三井住友銀行カードローンは即日融資可能?最短で借り入れする方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

三井住友銀行カードローンは即日融資可能?最短で借り入れする方法

三井住友銀行カードローンは、メガバンクのカードローンで知名度は抜群です。

すぐに審査を受けようと考えたかもしれませんが、融資までのスピードについて考えたことはあるでしょうか。

カードローンの利用を検討するときは、緊急の出費というケースも珍しくなく、場合によっては当日中にお金を借りたいケースもあり得ます。

そんなときに頼れるカードローンは即日融資に対応しているか否か。

ここでは、三井住友銀行カードローンの融資までについて徹底的に解説していきます。これから審査に申し込む予定を立てている人は、ぜひ最後までご覧になってください。

三井住友銀行カードローンは即日融資不可

三井住友銀行カードローンは、即日融資に対応していません。

審査に申し込んだその日のうちにお金を借りることはできないので、当日中にどうしてもお金が必要だというケースでは、三井住友銀行カードローンは役に立たないでしょう。
したがって、他の金融機関のカードローンを検討する必要性があります。

しかし、どうして三井住友銀行カードローンは即日融資不可なのでしょうか。

理由や原因についてもう少し詳しく触れていきます。

審査結果は最短翌営業日に回答

三井住友銀行カードローンの審査結果は、最短翌営業日に回答しています。

これは現在、銀行のカードローンで最速の回答になり、スムーズな審査結果の回答を誇る銀行のカードローンは最短翌営業日に結果を伝えています。

銀行のカードローンが審査結果の回答を即日で対応しない理由はあるのでしょうか。

インターネット審査が当たり前になった時代、消費者金融だけが即日融資に対応しているのは疑問を感じる人も多いはずです。

実は、銀行のカードローンが即日審査・即日融資不可になった原因がありました。

2018年から銀行カードローンは即日融資停止

2018年に銀行のカードローンは即日融資を停止しました。

それまで消費者金融同様に銀行のカードローンは即日融資に対応しているケースもありましたが、現在はすべての銀行のカードローンで即日融資を停止しました。また、即日融資だけでなく即日審査にも対応できなくなった理由があります。

現在、銀行のカードローンは警察庁のデータベースに照合する義務が生じています。これは審査申込者が反社会的勢力の関係者ではないか調べる意味があり、反社会的勢力者の場合は融資を禁止するという決まりがあります。

