プロミスの返済に遅れそう・延滞してしまったときの対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

プロミスの返済に遅れそう

プロミスの返済に送れそうになったら、黙っていないでプロミスに相談しましょう。

プロミスに相談すると、どのような方法で対処したほうがいいのか説明してくれるほか、返済を待ってくれるかもしれません。

まずはプロミスに相談して、現在の状況を説明しておくのです。

ただ、返済が遅延すると様々な部分で問題が起きてしまいます。一番の問題はプロミスから発生する遅延損害金です。

遅延損害金はかなり多くの利息を取られてしまうので、返済額が急激に増えてしまいます。

返済に問題が起きないように気を付けましょう。

プロミスの返済に遅れそうなときの対処法

プロミスの返済に遅れそうなら、まずは電話をしてプロミスに現状を告げてください。

何も言わないで遅延状態となると、プロミスの対応はかなり悪くなってしまいます。

より安心してプロミスを使い続けるためには、まずはプロミスに相談して問題点を話し合ったほうがいいのです。

電話をしても遅延している状態は変わらないものの、返済期限を過ぎても電話をしてこないなど、少しだけなら待ってくれます。

電話による督促を何度も受けてしまうと、精神的にも辛い思いをする可能性があるので、精神的に安心して生活するためにもプロミスへ相談したほうがいいでしょう。

プロミスへの返済がしっかりできない場合は、まずは相談して現状を告げ、遅延している状態でもいいから返済を待ってもらうしかありません。

何も連絡しないで遅延状態に入るより、何かを告げて遅延状態に入ったほうが安心して返済が実施できる可能性も高いのです。

プロミスの返済額はどれくらい?借入額ごとに変動するので借りすぎには要注意

プロミスコールに電話して返済期日の延長を相談する

プロミスは電話による相談窓口を設けています。この場所をプロミスコールと呼びますが、プロミスコールに電話をして返済期日を延長してもらうように相談します。

返済期日を延ばしたとしても、従来までの返済日に返していないので遅延損害金の対象になります。

従って返済期日を延ばすという連絡は、プロミス側に返済日を確約して督促の連絡を避けるために使うものと考えてください。

電話による連絡を受けた場合、プロミス側は返済日をしっかり考えて延長を認めるか判断します。

返済日が近いと判断できれば返済期日は延び、明らかに遅いと判断されれば延長は認められず、プロミス側が求めた期日までに返済しなければなりません。

なるべく早い時間までに返せるように心がけてください。

プロミスコールに電話をしないで遅延状態に入ると、返済遅延でプロミス側が悪いイメージを持ってしまいます。

返済遅延自体が良くない状態ですが、返済遅延後にしっかり相談できる状態と作っておけば安心して返済ができるかもしれません。

2週間程度であれば待ってもらえる可能性大

返済期日ですが、2週間程度であれば待ってもらえる可能性があります。

2週間を超えるようになると、さすがにプロミスも返済日が遅すぎると判断してもう少し早めるように要求しますが、2週間程度なら待ってくれるのです。

2週間も待ってくれるのはかなり安心できる部分ですし、電話もほとんどかかってこなくなり生活に支障もきたしません。

返済日は10日程度の日数を提示して、この期間までに返済すると確約してください。

返済日を確定させると、次はその日までに返済をしなければなりません。お金の準備などをしっかり済ませて、確実に返済が完了するように心がけましょう。

なお2週間を超えた返済日を希望すると、プロミス側から強制的に返済日を確定させる可能性があります。

あまりいい日程を告げられない場合もあるので、2週間以内で返済できる期日を告げてください。

14日以内に入金できるなら自動音声でも対応可能

14日以内に入金できる保証があれば、自動音声でも対応してもらえます。オペレーターとの連絡だと、どのような説明を受けるか不安に感じている人、オペレーターから厳しい言葉を告げられたくないと思っている人は、自動音声で対応できる14日以内に入金するよう心がけてください。

