プロミスの審査は在籍確認の電話が必要?電話はいつかかってくる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

プロミスの審査は在籍確認の電話が必要?

プロミスのカードローンを利用する際には、申込審査が必要です。

申込審査では、書類提出や各種情報のほか、職場への在籍確認というプロセスがあります。

在籍確認は電話で行われることが多く、このプロセスが完了しないと融資を受けられないためご注意ください。

プロミスの審査での電話確認をスムーズに終わらせるためにはいくつかのコツがあります。

電話確認の工程で不都合があると、最終的に審査に通過できないリスクも高まるため要注意です。

そこで今回は、プロミスのカードローン審査における在籍確認について詳しく確認していきましょう。

在籍確認で聞かれる内容やいつ頃に電話がかかってくるかなど、在籍確認の詳細をまとめました。

これからプロミスのカードローン審査を受けようとお考えの方は、ぜひ今回の内容を参考にしてください。

プロミスの審査では在籍確認が必要なケースが多い

プロミスのカードローンに申込をしたときには、在籍確認が必要になるケースが多いです。

申込者の属性や収入状況によっては電話による在籍確認不要で利用可能なこともありますが、ほとんどの場合は在籍確認が必要になります。

プロミスの在籍確認は、審査プロセスの中でも重要なステップです。

プロミスに限らず、カードローン会社の審査の時には、申込者に融資したお金をきちんと回収できるかどうかがチェックされます。

申込情報として記入した勤務先に申込者が本当に在籍しているかどうかは、返済能力を確かめるために大切です。

万が一、勤務先として申請された情報が虚偽だった場合には、定期的な安定収入を得られていない危険性が高まります。

また、返済能力の有無以前に、間違った情報で申し込みをしている人には融資を行うことができません。

もし、実際には働いていない人や、申請した勤務先ではないところから収入を得ている人にお金を貸してしまうと、金融会社側が貸し倒れしてしまうリスクが高まるため危険です。

そのようなリスクが発生しないよう、金融機関と提携している審査会社は、在籍確認を重要視しています。

在籍確認の有無は申込時に通知されない

プロミスのカードローンに申し込んだ時に、一部の人は在籍確認をスキップして審査に合格することがあります。

しかし、在籍確認の有無は申込時に通知されることはありません。

ほとんどの申込者は基本的に職場への在籍確認が必要になるため、在籍確認が行われる前提で申込の準備を整えておくのがおすすめです。

在籍確認があるかどうかについてプロミスに事前に問い合わせをすることは可能ですが、審査の公平性を保つために回答してもらえない可能性が高いです。

やむを得ない特殊事情がある人以外は一般的な手順で申込審査を進めていくようにしましょう。

申込情報に問題がなくてもランダムで在籍確認は行われる

在籍確認が行われるかどうかをあらかじめ知ることはできません。

プロミスの申し込みの際に提出した情報に問題がないとしても、在籍確認が行われることがほとんどです。

特定の条件を満たしていれば在籍確認がスキップされるということはなく、申込者に対してランダムで在籍確認が行われます。

とはいえ、勤め先にきちんと在籍していて、そこから安定した給与をもらっているなら、神経質になる必要はありません。

在籍確認の電話にきちんと応じることができれば、問題なく審査に通過することができます。

プロミスの在籍確認は申込み後すぐに掛かってくることが多い

次に、プロミスの在籍確認の電話がかかってくるタイミングについて確認していきましょう。

プロミスの在籍確認の電話は、申込を行ったあとすぐにかかってくることが多いです。

Webや電話から申込を行った場合には、申込完了時点にもっとも近い営業時間中に在籍確認の電話がかかってきます。

申し込みが深夜や早朝など、審査会社の営業時間外の場合は、しばらくたってから電話がかかってくるため時間差に注意しましょう。

もし、申込から何営業日か経っても在籍確認の電話がかかってこない場合には、申込内容に問題があるかもしれません。

その場合は、プロミスの問い合わせ窓口に確認するようにしてください。

本人が出なくても在籍が確認できればOK

プロミスの在籍確認電話は職場にかかってきますが、必ずしも申込者本人が電話に出る必要はありません。

申込情報で記入した職場に在籍していることが確認できれば審査に通過できます。

なお、在籍電話確認の内容は本人が出ても他の社員の人が出ても変わりません。

在籍確認の電話がかかってくるときに、職場で電話に出られる人が誰も居なかったり、他の電話対応中で在籍確認の対応ができなかったりした場合には、時間や日を改めて2~3度かかってくることがほとんどです。

