キャッシングアローのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

キャッシングアロー

消費者金融のキャッシングアローでは幅広い方々に融資を行っています。

事業規模の大きな消費者金融ではありませんが、中小ならではの特徴を持っているのが魅力です。

そんなキャッシングアローのメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。同業他社との比較による特徴も紹介しているため、参考にしてみてください。

キャッシングアロー詳細情報(スペック表)

申し込み条件 20歳から65歳までの方で健康保険に加入している方
他社の返済が遅れている状態の場合は申し込み不可
必要書類 本人確認書類、所得証明書類
審査時間 最短45分
当日から翌営業日まで
利用用途 原則として自由
契約期間 1年(自動更新)
限度額 200万円まで
保証会社 株式会社 アロー

キャッシングアローのメリット

  • 融資までのスピードが速く最短45分で審査を通過できることもある
  • 審査の難易度が大手よりも低めに設定されている
  • 申し込みのための手段が多く用意されている

融資までのスピードが速く最短45分で審査を通過できることもある

キャッシングアローの大きな特徴の1つとなっているのが、その審査のスピードです。

最短で45分というスピードを実現しており、急いで借りたいという方にもうってつけと言えるでしょう。

審査スピードは消費者金融としての規模に影響を受けることが多く、大手のほうが有利と言われることもあります。

しかし、キャッシングアローは大手消費者金融に匹敵するほどの審査スピードとなっています。

遅い時間帯に申し込んだ場合は当日融資を受けられない可能性もありますが、そうでない限りは基本的に即日融資を受けられることが多いです。

即日融資を受ける可能性を上げたいという場合は、平日の昼間に申し込むのが有効となります。

審査の難易度が大手よりも低めに設定されている

キャッシングアローでは、大手消費者金融の審査に落ちてしまった方でも利用できるように、審査の難易度を低めに設定しています。

大手消費者金融は名前がよく知られているので申し込み者を集めやすいですが、キャッシングアローをはじめとする中小消費者金融の場合はどうしても不利になってしまいます。

そこで、審査難易度を下げることによって大手との差別化を図っているという部分もあります。

これまでにローンで審査落ちを経験した方であっても、キャッシングアローであれば審査通過の可能性があると言えるでしょう。

ただし、信用情報に致命的な問題がある場合など、どうしても審査に通りようがないケースもあることには注意が必要です。

キャッシングアローでは、どういった方に貸付を行っているか、具体的な情報をホームページ上で公開しています。

申し込みのための手段が多く用意されている

消費者金融を利用する際には、申し込みのための手段の数が非常に重要となります。

たとえ金利が優れていたとしても、申し込みにくければ不便となってしまうからです。

キャッシングアローの場合は、インターネット、ファックス、郵送という3つの申し込み手段が用意されています。

24時間365日申し込みに対応しているので、非常に申し込みやすいと言えるでしょう。

なるべく早く利用したいという方はインターネット、ネット環境がない方はファックスか郵送を選ぶということも出来ます。

全国どこに住んでいても申し込める点も大きなメリットとなっており、幅広い方がキャッシングアローを利用しています。インターネットからの申し込みはパソコンのみならず、スマートフォンからも行うことが出来ます。