そして、警察庁のデーターベースに照合すると手続きの都合で時間がかかり、結果的に銀行のカードローンは即日融資ができなくなりました。

銀行側の問題というよりは規制が招いた状態で、三井住友銀行カードローンを始め銀行のカードローンは規制が撤廃されないかぎりは即日融資に対応することはありません。

三井住友銀行カードローン審査の流れ

三井住友銀行カードローンの審査を受ける前に、まずは審査の流れを知ることは大事です。

提出書類や融資可能になる段階まで、審査の流れを知れば少しでもスムーズに契約まで結べるかもしれません。

それでは、以下に三井住友銀行カードローンの審査の流れを示してみました。

  1. 公式サイトからネット申し込み
  2. 本人確認書類をWEBアップロードで提出
  3. 最短翌営業日に審査結果の連絡
  4. 借り入れスタート

審査の流れを箇条書きすれば上記のような流れになりますが、このままでは具体性がないのでもう少し丁寧に解説していきましょう。

公式サイトからネット申し込み

三井住友銀行カードローンの公式サイトにアクセスして、申し込みフォームから審査に申し込みます。

申し込みフォーム内では個人情報から勤務先情報まで入力する複数の項目が用意されていますので、順番に入力または選択する形で回答していきましょう。

注意点は、間違った情報を入力してしまうと審査に悪影響を与えてしまうことです。

たとえば、雇用形態が正社員にかかわらず誤って契約社員にした場合、属性スコアリングの側面から低い評価になってしまいます。

他にも年収の数字は返済能力と利用可能限度額に大きな影響があり、すべての項目で丁寧に回答するようにしましょう。

また、自身のスペックを良くしようと考え虚偽の入力を考える人もいますが、後に提出する書類や審査の経験上すぐに見破られてしまいます。

もしも虚偽の入力がしているとバレた場合は、悪質なケースでは社内ブラックに記録されてしまうかもしれません。

このように三井住友銀行カードローンの審査の申し込み自体は難しくありませんが、自身が誤った情報を入力しないように注意することが大事です。

本人確認書類をWEBアップロードで提出

三井住友銀行カードローンは、本人確認書類の提出が必須です。

インターネットで審査を受ければ、WEBアップロードの活用で提出は完了。

スマートフォンやデジカメで書類を画像化したうえでアップロードしましょう。

アップロードの際は注意点があり、不鮮明なものだったり画面内に収まっていなかったり未対応の形式で保存していたりすると再提出を求められます。

再提出になると審査の時間が長引き、融資まで遅くなるので気をつけてください。

また、そもそも対応していない本人確認書類をアップロードしてしまうと再提出を求められてしまうので、審査を受ける前に対応している書類かよく確認しましょう。

以下に、三井住友銀行カードローンで提出可能な本人確認書類を紹介しておきます。

  • 運転免許証(変更事項があれば両面)
  • パスポート(写真と住所のページ)
  • 個人番号カード(表面)
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)

いずれの書類も一般的に普及しているもので、提出に面倒はありません。

上記以外の書類を提出したい場合は、カードローンプラザに連絡して対応してもらえないか確認してみましょう。

最短翌営業日に審査結果の連絡

最短翌営業日に審査結果の連絡があります。

申し込み時に登録したメールや電話に連絡がありますが、審査結果があまりに遅い場合は三井住友銀行カードローンに連絡してみましょう。

登録したメールアドレスや電話番号が誤っていると連絡はきませんし、迷惑フォルダーや指定の電話番号以外は着信拒否設定にしている可能性もあります。

また、長期連休中や年末年始はもちろん審査に申し込んだ日が土日祝といったケースでは予想しているよりも審査結果の連絡が遅くなってしまいます。

あくまで営業日にしか審査結果の回答は行っていないという点は覚えておきましょう。

借り入れスタート

三井住友銀行カードローンの審査にとおり契約を結べば借り入れができます。

借り入れ方法では、以下のものを提供しています。

  • ネットバンキングからの振込
  • 提携ATMから引き出し

他の金融機関のカードローンに比べると借り入れ方法は少ないです。

三井住友銀行の口座を所有して日頃利用している人は問題ありませんが、利用頻度のない人や少ない人にとっては利便性が悪いと感じるかもしれません。

三井住友銀行口座があれば手持ちのキャッシュカードで即借り入れ可能

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の口座所有者はキャッシュカードですぐに借り入れすることができます。

一見すれば利便性が高いように感じますが、三井住友銀行の口座を所有していない場合は即借り入れできないことの裏返しです。

三井住友銀行カードローンは、基本的に三井住友銀行の口座を所有している人を対象に優遇していると考えて大丈夫でしょう。

三井住友銀行カードローンの審査基準と審査に落ちる人の特徴まとめ

三井住友銀行カードローンを最短で借りる方法

三井住友銀行カードローンの審査を受けるうえで最短で借りる方法を考えるべきです。

なんの対処法もなしに審査を受けてしまうと思っている以上に融資まで時間がかかりかねませんので、ここでは最短で借り入れする方法を考えてみました。

まずは以下に最短で借り入れできる具体的な方法を挙げてみました。

  • なるべく午前中に早い時間帯に申し込む
  • 必要書類を前もって用意しておく
  • 在籍確認にはすぐ対応できるようにしておく
  • 申込情報はなるべく細かく入力する

