プロミスの返済方法をはじめての方にも分かりやすく解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

プロミスの返済方法

プロミスは毎月返済日までに返さなければ遅延扱いとなり、追加の利息を取られてしまいます。

利息が増えるのは返済額が多くなる問題を抱えてしまうため、絶対に避けなければなりません。

そこで返済日についてしっかり理解し、確実に返済できる状況を作っておきましょう。

ここではプロミスの返済日について説明するほか、返済方法も紹介します。

返済方法は複数用意されているため、できる限り自分が使いやすい返済方法を取り入れるといいでしょう。

プロミスは毎月返済日までに返済しなければならない

プロミスは毎月返済日までに返さなければなりません。これは契約で決められており、返済しないのは契約違反となります。

さらにプロミスでは返済日を過ぎてしまった場合、遅延損害金を適用して追加の利息を取るようにしており、更に多くの支払いを求められてしまいます。

定められている返済日までにしっかりとお金を返して、確実に遅延損害金を回避しなければなりません。

遅延損害金を取られてしまうのは一番駄目なことですし、信用情報にも傷がついてお金が借りられなくなってしまいます。

安心して借入を続けるためにも、プロミスは毎月返済日までにしっかり返済を完了させておきましょう。

返済日は3つの日程で用意されており、返済日を選びやすくしているのはいいところでしょう。

ただ、初回の返済まではかなり短い期間になる可能性もあるので、慎重に返済日を選ぶようにしてください。

2回目以降は返済までの日数が30日程度は取られるため、返済自体は簡単にできるでしょう。

返済日は毎月5日・15日・25日から選択可能

プロミスが定めている返済日は、毎月5日と15日、25日です。一部の消費者金融が月末に返済日を定めている場合もありますが、月末は設定されていません。

つまり3つの返済日から自分の給料日などに合わせて、確実に返済しなければなりません。

なお、1日でも返済日を超えてしまった場合、遅延損害金の対象となります。

返済日の設定ですが、給料日が月末に設定されているなら5日がおすすめです。

給料日から一番近い返済日を設定しておけば、お金に余裕を持たせられるからです。さらに給料を得てからすぐに返済に動けるというメリットもあります。

月末に給料を受け取るなら5日にしておきましょう。

15日は給料日が15日の前に設定されるなら選んでもいいですが、あまり使う機会はないかもしれません。

15日に設定すると、給料日次第では返済がかなり厳しくなってしまいます。

できれば15日を選ぶよりも25日か5日のどちらかで選んだほうがいいでしょう。

15日を選ぶ場合は、給料日が近いので返済しやすいという判断ができる場合に限って使ってください。

給料日によりいつでも返済日を選べるのがいいところです。自分がいいと思える日程を選び、確実に返済を完了させましょう。

初回借入から返済日までが返済期間

初回の借入をした場合、次の返済日までが返済期間です。

初回の借入日によっては、返済日がかなり近くなってしまい、すぐに返済をしなければならない場合もあります。

返済日の設定は慎重に考えたほうがいいですが、それ以上に返済日が給料日の近くにあるという条件をしっかり考えたほうがいいでしょう。

1回目の借入だけは、定めた返済日によって自動的に返済期間が決まります。

この返済期間は1ヶ月以上に達している場合もありますが、中には15日程度しか返済日が用意されておらず、返済までに2週間程度しか余裕が得られないのです。

返済日に余裕が得られない場合は、かなり返済が厳しくなる可能性もあります。

しっかり返済日までにお金を準備しておきましょう。

返済期間がかなり短くなる可能性も含めて、返済日の設定や借りるタイミングはしっかり考えたほうがいいでしょう。

短い返済期間でしっかりお金を準備できるかどうかも重要なポイントです。

2回目からは毎月所定日までに返済すればOK

2回目からは指定された返済日までに返しておけば問題ありません。返済期間は30日程度用意されているので、返済自体は続けやすいでしょう。

更に、返済日も自分が決めた日程で返しやすく、お金に余裕のあるタイミングで返済できます。返済に関連する問題は、初回よりもかなり小さくなるでしょう。

2回目以降の返済日を変更したい場合でも、返済日の変更を申し出れば簡単に変更できます。

自分が返済を楽にしたいと思っているなら、返済日を変更していいところで返しておきましょう。

どうしても返済日に不満があるなら、早々に変更して返しやすいタイミングに変えるのもいい方法です。

なお、2回目以降は返済日にかなり余裕があります。

早めに返済しておく方法もかなりいい手法ですが、お金にしっかり余裕を持ってから返済するように心がけてください。

プロミスの返済方法は5種類

プロミスは返済方法を5つ用意しています。

返済方法をしっかり理解して、自分に合った方法を選んだほうがいいでしょう。

特に返済日を忘れる可能性がある場合は簡単な方法を選んでください。

返済方法として一番楽に設定されているのがインターネット返済です。

インターネット返済はネットバンクを利用して返済する方法で、簡単にお金を返せるメリットがあります。

ネットバンクを持っていない人は、ATMによる返済が認められているので、ATMまで行ってお金を返す方法も考えてください。

他には口座振替も準備されています。口座振替は返済方法としては手軽で、毎月指定された日にお金を返済します。

