アイフル 手始め!初めての借り方・利用方法を徹底解説

アイフル 手始め!アイフルから手始めに借入をする方法

お金を借りようと思った時にみなさんはどこで借りようと思いますか?

恐らく多くの人が銀行か大手の消費者金融を思いつくと思います。

もし銀行で借りようと思うとハードルが高かったり、借りるまでに時間がかかってしまうというデメリットがあります。

そこですぐにお金を借りたい場合は消費者金融で借りるのが一番早くお金を借りることが出来ます。

消費者金融の中で評判がよく人気があるのがアイフルで、手始めにお金を借りようと思った方にはアイフルがおすすめです。

アイフル 手始め!初めてでアイフルから借り入れする人は多い?

事業や商売を始めようと思ったり、お金が必要になった人が手始めにお金を借りるのであればアイフルをおすすめします。

実はアイフルでお金の借り入れをする人は多く、幅広い人がお金を借り入れできたり、申し込みが他社に比べてスムーズに始められ審査もとても早く終わるのです。

そのため、手始めにアイフルで借り入れをする人が多いのです。

特に最近ではネットから申し込みをする人も多く、アイフルではWEB完結申し込みが出来ていたり、お持ちのスマートフォンからアイフル公式アプリを利用して申し込みをすることも出来るのです。

もちろん申し込みをしやすいだけではなく以下の5つの手始めにアイフルを利用するポイントがあるのです。

アイフル 手始め!Yahooでアイフルと調べると予測に「アイフル 手始め」が出てくる

手始めにアイフルで借り入れをする人が多いのですが、その証拠としてわかりやすいのがYahooでアイフルと調べるとサジェストに「手始め」が出てくるのです!

サジェストとはYahooでアイフルと検索したときにアイフルというキーワードと関連性の高いキーワードを自動表示してくれることです。

サジェストはランダムで表示されるのではなく、アイフルと一緒に沢山検索がされているワードが表示されます。

一昔前では手始めにアイフルで借り入れをしようと思うと、店舗か契約ルームや電話で申し込むことが主流でしたが、現在ではインターネットを使って申し込みをする人が増えたため、Yahooでアイフルと検索するとサジェストに手始めというワードがでるのです。

アイフル 手始め!大手消費者金融だから初めてでも安心

アイフルは大手消費者金融なので、手始めにお金を借りようと思った人でも安心してお金を借りることが出来ます。

中小の大手消費者金融であれば現代でも違法な取り立てを行っている所もあるかもしれません。

しかし大手消費者金融であれば違法な取り立てをしてしまうと、金融庁より業務停止命令を受けてしまう可能性があるのです。

そのため、消費者金融から違法な取り立てをされることはまずありません。

さらに、大手消費者金融なだけあって申し込みから借り入れまでが非常にスムーズに行えるのです。

わからないことがあればアイフルのホームページから調べることもできますし、フリーダイヤルからも相談もできるので手始めの人にとっては、とても安心して借り入れを出来るのです。

アイフル 手始め!最短30分の審査で即日融資に対応している

手始めにお金を借りようと思った人が他の大手消費者金融よりもアイフルを選ぶのは、申し込みをしてからの審査が最短で30分ほどで結果が出るからなのです。

アイフルは最短30分の審査を行うことで即日融資に対応していて、すぐにまとまったお金が必要な人にとっては非常におすすめです。

最短30分の審査で即日融資に対応しているのは、アイフルが実店舗やフリーダイヤルでの申し込みだけではなく、インターネットやスマートフォンアプリからの申し込みにも対応しているからなのです。

やはり大手消費者金融の中でも利用者に選ばれるのはこういったサービスの差が出ているからなのです。

アイフルから即日融資を受ける方法!申し込みから融資まで最短の流れ

アイフル 手始め!学生・アルバイトでも審査に通る

実はアイフルでは学生やアルバイトをしているフリーターの人でも審査に通ることができます。

アイフルでは契約の条件として「満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方」としているので、この年齢に当てはまる人であれば契約が出来ます。

そして、定期的な収入と返済能力を有するとあるので、学生やフリーターでアルバイトをしている人でも毎月定期的に給料をもらっている人であれば、アイフルで借り入れの審査に通ることが出来るのです。