上記のポイントに注意すれば少しでもスムーズに三井住友銀行カードローンでお金を借りられる可能性があるでしょう。

ここでは、上記の方法についてもう少し具体的に解説していきます。

なるべく午前中に早い時間帯に申し込む

原則的にカードローンの審査は申し込んだ順番で始まります。

ということは、少しでも早い時間帯に申し込めば審査がスムーズに完了することに期待できますので、審査申込者は時間帯に気をつけることが大事になるでしょう。

可能であれば、午前中の早い時間帯や前日の深夜にでも申し込んでおけば、なるべく早い順番で審査を受けられるはずです。

それでも時期によっては混雑していることもあり、審査完了まで時間がかかることもあることは理解しておいてください。

必要書類を前もって用意しておく

三井住友銀行カードローンは、本人確認書類や収入証明書類※の提出が必要です。
※借入希望額50万円以上または三井住友銀行カードローンが提出を求めた場合。

事前に必要書類を用意しておくことで、すぐに提出が完了します。

特にWEBアップロードを利用するので、スマートフォンで事前に必要書類を撮影して画像化しておけばスピーディに提出ができます。

提出できる本人確認書類は以下のものがあります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード

提出できる収入証明書類は以下のものがあります。

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 確定申告書

このように三井住友銀行カードローンは提出するべき書類を事前に把握できますので、撮影して画像化しておいてすぐに提出するようにしましょう。

慣れていないと案外うまく撮影できない場合もあり、時間に余裕のあるときに撮影しておくことをおすすめします。

在籍確認にはすぐ対応できるようにしておく

三井住友銀行カードローンは、勤務先に在籍確認の電話連絡があります。

在籍確認の電話連絡では、失敗すると契約できなかったり再び調べるために時間を空けて電話連絡したりするので、確実に対応できるようにしておくことが大事です。

在籍確認は、本人あるいは勤務先の従業員が勤務していることを証明すれば完了します。

ただ、在籍確認の電話が会社の休みの日だったり従業員が審査申込者を知らずに在籍していない旨の発言をされてしまうと在籍確認は失敗。

失敗しないためには、自身が電話を受け取るまたは事前に従業員に個人的な電話がある旨を伝えておけば安心です。カードローンの審査の電話だと伝えなくてもクレジットカード作成の電話連絡程度に伝えておけば恥ずかしい思いをする必要もありません。

事前に三井住友銀行カードローンに在籍確認して欲しい日時を伝えておけば、在籍確認の失敗を防ぐ確率を高めることができるでしょう。

たかが電話連絡とは思わず事前に対策しておくことが大事ですね。

申込情報はなるべく細かく入力する

申込情報は丁寧に詳しく入力しておくべきです。

大雑把な入力ばかりだともう一度入力する必要性がでてくるかもしれませんし、結局再入力になると審査が進まず最短翌営業日の回答が期待できなくなります。

入力するときは面倒に感じるかもしれませんが、間違いなく入力しておきましょう。

特に勤務先情報は普段そこまで意識しない内容もあり、間違ってしまいがちですから要確認しておいてください。

即日融資が必要なら審査の早い大手消費者金融がおすすめ

ここまで何度も説明してきたとおり三井住友銀行カードローンは即日融資不可です。

どれだけ審査の順番を早くしようと対策しても即日融資に対応していないので、本当にスムーズにお金を必要としている人は役に立たないでしょう。

そこで考えるべきものは、大手消費者金融の利用です。

大手消費者金融は原則的に即日融資が可能で、審査の申し込み方法もWEBを筆頭に全国規模に設置した自動契約機を始め多岐に渡ります。

どうしても三井住友銀行カードローンの利用をしなければいけない理由がなければ、大手消費者金融を検討してみてはいかがでしょうか。

プロミス

プロミス

大手消費者金融のプロミスはもちろん即日融資に対応しています。

WEB契約や自動契約機契約を始め複数の審査申し込み方法を用意していて、最短30分で審査の結果を回答しています。

また、30日間の無利息サービスやWEB完結の利用で郵送物が送られてくる心配もありませんし、最短10秒で振込が完了する瞬フリも非常に魅力的です。

スムーズに審査結果を知ったうえで融資を受けたい場合は、プロミスを検討してみてはいかがでしょうか。

プロミスのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説

アイフル

アイフル

大手消費者金融のアイフルは、即日融資に対応しています。

なにより嬉しいポイントは、急ぎの人を対象に優先審査する制度を確立していて、本当に慌てている人にとっては大変嬉しいサービスです。

また、はじめて利用する人を対象に最大30日間の無利息サービスがあり、短期間で完済する予定があれば利息が一切発生しない可能性もあります。

他にも郵送物なしのWEB完結やセブン銀行ATMの24時間利用可能といった具合に利用者にとってのメリットは豊富です。

とにかく素早く融資まで進みたいと検討している場合は、アイフルを検討してみてはいかがでしょうか。

アイフルのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説