ただし、高度な個人情報を扱うことになるので、申し込みの際には公共Wi-Fiなどを使わないほうが安全と言えるでしょう。

キャッシングアローのデメリット

  • 少額融資向けの金利が高めに設定されている
  • 無利息キャッシングを利用することができない
  • 自動契約機がない

少額融資向けの金利が高めに設定されている

キャッシングアローの金利は15.0%から19.94%となっており、総合的に見ればそれほど金利が高いわけではありません。

しかし、低額融資の際には最大金利である19.94%が適用されることになるため、高金利だと感じる可能性があります。

消費者金融のなかには、最大金利を18%前後にしているケースがあるため、それと比べると高めに設定されていると言えるでしょう。

少額融資を利用する場合は金利の高さを踏まえて、なるべく返済期間を短くするなど金利負担を軽減することが重要となります。

高額の融資を利用する場合は15%前後の金利が適用されるケースが多いため、金利面のデメリットが薄まると言えます。

ただし、借り入れ額が多くなると、そのぶんだけ審査の難易度は上がるので、金利を下げたいからと言って高額の融資を申し込むのが正解とは限りません。

バランスを考慮して申し込みを行うことが重要となります。なお、最低金利にあたる15%も大手に比べると高めとなっています。

無利息キャッシングを利用することができない

キャッシングアローには無利息キャッシングの期間などはありません。初回であっても借り入れを行うと必ず金利が発生します。

大手のなかには、無利息キャッシング期間を設け、お得に利用できる機会を提供しているケースがありますが、キャッシングアローの場合はそのような仕組みがないことに注意しておきましょう。

その他にも、初回の利用を優遇するような制度は一切ありません。初めての方も何度も利用している方も同様のシステムのなかで融資を受けることになります。

利用回数にかかわらず無利息にならないことは平等とも言えるかもしれませんが、利用者のハードルを若干上げてしまっている部分もあります。

自動契約機がない

大手消費者金融のなかには、自動契約機を設置することで簡単に契約を結べるようにしているところもあります。

しかし、キャッシングアローには自動契約機がありません。それゆえに、必ずスタッフとの対面で契約を結ぶ必要があります。

自動契約機がないデメリットはある一方で、キャッシングアローは基本的に365日24時間体制で申し込みを受け付けており、いつでも対応してくれるので自動契約機がないことのデメリットはかなり軽減されています。

中小の消費者金融のなかにも自動契約機設置の動きがあるため、キャッシングアローにおいても自動契約機を今後設置する可能性はあると言えるでしょう。

キャッシングアローの審査基準は他社より甘い?

キャッシングアローの審査基準は他社より甘めとなっている部分があります。

その理由の1つとしては、最大限度額が低いことが挙げられます。最大限度額が低いということは消費者金融にとって貸し付けを行う際のリスクが低いということになります。

それゆえに、そこまで厳しい審査が行われる可能性は高くないでしょう。また、キャッシングアローが中小消費者金融であることも審査難易度の低さに繋がっています。

中小消費者金融が厳しい審査を行ってしまうと、顧客を大手に取られやすくなります。

それゆえに、中小の消費者金融は大手が貸付を行わないような方にも融資を行えるように、審査のハードルを下げています。

それがキャッシングアローの審査基準においても反映されており、これまでに他の金融機関の審査で落ちてしまった方にもチャンスがあると言えるでしょう。

キャッシングアローでは、利用者の仕事内容や雇用形態以上に、返済能力を重視して審査を行う傾向があります。

そのため、アルバイトやパートの方も利用できる可能性が高いです。ただし、月々の収入差が大きい場合は審査でやや不利となります。

審査が甘いキャッシングランキング!即日融資も可能な消費者金融

キャッシングアローの金利は他社より高い?

キャッシングアローの上限金利は19.94%となっていて、これは大手消費者金融と比べて高めの水準となっています。

無利息キャッシングの期間もないので、返済期間によってはかなり金利が高いと感じてしまう可能性もあります。

下限金利は15%となっていて、こちらは上限金利ほど極端な水準ではありません。

しかし、下限金利であっても決して低いというわけではないので、キャッシングアローを利用する際には金利に注意する必要があると言えるでしょう。

返済期間が長いと金利負担が大きくなるため、金利負担を減らしたい場合は返済期間を短くすることが大切です。

キャッシングアローは返済しやすい?