アイフルの審査基準を教徹底解説!審査に落ちる理由と対処法

アイフル 手始め!最大30日間の無利息期間が適用される

手始めに借り入れをしようと思っている人にアイフルがおすすめなのが、最大30日間の無利息期間が適用されるからです。

アイフルでは、はじめての借り入れや無担保キャッシングローンを利用する人限定で、契約日の翌日から30日間の無利息期間が適用されるのです。

まさに今月だけでお金が必要な人にとっては、無利息でお金が借りられるので利用しない手はありません。

もちろんそれ以外の人でも30日間の無利息期間というのは、非常にお得なので利用することをおすすめします。

アイフル 手始め!借りる前に必要な準備

アイフル 手始め

アイフルでもいくつかの申し込み方法があり、自分にあった方法を見つけておかなければなりません。

アイフルでは即日融資を受けることが可能で、そのために最短30分で審査をしてくれます。

そのために審査で必要な書類を揃えて置いたり、アプリから申し込みをするのであればお持ちのスマートフォンにアプリをダウンロードしなければなりません。

手始めにアイフルからお金を借り入れするためには、こういった準備が必要です。

そこでアイフルで借り入れを始める前に、準備しておくべきことを5つ紹介します。

アイフル 手始め!手始めに借りる準備①:申し込み条件を確認する

まずは、申し込み条件の確認です。

手始めにアイフルでお金を借りようと思っても、申し込み条件から外れていると門前払いを受けてしまいます。

ちなみにアイフルの申し込み条件は「満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。」とあります。

この年齢に当てはまる人、定期的な収入と返済能力がある人なので、学生やフリーターなどのアルバイトをしている人でも、毎月の給料が支払われているのであれば該当するのです。

