審査ゆるい・通りやすいカードローンなら中小消費者金融!即日融資も可能な業者を徹底紹介

審査のゆるい、通りやすいカードローンを探しているのであれば、中小消費者金融のカードローンがおすすめです。

実は審査のゆるいカードローンの見極め方があることをご存じですか?

このページでは、審査のゆるい、通りやすいカードローンに関する情報を徹底解説しています。

審査のゆるいカードローンや、審査に通りやすいカードローンを探している人は必見の内容です!

審査ゆるい、審査に通りやすいカードローンなら中小消費者金融!

審査がゆるい、通りやすいカードローンを探すのであれば、まずは中小消費者金融から探すことをおすすめします。

  • フクホー
  • キャッシングエイワ
  • キャレント
  • キャッシングアロー
  • セントラル

中小消費者金融は、大手消費者金融よりも審査がゆるい、通りやすいカードローンである傾向があります。

優良な顧客は大手消費者金融に流れてしまうため、中小消費者金融は大手消費者金融の審査に落ちた人に融資をしないと運営ができないのです。

大手消費者金融の審査基準に満たない人にも門戸を広げているため、中小消費者金融のほうが大手消費者金融よりも審査がゆるい傾向にあるのです。

フクホー

フクホー

申し込み条件
  • 20歳以上であること
  • 定期的な収入があること
  • 返済能力を持っていること
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 住民票の原本
審査にかかる時間 最短1時間
融資金の使用用途 自由
契約期間 不明
限度額 最大200万円
保証会社 なし

フクホーは大阪に拠点を持つ、業界では老舗に分類される中小消費者金融です。

全国から申し込むことができることに加え、契約書類をコンビニで受け取ることができるのが人気の否決となっています。

審査も比較的柔軟に対応しています。

準大手といわれることも多いフクホーですが、やはり大手消費者金融から流れてきた顧客を獲得しなくてはならないのです。

そのため、フクホーは審査がゆるい、通りやすいカードローンであるといえるでしょう。

フクホーのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

キャッシングエイワ

キャッシングエイワ

申し込み条件
  • 20歳以上79歳未満であること
  • 安定した収入があること
  • 返済能力が備わっていること
限度額 最大50万円
金利 17%~19%
返済方法 元利均等返済方式
遅延損害金 19.94%
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 印鑑(シャチハタ以外)
担保や連帯保証人の有無 不要
審査 必須
保証会社 なし
即日融資 可能

キャッシングエイワは1961年創業の老舗中小消費者金融です。

現在は全国に20店舗以上を構え、規模の拡大を続けています。

キャッシングエイワの審査は他社と比較してゆるいです。

一般的な通りやすいカードローンの申し込み条件が「年齢が20歳以上65歳以下」であるのに対し、キャッシングエイワでは年齢の上限を79歳まで引き上げています。

これは幅広い層に融資をおこなうということであり、審査がゆるいことがわかります。

しかし、キャッシングエイワでは対面与信での審査をおこなっています。

そのため、キャッシングエイワを利用するのであれば来店をする必要があるため、注意しましょう。

キャッシングエイワのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

キャレント

キャレント

申し込み条件
  • 法人を設立してから1年以上経過していること
  • 資金使途が事業のためであること
必要書類
  • 本人確認書類
  • 登記事項証明書
  • 事業計画書
  • 収支計画書
  • 資金計画書
  • 決算書
審査時間 最短30分
融資金の利用用途 事業資金としての利用であれば自由
契約期間 最長10年
限度額 500万円まで
保証会社 なし

キャレントは来店不要かつ全国どこでも利用することができるビジネスカードローンです。

14時までに申し込みを済ませておけば、即日融資を受けることもできます。

キャレントの審査は、ビジネス用カードローンの中でもゆるい傾向にあります。

大手消費者金融と比較するとやはり審査の柔軟さが目立ちます。

しかし、事業者向けのカードローンということで、手続きに時間がかかることも事実です。

提出書類も一般的なカードローンよりも多いため、審査を受ける前に諸々の準備をしておかないとならないでしょう。

キャレントのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

キャッシングアロー

キャッシングアロー

申し込み条件
  • 年齢が20歳から65歳であること
  • 健康保険に加入していること
  • 他社の返済に遅れていないこと
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書
審査時間 最短45分
融資金の利用用途 自由
契約期間 1年間
限度額 200万円まで
保証会社 株式会社アロー

