三井住友銀行カードローンの審査基準と審査に落ちる人の特徴まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

お金で悩む女性

三井住友銀行は、三井住友銀行カードローンを提供しています。

メガバンクのカードローンだけあり、知名度や安心感は抜群に高いでしょう。

また、最大限度額は800万円まで対応し、金利は年4.0%~14.5%と低金利。他にも来店不要のWEB契約から提携コンビニATMの利用手数料0円と魅力はいっぱいです。

しかし、どれだけ利便性が高くても審査に通らなければ意味がありません。

三井住友銀行カードローンの審査基準をクリアしなければ絶対に利用はできないんです。

これから三井住友銀行カードローンの審査を受ける予定の人は、少しでも審査に通る確率を高めるために、審査基準から落ちる人の特徴を知って対策を立てるべきでしょう。

このページでは、三井住友銀行カードローンの審査を受ける前に知っておくべき必見の情報を徹底的にまとめてみました。

三井住友銀行カードローンの審査基準は厳しい?

三井住友銀行カードローンの審査基準は、外部に対して完全非公開。

審査基準を公開していないということは、審査担当者以外に審査を通すボーダーラインはわかりません。

これは三井住友銀行カードローンだけでなく原則的に外部に審査基準を公開しているカードローンはまずないので、至って普通のことです。

ブラックボックスの審査基準では対策なんて不可能だと思うかもしれませんが、公開している情報や過去に審査を受けた人の可否から推測することは可能です。

したがって、三井住友銀行カードローンの審査基準は厳しいとも優しいとも断言できず、まずはこれから説明していく条件をクリアしているかが大事になってくるでしょう。

まずは申し込み条件をチェック

三井住友銀行カードローンの審査では、最低限の申し込み条件を定めています。

申し込み条件をクリアしないかぎりは審査に通る可能性は絶対になく、以下に紹介する三井住友銀行カードローンの申し込み条件はとても大事な内容です。

  • 申し込み時の年齢が満20歳以上満69歳以下
  • 原則安定した収入のある方
  • SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社の保証を受けられる方

上記の申し込み条件のみクリアしていれば、誰でも審査に通る可能性はあります。

おそらく大半の人は、三井住友銀行カードローンの申し込み条件は厳しくないと感じたのではないでしょうか。

たしかに三井住友銀行カードローンの申し込み条件自体は厳しくなく、なんらかの形で安定した収入を得ていれば審査に通るかもしれません。

それでは、審査申し込み対象者についてもう少し詳しく解説していきましょう。

学生でも審査に通る?

三井住友銀行カードローンは、学生でも審査に通る可能性はあります。

学生を対象に融資していない場合は、申し込み条件に「学生不可」と明記しています。

しかし、三井住友銀行カードローンには学生不可の文言は一切ありません。したがって学生でも審査に通る可能性はありますが、安定した収入を得ている必要はあります。

つまり、20歳以上の学生でアルバイト等で安定した収入を得ていれば、絶対に審査に通らないということはないでしょう。

また、学生は限度額を低めに設定されがちで、数十万円程度と考えたほうが無難です。

専業主婦でも審査に通る?

三井住友銀行カードローンは、専業主婦を対象に審査を行っていません。

銀行のカードローンは専業主婦でも借りられると言われますが、あくまで法律上の制限を設けていないという意味で、審査の受け付けは銀行によって異なります。

三井住友銀行カードローンは専業主婦の審査を受け付けていないので、融資を受けられることは絶対にありません。

ただし、アルバイトやパートタイマー等で働く兼業主婦は審査を受けることが可能ですから、どうしても利用したい場合は、んらかの形で収入を得るしかないでしょう。

とにかく専業主婦のままでは審査通過は絶対にないと覚えておくべきです。

保証会社はSMBCコンシューマー・ファイナンス

三井住友銀行カードローンの保証会社は、SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社。

SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社は、あの大手消費者金融のプロミスを運営している会社です。