キャッシングアローでは店舗で直接的に支払うことも、ATMを利用して返済することも可能となっています。

返済手段が多いため、返済しやすいと言えるでしょう。ただし、自動引き落としには対応していないことに注意しておきましょう。

返済出来るタイミングを覚えておき、そのタイミングに合わせて確実に返済していくことが大切です。

返済額は最低返済額以上借入残高以下であれば、自由に決めることが出来ます。

一定のペースで返していくのか、一気に返済するのかの選択をすることも可能となっています。

返済方式

キャッシングアローの返済方式は、残高スライドリボルビング方式となっています。

これは借り入れ残高に合わせて返済額が適用される方式であり、月々の返済額にばらつきが少ないという特徴を持ちます。

月々の返済額が大きく上下することが少ないため返済計画は立てやすいですが、臨時返済などを利用しない限り、ずるずると返済期間を延ばしてしまう恐れがあります。

最長で5年間の返済に対応していますが、返済期間が長くなると実質的な金利負担が増すので、その点に注意しておく必要があると言えるでしょう。

返済日

キャッシングアローでは、返済日を5日、10日、15日、20日、25日のいずれかから選択することが出来ます。

返済日は申し込みの際に決定されますが、後から申請することによって変更することも可能となっています。

いずれの返済日を選んだ場合でも、その日が金融機関の休業日にあたる場合は、翌営業日に持ち越しとなります。

連休などが重なると返済日が大幅にずれることもありますが、その際には事前にキャッシングアローのホームページ上で告知されます。

返済日において1度目の確認の際に支払いが行われていなかった場合、その日のうちにもう一度確認が行われます。

2度目の確認においても未支払いとなっていたときには滞納という形になってしまいます。返済がどうしても出来ないときは、返済日までに相談することが大切です。

キャッシングアローの借り入れ方法

キャッシングアローでは、銀行振り込みによる借り入れを採用しています。

問い合わせ先に連絡をして、借りたい額を伝えることで銀行振り込みが実施されます。連絡から実際の振り込みまでには少し時間差があるので、余裕をもって連絡することが重要となります。

振込手数料は利用者負担となっています。ローンカードが存在せず、ATMからの借り入れには対応していません。

キャッシングアローの営業時間帯であっても、銀行が営業をしていなければ振り込みが反映させるまでに時間がかかることもあります。

その点に注意しながら融資を依頼することが重要です。ATMでは1日に取り扱える金額に限度があるため、その点に気を付けて利用することが大切と言えるでしょう。

キャッシングアローへ申し込んだ人の口コミ

申し込み年 2017年
年齢 29歳
職業 アルバイト
年収 150万円
利用目的 就職活動中の生活資金
希望限度額 40万円

私はアルバイトをしていますが、このままでは生活が厳しいと思ったので就職活動を開始しようと思いました。就職活動中はアルバイトが出来なくなることがあるので、カードローンを利用することによって凌ごうと考えましたが、審査に全くと言っていいほど通らないという問題が発生しました。そんなときに見つけたのがこのキャッシングアローです。キャッシングアローを利用できたことにより、現在は既に就職活動を開始しています。

申し込み年 2016年
年齢 41歳
職業 パート主婦
年収 50万円
利用目的 子供の学費
希望限度額 20万円

私には2人の子供がいます。ある年、どうしても学費に支払う分のお金が足りない年がありました。私はパートしか収入源がないので、一般的なカードローンや大手消費者金融の審査は通らないのではと考えていました。そんな中でキャッシングアローは融資を行ってくれたので良かったです。キャッシングアローを利用したことで学費の支払いを済ませることが出来ました。

申し込み年 2015年
年齢 26歳
職業 会社員
年収 150万円
利用目的 就職活動中の生活資金
希望限度額 100万円

私は会社員をしていますが、入社以来給料が大きく上がったことがありません。そこでスキルアップをして給料を上げようと考えました。そんなときに知ったのがキャッシングアローの存在です。キャッシングアローは中小消費者金融であり、大手より審査難易度が低そうでした。審査結果はその日のうちに伝えられ、満額での融資を受けられることが決まりました。借りたお金で今はスキルアップのためのスクールに通っています。