1万~10万円借りたいときにおすすめ借入方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

少額融資が必要!1万~10万円欲しいときにおすすめ借入方法

「あと1万円さえあれば今月乗り気れるのに」
「即日で3万円だけ借りたい」

このように、お金が足りずに困っていませんか?

お小遣いの足しにしたいサラリーマンや、急な出費でお金が足りない学生・主婦の方は多いかと思います。

こちらの記事では、少額融資をお得に受ける方法から、少額融資を受けるのにオススメの金融業者まで紹介しています。

今すぐお金を借りたいという方はぜひ参考にしてください。

少額融資をお得に受ける方法

少額融資をかしこく受けられれば、利息を抑えてお得にお金を借りることができます。

少額融資をお得に受ける方法は主に以下の2つです。

  • 無利息期間を利用する
  • 金利の低い金融業者を利用する

無利息期間を利用すれば支払う利息を抑えられますし、金利の低い金融業者を利用すれば少ない利息でお金を借りることができます。

以下ではそれぞれの方法についてくわしく解説していきます。

無利息期間を利用する

少額融資を受けるなら無利息期間の利用がオススメです。

無利息期間とは、その期間内であれば利息は発生しないサービスのことで、金融業者にもよって異なりますがその期間は30日程度が一般的です。

つまり、約1ヶ月以内に借りたお金をすべて返すことができれば、リスクなしでお金が借りられるということです。

通常、10万円を1ヶ月間借りるとなると、金利18%で1,528円の利息が発生しますが、無利息期間を利用すればその利息を支払わずに済みます。

たとえ10万円すべて返済できなくても、期間中に少しでも多くのお金を返済すれば、発生する利息を抑えることが可能です。

そのため、少額を融資を受けるならリスクを抑えてお金が借りられる無利息期間の利用がオススメなのです。

無利息期間は主に消費者金融が行なっているので、短期的な借入を考えている方は無利息期間のある消費者金融の利用を検討しましょう。

金利の低い金融業者を利用する

金利の低い金融業者を利用することもオススメです。

金利が低ければ支払う利息が少ないので、長期的な借入でも利息の負担を軽減することができます。

たとえば、10万円を18%の金利で180日間借りた場合、単純計算で利息は8,876円ですが、14%の低金利で借りた場合は単純計算で6,904円の利息となります。

借りる金額と期間は同じなのに、金利の低い金融業者を利用するだけで約2,000円もの違いが出るです。

そのため、少額融資で利息を抑えたい方は金利の低い金融業者を利用しましょう。

ただし、銀行カードローンをはじめとした、金利の低い金融業者は基本的に審査が厳しく行われるので、誰でも気軽に借入ができないという点に注意が必要です。

少額融資にオススメの消費者金融6選

少額融資にオススメの消費者金融は以下の6社です。

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • ダイレクトワン
  • ノーローン
  • レイクALSA

