SMBCモビットの審査を大手消費者金融と徹底比較!あなたにぴったりの消費者金融はどこ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日][最終更新日]

天秤の写真

「SMBCモビットの審査は早いの!」「SMBCモビットの審査は通りやすい!」と紹介するサイトは多いですが、どれも個人的主観によるものなので正確な情報とはいえません。

そもそもSMBCモビットに限らず、消費者金融の審査の仕組みは一部しか公開されていないので、具体的な数字を提示することはできないのです。しかし公開されている情報を比較することで、どちらが審査に通りやすいのか、どちらが審査は早いのかといったことは分かります。

そこで今回は、SMBCモビットと大手消費者金融の審査を比較して、各業者の審査を詳しく解析していきます。

大手消費者金融の審査スペック一覧

業者名 審査通過率 審査時間
アコム 46.6% 最短30分
プロミス 42.5% 最短30分
アイフル 41.8% 最短30分
SMBCモビット 非公開 10秒簡易審査

※2017年月時点で公表されているデータです。

基本的に大手消費者金融の審査は最短で30分、審査通過率は40%~50%であることが分かります。

SMBCモビットは本審査にかかる時間や審査通過率は公表されていませんが、各業者と比較して解析していきましょう。

アコムとSMBCモビットの審査を比較

まずは日本最大手の消費者金融であるアコムとSMBCモビットを比較します。歴史・規模ともにSMBCモビットを大きく上回るアコムですが、審査にはどのような違いがあるのでしょうか。

審査の通りやすさはアコムに軍配

アコムの審査通過率は2016年7月時点で48.0%と業界内では最も高いです。

宣伝広告など新規顧客の獲得に力を入れているSMBCモビットですが、さすがにアコムより審査通過率が高いとは考えられません。

アコムは三菱UFJ銀行グループの傘下に入ったことで、資金調達が容易になり、多少リスクのある顧客にも積極的に融資を行うようになりました。同じ上限金利で貸し付けを行うSMBCモビットの審査通過率がアコムに勝つというのはあり得ません。

よって審査の通りやすさはアコムに軍配が上がりました。

審査時間はSMBCモビットの方が早い?

SMBCモビットのWEB完結申し込みは、10秒簡易審査があり、電話連絡もないので審査時間は最速と言われています。そのためWEB完結申し込みを利用出来る方は、SMBCモビットの方が早く審査は終わるでしょう。

通常のネット申し込みであれば、SMBCモビットとアコムに大差はないと思われ、混雑状況に応じてどちらが早いかは変わるでしょう。

また自動契約機で申し込む場合、アコムの方が設置台数が多いだけでなく、ノウハウを多く積んでいることから、アコムで申し込んだ方がスムーズに審査は終わるでしょう。

まとめ

確実に審査に通りたいという方にはアコムがおすすめです。しかし手早く審査を終わらせたいという方で、WEB完結申し込みを利用できるのであればSMBCモビットの方がおすすめです。

SMBCモビットのWEB完結申し込みの利用条件などは、こちらの記事で紹介しています。
SMBCモビットでWEB完結の審査を受ける方法とは?

またアコムともSMBCモビットを金利などさらに詳しく比較した記事はこちらです。

SMBCモビットとアコムの審査・金利・返済を徹底比較

プロミスとSMBCモビットの審査を比較

SMBCモビットとプロミスは同じ三井住友銀行グループの会社なので、似ている点が多くあります。しかし審査スペックにも微妙な違いがあるので比較してみましょう。

審査はSMBCモビットの方がスムーズに終わる?

SMBCモビットの審査システムはプロミスを参考にしているので、審査基準に大きな違いはありません。

しかしプロミスの方が上限金利は0.2%低いので、その分プロミスの方が審査は通りにくくなっています

キャッシングでは金利が高い方が審査は甘く、金利が低い方が審査は厳しくなります。最初に紹介した審査スペック一覧を見て分かるように、一番上限金利が低いプロミスが最も審査通過率は低くなっています。これは金利の差が大きく影響しているのです。

審査時間もSMBCモビットが優勢…?