消費者金融の保証会社であれば審査は緩いのではと考えがちですが、決して消費者金融と同じ審査基準ではないので、必要以上に期待するべきではありません。

三井住友銀行カードローンはプロミスに比べて金利が低く、金利は低ければ低いほど貸し倒れリスクが高くなるため、審査基準を厳しくしているはずです。

もしも三井住友銀行カードローンとプロミスの審査基準が同じであれば、金利面だけを考えればプロミスを利用する人はいなくなってしまうでしょう。

そういったことを踏まえたうえで、三井住友銀行カードローンの保証会社がSMBCコンシューマ・ファイナンス株式会社でも審査基準は緩いとは言えません。

三井住友銀行カードローンの審査に落ちる原因

ここからは、三井住友銀行カードローンの審査に落ちる原因を考えていきましょう。

なんの対策もなしに審査を受けたところで落ちる確率を高めてしまいかねませんので、まずは以下に紹介する落ちる原因に自身が当てはまっていないか確認してみてください。

  • 申し込み条件を満たしていない
  • 属性スコアリングの評価が悪かった
  • 安定した収入があると認められなかった
  • 信用情報に傷がついていた
  • 過去にプロミスとトラブルが起きた
  • 他社借り入れ件数が多い
  • 同時に複数社のカードローンへ申し込んだ
  • 在籍確認が終わらなかった
  • 提出した必要書類に誤りがあった

上記に示したとおり三井住友銀行カードローンの審査に落ちる原因は少なくありません。

また、このまま落ちる原因を羅列するだけでは対策になりませんので、ここからは各項目について丁寧に解説していきます。

申し込み条件を満たしていない

三井住友銀行カードローンの申し込み条件を満たしていない場合は論外です。

ここでもう一度申し込み条件を確認しておきましょう。

  • 申し込み時の年齢が満20歳以上満69歳以下
  • 原則安定した収入のある方
  • SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社の保証を受けられる方

上記の申し込み条件に該当していなければ審査に通ることはありません。

最低限の条件ですから、申し込み前にかならず確認しておきましょう。

属性スコアリングの評価が悪かった

審査申込者の家族構成や雇用形態、年収あるいは勤務先の規模など、複数の属性を総合的にスコアリングして最低限のボーダーをクリアしていないと審査に落ちます。

三井住友銀行カードローンの属性スコアリングの最低限のボーダーラインは非公開ですが、一般的に評価を受けるものは決まっています。

属性スコアが悪くなる原因

属性スコアリングは、以下のものが代表的です。

  • 年収
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 居住形態
  • 家族構成
  • 固定電話の有無

表にしてみると以下のようになりました。

属性 評価
年収 高い>低い
雇用形態 公務員>正社員>契約社員>派遣社員>パート・アルバイト>フリーランス等
勤続年数 長期>短期
居住形態 持家>社宅>賃貸
家族構成 妻子持ち>親と同居>単身者※各社評価は異なる
固定電話の有無 所有しているほうが有利

あくまでも属性スコアリングの評価は総合評価で、かならずしも一部の項目だけで判断されることはありません。

審査を受ける前には、参考程度に自身の属性スコアリングが高評価を得られるのか低評価を得られるのか考えてみてはいかがでしょうか。

安定した収入があると認められなかった

安定した収入を得ていなければ返済してもらえない可能性が高まります。

三井住友銀行カードローンにかぎらず、少しでも返済能力の高い人に融資したいと考えるのは当たり前のことでしょう。

安定した収入とは決して高収入を得ている必要はなく、毎月のようになんらかの形で一定以上の収入を得ていれば安定した収入と認められます。

仮にアルバイトで毎月10万円の収入でも安定した収入になり、借入限度額の設定は少額になるかもしれませんが、審査に通る可能性はあるでしょう。

一方、親の資産が数十億円あってもそれは審査申込者の自身の収入ではないので、他に収入を得ていなければ審査に通ることはありません。

このように安定した収入とは、審査申込者が定期的に一定金額以上の収入を得ていることがとても重要になります。

信用情報に傷がついていた

過去にローンを利用していると信用情報機関に情報を記録されている可能性があります。

消費者金融や銀行のカードローンだけでなく、スマートフォン本体の購入を割賦契約で結んでいる等で、場合によっては信用情報に傷がついているかもしれません。

普通に返済しているかぎりは信用情報に傷がつくことはありませんが、返済遅延を起こしたり滞納したりしていると傷がついている可能性があるでしょう。

信用情報にキズがつくと一定期間はその記録が保存され、大半のカードローンで審査に通らない原因になってしまいます。

過去にローンを利用した経験のある人は、信用情報に傷がついていないか思い出してみてはいかがでしょうか。

また、信用情報機関は開示請求することもできるため、どうしても気になるという場合は一度確認してみても良いかもしれません。

過去にプロミスとトラブルが起きた

三井住友銀行カードローンは、プロミスの運営元のSMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社が保証会社です。