これらの消費者金融は比較的審査が緩く、即日融資に対応しているものばかりです。

そのため、急いでお金を借りたい方や、収入が低い新人サラリーマン、学生・主婦にとっては消費者金融がオススメです。

ここからは、それぞれの消費者金融の特徴についてくわしく解説していきます。

アコム

アコム

アコムは利用者数1,000万人を超える大手消費者金融です。

最短30分で審査が完了し、早くて申し込みから1時間後には融資を受けられ、さらに「30日間金利0円」サービスという無利息期間を提供しているという特徴があります。

少額融資を受けるならまずは検討したい消費者金融の一つです。

ただし、無利息期間を利用するためには独自の返済方式「35日ごと返済」を利用する必要があり、口座振替などの返済方式が選べないというデメリットがあります。

35日ごとの返済は、月々返済よりも返済日を先延ばしにできるというメリットがありますが、しっかりと返済日を把握しなければアコムの滞納にもつながります。

とはいえ、アコムは特に初めての方が利用しやすい消費者金融なので、少額融資にはオススメの消費者金融です。

アコムのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説

プロミス

プロミス

プロミスも30日間無利息期間のサービスを行なっている大手消費者金融です。

無人契約機の数が業界1位で、全国に1,110箇所もの無人契約機があるので、インターネットを利用せずとも基本的にどこでも借入ができます。

さらに、ローンカードを発行せずに振込・返済がWEBだけで完結するカードレスにも対応しており、自宅に郵送物が届かないところもメリットの一つです。

また、プロミスの金利は年4.5~17.8%と、他社の消費者金融よりも上限金利がやや高いという特徴があります。

その分下限金利がやや高いというデメリットがありますが、少額融資であれば上限金利が適用されることがほとんどなので、少しでも利息を抑えるならプロミスがオススメです。

プロミスのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説

アイフル

アイフル

アイフルは最大30日間利息0円サービスを行なっている大手消費者金融の一つです。

アイフルは審査を優先的に進めてくれるお急ぎ専用フリーダイヤルが特徴的です。

申し込みの時間や内容、タイミングによっては審査に時間がかかることがあるので、どうしても即日融資を受けたいという方にはアイフルがオススメです。

ただし、アイフルはコンビニATM・提携ATM・振込の返済時に手数料がかかるというデメリットがあります。

こまめに返済を考えている方は、手数料が取られてしまうことに注意が必要です。

また、アイフルは現在の収入や借入状況から、その人が借入可能かを診断してくれる「1秒診断」というサービスを提供しており、無料で借入が可能か診断することができます。

仮に1秒診断で借入が難しいと診断されても、必ずしも審査に落ちるというわけではないので、審査が不安な方は一度アイフルの1秒診断を使ってみることをオススメします。

アイフルのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説

ダイレクトワン

ダイレクトワン

ダイレクトワンは静岡県の地方銀行であるスルガ銀行グループの中小消費者金融です。

一定の条件下ではありますが、中小消費者金融では珍しく即日融資に対応していることが大きなメリットです。

ただし、その金利は年4.9%〜20.0%となっており、消費者金融の平均的な上限金利が18.0%であることを考えると、ダイレクトワンは金利が高い消費者金融というデメリットがあります。

また、無利息期間サービスがないので、少額融資で利息を抑えたいという方にはあまり向いていません。

とはいえ、その分審査が比較的優しく行われ、即日融資に対応しているというメリットもあるので、少額融資を受けるならダイレクトワンも選択肢の一つです。

ダイレクトワンの審査基準と審査に落ちる人の特徴!審査に落ちたあとの対処法

ノーローン

ノーローン

ノーローンは1週間無利息サービスがある中小消費者金融です。

無利息サービスの期間は30日前後が一般的ですが、ノーローンは1週間だけ行なっており、さらに完済すれば何度でも1週間無利息が利用できることが特徴です。

たとえば、ノーローンで5万円を借りて年18.0%の金利が適用されるとすると、7日間で172円の利息がつきます。

借りたお金を7日間で返せるという方はあまり多くはないと思いますが、7日間で返せる目度が立っている方には借りすぎを防げるというメリットもあります。

また、金利は年4.9~18.0%と、下限金利がやや高いことがデメリットですが、少額融資であれば上限金利の18.0%が適用されるのが一般的なので、少額融資を考えている方にとっては関係ありません。

そのため、ノーローンは少額融資にはぜひ利用したい消費者金融の一つといえます。

ノーローンのメリット・デメリット!他社と比較した強みを徹底解説

レイクALSA

レイクALSA「eアルサ」

レイクALSAは即日融資に対応している大手消費者金融の一つです。

レイクALSAの特徴は何といっても、以下2つの無利息サービスのどちらかを選択できることです。

  • 30日間無利息
  • 借入額5万円まで180日間無利息

少額融資を考えている方であれば、「借入額が5万円まで180日間無利息」サービスの一択です。

仮にレイクALSAで10万円借りたとしても、そのうち5万円分は180日間無利息なので、利息がかかるのは実質5万円分になります。

そのため、少額融資を180日間という期間で返すのであれば、最大限に利息を抑えてお金を借りられるレイクALSAがオススメです。

レイクALSAの審査基準には何がある?審査に落ちる人の共通点

少額融資にオススメの銀行カードローン

消費者金融の次は銀行カードローンを検討しましょう。

少額融資にオススメの銀行カードローンは以下の3つです。

  • 楽天銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 三井住友銀行カードローン

これらの銀行カードローンは比較的金利が低いという特徴があり、少額融資を受けたい方にはオススメの金融商品です。

正社員など安定的な収入がある方はこれらの銀行カードローンを利用しましょう。

ここからは、それぞれの特徴についてくわしく解説していきます。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利が年1.9%〜14.5%と低水準の銀行カードローンです。