ATMやインターネット返済では忘れてしまうと感じているなら、口座振替を選んだほうがいいでしょう。

ただ、口座振替にも問題点があるのでよく考えてください。

他にも様々な方法が用意されているので、自分に合った返済方法を考えて、毎月の返済を実施していくといいでしょう。

インターネット返済が一番手軽

一番簡単な方法として、インターネット返済があります。

ネットバンクを経由して支払いを実施する方法で、24時間対応しています。

さらに365日返済ができる良さを持っており、いつでも返済できるメリットを持っています。

デメリットとしてはネットバンクを持っていないと返済できない点です。

ネットバンクは主要な銀行に対応しているものの、地方銀行のネットバンクでは対応していないケースもあり、返済方法として採用できない問題もあります。

自分の銀行口座が対応しているかしっかりチェックしてください。

毎月の返済方法として、パソコンからいつでも返せるのはインターネット返済だけのメリットです。

ただ、毎月自分で返済をしなければならないという問題があるので、返済日を忘れやすい人には向いていないかもしれません。

うっかり忘れが怖いなら口座振替がおすすめ

返済日を忘れる問題が多く、遅延損害金を過去に支払っているなどの傾向があるなら、口座振替を選んでください。

口座振替は銀行口座を登録し、登録した口座から毎月支払ってもらう方法です。

自動的に返済日にお金を返済するので、返済忘れが起こらないのがいいところです。

しかし、銀行口座にお金が残っていない場合は返済できず、知らないうちに返済日が過ぎている場合もあります。

一応プロミスから連絡は入りますが、すぐに対処できない場合は遅延損害金の対象となります。

銀行口座にお金をしっかり入れるように心がけていないと、返済できない可能性があるので注意してください。

うっかり忘れが多い人にはとてもいい方法ですし、口座振替であれば毎月の返済は確実に実施されます。

ただ、最終的に支払う利息が多くなるデメリットもあるので、返済がある程度進んだら口座振替から別の方法を考えてもいいでしょう。

返済計画を相談したいならお客様サービスプラザ

返済計画を相談するため、お客様サービスプラザを利用する方法もあります。

お客様サービスプラザでも返済が実施できるほか、返済計画を相談して一番理想的な方法で返済できます。

これまで返済方法を上手に考えられなかった方はもちろんのこと、安心して返済したいと思っている方にも相談できる相手がいるのはいいことでしょう。

しかし、お客様サービスプラザは日本全国に存在しません。

限られた地域でしか利用できないため、地方の人は使える方法ではありません。

都市部の人は使いやすいかもしれませんが、地方では他の返済方法を考えてください。

相談できるなら何度も相談して、自分が一番いいと思っている返済方法を使ったほうがいいでしょう。

理想的な返済計画が立てられれば、返済に不安は持たないはずです。

全国のコンビニATMからも返済可能

全国にあるコンビニATMでも返済ができます。

プロミスは多くのコンビニと提携しており、返済したいと思っている時に返済できます。

返済にはプロミスのカードが必要なので、返済したい場合はカードを持っていくようにしてください。

コンビニの場合、営業時間であれば返済はほぼ実施できます。

ただ、一部のコンビニATMは返済できない時間が深夜帯に存在しているため、深夜に返済したいと思っている人は気を付けてください。

更に手数料を取られる問題があります。コンビニATMは提携しているATM扱いとなっており、所定の手数料を支払わないと利用できないのです。

返済額が手数料で増えてしまうので注意してください。

簡単に返済できる利点はあるものの、手数料という問題点があるのでしっかり考えて利用しましょう。

すぐに返済したい、近くで返済できる場所を得たいと思っているならコンビニへ行ってください。

マルチメディア端末なら24時間返済可能

一部のマルチメディア端末から返済できる場合もあります。

全てのマルチメディア端末が対応しているわけではありませんが、利用すれば24時間返済が実施できます。

いつでも返したいと思っているなら、まずはコンビニで提供されているマルチメディア端末を探してもいいでしょう。

コンビニATMと同じく、提携しているマルチメディア端末は手数料が必要な場合もあります。

また、コンビニの営業時間によっては返済できない時間帯もあります。

24時間営業のコンビニなら深夜でも返済できるので、まずはいつでも営業している場所を探しておきましょう。

コンビニATMよりも返済方法が若干複雑な傾向もあり、コンビニATMを使っている人が圧倒的に多いのも事実です。

ただ、返済方法として覚えておけばいつでも返せる利点はあります。

返済日前に必ずプロミスの返済方法を確認しよう

返済日前に返済方法の確認をしてください。

自分が採用している返済方法以外で返してしまうと、プロミス側とトラブルが起きる場合もあります。

また、返済方法を間違ってしまったため、返済扱いとされない場合もあります。

確実に返済を完了させるため、返済方法を確認してから返してください。

返済方法は自分で変更できるため、今の返済方法が合わないと思っているなら一番いい方法に変えてしまいましょう。

会員ページで手続きをすれば、次の返済から新しい方法に切り替えられます。楽な方法に切り替えて負担を軽減させ、確実に返済を進めていくのです。

プロミスの金利は他社と比較して高い?利息はいくらかかるのか徹底解析!