横浜銀行カードローンは即日融資OK?最短即日融資には消費者金融がおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

横浜銀行カードローンは、神奈川県の横浜市を中心に3都県でサービスを展開している銀行カードローンです。

ローンカード発行・郵送後、手元に届く前でも振込での融資に対応しているので、契約が完了すればそのまま借入ができるという大きなメリットを持っています。

そこで、

「横浜銀行カードローンは即日融資に対応している?」
「横浜銀行カードローンから最短で借入する方法が知りたい」

このように、横浜銀行カードローンの審査の早さについて気になっているのではないでしょうか?

結論からいえば、横浜銀行カードローンは即日融資に対応していません。

しかしながら、最短で翌営業日の借入が可能となっているので、銀行カードローンの中でも特に審査が早いことが特徴です。

こちらの記事では、横浜銀行カードローンの最短融資から審査の流れ、そして審査を早める方法まで紹介していきます。

本文

横浜銀行カードローンは即日融資に対応していない

横浜銀行カードローンは即日融資に対応していません。

そもそも、横浜銀行に限らず全国の銀行カードローンは即日融資を行なっていません。

以前までは即日融資を行う銀行もありましたが、2018年1月から審査のシステムが改正され、銀行カードローンは即日融資ができなくなりました。

しかしながら、横浜銀行カードローンは最短で翌営業日の融資が可能です。

横浜銀行の口座を開設している必要がありますが、ローンカードが手元に届いていなくても振込融資を受けることができます。

銀行カードローンにはカードがなければ借入できないところが少なくないので、その点を考えると横浜銀行カードローンは早く融資が受けられる優良なカードローンといえます。

即日融資が非対応になった理由

銀行カードローンが即日融資できなくなったのには以下2つの理由があります。

  • 2018年1月から警視庁データベース照会が義務化
  • 金融庁による行政指導

過去に某メガバンクが暴力団関係者へ融資したことが報じられ、2018年1月からは反社会勢力へお金が流れるのを防ぐために、審査の際は警視庁のデーターベース照会が義務付けられました。

しかし、照会の回答を得られるまでに最低でも1日以上かかるため、現在では銀行カードローンは即日融資が不可能となっています。

また、銀行が金融庁によって審査内容を見直すよう行政指導されたというのもその一つです。

過去には銀行の審査体制が整っていないために、カードローン利用者の事故破産率が高いということが問題となっていました。

そのことを危惧した金融庁は銀行側に審査方法を指導し、それ以降審査結果の回答までに時間がかかるようになったのです。

これらの理由から、現在では全国の銀行カードローンは即日融資に対応できなくなりました。

横浜銀行カードローンの借入は最短で翌営業日

横浜銀行カードローンは最短で翌営業日に借入ができます。

審査は早ければ翌営業日に完了し、その日に借入が可能です。

横浜銀行カードローンはカード到着前の振込融資に対応していることが特徴で、すぐに融資を受けたい方は契約完了後に電話やメール等で連絡すればそのまま借入できます。

ただし、横浜銀行の口座を開設している必要があるので、口座を持っていない方はカードローン申し込みと同時に口座開設をしなければならず、審査に時間がかかってしまいます。

また口座開設にかかわらず、審査が長引けば数日〜1週間ほどかかる可能性も十分あるので、どうしても1〜2日でお金が必要という方は注意しなければいけません。

特に、高額の融資を申し込んだ場合や、受付時間外または週末に申し込んだ場合は、審査が翌営業日までに終わらないことが多いです。

そのため、早めに融資を受けたいと考えているのであれば、必要最低限の希望限度額で平日の午前中までに申し込むことをオススメします。

横浜銀行カードローンの審査の流れ

横浜銀行カードローンの審査の流れは以下のとおりです。

  1. 申し込み
  2. 仮審査
  3. 本審査
  4. 契約・借入

ここからは、それぞれの手順について解説していきます。

1.申し込み(口座開設)

申し込み方法は以下の4種類です。

  • インターネットでの申し込み
  • 電話での申し込み
  • 店頭での申し込み
  • 郵送(リーフレット)での申し込み

中でもインターネットでの申し込みがオススメです。

24時間365日いつでも申し込みができ、さらに銀行口座をすでに持っている方ならWEB完結でスムーズに融資を受けられます。

一方、横浜銀行の口座を持っていない方は同時に口座開設を行う必要があります。

ただし、口座開設はWEBで行うと1〜2週間程度かかり、その分カードローンの審査も遅れてしまうので、その日に口座開設ができる店頭での口座申し込みがオススメです。

2.仮審査

仮審査では主に申込者の収入状況や信用情報が確認されます。

スコアリングと呼ばれる情報の点数化が行われ、その数値が基準を満たすことで仮審査通過となります。

特に信用情報はスコアリングの大部分を占めていると考えられるので、ブラックリストの方など信用に欠ける人は審査に落とされる可能性が高いです。

なお、仮審査の結果連絡はメールもしくは電話で行われます。

横浜銀行カードローンの審査基準と審査に落ちる人の特徴まとめ

3.本審査

仮審査に通過すると、必要書類の提出が求められます。

必要書類には「本人確認書類」と「収入証明書」の2種類があり、それぞれ該当する書類は以下のとおりです。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
    など