銀行系カードローンでは珍しく30日間の無利息期間があり、楽天銀行カードローンの申し込みと同時に楽天銀行の口座開設を行えば、初めての借入の翌日から30日間が無利息となります。

ただし、即日融資には対応しておらず、審査は早くても翌営業日〜2営業日はかかるので、今すぐにお金を借りたいという方には向いていません。

とはいえ、金利が低く、30日間無利息期間が利用できることを考えると、楽天銀行カードローンは少額融資を受けたい方にオススメな銀行カードローンといえます。

楽天銀行カードローンの審査基準と審査に落ちる人の特徴まとめ

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

バンクイックは三菱UFJ銀行が提供する銀行カードローンです。

金利が年4.6%〜14.6%と低水準でありながら、ATM利用手数料が無料という点がメリットです。

さらに、口座振込による借入に対応しているので、審査に通過したらカードの到着を待たずにそのまま振込融資を受けられます。

ただし、無利息期間がないので、短期間で返済を予定している方にはあまり適してはいません。

そのため、バンクイックは長期的な借入を考えている方や、低金利かつできる限り早く融資を受けたいという方にオススメのカードローンです。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは金利が年4.0%〜14.5%と低水準の銀行カードローンです。

土日・祝日を含めて毎日9:00〜21:00の間に審査を行なっていることが特徴で、基本的にいつでも申し込みができます。

三井住友銀行カードローン提携の自動契約機を利用すれば、審査に通過したらすぐにカードを発行・借入ができるので、通常は平日しか審査を行なっていない銀行カードローンの中では利用しやすいカードローンといえます。

さらに、三井住友銀行の口座不要で借入ができ、ATM利用手数料が無料で利用できるという点がメリットです。

ただし、銀行振込での借入に対応していない上、三井住友銀行口座がなければ口座引き落としでの返済やインターネットバンキングによる借入ができないなど、サービスが制限されるというデメリットもあります。

とはいえ、金利が低くて審査対応時間が長いので、土日に申し込みをしたいときにオススメの銀行カードローンです。

金融機関以外で少額融資を受ける5つの方法

金融機関以外で少額融資を受ける方法は主に以下の5つがあります。

  • 個人融資
  • クレジットカード現金化
  • 質屋
  • クラウドファンディング
  • 家族や友人から借りる

他社からの借入金額や借入件数が多い方など、金融機関の利用が難しい方はこれらの方法を検討しましょう。

個人融資

個人融資とは、金融機関を使わずに個人間でお金を貸し借りする方法です。

主にSNSなどのインターネット上で申込者を募っており、金融庁に賃金業者として登録していない人からお金を借りることです。

ただし、中には悪質な人も少なくなく、保証金などと称してお金をだまし取られたり、違法な高金利でお金を貸し付けるといった被害に会うことも考えられます。

そのため、個人融資でお金を借りる場合は、危険性も承知で利用する必要があります。

クレジットカード現金化

お金を用意する手段としてクレジットカードの現金化という方法があります。

クレジットカードの現金化とは、業者に手数料を払ってカードのショッピング枠を現金に換えてもらう方法で、業者指定の商品をカード払いして現金を受け取るといった方法です。