キャッシングアローは融資のスピードが非常に速い中小消費者金融です。

最短45分で申し込みから融資まで済ませることができるため、すぐにでもお金を借りる方法を探している人にはおすすめします。

キャッシングアローの審査も、大手消費者金融のカードローンと比較すると審査がゆるい、通りやすいカードローンであるといえます。

最大限度額が200万円までと設定されているため、限度額が高めに設定されているカードローンよりも審査がゆるく、通りやすいのです。

返済能力さえ備わっていれば利用することができるため、大手消費者金融のカードローンの審査に落ちたら、通りやすいカードローンであるキャッシングアローの審査に申し込むことをおすすめします。

キャッシングアローのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

セントラル

株式会社セントラルのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

申し込み条件
  • 20歳以上70歳未満であること
  • 定期的な収入があること
  • 返済能力が備わっていること
  • その他セントラルの基準を満たしていること
必要書類 本人確認書類
審査時間 最短30分
融資金の利用用途 自由
契約期間 最長で4年間
限度額 300万円まで
即日融資 可能

セントラルは、中小消費者金融であるのにもかかわらず大手消費者金融のカードローン並みのサービスを展開しています。

インターネットでも申し込みが可能で融資まで進めることができるため、自宅で簡単に融資を受けることができるのです。

セントラルの審査はゆるい、つまり通りやすいカードローンです。

自己破産をしていたり、債務整理をしていたりしても、審査を受けた時に返済能力があれば融資を受けることができます。

ブラックでも利用できるということで、人気のある通りやすいカードローンです。

株式会社セントラルのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

大手消費者金融のカードローンは審査がゆるいわけではない

大手消費者金融のカードローンは、中小消費者金融のカードローンと比較して審査が厳しい傾向にあります。

  • アイフル
  • アコム
  • レイクALSA
  • プロミス

以上の4社は審査がゆるいわけではないものの、安心して利用することができるカードローンです。

中小消費者金融のカードローンと比較して通りやすいカードローンとはいえませんが、安心感やサポート体制という面からみれば、中小消費者金融を圧倒します。

アイフル

アイフル

アイフルは来店せずに即日融資を受けることができます。

女性専用のカードローン商品も扱っているため、老若男女誰でも利用しやすいカードローンであるといえます。

審査基準が明確に公表されていないため、通りやすいカードローンかどうかをはっきりと断定することはできません。

しかし、信用情報に問題がなく、融資額相応の返済能力が備わってさえいれば融資を受けられる可能性が高いです。

審査には24時間インターネットから申し込むことができるため、即日融資にこだわらないのであれば仕事終わりにでも利用することができるカードローンです。

アイフルの審査を受ける前に知っておきたいアイフルの全知識

アコム

アコムは業界でもトップクラスのシェアを誇る大手消費者金融です。

「はじめてのアコム」というキャッチフレーズの通り、初めてカードローンを利用する人にはアコムをおすすめします。

アコムでは審査基準を明確に公開していないため、こちらも審査基準を断定することはできません。

しかし、少なからず安定した収入がないと、アコムの審査に通過することはできません。

基本的には申し込み条件を満たしていれば申し込むことができ、大きな問題がなければカードローンを利用することができます。

そのため、相応の準備さえしておけばアコムは審査がゆるい、通りやすいカードローンであるといえるでしょう。

アコムの審査を受ける前に知っておきたいアコムの全知識

レイクALSA

レイクALSA

レイクALSAは新生銀行グループである新生ファイナンシャル株式会社が運営している大手消費者金融のカードローンです。

スマホ完結ができるため、その利用しやすさが魅力となっています。

仮審査は申し込んですぐ、融資の可否を決める審査時間は最短で30分で終了するため、急いでいる人にはおすすめのカードローンです。

しかし、中小消費者金融と比較すると審査に通りやすいカードローンというわけではありません。

コンピューターと人間による審査があるため、ちゃんと審査基準をクリアしていないとカードローンを利用することができません。

レイクALSAの審査通過率は他社と比較して低いため、審査がゆるい、通りやすいカードローンであるというわけではないのです。

レイクALSAの審査を受ける前に知っておきたいレイクALSAの全知識

プロミス

プロミス

プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が運営している大手消費者金融のカードローンです。

銀行系のカードローンということで、安心感はあるものの、審査は厳しい傾向にあります。

プロミスの審査基準も、他の大手消費者金融のカードローン同様審査基準を公表していません。

そのため、申し込み条件を満たし、返済能力を証明できるようにしておくことが最低限の対策となります。

プロミスは返済能力がないと判断したら容赦なく審査落ちとするため、審査がゆるい、通りやすいカードローンであるというわけではないのです。

プロミスの審査を受ける前に知っておきたいプロミスの全知識

審査ゆるいカードローンを見極めるポイント

ここからは、審査がゆるいカードローンを見極める方法を解説していきます。

  • 金利が高ければ高いほど審査がゆるい
  • 積極的なサービスを展開している
  • 審査基準から通りやすいカードローンを判断することはできない

審査がゆるいカードローンにはそれぞれ特徴があります。

審査に通りやすいカードローンを探すためには、その特徴が出ているかどうかを確認することが一番手っ取り早いのです。

そのため、ここからは審査がゆるい、通りやすいカードローンかどうかを見極めるポイントを3つ解説していきます。

金利が高ければ高いほど審査がゆるい

金利が高ければ高いほど、審査はゆるい傾向にあります。

金利の高さは審査のゆるさに比例するのです。

金利が高いと、回収する債権の額が大きくなります。

しっかり回収すればカードローン会社からすると大きな利益になります。

逆に低金利のカードローンを返済能力のない人に提供してしまうと、貸し倒れのリスクが高まります。

金利を高くしておけば貸し倒れのリスクも防げるため、金利が高ければ高いほど審査がゆるい、通りやすいカードローンであると判断できるのです。

積極的なサービスを展開している

積極的なサービスを展開していることも、審査のゆるいカードローンの特徴です。

顧客がちゃんと集まっている場合、自らの身を切って積極的なサービスをする必要がありません。

しかし、なかなか顧客が集まらないカードローンがあることも事実です。

顧客を集めないと運営をしていくことはできないため、運営が苦しいカードローンは積極的なサービスを仕掛けるのです。

顧客集めに困っているということはある程度審査もゆるいため、通りやすいカードローンであるということです。

そのため、積極的なサービスを展開しているカードローンは、審査がゆるい、通りやすいカードローンであるといえます。

審査基準から通りやすいカードローンかどうかは判断できない

審査基準から通りやすいカードローンかどうかを判断することはできません。

基本的にカードローンの審査基準が公表されることはないことが前提です。

審査基準を公開してしまうと、公開した基準に沿った対策を立てられてしまい、本来融資をするべきではない人に融資をしてしまうリスクが発生します。

そのため、大手消費者金融のカードローンに限らず、中小消費者金融のカードローンも審査基準を公開することはないのです。

審査基準から通りやすいカードローンかどうかを判断することはできないため、先述した他の特徴を確認することで探らなくてはなりません。

審査がゆるいカードローンの審査に通りやすい方法

ここからは、審査がゆるいカードローンの審査に通りやすい方法を解説していきます。

  • 他社からの借り入れをできるだけ減らしておく
  • 属性情報を見直す
  • 申し込み時期を考える
  • カードローンのキャンペーン期間を狙う

以上の4点を実行するだけで、審査がゆるいカードローンの審査に通りやすくなります。

どれも簡単に実行できるため、審査のゆるいカードローンを探している場合はぜひ試してみましょう。

他社からの借り入れをできるだけ減らしておく

他社からの借り入れをできるだけ減らしておくことで、審査のゆるいカードローンからの印象を良くすることができます。

他社からの借り入れは多ければ多いほど、返済できないリスクが高いと判断され、審査に通りにくくなります。

そのため、審査のゆるいカードローンの審査に通りやすくするためには、他社からの借り入れをできるだけ減らしておくことが大事なのです。

借入総額を減らすことができなくても、借り入れ件数だけでも減らすだけでも印象は全く変わります。

そのため、審査を受ける前に他社からの借り入れをできるだけ減らしておくことが重要なのです。

他社からの借り入れを減らすならおまとめローンがおすすめ

複数社からの借り入れをしている場合は、おまとめローンの利用がおすすめです。

おまとめローンとは、複数社からの借り入れを1社にまとめるサービスで、金利や返済日の負担を減らすことができます。

おまとめローンは一度複数社からの借金を肩代わりすることになるため、審査がゆるいわけではありません。

しかし、審査に通ってしまえば借金の負担が減るため、一度審査を受けることをおすすめします。

カードローンをまとめたい人におすすめの「おまとめローン」について解説!

