アイフルに提出できる収入証明書を徹底解説!

アイフルでは借入希望額が50万円を超えた場合に収入証明書の提出が求められます。

収入証明書を入手するためには、それなりの準備と時間がかかります。

このページでは、アイフルの収入証明書に関する情報を徹底解説しています。

どのような収入証明書を用意すれば良いのか、準備するにあたっての注意点なども合わせて紹介しています。

アイフルの審査を受ける前に一読しておきたい内容です。

そのため、アイフルの審査に申し込み、必要書類の提出を控えている人は必見の内容です。

アイフルでは希望借入額が50万円以上で収入証明書の提出が必要

アイフルでは、原則として希望借入額が50万円を超える場合に収入証明書を提出が求められます。

借入希望額が50万円に満たない場合は、収入証明書の提出は必要なく本人確認書類のみの提出で、手続きを完了することができます。

しかし、希望借入額が50万円を超える場合は、貸し倒れのリスクも高くなります。

そのため、アイフルに限らず多くの消費者金融では、希望借入額が50万円を超える場合に収入証明書の提出を求めているのです。

収入証明書は準備に時間や手間がかかることが多いです。

そのため、申し込みに先立って必要書類を用意しておくことが、即日融資を受ける鍵になります。

アイフルに提出が可能な収入証明書

ここからは、アイフルに提出することができる収入証明書の種類を解説していきます。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 直近2ヶ月分の給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 年金証書

アイフルに収入証明書を提出する場合、以上の6つのうちのどれか1つを提出する必要があります。

どれも用意をするために総合の時間と手間がかかるものです。

そのため、一通り確認したら、自分が一番用意しやすい収入証明書がどれかを考えるようにしましょう。

どの収入証明書を提出しても、収入証明書の種類がアイフルの審査に影響を及ぼすことはありません。

そのため、単純に自分が一番用意しやすい収入証明書を用意することができるのです。

源泉徴収票

源泉徴収票は、数ある収入証明書の中でも比較的入手が簡単な収入証明書であるといえます。

「公的年金などの源泉徴収票」と「退職所得の源泉徴収票」を以外の源泉徴収票が提出の対象です。

勤務先に問い合わせることで入手ができるため、比較的簡単に提出できるでしょう。

しかし、源泉徴収票はあくまで最新のものである必要があります。

昨年度のものは使えないため、注意しましょう。

住民税決定通知書

住民税決定通知書とは、毎年6月頃に勤務先を通じて届く、対象の市区町村発行の「特別徴収税額の決定及び変更の通知書」などが対象です。

こちらも、最新のものが原則として必要となります。

そのため、最新のものが手元にないという場合は、住民税決定通知書の提出は諦めましょう。

直近2か月分の給与明細書

収入証明書の中でも一番提出が簡単なのが、直近2ヶ月分の給与明細書の提出です。

また、過去1年以内に賞与がある場合は、賞与証明書もあわせて提出が必要となります。

給与明細書は、毎月会社から必ず配布されるものです。

そのため、2ヶ月分保管しておけば、特に自分から用意することもなく収入証明書としての提出が可能になるのです。

確定申告書

確定申告書とは、1年間の所得を自分で申告し、納税をするまでの一連の作業の際に作成する書類です。

年末調整と勘違いするケースが多いものなので、注意しましょう

年末調整は給料から天引きされている所得税の過不足を計算し、調整する手続きのことです。

確定申告とは性質が異なるため頭に入れておきましょう。

確定申告書を作成するためには、税務署に赴かなくてはいけません。

そのため、できるだけ早く融資を受けたい人にはおすすめできない収入証明書であるといえます。

所得証明書

所得証明書とは、前年の1月1日から12月31日までの1年間にいくらの所得を手に入れたかが記載されている書類です。

所得金額に対する住民税の対象額を証明するための書類としても利用されています。

一年間の自分の所得がいくらであったか、また、所得に対して課税金額がいくらかが記載されているため、収入証明書としての提出も可能になります。

ただし、所得証明書を作成するためには、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類などを準備して役所に行く必要があります。

