消費者金融のおまとめローンをおすすめしない理由と返済に困ったときの対処法

消費者金融は通常のカードローン以外におまとめローンを提供しています。

おまとめローンはその名のとおり複数の借金を一本化するシステム。

貸金業法の総量規制の対象外でもあり、年収の1/3以上の融資も可能です。

一見すると消費者金融のおまとめローンは利点にばかり注目しがちですが、実はおすすめできない理由があります。

このページでは、消費者金融のおまとめローンのメリット・デメリットそして返済に困った際にするべき対処法についてわかりやすく解説していきます。

消費者金融のおまとめローンのメリットは毎月の返済額と多重債務にあり

消費者金融のおまとめローンのメリットは、以下の2点を挙げられます。

  • おまとめローンの利用で毎月の返済負担が軽くなる
  • おまとめローンで多重債務状態を解消できる

それでは、上記2点について詳しく解説していきます。

おまとめローンの利用で毎月の返済負担が軽くなる

消費者金融のおまとめローンを利用すれば、毎月の返済負担が軽くなる可能性が高いです。

たとえば、三社で50万円ずつ借入していたとして、いずれも金利は年18.0%と仮定します。

そのうえで、とあるA社のおまとめローンの利用で借金を一本化して150万円の借入で金利が15.0%に適用されれば、毎月の返済負担がかなり軽くなることは言うまでもありません。

このように消費者金融のおまとめローンを利用すれば、金利負担の側面から毎月の返済額が軽くなる可能性があるでしょう。

消費者金融のおまとめローンで多重債務状態を解消できる

消費者金融のおまとめローンを利用すれば多重債務ではなくなります。

多重債務者のデメリットは、他のローンを利用するときに借入件数が多いということでデメリットになってしまいます。

しかし、おまとめローンを利用すれば借入件数は確実に減るため、借入件数が多いと判断される可能性を解消できます。

また、気持ちの面でも返済先が複数社から一社あるいは二社というように減ることで気楽になるかもしれません。

このように消費者棋院雄のおまとめローンは多重債務状態を解消できるため、今後のローンの審査や気持ちの面でメリットがあります。

おまとめローンのデメリットは金利と追加借入にあり

消費者金融のおまとめローンのデメリットは、以下の2点を挙げられます。

  • おまとめローンの金利は高いケースがある
  • おまとめローンは追加で借入ができなくなる

それでは、上記のデメリットについて解説していきましょう。

消費者金融のおまとめローンの金利は高いケースがある

おまとめローンの金利のほうが通常のカードローンの金利よりも高く設定しているケースがあります。

多重債務者は通常のカードローンの審査に通りづらいので、その弱点を考えたうえでの措置かもしれません。

もちろん法律上の制限があるので通常のカードローンと比較してほんの少し金利が高いだけですが、それでもデメリットになるのは事実です。

また、毎月の返済額が減ったものの返済期間が長くなる場合もあるでしょう。

返済期間が長くなれば該当期間は金利がかかり続けるので、利息の支払い総額が増えてしまうことは決して珍しくありません。

このように消費者金融のおまとめローンは金利面でデメリットになる可能性があります。

消費者金融のおまとめローンは追加で借入ができなくなる

消費者金融のおまとめローンはあくまで返済専用のローンです。

通常のカードローンは返済すれば利息を除いた金額を新たに借入できますが、おまとめローンは対象外。

多重債務状態を解消するためにおまとめローンを利用しているので借金が増えないことはメリットに感じる一方、いざというときに困ってしまうかもしれません。

それで新たにローンを組んだり闇金を利用したりすれば本末転倒でしょう。

このように消費者金融のおまとめローンは返済しても追加で借入できないデメリットについて覚えておくべきです。

おまとめローンとは?一本化のメリット・デメリット

消費者金融のおまとめローンの審査基準はどのくらい?

消費者金融のおまとめローンの審査基準は公開していません。

実際に審査基準を知るためには、審査に申し込む消費者金融の審査担当者に聞くしかないですが、あいにく回答してくれない仕様です。

消費者金融のおまとめローンの利用者は、全員が多重債務者です。

通常のカードローンに比べて対象者は全員が多重債務者になるので、通常の審査以上に厳しい目線で挑んでいる可能性が高いでしょう。

最も比較しやすい部分は、借入件数。

借入件数3社の人と借入件数5社の人では、借入件数の少ないほうが評価されます。

また、借入件数が少ないほうが借入総額も少ないケースが多いので、そういった側面でも評価は異なるでしょう。

異常のように消費者金融のおまとめローンの審査基準は非公開でも、事前になんとなく予想はできるということです。

消費者金融のおまとめローンの審査基準は金利でも予想できる

消費者金融のおまとめローンの審査基準は、適用される金利でも予想できます。

これは通常のカードローンにも言えますが、金利は高いほうが元金を早く回収しやすい性質なので、貸し倒れリスクを減らす効果があります。

したがって、消費者金融のおまとめローンの審査を受けるうえで、とにかく少しでも審査に通りたいのであれば、金利の高いおまとめローンを選ぶべきでしょう。

ただそもそも借金の返済負担を軽くするためにおまとめローンを利用するのに、金利が高いおまとめローンを選ぶことは違和感を覚えるかもしれません。

審査基準に重点を置くか金利に重点を置くかは、おまとめローンの利用者の考え方次第になるのではないでしょうか。

おまとめローンの審査に通らない!審査に落ちる理由と今後の対策

借金の返済に借金をするのは危険!

消費者金融のおまとめローンにかぎりませんが、借金の返済に借金をするのは危険です。

これはいわゆる自転車操業という状態で「先延ばしにすれば返済できる目途がいずれ立つかもしれいない」という考えの元に成り立っています。

たとえば実際に一定期間後に給料が増える予定があったり賞与をもらえたりするのであれば、計画的な先延ばしと言えます。

しかし大半はそうではなく無計画な先延ばしになるので、いずれは破たんしてしまいます。

このように借金の返済のために借金をすることは、問題の解決にはなりません。

返済困難になる前に債務整理を検討する

借金の返済困難になっている場合は、新たに借金をするのではなく債務整理を検討してみてはいかがでしょうか。

なんとなく借金をするよりも法律に頼るほうが難しく感じるかもしれませんが、そこは弁護士や司法書士といった専門家に依頼すれば解決します。

また、債務整理=自己破産しかないと勘違いしている人も少なくなりません。

実際のところ債務整理には以下の種類があります。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

以上のように自己破産以外にも借金を減らす手段を選択できます。

いずれの債務整理が適当なのかは本人の借金の状態により異なるため、法律の専門家に相談することで最適な方法をアドバイスしてもらえます。

このように借金の返済が困難になった場合あるいは困難になる前に、債務整理といっ方法を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ:消費者金融のおまとめローンよりも債務整理を検討

このページでは消費者金融のおまとめローンについて解説してきました。

消費者金融のおまとめローンはメリットもありますが、デメリットも少なくありません。

毎月の返済額が減って軽くなったと思っていたらトータルで利息負担が増えてしまったということはよくあることでしょう。

それでも完済できれば問題ないですが、すでに八方塞がりの状態であれば債務整理を検討してみるべきです。

債務整理を始めればとりあえず借金の返済はストップしますし、借金苦の生活から解放されます。

そのうえで自己破産を選ぶのか他の債務整理を選ぶのかは、本人の借金状況によって対処法は変わってくるでしょう。

まずは法律の専門家に自身の借金状況を相談したうえで最適な方法をアドバイスしてもらうことが大事です。

おまとめローンにおすすめ低金利の銀行・消費者金融ランキング!