属性情報を見直す

審査のゆるい、通りやすいカードローンの審査に申し込む際には、自分の属性情報を見直しておくことをおすすめします。

属性情報とは、個人の

  • 年収
  • 居住形態
  • 勤務先の情報
  • 家族構成
  • クレジットカードの利用履歴
  • 健康保険証の種類
  • 他社からの借り入れ

など、その人の基本情報のことをいいます。

これらの属性情報を見直し、少し改善するだけでも、審査のゆるい通りやすいカードローンであれば劇的に変わってきます。

ここからは、属性情報ごとのチェックポイントを解説していきます。

年収

年収面で確認しておくべき点は「総量規制に引っかかっていないか」です。

総量規制とは、貸金業法によって定められた法律です。

年収の3分の1以上の借り入れを禁じるもので、この総量規制に引っかかっている場合は、それ以上の新規の借り入れができません。

貸金業者は総量規制に引っかかっている場合は100%貸してくれないため、年収面でのチェックポイントは「総量規制に引っかかっていないかどうか」なのです。

居住形態

居住形態における最高評価を得られるのは持ち家です。

持ち家があると、仮に返済ができなかったとしても持ち家を売却することで債権を回収できるためです。

しかし、持ち家がない人も少なくありません。

賃貸に住んでいる場合は、居住年数が長ければ長いほど好印象となります。

そのため、引っ越し費用のためにカードローンを利用したいのであれば、 引っ越す前に審査に申し込むことがおすすめです。

勤務先の情報
  1. 公務員
  2. 正社員
  3. 契約社員
  4. 派遣社員
  5. アルバイト
  6. パート
  7. 自営業

の順で点数が高く評価されます。

収入が安定すればするほど、審査にも通過しやすくなるということです。

そのため、まずはアルバイトを始めてみたり、正社員を目指してみたりすることでスコアリングの点数を高く見込めます。

家族構成

未婚よりも既婚のほうが、スコアリングの点数は高くなります。

これは家庭を持っていることで、夜逃げをする可能性を低く見積もることができるためです。

また、未婚の中でも一人暮らしより実家暮らしのほうが審査では高評価を得られます。

こちらも同様の理由で、夜逃げをする可能性がなく、仮に夜逃げをしたとしても家族から債権を回収できるためです。

家族構成は見直しようがない部分もありますが、頭に入れておきましょう。

クレジットカードの利用履歴

クレジットカードの利用履歴が良好だと、審査のゆるいカードローンの審査ではプラスになります。

クレジットカードの利用履歴は信用情報に残ります。

良好な履歴を残していれば、「ちゃんと返済する人である」という認識を与えることができます。

クレジットカードの利用履歴を良くするためには、確実な決済履歴を残すことが重要です。

信用情報に決済額は残らず、決済ができたかできなかったかという記録のみ残ります。

そのため、100円でもクレジットカードを利用して決済することで、クレジットカードの利用履歴を良くすることができるのです。

健康保険証の種類

国民健康保険に加入している人よりも、社会保険や組合保険に加入している人のほうが、審査を有利に進めることができます。

社会保険や組合保険に加入するためには、一定の条件を満たしていなくてはなりません。

この条件はカードローンの審査にも通じるものがあるため、カードローンの審査も通りやすいものになるのです。

他社からの借り入れ

他社からの借り入れは少なければ少ないほどカードローンの審査に通りやすいです。

先述したように、他社からの借り入れが少ないと、返済できないリスクを小さく抑えることができます。

そのため、他社からの借り入れが少ないと、カードローンの審査に通りやすいのです。

申し込み時期を考える

申し込みの時期を変えるだけでも、カードローンの審査に通りやすい傾向にあります。

いわゆる繁忙期に申し込むことで、審査も簡略化され、基準もゆるいことがあるのです。

消費者金融系カードローンと銀行系カードローンではおすすめの申し込み時期が違います。

そのため、申し込みたいカードローンの審査がゆるいと考えられる時期に審査に申し込むことで、通りやすいカードローンに様変わりする可能性があるのです。