保証会社は審査を実施しているため、過去にプロミスとトラブルを起こした人は審査に通らない可能性が高いでしょう。

たとえば、信用情報機関に記録するほどの返済遅延でなくても社内記録には残しているかもしれません。

他にもプロミスとの審査や契約でなんらかのトラブルを起こした人は、審査に通る確率は非常に下がってしまうでしょう。

他社借り入れ件数が多い

三井住友銀行カードローンの審査に申し込むまでに他社で借入していると要注意。

複数社で借入しているとそれだけ返済負担が高いことを意味しています。

たとえば年収300万円のAさんとBさんがいたと仮定しましょう。
Aさんはすでに複数社で借金をしている、Bさんはまだ借金をしていない。この場合、明らかにBさんのほうが返済負担は少なく、貸付しても返済してもらえる可能性は高いです。

もちろん返済意識は個人によって異なりますが、あくまで数字上で判断すると他社で借金をしていない人のほうが安心感はあります。

このように他社借入件数が多いと審査に落ちる原因になりかねませんので、完済できるカードローンがあれば先に返済しておくべきでしょう。

同時に複数社のカードローンへ申し込んだ

三井住友銀行カードローンの審査に申し込んだと同時にまたは短期間に複数社のカードローンの審査に申し込むと審査に落ちる原因になりかねません。

これは絶対に審査落ちする原因にはなりづらいですが、同時にカードローンの審査に申し込むことで悪いように取られてしまう場合があります。

たとえば、借りるだけ借りて返済しないつもりでは、そんなにお金に困っていて返済は大丈夫だろうか、といった具合に悪い印象を持たれます。

マイナスのイメージを持たれるメリットまったくないので、三井住友銀行カードローンの審査に申し込むときは他社の審査を受けるのは半年程度期間を空けることをおすすめします。

在籍確認が終わらなかった

三井住友銀行カードローンは、契約を結ぶ前に在籍確認を行います。

在籍確認が完了しなければ、融資を受けることはできません。

というのも、審査申し込み時に記入した勤務先で働いていなければ、収入を得ている保証を得られず、申し込み条件の「安定した収入」をクリアしていない可能性があります。

在籍確認が失敗する例では、勤務先の電話番号を誤っていたり会社が休みの日に電話連絡があったりした場合が該当するでしょう。また、従業員が審査申込者を知らずに在籍していない旨の回答をされてしまうと、やはり在籍確認は失敗に終わってしまいます。

特に従業員が知らないパターンは最悪で、可能であれば事前に電話を受ける可能性が高い従業員に電話があるかもしれないと伝えておきましょう。
その際は、クレジットカード作成の在籍確認や保証人の在籍確認の電話連絡があると伝えておけばカードローンの利用だとバレることはありません。

このように在籍確認は失敗すると契約を結べないので、事前に対策しておくことが大事です。

提出した必要書類に誤りがあった

三井住友銀行カードローンは、本人確認書類や収入証明書類の提出が必要です。

画像化したうえで提出する際は、画像が不鮮明だったり途切れていたりすると認められずに再提出になることも珍しくありません。

また、そもそも受け付けしていない書類を提出しないようにしましょう。

以下は、三井住友銀行カードローンに提出できる本人確認書類です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード

次は、三井住友銀行カードローンに提出できる収入証明書類です。

  • 源泉徴収票
  • 納税通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

上記に記載していない書類でも受け付けしてくれる場合はありますので、その際は三井住友銀行カードローンに確認するようにしましょう。

確実にお金が必要なら審査の甘い中小消費者金融がおすすめ

このページでは、三井住友銀行カードローンの審査基準と審査に落ちる人の特徴について徹底してまとめてきました。

三井住友銀行カードローンの審査におけるメリット・デメリットを感じた部分もあるとは思いますが、そもそも三井住友銀行カードローンにこだわる必要はあるのでしょうか。

たしかに大手銀行のカードローンは安心感がありますが、中小消費者金融でも行政の認可を受けたうえで営業をしていますので、法律に則った融資を行ってくれます。

しかも即日融資や無利息期間サービスの提供をしている業者もあり、審査難易度も三井住友銀行カードローンより緩いケースが大半です。

どうしても三井住友銀行カードローンでお金を借りたいという理由がないのであれば、他のカードローンや中小消費者金融の審査を受けることも検討してみるべきでしょう。

ダイレクトワン

中小消費者金融は日本全国にありますが、安心感が高く審査が比較的緩い業者としてダイレクトワンがあります。

聞いたことがないと思うかもしれませんが、あのスルガ銀行グループのカードローンです。

ダイレクトワンのポイントは、以下を挙げられます。

  • 比較的審査が緩い
  • パート・アルバイト・年金収入者可能
  • WEB審査に対応
  • 最短即日融資可能
  • 最大限度額300万円

属性スコアリングに自信が持てなかったり審査に少しでも通る確率を高めたかったりする場合は、スルガ銀行グループのダイレクトワンを検討してみてはいかがでしょうか。