ただし、現金化の手数料で20%以上取られることも少なくなく、金融業者に支払う利息以上のお金がかかってしまうという点が大きなデメリットです。

さらに、そもそもクレジットカードの現金化は規約違反なので、バレればカードの利用停止や借入額の一括請求を受ける可能性もあります。

そのため、クレジットカードの現金化も少額融資を受けるひとつの手段ですが、デメリットしかないのでオススメしません。

質屋

少額融資を受けるなら質屋で借入をするのもひとつの手段です。

高山質店などの大手質屋では売却品を担保としてお金を借り入れすることができます。

ただし質屋の金利は非常に高いので注意が必要です。

たとえば大黒屋の月利は0.95%〜8%となっており、年間で換算すれば年11.4%〜96%という高金利となります。

そのため、質屋で借入をする場合は早めの返済にすることが大切です。

クラウドファンディング

お金を準備する上でクラウドファンディングという方法があります。

クラウドファンディングとは、インターネットを通して自分の活動などを発信し、その活動を応援してくれる人から資金を募ってお金を作る方法です。

クラウドファンディングは主に以下の3種類があります。

  • 寄付型:ボランティア系の活動
  • 購入型:事業立ち上げやチャレンジ系の活動
  • 融資型:資産運用などの資金集め

基本的にクラウドファンディングは私的な目的では利用することができないので、もしお金の利用目的が生活費や借金返済などであればクラウドファンディングは適していません。

一方で、もし資金集めの目的が新事業立ち上げなどの活動であれば、ぜひクラウドファンディングを利用しましょう。

家族や友人から借りる

家族や友人から借りるのも手段の一つです。

審査や利息がないので、ほとんどリスクなく借入できます。

ただし、家庭の事情で家族から借りられない場合や、お金によって友人との縁が切れる可能性も十分に考えられるので、家族や友人から借りるときは慎重にならなければいけません。

金融業者から借りる人の多くが何らかの理由で、家族や友人からお金を借りれない状況だとは思いますが、それも選択肢の一つであるということは知っておきましょう。

学生で少額融資を受ける方法

学生で少額融資を受ける方法には以下があります。

  • 学生ローン
  • 消費者金融

学生ローンとは一部の銀行が学生向けに提供している金融商品のことで、交際費や教材費、医療費など様々なケースに対応しています。

学生ローンも消費者金融もどちらも、アルバイトをして収入を得ていれば学生でも借り入れすることができます。

ただし、学生ローンの審査は厳しく、アルバイトの勤続年数が3ヶ月未満だと審査に落ちる可能性が高いです。

とはいえ、学生ローンは消費者金融よりも低金利でお金を借りられるというメリットがあります。

学生で少額融資を考えているのであれば、学生ローンか消費者金融の利用を検討しましょう。

専業主婦が少額融資を受ける方法

専業主婦が少額融資を受ける方法には主に以下の2種類があります。

  • 消費者金融
  • 銀行カードローン

銀行カードローンの中には、アルバイトやパートの収入では申し込みできないことがあるので注意しましょう。

一部銀行カードローンを除いては、パートなどで安定した収入があれば、基本的に主婦の方でも借入ができます。

特に、少額なら借入できる可能性が高いので、少額融資を考えている主婦の方は消費者金融か銀行カードローンの利用を検討しましょう。

「審査なし」「ブラックOK」の闇金に要注意!

「審査なし」や「ブラックOK」などの広告を出している金融業者は闇金の可能性が高いので十分注意しましょう。

闇金は違法な金利でお金を貸し、違法な取り立てでお金を回収する金融庁に業者登録していない違法業者です。

ブラックでも借入できるような賃金業者は本来ありえないので、そういった甘い言葉に惑わされないよう注意が必要です。

また、仮に闇金じゃないとしても、金融庁に賃金業者として登録している中小消費者金融で悪質なところもあります。

「怪しいな。」と思ったらまずは金融業者の口コミなどで確認して、悪質業者かそうでないかは必ず確認しましょう。

闇金などに関わりたくないのであれば、基本的に有名な金融業者以外は手を出さないことをオススメします。

まとめ

少額融資を受ける方法はたくさんあります。

金融業者によって審査の基準や条件は異なるので、自分に適したと思うところを利用しましょう。

安定的な収入があるなら銀行系カードローン、急いで借りるなら消費者金融がオススメです。

ただし、ブラックの方でどうしても借りたいからと怪しい金融業者から借入は非常に危険です。

金融業者以外で借りる方法もあるので、お金に困ったら一度検討してみましょう。