プロミスはアルバイト・パートでも審査に通る?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

プロミスはアルバイト・パートでも審査に通る?

プロミスの審査に申し込みたいけど、アルバイトだから審査に通るか不安…。そんな人も多いのではないでしょうか。

でも、アルバイトやパートでも大丈夫です。一定の条件さえクリアすれば審査には通ります。

この記事では、アルバイトやパートの人がプロミスを利用する際に、おさえておきたいポイントと注意点をまとめました。

これから申込みを検討している人にも、以前審査に通らなったことがあるというアルバイトやパートの方にも是非参考にしていただければ幸いです。

プロミスは安定した収入があればバイト・パートでも審査OK

プロミスの申込は、正社員だけでなくアルバイトやパート、派遣といった雇用形態の場合でも審査が可能です。

でも、「正社員と比べて審査に不利になるのでは」と不安を抱える人も多いですよね。

確かに正社員に比べるとアルバイトやパートの方が不利です。では一体なぜ不利なのでしょうか。

ここでは、プロミスの申込条件から、審査で不利になる場合と有利になる傾向までを解説していきます。

プロミスの申し込み条件

まず、プロミスの公式サイトに記載のある申込み条件を確認してみましょう。

  • お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です
  • 主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です

との記載があります。

つまり、条件内の年齢で安定した収入があれば、アルバイトやパートでも「プロミスの審査に通れば利用ができる」ということです。

アルバイト・パート以外の派遣社員や契約社員でも、さらに主婦や学生でも仕事についていれば審査の対象になります。

プロミスの審査に必要な書類

次に、審査で必要となる書類ですが、基本的には本人確認書類のみでOK。

この書類はバイトやパートに関わらずプロミスで審査を受けるためには必ず必要です。

しかし50万円をこえる借入を希望する場合や他社との合計金額が100万円を超える場合は、本人確認書類に加えて、収入証明などの書類が必要となります。

■本人確認書類(下記いずれか)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

■収入証明書類(下記のうちどれか1点のみ)

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

プロミスの審査に必要な書類はコレ!申し込み前に要チェック!

毎月給与をもらっていれば安定した収入になる

プロミスでは正社員に限らず、アルバイトやパート・派遣であっても毎月給与を受け取る仕事であれば、安定した収入とみなされます。

そのため、雇用形態に関わらず収入さえあれば審査対象となり、通過すれば利用が可能です。

ここで重要なのは、自分に収入があるかどうかとなります。例えば専業主婦で夫には収入があるけど自分は働いていない。という場合は、自身の収入があるわけではないので申込み対象外のため審査を受けることはできません。

しかし、主婦であってもパートをしていて自身に収入のある場合は、申込み対象となり審査が可能です。

また、月によって収入の変動があったとしてもアルバイトやパートなどの場合、時給計算となることがほとんどのため心配無用で審査対象となります。

年収の1/3までしか借入できないので注意

アルバイトやパートであってもプロミスで借入ができる金額は年収に応じて決まります。なぜかというと、総量規制という法律で定められているからです。

この法律では、「年収の3/1までを借り入れの限度額とする」と決まっているため、アルバイトの年収が120万円であれば40万円までがプロミスの融資限度額となります。

また、これはプロミスのみの融資限度額ではなく、すべての消費者金融が対象です。

そのため、もしすでに他社で借入があるのであれば、他社の借入金額との合計で40万円までが借入限度額になります。

例えば、すでに他社で20万円の借入がある場合には、プロミスで借入ができるのは20万円が限度となるのです。

プロミスの在籍確認はバイト先に掛かってくる

アルバイトやパートの人がプロミスに申込む際に注意しておきたいのが、プロミスの審査のひとつである在籍確認です。

在籍確認は、申込書に記載されたアルバイト先で申込者本人が本当に働いているのかを確かめることで、電話で確認がおこなわれます。

もし、あまり面識のない社員の人などが電話を取る可能性が高いのであれば、電話がかかってくる前に自分あての電話があることを伝えておくとスムーズです。

プロミスの審査は在籍確認の電話が必要?電話はいつかかってくる?