ただ、69歳の人が70歳になった時点で融資が停止してしまうので、そこだけは注意が必要です。

アイフル 手始め!手始めに借りる準備②:必要書類を確認する

審査を受けるためには必要書類を提出しなければなりません。

そのために、必要書類の確認をしましょう。

アイフルでは本人確認書類の提出が必要なので、現住所が記載してある運転免許所・パスポート・個人番号カードなどを準備しましょう。

場合によっては収入証明書類の提出を求められることもあります。

ご利用限度額が50万円を超える場合・他の賃金業者からの借り入れ総額が100万円を超える場合などの場合です。

これらの書類は手元にない場合やすぐに手に入らないものもあるため、事前に準備しておくことが必要です。

アイフル 手始め!手始めに借りる準備③:自分に合った申し込み方法を確認する

アイフルではインターネット(アプリも含む)・お電話・実店舗での申し込みができます。

もしご自宅にインターネット環境が無い場合や利用したくない場合は、実店舗やフリーダイヤルでの電話を利用しましょう。

日中働いていたり忙しい場合にはインターネットからの申し込みもできます。

インターネットからの申し込みの場合は、365日24時間対応しているのでいつでも申し込みできます。

特にスマートフォンの公式アプリから申し込みをするのがおすすめです。

必要提出書類をアプリから送信できますし、カードがなくてもセブン銀行ATMを利用すれば楽に借り入れができます。

アイフル 手始め!手始めに借りる準備④:借り入れ前にアイフルの金利を確認

手始めにアイフルを利用する前に必ず確認しなければならないのが借り入れの際に発生する金利です。

借り入れ金額から毎月の返済額と金利をいくら支払うのかを計算しておくことで計画的に借り入れをすることができます。

もし、身の丈に合っていない額の借り入れや、金利を計算せずに借り入れを行うと後々返済が出来なくなり、最悪破産をしなければならない事態になるかもしれません。

必ず借り入れ前に金利の確認をしましょう。

アイフル 手始め!手始めに借りる準備⑤:返済額のシミュレーションをおこなう

手始めにアイフルを利用する前に、返済額のシミュレーションをおこないましょう。

返済額のシミュレーションはアイフルの公式サイトから利用することができます。

利用するにあたってお金はかからないため、どんな返済にしようか考えている人はとりあえず利用することをおすすめします。

返済額シミュレーションを利用することによって、借入金額の目安などを考えやすくなります。

アイフル 手始め!借り入れの際の注意点

アイフルから借り入れを行う際に注意点がいくつかあります。

手始めに即日融資を受けようと思っても審査対応時間外であったり、借り入れを行うことだけを考えて返済計画を建てていなかったりしているなら、注意が必要です。

どうしても消費者金融でお金を借りる場合は金利が掛かるので、自分がいくら借りていくら返済しているのかを注意しておかなければなりません。

3つアイフルから借り入れをする際に注意すべき点を上げましたので、確認してみてください。

アイフル 手始め!借り入れの注意点①:アイフルの審査対応時間をチェック

インターネットからの申し込みの場合、受付は24時間対応していますが、審査は24時間には対応していません。

アイフルの審査回答時間は9:00~21:00からとなっているので21:00以降の申し込みは翌日の回答となってしまいます。

手始めに即日融資を受けようと思っている方は審査回答時間に間に合う形で申し込みをしてください。

アイフル 手始め!借り入れの注意点②:返済には絶対に遅れない

アイフルから借り入れを行うことが出来たとしても、必ず返済には遅れないようにしてください。

返済に遅れると遅延損害金や借り入れが停止となる場合があるのです。

さらに一番大変なのが信用情報に傷がついてしまうことです。

お金を借りたいクレジットカードに申し込みをした際に必ず信用情報機関に申し込み内容などが登録されます。

この情報は借り入れの際の審査に使われたりするので、この信用情報に傷がつくと情報が消されない間はお金の借り入れや、新たにクレジットカードなどに申し込みが出来なくなるので注意が必要です。

アイフル 手始め!借り入れの注意点③:金利は高いので借りすぎには注意

アイフルなどの消費者金融でお金を借りる場合は、銀行でローンを組む場合よりも金利が高いので注意が必要です。

必ず借り入れの際には、借り入れ額から金利がいくらかかるか計算して返済計画を立てましょう。

金利は想像している以上に重くのしかかってくるので、借り入れ額が大きすぎると金利も同時に大きくなるので、返済額がの負担が大きくなるので注意が必要です。

アイフル 手始め!手始めにいち早くアイフルの審査を受ける流れ

アイフル 手始め

ではここからは、手始めにいち早くアイフルで審査を受けるにあたって審査の流れを紹介します。

手始めにいち早くアイフルの審査を受ける流れは大きく分けて8つの段階に分けられます。

  1. インターネットから申し込む
  2. 個人情報や希望条件を申告する
  3. 必要書類を提出する
  4. 在籍確認を受ける
  5. フリーダイヤルに催促の電話をする
  6. 審査結果の連絡を受ける
  7. ローンカードを受け取る
  8. 提携ATMから借り入れをする

ここからは手始めにアイフルの審査を受ける前に読んでおきたい、審査の流れを徹底紹介します!

アイフル 手始め!手始めに受ける審査の手順①:インターネットから申し込む

まずはアイフルの公式サイトから申し込みをおこないます。

アイフルではインターネット以外での申し込みも受け付けていますが、いち早く審査を受けたいのであればインターネットから申し込みをすることをおすすめします。

インターネットからアイフルの審査に申し込むと、必要事項を記入する欄が出てくるため、そこに住所や連絡先、年収などの必要な情報を記入します。

アイフル 手始め!手始めに受ける審査の手順②:個人情報や希望条件を申告する

アイフルの公式サイトに入り、申し込みを開始したら、入力フォームに名前、電話番号、メールアドレスなどの個人情報や年収、希望する借入額を記入します。

ここで間違った情報を記入してしまったり、虚偽の情報を故意に入力してしまったりすると、アイフルの審査には通過できないと考えましょう。

そのため、アイフルに申し込む際には慎重に個人情報を記入するようにしましょう。

アイフル 手始め!手始めに受ける審査の手順③:必要書類を提出する

アイフル公式サイトの申し込みフォームに必要な個人情報や希望条件などを記入したら、次は必要書類の提出に移ります。

必要書類は本人確認書類である

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

などの主要な身分証明書からどれか一つを提出します。

証明書に記載されている住所と現住所が異なる場合、別途で現住所が確認できる書類の提出を求められることがあります。

融資希望額が50万円以上の場合は収入証明書類の提出が必要

アイフルでは、融資の希望額が50万円以上であるか、他社とアイフルからの借入金額の合計が100万円を超える場合、収入証明書の提出を求められます。

収入証明書として提出できるのは

  • 直近2ヶ月分の給与明細
  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 確定申告書類
  • 住民税決定通知書類