収入証明書

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
    など

これらの提出後に本審査が開始し、書類に問題がなければ在籍確認が行われます。

勤務先へ電話する在籍確認は避けられないので、スムーズに対応するようにしましょう。

4.契約・借入

ここまでの審査が基準を満たしていれば、契約・借入となります。

最短で翌営業日には審査が完了し、それと同時にローンカードが発行・郵送されます。

横浜銀行カードローンはカード到着前の振込融資に対応しているので、契約完了後にそのまま融資を受けることができます。

横浜銀行カードローンの借入を最短で受ける方法

横浜銀行カードローンの借入を最短で受ける方法には以下の2つがあります。

  • 借入希望額を低めに設定して申し込む
  • 不要なクレジットカードは解約しておく

それぞれの方法を具体的に開設していきます。

借入希望額を低めに設定して申し込む

借入希望額を低めに設定して申し込むことで、審査を早めることができます。

申込者本人の収入の高さにかかわらず、借入希望額が高ければ審査が慎重にかつ厳しく行われることが一般的です。

「本当にこの高額の貸付を返済する能力はあるのか?」という部分について、時間をかけてじっくりと審査されるので、最短の翌営業日までに審査が完了しないことがあります。

つまり、逆にいえば借入希望額を低めに設定することで銀行側のリスクが下がり、審査をスムーズに進めることができるのです。

一般的には50万円以上の借入が高額融資と考えておいていいでしょう。

そのため、横浜銀行カードローンの審査を最短で終わらせたいなら、借入限度額は必要最低限の金額に設定することをオススメします。

不要なクレジットカードを解約しておく

使っていないクレジットカードやカードローンなどを解約することで、横浜銀行カードローンの審査を早めることが可能です。

審査が長引く原因の一つとして、審査基準がギリギリで満たされているというものがあります。

たとえば、収入状況や返済状況には問題がないとしても、他社からの借入額や借入件数が多ければそれが不安要素になり、銀行側としてはすんなりと審査を通過させることができなくなります。

使っていないクレジットカードでも、持っているだけで簡単に借入額を増やすことができるという不安があるので、基本的に借入件数としてカウントされます。

つまり、不要なクレジットカードなどを解約することで、審査における不安要素を取り除くことができ、結果審査をスムーズに進められるのです。

そのため、使っていないクレジットカードがあれば、解約しておくことをオススメします。

横浜銀行の口座は必須

横浜銀行の口座を持っていない方は、横浜銀行カードローンの審査に時間がかかることがあるので注意しましょう。

なぜなら、横浜銀行カードローンは口座が開設されていなければ本審査が行われないからです。

たとえカードローンと口座開設を同時に申し込んでも、口座が開設されるまでは審査を進めることができません。

特に、WEB申し込みをすると横浜銀行の口座が開設されるまでに1〜2週間かかるので、できる限り早く審査を進めたいなら、その日に開設可能な店頭窓口での申し込みをオススメします。

今日中にお金が必要なら消費者金融を検討する

今日か明日中にお金が必要なら消費者金融を検討しましょう。

横浜銀行カードローンは最短でよく営業日に借入が可能とはいえ、必ずしも翌営業日に審査が完了するとは限らず、場合によっては2日〜1週間かかることもあります。

一方で、大手の消費者金融なら即日融資に対応していることが多く、金利が高い分審査難易度も銀行カードローンより低いことが一般的です。

さらに、土日も申し込み・審査を受け付けているので、急いでいる方には借入しやすい金融業者といえます。

しかし、高額融資や長期的な借入となると利息が高くついてしまうというのが最大のデメリットです。

そのため、横浜銀行カードローンを受けるまでにつなぎとして消費者金融を利用するというのも選択肢の一つです。

なお、即日融資に対応している消費者金融には以下の会社があります。

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

など

お金を急いで準備したいのであれば、消費者金融も検討してみましょう。

まとめ

横浜銀行カードローンは即日融資に対応していません。

しかしながら、最短で翌営業日までに審査が完了し、そのまま融資が受けられるので、銀行カードローンの中では特に審査が早いことがメリットです。

ただし、横浜銀行カードローンから融資を受けるためには、横浜銀行の口座を開設している必要があり、口座を持っていない人は審査に時間がかかるので注意しなければいけません。

審査を早めるためには、希望限度額を低く設定して申し込んだり、不要なクレジットカードは解約しておくなど工夫しましょう。

また、どうしても今日明日中にお金を準備したいという方は、消費者金融を検討することをおすすめします。

金利は横浜銀行カードローンよりも高いものの、即日融資に対応しており、土日でも借入することができます。

横浜銀行カードローンのメリット・デメリット!他社と比較した特徴を徹底解説