し込む前にあらためて返済時の利息について考えることが大事でしょう。

アルバイト・フリーターは限度額の上限が低くなる

アルバイト・フリーターの人は消費者金融の審査に通ることはありますが、どうしても借入可能限度額が低くなりがちです。

理由は、会社員や公務員に比べると信用性が低いことと年収が低いケースが多いことです。

したがって審査に通ったところで限度額の上限は低いことがよくあります。

具体的には、50万円以下の限度額になりやすく、これは50万円以上の融資を希望すると収入証明書類の提出が必須になり審査基準が厳しくなるためです。

ここから考えられることは、50万円以下の貸付に関して消費者金融はそこまで重要視していないということです。

信用の低いアルバイトやフリーターの場合は、借入限度額50万円以下になると予想しておいてはいかがでしょうか。

総量規制をオーバーしないように要注意

消費者金融は、貸金業法の総量規制を遵守しています。

貸金業法の総量規制とは、年収の1/3以上の融資を禁止した法律です。

おまとめローン等の一部のローンは対象外ですが、一般的なキャッシング・カードローンは貸金業法の総量規制の範囲内でしか融資を行いません。

しかもこの年収の1/3以内の融資はすべての消費者金融の限度額を合算したものです。

たとえば、年収300万円の人がアコムで限度額100万円になっていると、他の消費者金融の審査に通ることは絶対にありません。

一方、年収300万円の人がアコムで30万円の限度額を組んでいる場合は、他社またはアコムで残り70万円までは審査に通れば借入できます。

すでに他社消費者金融で貸金業法の総量規制の限界まで借入している人は、他社消費者金融に申し込むことは無駄です。

銀行カードローンやクレジットカードのショッピング枠等その他の方法で対処できないか検討するようにしましょう。

アルバイト・フリーターが消費者金融の審査に通りやすくするコツ

アルバイト・フリーターの人は、消費者金融の審査に申し込む前に以下のコツを知っておけば審査に通る可能性を高められます。

  • 申し込み限度額をなるべく低く設定する
  • 一度に複数の消費者金融へ申し込まない
  • 在籍確認に対応できるようにしておく
  • 審査に落ちたあとは半年間は期間をあける
  • 勤続年数が半年を超えて申し込む