ただし、あまりにも多くの回数在籍確認の電話応対に失敗してしまうと審査に落ちてしまうのでご注意ください。

在籍確認の電話に出る担当者が自分以外の人になる可能性が高い時は、あらかじめ自分あてに電話がかかってくることを電話窓口の人に伝えておくのがおすすめです。

その際、カードローン審査の在籍確認だということは伏せておいて構いません。

もし心配な場合は仕事関連の電話だと伝えておくか、クレジットカードや住宅ローンなど、別の商品の在籍確認だという風に伝えておきましょう。

もし、どうしても自分以外の社員の人に在籍確認の電話応対されるのが嫌な場合には、この後に解説する時間指定によって、確実に自分が電話に出られる時間帯を決めておくのがおすすめです。

在籍確認では個人名しか名乗らない

プロミスの申し込み審査における在籍確認では、審査会社の人は個人名しか名乗らないという仕組みになっています。

「プロミス」などの会社名や審査会社の名前などを名乗ることは絶対にないため、安心して在籍確認の電話をかけてもらうことが可能です。

在籍確認の電話連絡を行う担当スタッフは、自身の個人名で電話をかけてきます。

そのため、電話口の応対によってカードローン審査に申し込んだことはばれません。

仮に、電話に出た社内の人が相手先の情報や要件を詳しく聞いたとしても、個人情報は徹底して守られるようになっています。

嘘の名前・社名を名乗ってもらうことはできない

なお、プロミスの在籍確認の電話連絡では、嘘の名前や社名を名乗ってもらうことはできないので要注意です。

在籍確認で自分がカードローン審査に申し込んだことがばれてしまうのが不安だと、ばれにくい名前や社名で在籍確認の電話をしてもらいたくなる人もいるかもしれません。

しかし、電話で虚偽の情報を名乗ってしまうと審査会社の人が罪に問われてしまうため、いかなる事情があっても嘘の名前は使用不可能です。

在籍確認の電話を担当するスタッフは、日ごろから様々な申込者の勤務先に電話確認を行っているプロですので、様々なケースに対応するスキルがあります。

個人情報保護法の観点からも、審査会社からの在籍確認電話によって申込者のカードローン申し込みがばれることはありません。

事前に相談すれば在籍確認の時間は指定可能

プロミスの在籍確認の電話は、大まかな時間を指定することができます。

申込をした後に、まずは申込時の電話番号あてに本人確認の連絡がかかってくるため、その時に在籍確認の希望時間を伝えるようにしましょう。

ただし、在籍確認の日時指定は、厳密に指定することはできません。

ピンポイントで日時を決めるという形ではなく、「何日から何日の午前」や「午後1時から3時までの間」などの幅を持った指定となります。

もし、会社で電話に出られる人が居ない時期や時間帯がある場合には、その時間帯以外に指定するようにしましょう。

プロミスからの在籍確認の会話例

プロミスの在籍確認の電話の会話例をご紹介します。

在籍確認の電話内容は担当するスタッフによって異なるため、必ず以下の通りにかかってくるとは限りません。

ただし、あらかじめある程度内容を知っておけば、スムーズな対応が可能です。

在籍確認の審査担当者
「お世話になっております。〇〇(個人の名前)と申します。△△様(申込者の名前)はいらっしゃいますでしょうか?」

電話口に出た人
「現在席を外しております。折り返しお電話いたしましょうか?」

在籍確認の審査担当者
「いえ、それではメールでご連絡させていただきますので、折り返しいただかなくて結構です。ありがとうございました。」

上記のような形で、もし本人が出られない場合でも、会社に在籍していること自体が確認できれば完了となります。

このほか、本人が出た場合や、本人に電話を引き継いだ場合にも、在籍確認は無事に完了です。

増額審査でも在籍確認は必要?

プロミスのカードローンの利用を開始した後、限度額の増額審査を行う場合に改めて在籍確認が必要になる場合があります。

特に、勤務先が変わっていたり、収入状況が減っていたりする場合には在籍確認の電話連絡が必要な場合が多いです。

増額審査の在籍確認の手順は、新規申し込み時の在籍確認の手順と同じですので、新規申し込み時に問題が無ければ2度目も問題ありません。

電話連絡なしならモビットのWEB完結申込みもおすすめ

今回は、プロミスの審査時の在籍確認について解説しました。

もし電話による職場への在籍確認をされたくない事情がある場合は、WEB完結で申し込みができるモビットもおすすめです。

必要に応じて、適切なカードローン会社で申し込みをするようにしましょう。

プロミスのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説