そのため、急ぎで融資を受けたい人にはあまりおすすめできない収入証明書です。

年金証書

年金証書とは年金を受けている人にとっての身分証明書ともいえるものです。

郵便局の窓口で年金を受け取る場合には、この年金証書が必要となります

また、年金受給者が様々な手続きや届出をする際に必要となる書類であるため、年金証書を収入証明書として提出できるのは、年金受給者のみとなります。

収入証明書のアイフルへの提出方法

ここからは、アイフルに収入証明書を提出する方法を解説していきます。

  • インターネットからの提出
  • 電子メールでの提出
  • 郵送での提出
  • FAX での提出
  • 店頭窓口へ持ち込む

提出方法によっては、手軽に収入証明書を提出できるものもあります。

自分の生活スタイルに合った提出方法を選択することができるため、アイフルを利用する上では嬉しいポイントとなるでしょう。

メールやスマホアプリでの提出がおすすめ

アイフルを利用するのであれば、やはり電子メールなどを使ったインターネットからの提出がおすすめです。

インターネットからであれば、24時間いつでもどこからでも収入証明書を提出することができます。

そのため、仕事終わりの空いた時間や休憩時間など、自分の生活スタイルに合った提出が可能となるのです。

提出するにあたってかかる時間も、アイフルへの他の提出方法と比較すると格段に短いです。

インターネット環境が身近にある人には、ぜひおすすめしたい提出方法が、インターネットを利用した提出方法です。

自動契約機「てまいらず」からも提出できる

アイフルには自動契約機の「てまいらず」があります。

このてまいらずから収入証明書を提出することも可能です。

てまいらずの中には、備え付けのスキャナーが存在します。

そのスキャナーで収入証明書をスキャンすることで、その場でアイフルへ収入証明書を提出することができます。

また、必ずしも自動契約機だけで申し込みを完結させる必要はありません。

途中までアプリなどのインターネットから申し込み、アイフルのローンカードを受け取るためだけに自動契約機のてまいらずを利用することも可能です。

しかし、てまいらずが設置されていない地域もあります。

てまいらずがない地域では、この方法を利用することができません。

そのため、他の提出方法を利用する必要があるのです。

郵送やFAXでの提出はあまりおすすめしない

郵送や FAX での収入証明書を提出することはあまりおすすめできません。

FAXはまだしも、郵送となると郵送するのに時間がかかってしまいます。

そのぶん融資までの時間も延びてしまうため、融資を急いでいる人にはあまりおすすめできない方法なのです。

また、FAX は自宅に FAX の機械がないという人が増えていることから、あまりおすすめはしません。

FAX で提出する場合には近くのコンビニのコピー機から利用することが必要となります。

コピー機にはスキャンの機能もついているため FAX を利用するのであればスキャンをして提出することをおすすめします。

収入証明書は申し込み後ならいつでも提出可能

収入証明書を提出するタイミングは、特に定められていません。

申し込み後であればいつでもアイフルに提出することができます。

しかし、注意すべきなのは収入証明書を提出しない限り、審査がそれ以上進まないということです。

収入証明書を提出せずに審査が進むことはないため、少しでも早く審査を受けたい場合には、収入証明書をできるだけ早く提出することが必要です。

ただし、申し込みをするだけしておいて収入証明書を提出しないことで、審査を保留にするという方法をとることもできます。

いざお金が必要となった時に申し込みの手間が省けるため、余裕がある場合は試してみると良いでしょう。

融資を急ぐならすぐに提出しよう

アイフルでは、収入証明書の提出するタイミングに特に制限は設けられていません。

しかし、収入証明書を提出しない限り、借り入れ希望額が50万円以上の審査がそれ以上進むことはありません。

そのため、借入希望額50万円以上の審査をできるだけ早く進めたい人は、収入証明書をなるべく早く提出する必要があります。

融資を急いでいる人は、必要書類を早く提出することでその日のうちに融資を受けられる可能性が高まるのです。

その日のうちにローンカードを受け取るなら身分証が必須

その日のうちにローンカードを受け取りたいのであれば、収入証明書とあわせて身分証明書を持っておく必要があります。

アイフルの審査を受けるために必要な書類は収入証明書だけではありません。

本人確認書類の提出も必要となるのです。

そのため、その日のうちにローンカードを受け取りたい人は、収入証明書と一緒に本人確認ができる書類を準備しておくことが必要となります。

増額審査でも収入証明書の提出はある

アイフルでは、増額審査の際も収入証明書の提出を求められることがあります。

具体的には増額した結果の希望額が50万円を超える場合に、収入証明書の提出が必須となります。

増額審査の場合、ある程度の信頼は積み重ねられているものの、やはり金額の大きさから貸し倒れのリスクを考えるのです。

そのため、増額審査だから収入証明書がいらないという風に勝手に考えないようにしましょう。

50万円という借入希望額の線を超えるか超えないかで、収入証明書が必要か否かを判断するする必要があるのです。

収入証明書を提出せずに50万円以上の借り入れをおこなう裏技

ここからは、収入証明書を提出せずに50万円以上の借り入れをおこなう方法を解説していきます。

基本的にアイフル単体からの借り入れのみで50万円以上を借り入れることはできません。

そのため、アイフル以外の消費者金融などの貸金業者からお金を併用して借りることで、収入証明書の提出をせずに50万円以上の借り入れが実現するのです。

アイフルと併用して利用することをお勧めする貸金業者は、銀行系カードローンと消費者金融です。

どちらもそれぞれの良さがあるため、自分が魅力を感じる方をアイフルと併用して利用することをおすすめします。

収入証明書の入手には時間がかかる

収入証明書を入手するためにはそれなりの時間がかかります。

役所に出向いたりしないといけないため、その日のうちに融資を受けたいという人は早めに動き出し、対象の収入証明書を入手しておく必要があります。

アイフルでは、50万円以上の借り入れ希望額を設定した場合にのみ収入証明書の提出が求められます。

返済能力が借入額に見合っているかどうかを確認するためのものであるため、提出を拒否することはなく、自分の返済能力を証明している、正式な収入証明書を提出しましょう。