SMBCモビットはWEB完結申し込みが有名ですが、プロミスも実はWEB完結申し込みに対応しています。しかしSMBCモビットには10秒簡易審査があるのに対し、プロミスでは明記されていません。そのためWEB完結申し込みでいえばSMBCモビットの方が早いと考えていいでしょう。

通常のネット申し込みでは両者大差はないので、審査スペック以外を見てどちらがいいか選ぶといいでしょう。

まとめ

両者よく似た審査システムを採用しているので、審査の通りやすさもかかる時間も大きな差はありません。しかしWEB完結申し込みを利用するならSMBCモビットがおすすめです。

またプロミスは審査こそ通りにくいですが、上限金利が低いというメリットもあります。審査に自信があるならプロミスに申し込んでもいいでしょう。

プロミスとSMBCモビットをさらに詳しく比較した記事はこちら。

SMBCモビットとプロミスを審査・金利・返済など5項目で比較!

アイフルとSMBCモビットの審査を比較

大手消費者金融の中で、唯一銀行グループに属さずに独立しているのがアイフルです。そのため独自の審査基準を持っており、申し込み者の状況によっておすすめ度は大きく変わってきます。

審査の通りやすさはややアイフルが優勢?

金利を見ても、SMBCモビットとアイフルで審査の通りやすさに差はほぼないと思われます。しかしアイフルは顧客満足度が高く、親身なサービスが人気を呼んでいます。そのため、審査もアイフルの方が柔軟に対応してくれるかもしれません。ただし数字上はアイフルとSMBCモビットの間に差はないので、審査の通りやすさ以外で比較するといいでしょう。

審査スピードはSMBCモビットの方が早い!

SMBCモビットのWEB完結であれば、アイフルのネット申し込みよりも確実に審査は早いです。

電話連絡なしで本人確認の電話を省略できるのは非常に有利です。

また通常のネット申し込みでも、SMBCモビットは10秒簡易審査もあるので、その後の手続きを早く終わらせることができます。申し込みから借入までのスピードもSMBCモビットの方が早いでしょう。

まとめ

初めて消費者金融を利用するのであればアイフル、急いでお金を借りたいならSMBCモビットがおすすめです。審査の通りやすさには大差ないので、特に急いでいないという方は自分の感覚で選んでもいいでしょう。

アイフルとSMBCモビットを比較した記事はこちらです。

SMBCモビットとアイフルの審査・金利・返済を徹底比較

大手消費者金融とSMBCモビットを比較した結果

審査スピードを重視するならSMBCモビットがおすすめです。WEB完結を利用できるのであれば、SMBCモビットで申し込むのが最速でしょう。

審査の通りやすさに関しては業者によって違うので一概にはいえませんが、基本的に金利の高い業者は審査に通りやすいと覚えておきましょう。

また大手消費者金融には無利息期間といったサービスが充実しているので、選ぶ際には審査だけでなくサービスもチェックした方がいいでしょう。

おまけ:銀行カードローンとSMBCモビットの審査を比較

業者名 審査通過率 審査時間
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 非公開 最短30分
三井住友銀行カードローン 非公開 最短30分
新生銀行カードローン「レイク」 35.5% 最短30分
オリックス銀行カードローン 非公開 最短即日
みずほ銀行カードローン 非公開 最短即日
ソニー銀行カードローン 非公開 最短60分

近年では銀行カードローンでも即日融資可能なところも増えており、サービス面でも消費者金融に近づきつつあります。しかし審査だけでいえば、まだまだSMBCモビットの方が優位といえるでしょう。

審査の通りやすさを比較

銀行カードローンは基本的に審査通過率は公表していないので、なかなか審査基準を推し量ることは難しいです。

しかし銀行カードローンのほとんどがSMBCモビットよりも金利は低いため、消費者金融よりも審査基準は厳しくなります。

中には上限金利18.0%付近で融資を行う銀行もありますが、SMBCモビットより審査に通りやすいとは考えられません。

返済リスクの高い顧客への貸付は、長年のノウハウと知識が必要だからです。審査の通りやすさでいえば確実にSMBCモビットの方が優位です。

審査スピードで比較

審査スピードでもSMBCモビットの方が確実に早いです。即日融資可能な銀行カードローンは増えていますが、10秒簡易審査で回答できる銀行はまだありません。

将来的には銀行カードローンも消費者金融も審査スピードは変わらなくなるかもしれませんが、今のところ消費者金融の方が確実に審査はスムーズに終わるでしょう

まとめ

確実に審査に通りたいのであれば、銀行カードローンよりも消費者金融です。

しかし近年では業界全体での貸し付け残高は銀行カードローンの方が上回るようになり、銀行が新規顧客をどんどん獲得している時代となりました。

今のところ消費者金融の方が審査はスムーズに終わりますが、数年後には変わっているのかもしれません。
※この記事は2017年5月に作成されました。