2週間程度であれば、オペレーターを経由しなくても返済期日を延長する手続きが可能です。

自動音声でも返済に関連する問題を相談できる方法が準備されているので、まずは自動音声で対応してもらうように考えてください。

オペレーターに相談するのは、返済期日をかなり延ばしたいと考えている場合に限って実施したほうがいいのです。

遅れてしまう前に連絡することが大切

返済遅延が確実になってから連絡しても、連絡が遅いと告げられてしまい、返済期日を延ばしてくれない可能性があります。

必ず遅れてしまう前に連絡するように心がけてください。少しでも早く連絡をして、返済遅延が起こりそうだとわかってもらえば、プロミス側も対応が早くなります。

先に連絡をしておかないと、返済遅延による連絡がプロミスから頻繁に入ります。

しかも返済期日を延ばしてもらおうとしても、あまりいいイメージを持ってもらえないのです。

できる限りイメージダウンを防ぐためにも、先に連絡をしてプロミスにわかってもらうように心がけてください。

プロミスの返済に遅れるとどうなる?

プロミスの返済が遅れてしまうと、まず遅延損害金が発生します。

遅延損害金は返済額が大幅に増える可能性が高く、金利に関係なく追加の利息を支払います。

かなり多くの利息を取られる場合もあるので、元本の返済がしっかりできなくて苦労する可能性が高くなります。

しっかり返済をしたいと思っているなら、プロミスの返済は送れないようにしましょう。

他にも信用情報に悪い情報が掲載されます。悪い情報を見た他の会社は、信用できないと判断して審査に落とされる可能性があります。

他のローン審査を受けたい場合は、信用情報に悪い情報が掲載されるリスクを避けるためにも、プロミスの返済はしっかり済ませましょう。

延滞が続くと強制的に解約され、一括返済をプロミスから要求される場合もあります。

一括返済は利息の高い状態であり、返済できない恐れもあります。返済遅延で収まるように、なるべく早く返済してください。

遅れた日数分の遅延損害金が発生する

返済が遅れた分だけ、遅延損害金が発生します。遅延損害金は強制的に金利20%の利息が発生して、追加で利息を支払います。

1日程度ならそこまで影響はないかもしれませんが、1週間以上経過するとかなり利息が多くなってしまいます。

大幅に利息が増えると、元本の支払いにも影響が出てしまうので、遅延損害金の発生は非常に良くないことです。

遅延損害金は遅れた日数分だけ支払うので、遅延している日数が短ければそこまで影響はありません。

短い日数だけの遅延で抑えられるように、まずは返済を確実に続けるように心がけてください。

信用情報に遅延情報が残ってしまう

信用情報に遅延に関連する情報が残ってしまいます。返済に関連する問題が掲載されると、その時点で信用できないと判断されてしまい、審査に落とされやすくなります。

中には遅延に関連する情報1つでも審査落ちを確実にしている銀行もあるので、返済の遅延は残さないようがいいでしょう。

消費者金融の審査だけでなく、住宅ローンやマイカーローンなど、重要なローン審査にも影響を及ぼす可能性が高くなります。

本当に契約したいローンと契約できない問題は避けなければなりません。

返済が遅延しないように毎月の支払いはしっかりと実施してください。

1ヶ月以上延滞すると強制解約のリスクもある

1ヶ月以上の延滞を続けてしまうと、プロミスから強制解約されてしまいます。

強制的に解約され、残されている残高は一括で返済するように求められてしまいます。

借りている額が多ければ返済できなくなり、一括で返すためには相当なお金を借りるなどの対応が必要となります。

延滞という状態になると、プロミスもさすがに待てないと判断してしまいます。

同時に返済の延滞により、これ以上利用させるわけにはいかないと判断します。

利用させられない状態となれば、当然ですがプロミスは解約するという決断を下します。

強制解約という状態になれば、これ以上プロミスからお金を借りられないどころか、とんでもない負担を強いられます。絶対に避けましょう。

急な出費なら他社から借りて返済するのもあり?