在籍確認は個人名で掛かってくるから借金はバレない

カードローンの借入の申込をしていることや借金のことは、できれば誰にも知られたくないものですよね。

プロミスではその点の配慮も行き届いており、会社への在籍確認では担当者がプロミスの会社名を名乗ることはありません。

電話では個人名で「○○と申しますが、××さんはいらっしゃいますか?」といったような対応をしています。

万が一、会社名を聞かれたとしても「プロミス」と答えることはありませんので安心してください。

クレジットカードの在籍確認と言っておけば安全

いくら個人名で電話をかけてくると言っても、アルバイトやパートの人あてで会社に個人名で電話がかかってくるのは不自然ですよね。

実際、上司から根掘り葉掘り聞きだされ消費者金融への申込がバレてしまったという人もいるようです。

消費者金融からの借入がバレるのがどうしても心配だという方は、「クレジットカードの在籍確認」で電話があると伝えておきましょう。

その理由は、消費者金融などのカードローンに限らず、クレジットカードの発行審査の場合にも在籍確認が実施されるからです。

クレジットカードへの申込であれば、「ポイント目的で」といった言い訳もでき、印象も悪くならずに済みますよね。

本人が出なくても在籍が確認できればOK

在籍確認では必ず本人が電話に出なければいけないわけではありません。

本人が不在の場合でも、そこで働いているという確認が取れればよいのです。

例えば電話を取った人が「今は席を外している」という回答をした場合でも在籍確認はOKとなります。

プロミスの在籍確認の電話は、会社名を名乗ることなく個人名でかけてくれます。とはいえ、会社に個人名でかけてくること自体があまりないことですので、自分が電話に出ることができない可能性が高い場合には、あらかじめ確認の電話がかかってくることを伝えておくとスムーズです。

アルバイト・パートはプロミスの審査に通るのは難しい?

安定的な収入があるとはいえ、正社員に比べ社会的に安定している状態といえないのがアルバイトやパートです。

では、正社員に比べ、アルバイトやパートはプロミスの審査に通りにくいのでしょうか。また、どんな条件があれば通り安くなるのでしょうか。

以下で詳しく解説していきます。

正社員・公務員と比べると審査は不利になる

アルバイトやパートの場合、プロミスの審査では一般の正社員や公務員に比べると、やはり不利になることは間違いありません。

なぜならプロミスの審査では、安定した収入があり返済能力があるのかということがとても重要になるからです。

審査時には勤務先の情報や、雇用形態など、いくつかの情報が点数化され、その合計が基準に達しない場合に審査落ちとなってしまいます。

そこで点数が高いのは、アルバイトやパートに比べ正社員や公務員です。双方を比べるとどうしても不利になってしまいます。

勤続年数が短いと審査は不利になる

アルバイトやパートの場合、勤続年数も審査の重要なポイントになります。

勤続年数が1ヵ月だとやはり審査も通りにくくなってしまうのです。

できれば1年以上の勤続年数が望ましく、1年未満の場合には不利となります。

その理由は単純で、勤続年数が短い人は返済能力に疑問が残るからです。

勤続年数が短い場合には年収もさほど高くないとみなされ、さらに転職回数が多いのでは?あまり続かないのでは?と黄色信号が灯ることになります。

一方で、勤続年数が10年の人がいればもちろん安定しているとみなされるのは10年の勤続年数のある人ですよね。

社会保険に加入していると審査は有利になる

アルバイトやパートといった雇用形態に関わらず、一定の勤務条件があれば社会保険に加入することができます。

社会保険に加入している場合にはそれだけ安定性も見込めることから、審査のうえで信頼度が高く有利に働きます。

申込みの段階で、健康保険の種類を選択するようになっているため、社会保険に加入している場合は「社会保険証」欄にチェックをしましょう。

信用情報に問題があると審査は不利になる

社会保険に加入し勤続年数の長いアルバイトの場合でも、過去に携帯料金の滞納などがある場合には要注意です。

プロミスでは審査時に信用情報を照会し、これまでにカードローンの支払遅れがないかなど、事故情報のチェックが行われます。

他の消費者金融からの借入はもちろん、携帯料金や、クレジットカード払いにしている光熱費などの延滞がある場合には審査はほぼ通りません。

申込みの前に、支払い漏れがないか必ずチェックし、ある場合には支払い後に審査に申込むことがベストです。

プロミスの審査基準を教えます!審査に落ちる人の特徴と対処法