それでは、それぞれのコツについてもう少し丁寧に解説していきましょう。

申し込み限度額をなるべく低く設定する

申込限度額は自由に選べますが、高い限度額を設定するよりも低い限度額を設定するほうが審査は通りやすくなります。

高い限度額になればなるほど返済負担リスクは高くなるため、なるべくリスクを抑えるために低い限度額を希望している人のほうが審査を通します。

また、借入希望額50万円以上の場合は収入証明書類の提出が必須です。

これは法律の問題もありますが、審査が厳しくなることを意味していますので、最大でも50万円以下の借入限度額を希望するべきでしょう。

もちろんそれ以上の限度額でなければ意味がない場合は除きますが、必要最低限の借入限度額を希望したほうが審査に通る可能性があります。

一度に複数の消費者金融へ申し込まない

一度に複数の消費者金融へ申し込むと怪しまれてしまいます。

審査に落ちたときの事態を考えて複数社に申し込む気持ちはわかりますが、審査に落ちやすくなるため本末転倒の行為です。

そこまでお金に困っているのかと思われたり、借りるだけ借りて返さないのではと思われたりするリスクがあります。

複数の消費者金融に申し込んでも審査に通ることはありますが、審査通過の可能性を少しでも高めたいのであればまずは1社のみ審査を申し込むようにしましょう。

在籍確認に対応できるようにしておく

消費者金融の審査では原則的に電話による勤務先への在籍確認があります。

在籍確認に成功しないかぎりは契約を結ぶことができないので重大な事柄です。

電話での在籍確認は、申込者本人あるいは勤務先の人が在籍していることを証明してくれれば完了します。

自身が電話に出れる環境であれば問題ないですが、もしも電話に出れない場合は勤務先で電話に出る人が在籍していると回答してもらう必要があります。

消費者金融の在籍確認では、審査担当者が申込者の名前を聞くだけで消費者金融名を告げることはないのでバレることはまずありません。

ただ事前に電話に出る可能性が高い人に在籍確認の電話がある旨を伝えておけば間違いなく成功するでしょう。

その場合はもちろん消費者金融の在籍確認と言う必要はなく、クレジットカード作成のための在籍確認とでも伝えておけば恥ずかしい思いをしなくてすむはずです。

審査に落ちたあとは半年間は期間をあける

消費者金融の審査に落ちたときは、最低でも半年間は審査に申し込むべきではありません。

すぐに審査に申し込んだところで基本的に属性に変化はないので審査に落ちるだけです。

半年程度期間が空けば収入が増えているかもしれませんし、勤続年数が増えているメリットがあります。

このような理由から審査に落ちたときは、半年間以上の期間が経ってから申し込むほうが審査に通る可能性があります。

勤続年数が半年を超えて申し込む

勤続年数半年未満では、審査での評価につながりません。

半年以上の勤続年数で初めて評価になりますが、1年未満でもまだ評価にならないでしょう。

勤続年数に関しては長ければ長いほど評価がされるのが実情です。

したがって、就職あるいは転職してすぐに審査を受けたところで評価が低くなることは間違いありません。

最低でも勤続年数半年を超えてから審査に申し込むようにしましょう。

アルバイト・フリーターにおすすめ消費者金融

アルバイト・フリーターにおすすめの消費者金融は、以下の会社です。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル

上記の消費者金融は大手で知名度や利便性も高く、これまで消費者金融を利用したことがある人もない人も安心して使えます。

それでは、各おすすめの消費者金融の魅力について解説していきましょう。

プロミス

プロミス

プロミスは、安定した収入があればアルバイト・フリーターでも審査に通ります。

WEB完結から自動契約機まで幅広い審査申し込み方法があり、利便性は高いです。

最短審査は30分で、営業時間内であればスムーズに審査を完了できます。

最大限度額500万円、金利は年4.5%~17.8%、最大30日の無利息期間サービスがあります。

上限金利が年17.8%で他社大手消費者金融に比べて少し点は低いメリット。

また、専用ローンカードがなくても借入ができるため、郵送物が家に届くと困る場合でも安心して利用できるでしょう。

プロミスの審査基準を教えます!審査に落ちる人の特徴と対処法

アコム

アコムでも、安定した収入があればアルバイト・フリーターでも審査に通ります。

WEB完結や自動契約機のむじんくんまで複数の審査申し込み方法から選択できます。

また、最短審査は30分以内で急ぎの出費にも対応しやすいスピーディさです。

最大限度額は800万円、金利は年3.0%~18.0%で、最大30日の無利息期間サービスがあります。

消費者金融では珍しくクレジットカードの発行も行っており、カードローンよりもクレジットカードのほうが必要な場合はそちらに申し込んでも良いでしょう。

また、楽天銀行の口座を所有していれば24時間365日最短1分で振込融資をしてくれるため、そういった面での利便性も高いのではないでしょうか。

アコムのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説

アイフル

アイフル

アイフルも上記2社と同じく安定した収入があればアルバイト・フリーターでも審査に通ります。

アイフルも他社同様に複数の審査申し込み方法がありますが、最大の魅力はお急ぎ専用のフリーダイヤルを用意していることです。

お急ぎ専用のフリーダイヤルに電話すれば優先的に審査をしてくれるため、急いでいる場合でも対処してくれる可能性が高いでしょう。

最大限度額は800万円、金利は年3.0~18.0%、最大30日の無利息期間サービスもあります。

とにかく優先的に審査を受けたかったり急いでいたりする場合は、アイフルを第一に検討してみてはいかがでしょうか。

アイフルの審査基準を徹底解説!審査に落ちる理由と対処法