急な出費として返済を何とかして済ませたいなら、他社から借りて返済する方法もあります。

しかし他社から借りて返済するのは元々いい方法ではありませんし、審査に通らないリスクも非常に高くなります。

あまり考えないほうがいいですし、できる限り自分の力だけで返済できるように心がけてください。

特に遅延状態で審査に入ってしまうと、審査に通らない確率が劇的に高くなってしまいます。

延滞状態ならさらに審査通過が絶望的な状態となり、他社から借りて返済する方法は採用できません。

延滞などの状態を作らないようにして、もしもの場合に審査を通過できるように考えましょう。

延滞中なら審査に通らない可能性が高いので注意

延滞中は審査に通らない可能性が高く、多くの会社が信用情報を見て貸せないと判断してしまいます。

理由は信用情報に延滞に関連している情報が掲載されており、しかも現在進行形で返済していないこともわかってしまいます。

つまり返済に関連する問題が簡単にわかるので、他社としても貸せないと判断するのです。

お金を借りても返済しないと判断されれば、当然お金を貸すリスクは高いと判断されます。

多くの会社は、返済に関連する悪い情報が残されているだけで審査落ちを告げる傾向があるので、延滞中に審査を受けても審査を通過できません。

審査を通過するにはいい情報を残す必要があるのです。

プロミスの返済を無視し続けるとどうなる?

プロミスの返済を無視し続けると、強制的に解約されてしまいます。同時に返済をしっかりするように連絡を毎日受けてしまいます。

返済しないで放置していると、最終的には裁判という形で強制的に支払えるように手続きし、差し押さえなどの処分を使って返済を強制的に実行します。

差し押さえとなれば金銭と判断されるものはすべて没収され、オークションなどで現金に変えられてしまいます。

借金には時効が用意されています。プロミスのように会社から借りている場合は5年間に設定されていますが、5年間逃げ切るのはかなり難しいでしょう。

大半の場合はその前に裁判所に申し出て、差し押さえの処分を検討するからです。

つまり5年の時効を過ぎて、返済を回避する方法は取れないと思ってください。

簡単に返済を回避できるわけではありませんし、どのような手段を使ってもプロミスは返済させてきます。

最後の手段として裁判を使う可能性もあるので、返済しないで逃げる方法は取らないでください。

実際時効の援用を成立させるのは難しい?

5年という期間を過ぎると、強制的に時効を迎えます。

この時効を迎えると借金の返済義務がなくなり、借りている金額は強制的に0円となります。しかし、時効を迎えるというのはそう簡単ではありません。

むしろ高い難易度とリスクを背負っていると考えてください。

返済されないと判断されれば、プロミスは電話によって返済を要求します。

これだけなら逃げられそうですが、最終的には自宅へ行って返済を要求する場合もあります。

それでも返済されないと判断されれば、裁判所へお願いして強制的に支払いを実行し、差し押さえなどで返済させます。

差し押さえは強制的に自分の所有物が失われるので、絶対に避けたい問題です。

時効は成立しないと考えたほうがいいでしょう。基本的には逃げ切れるほどの甘いものではないのです。

プロミスの返済に遅れそうならまずは相談しよう

プロミスの返済に送れそうだと判断しているなら、まずはプロミスに相談して返済が遅れると告げておきましょう。

遅延損害金は取られてしまいますが、穏便に返済できる可能性があります。

相談しないで返済遅延を迎えるくらいなら、しっかり話をしてわかってもらいましょう。

同時に絶対に期日までに返済するように考えてください。

返済の期日までに返せなければ相当な問題が起きてしまいます。

裁判などを起こされたくないなら、絶対に期日までに返すようにしてください。

プロミスの返済方法をはじめての方にも分かりやすく解説