以上の中から1つです。

これらの書類が用意できない場合は、一度アイフルのコールセンターに電話し、相談をする必要があります。

必要書類の提出方法は7種類

アイフルへの必要書類の提出方法は7通りあります。

アイフルへの必要書類の提出方法は

  1. WEBの申し込みフォームから必要書類の画像データを送信する
  2. 公式アプリから画像データを送信する
  3. 電子メールに必要書類の画像データを添付し、送信する
  4. 自動契約機内のスキャナーで読み取り、送信する
  5. FAXで提出する
  6. 郵送で提出する
  7. 有人店舗窓口の担当者に直接提出する

自分の都合に合わせた方法で必要書類を提出できるのは、手始めにアイフルの審査を受けるにあたって嬉しいポイントですね。

アイフル 手始め!手始めに受ける審査の手順④:在籍確認を受ける

アイフルに必要書類を提出したら、アイフルから在籍確認の電話がかかってきます。

在籍確認は申し込み者がちゃんと申告した勤務先で働いているかどうかを確認するのと同時に、その人の返済能力を確かめるために実施されます。

アイフルでは必ず申し込み者に在籍確認を取っていいという了解を得てから在籍確認を実施します。

そのため、申し込み者に内緒で勤務先に在籍確認の電話がかかってくることはありません。

在籍確認をするにあたり、アイフルの担当者が「アイフル」と名乗ることは決してありません。

そのため、勤務先にアイフルに申し込んだことがばれる心配は必要ないのです。

アイフル 手始め!手始めに受ける審査の手順⑤:フリーダイヤルに催促の電話をする

すぐに審査をお願いしたい場合、アイフルのフリーダイヤルに催促の電話をしましょう。

催促の電話をすることで審査を優先的におこなってもらえるのに加え、借入額や返済プランの相談をすることができます。

審査を急ぐ必要がなかったとしても、一度電話をすることで疑問点が解決することもあります。

そのため、アイフルの審査を手始めに受けるのであれば、一度アイフルのフリーコールに電話することをおすすめします。

アイフル 手始め!手始めに受ける審査の手順⑥:審査結果の連絡を受ける

アイフルでは、審査の可否に関わらず必ず審査結果が申し込み者に連絡されます。

審査に通過した場合は電話での連絡、不合格の場合はメールで連絡が来ることがほとんどです。

審査を進める上でアイフル側が疑問を抱いた場合は電話がかかってくることがあります。

審査結果は最短30分で届きます。

審査結果が届いた時点でアイフルの審査は完了となります。

審査に通過した場合はローンカードの発行手続きに移ります。

アイフル 手始め!手始めに受ける審査の手順⑦:ローンカードを発行する

アイフルの審査に通過すると、ローンカードを発行することができます。

ローンカードの発行方法は3通りあります。

  1. 自宅までローンカードが配達される
  2. 自動契約機でローンカードを発行する
  3. 店頭窓口で直接受け取る

インターネットから申し込んだ場合は自宅にローンカードが届くのを待つことになります。

ローンカードが手元に届いたらその瞬間からアイフルからの融資を受けることができます。

アイフル 手始め!手始めに受ける審査の手順⑧:提携ATMから借り入れをする

ローンカードを発行したら、提携しているATMから借り入れをすることができます。

アイフルのATMであれば手数料なしで利用することができますが、その他の提携ATMだと手数料がかかることがあるので気をつけましょう。

提携ATMはセブン銀行ATMやイオン銀行ATM、ローソンATMなど、主要な商業施設やコンビニにあるATMで利用することができます。

アイフル 手始め!手始めにアイフルから借り入れをおすすめする8つのワケ

ここからは、手始めにアイフルからの借り入れをおすすめする8つの理由を紹介します。

手始めにアイフルからの借り入れをおすすめする理由は

  1. アイフルは利用者の幅が広い
  2. 借りてから30日間利息0円
  3. 審査が最短30分
  4. 自動契約機「てまいらず」なら即日融資が可能
  5. 借り入れが周囲にばれにくい
  6. コンビニATMから借り入れや返済が可能
  7. インターネットや電話から振り込み融資が可能
  8. 返済日を自分の好きな日に設定できる

