モビットとプロミスを審査・金利・返済など5項目で比較!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日] [最終更新日]

モビットとプロミスは同じ三井住友銀行グループの会社ですが、サービス内容は色々と異なるので人によっておすすめは異なります。

そこでこの記事ではモビットとプロミスを、審査や金利など大切な5項目で徹底比較!

キャッシング選びに悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にして自分にあったカードローンを見つけてください。

それでは早速モビットとプロミスの審査から比較していきましょう。

モビットとプロミスの審査を比較!

審査スピードは互角!最短30分!

モビットとプロミスは同じ審査システム(属性スコアリングシステム)を採用しているので、審査スピードはほぼ変わりません。

しかしモビットでは10秒簡易審査サービスを行っており申し込んだ瞬間に審査の合否が分かります。急いでお金が必要な方には助かるサービスです。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ただし10秒簡易審査のあとには本審査(最短30分)を受けなければならず、審査結果に応じては融資が受けられないこともあります。過信は禁物です。

結果的にかかる時間は変わりませんが、一刻も早く審査結果を知りたいという方にはモビットがおすすめです。

審査基準はプロミスの方が若干厳しい?

モビットとプロミスではプロミスの方が若干審査基準は厳しいでしょう。

なぜならモビットの上限金利は18.0%であるのに対し、プロミスの上限金利は17.8%と若干低いからです。

キャッシングでは金利が低ければ審査は厳しくなります。

その証拠にアコム・アイフル・プロミスが公表している新規成約率のデータでは、上限金利が一番低いプロミスが、毎期4~6%程度審査通過率は低くなっています。

モビットは審査通過率を公表していないので、正確な数字で比較することはできませんが、金利から見てプロミスの方が審査基準は厳しいと考えていいでしょう。

 

モビットとプロミスの金利を比較!

上限金利はプロミスの方が0.2%低い!

前述したとおり、モビットの上限金利は18.0%、プロミスの上限金利は17.8%とプロミスの方が0.2%低いです。

上限金利は借入額の低いキャッシングで適用されるため、少額キャッシングであればプロミスの方がお得です。

一方モビットは下限金利が3.0%と低いですが、800万円まで借りなければ3.0%の金利は適用されません。

モビットなどの消費者金融は総量規制という規制があり、年収の1/3以上の貸し付けは禁じられています。そのためモビットから800万円融資を受けるには、年収が2400万円以上必要になるので現実的ではありません。

金利で比べればプロミスの方が確実にお得です。

プロミスには最大30日間の無利息サービスもある!

プロミスには最大30日間の無利息期間サービスもあります。

はじめてプロミスを利用する際には、初めての借入日から30日間利息が発生しないのです。

そのため30日以内に返済することができれば、利息を支払う必要もありません。

モビットには今のところ無利息期間サービスはないので、初回の借り入れでは圧倒的にプロミスの方が利息はお得になります。

モビットとプロミスを限度額で比較!

モビットは最大800万円まで借りられるけど…

モビットは最大800万円まで融資を受けることはできますが、総量規制があるので年収の1/3以上は貸付できません。

実際消費者金融の利用者の統計では、1社から300万円以上借りている人は非常に珍しく、平均は50万円程度です。

そのため消費者金融で限度額が高くても、大して意味はないと考えていいでしょう。

年収が1500万円以上あり、大口融資を必要としている方にはモビットがおすすめです。

モビットとプロミスを返済で比較!

どちらも返済日は5日・15日・25日・末日から選択

モビットとプロミスでも、返済日は毎月5日・15日・25日・末日から選ぶことができます。

給与が入るタイミングに合わせて設定できるので、お金に困っている時には助かります。

プロミスならどこでも口座振替返済が可能

モビットでは三井住友銀行しか口座振替返済ができませんが、プロミスであればどの金融機関でも口座振替返済ができます。

口座振替返済であれば返済日をうっかり忘れることがないので、心配な方にもおすすめです。

モビットとプロミスを使いやすさで比較

モビットにはWEB完結サービスがある!

モビットでは特定の条件を満たしておけば、WEB完結で契約手続きを終わらせることができます。

WEB完結申し込みであれば電話確認も一切ないので、家族や職場に内緒で融資を受けたい方にもおすすめです。

WEB完結申し込みを利用する条件は以下の通りです。

  • 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を開設している
  • 社会保険証か組合保険証を持っている

プロミスには瞬フリサービスがある

プロミスでは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座であれば、24時間即日振込が可能です。

通常のキャッシングであれば15:00以降は振込が反映されませんが、プロミスであれば夜中でも振込融資を受けることができます。

夜中急にお金が必要になることが多い方などはプロミスがおすすめです。

まとめ

モビットとプロミスは異なる特徴を持っているので、人によってどちらが適しているか異なります。

確実に審査に通りたいのであればモビットがおすすめですが、低金利のキャッシングを利用したいのであればプロミスがおすすめです。

自分の返済計画なども見直して、あなたに合ったキャッシングを選ぶようにしましょう。