消費者金融系カードローンなら3月がベスト

消費者金融系カードローンの審査がゆるいと考えられる時期は、決算時期やボーナスの時期と重なる

  • 3月
  • 6月
  • 12月

です。

新規の申し込み者が減るため、審査をゆるい基準まで引き下げ、通りやすいようにしている傾向にあるためです。

消費者金融側が忙しい時期や、利用者がお金に困らない時期には融資の件数自体が減るため、ゆるい審査基準を設けているのです。

消費者金融系カードローンの利用を検討しているのであれば、3月、6月、12月が審査に通りやすいといえます。

銀行系カードローンなら決算のタイミングに合わせる

銀行系カードローンの利用を検討しているのであれば、銀行の決算の時期と重なる3月がおすすめです。

銀行の決算は非常に忙しいため、おのずと審査もゆるいものになりがち。

そのため、相手が切羽詰まっているときに申し込むことで、審査に通りやすい銀行系カードローンに申し込むことができるのです。

カードローンのキャンペーン期間を狙う

カードローン会社が新規顧客集めのためのキャンペーンを打ち出しているときは、ゆるい審査基準で申し込むことができるチャンスです。

キャンペーン期間中に申し込むことで、無利子で借り入れができる期間ができたり、利息を押さえられたりすることができます。

審査に通りやすいだけなく、審査に通った後も好条件で利用することができるのです。

ゆるい審査基準で審査を受けたい場合には、キャンペーンを打ち出している会社が通りやすいカードローンであるという目星をつけて申し込むようにしましょう。

カードローンの審査に通らない人の特徴3つ

ここからは、カードローンの審査に通りにくい人の特徴3つを解説していきます。

  • 虚偽の申告をした
  • 他社からの借り入れが多い
  • 信用情報に問題がある

以上の特徴に該当する場合、いくら基準がゆるい、審査に通りやすいカードローンであったとしても審査に落ちる可能性が高いです。

注意点も併せて確認していきましょう。

虚偽の申告をした

虚偽の申告をすると、審査のゆるいカードローンであっても審査に通過することができません。

虚偽の申告は詐欺に当たります。

虚偽の申告の度合いがひどいものになると、場合によってはカードローン会社から訴訟を起こされる可能性があります。

そうなってしまっては、もう審査のゆるい、通りやすいカードローンどころの話ではありません。

前科を背負う可能性もあるため、虚偽の申告は絶対にしないようにしましょう。

他社からの借り入れが多い

他社からの借り入れが多いと、審査に通りやすいカードローンであったとしても落ちる可能性があります。

借入額が多ければ多いほど、返済の負担は大きくなります。

カードローン会社からすると、自分の債権を回収できないリスクが大きくなるのです。

そのため、審査のゆるいカードローンであればある程度まで審査に通ることはできますが、多すぎると審査に通ることができません。

他社からの借り入れが多い場合は、まずそれを減らす努力をしましょう。

信用情報に傷がある

信用情報に問題があると、審査がゆるい、通りやすいカードローンだったとしても利用することができません。

具体的には金融事故や延滞、滞納です。

過去に事故情報として登録されるようなことを起こしていた場合、返済をしない可能性があるとして審査が慎重になります。

審査基準がゆるいカードローンも同様です。

いくら基準がゆるい、通りやすいカードローンだったとしても、返済できない人に融資はしません。

信用情報は回復するまでに最低でも5年間はかかります。

信用情報が原因で審査落ちをしたと考えられる場合は、カードローン以外の他の方法を試すようにしましょう。

即金で今すぐお金を作るには?とにかく今日中にお金を手に入れる方法

審査のゆるい、通りやすいカードローンを見極めよう

審査のゆるい、通りやすいカードローンは、それぞれ共通の特徴があります。

通りやすいカードローンを見分けるためには、その特徴を探すことが一番手っ取り早いのです。

審査に通りやすいカードローンを見つけてしまえば、比較的簡単に融資を受けることができます。

審査基準の緩いカードローンを探し、充実したカードローン生活を送りましょう!