以上の8つです。

ここからは、手始めにアイフルから借り入れることをおすすめする理由を紹介します。

アイフル 手始め!手始めに借りるワケ①:アイフルの利用者の幅は非常に広い

アイフルの利用条件は

  • 満20歳以上であること
  • 定期的な収入を持っていること
  • 借入額相応の返済能力を持っていること
  • アイフルの基準を満たしていること

以上の4つのみで、アルバイトやパートでも条件を満たしていれば申し込むことができます。

利用条件が非常に幅広い人に当てはまるため、アイフルは必然的に利用者の幅が広くなるのです。

アイフル 手始め!手始めに借りるワケ②:アイフルは借りてから最大30日間利息がかからない

アイフルで初めて借り入れをする場合、30日間利息が0円となります。

初めて借り入れをしてから30日以内に返済すれば利息が付かず、借り入れた分だけ返済すれば良いのです。

手始めにアイフルからお金を借りる場合、システムや借り入れから返済までの流れを見ることができるのが、30日間利息0のメリットです。

アイフル 手始め!手始めに借りるワケ③:アイフルの審査は最短30分で終了する

アイフルの審査は最短30分で終了します。

一般的な消費者金融だと審査に1日費やす業者も少なくありません。

しかしアイフルでは最短30分で審査が終了するため、即日融資を受けられる可能性が高いのです。

アイフルの審査スピードは非常に速いため、早くお金を借りたいという人にはもってこいの消費者金融なのです。

アイフル 手始め!手始めに借りるワケ④:アイフルの自動契約機「てまいらず」を使えば即日融資が可能

アイフルでは自動契約機である「てまいらず」を日本全国に設置しています。

てまいらずを利用すれば自分のタイミングで申し込むことができ、即日融資を受けることが可能です。

他の消費者金融だと店頭に行ったり、ローンカードが自宅に届くのを待ったりしなくてはなりません。

しかし自動契約機であればそこですべて完結するため、誰にもばれることなく即日融資を受けることができるのです。

緊急時にお金を借りたい人にはアイフルの自動契約機「てまいらず」を利用することをおすすめします。

アイフル 手始め!手始めに借りるワケ⑤:アイフルからの借り入れが周囲からばれにくい

アイフルでは、インターネットと自動契約機の2つを利用して申し込めば郵送物なしで申し込みから借り入れまで完結させることができます。

郵送物がなければ家族や身内にアイフルの利用がばれる心配はありません。

郵送物なしで借り入れまで完結できるという点は、アイフルを手始めに利用することをおすすめする大きな理由です。

アイフル 手始め!手始めに借りるワケ⑥:コンビニATMから簡単に借り入れや返済が可能

アイフルではコンビニATMから簡単に借り入れや返済を完了させることができます。

アイフルの大きな特徴は提携しているATMが非常に多いということです。

日本全国の提携ATMが設置されているため、いつでもどこでも、幅広い場所からアイフルを利用することができるのです。

特に返済が滞ってしまうと、自分の信用情報に傷が付くことになります。

信用情報に傷がつくと後々面倒であるため、近くにすぐ返済できる場所があるということは非常に嬉しいポイントなのです。

アイフル 手始め!手始めに借りるワケ⑦:インターネットや電話から振り込み融資ができる

多忙でATMに寄る暇がないという人にも、アイフルはおすすめです。

アイフルではインターネットや電話から申し込むことで、指定の銀行口座にお金を振り込んでもらえるのです。

ATMに寄らずとも自宅や職場からキャッシングを受けられるうえ、家族にばれる心配も必要ないのです。

当日中の振り込みが完了するのは平日の9時から14時10分までであるため、時間の注意は必要です。

しかし時間の面を含めて考えたとしても、その場でキャッシングが利用できるというのは非常に嬉しいポイントであるといえます。

アイフル 手始め!手始めに借りるワケ⑧:返済日は自分の好きな日に設定できる

アイフルでは返済日を自分の好きな日に指定することができます。

他の消費者金融では返済日がすでに指定されている場合が多いため、アイフルの大きな強みであるといえます。

給料日が決まっている人はその直後に返済日を設定することで返済できないリスクを減らすことができます。

自分の立てた返済プランに合わせて対応できるため、返済日を設定できるのは嬉しいですね。