金利で選ぶ消費者金融ランキング!利息をお得に借りるならココ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[公開日]

金利で選ぶ消費者金融ランキング!利息をお得に借りるならココ!

消費者金融のカードローンで借入をする場合、金利の安さが重要なポイントの1つです。

そのほか、新規申し込み時に適用される無利息期間や、申込条件、審査の厳しさなどの違いで、自分にあった消費者金融を見つけることをおすすめします。

そこで今回は、金利が安くてお得な利息で借りられるおすすめの消費者金融TOP5をランキング形式でまとめました。

金利の条件のほか、申込条件や無利息期間、10万円を借り入れした場合の返済額についても紹介します。

さらに、おすすめの消費者金融ランキングを紹介した後に、低金利で借りるためのポイントについても解説しました。

同じ消費者金融のサービスを利用する場合でも、審査結果に応じて金利が異なることには注意が必要です。

このような点についてまとめてご紹介し、出来るだけ安い返済額で借入をする方法をお伝えします。

低金利で利用できる消費者金融をお探しの方や、できるだけお得に借入ができるキャッシングサービスをお探しの方はぜひ参考にしてください。

1位 オリックスVIPローンカード

オリックスVIPローン

金利 実質年率1.7%~14.5%
申込条件 日本国内に居住している、満20歳以上69歳までの毎月定期収入がある方
10万円借りた場合の返済額 10万7,227円(利率14.5%、11回返済の場合)
無利息期間 なし

オリックスVIPローンカードの金利が低い理由

オリックスVIPローンカードの金利は、実質年率1.7%~14.5%となっていて、消費者金融としてはかなり低く設定されているのが特徴です。

オリックスVIPローンカードは中小の消費者金融カードローンと比べると審査基準が厳しいため、その分金利が低めに設定されています。

返済能力が十分にあると認められた人だけに融資を行っているため、貸し倒れのリスクが少ないことが、低金利の理由です。

また、他の消費者金融ではよく行われている、初回申込時の無利息期間サービスが全くないことも、金利が低く設定されている理由となっています。

無利息で利用できる期間が無い分、金利が低くなっているのがオリックスVIPローンカードの特徴です。

名前に「VIP」という文字が入っている通り、ある程度の高い収入を稼いでいる人向けの、ブランド力が高いカードローンと言えます。

2位 プロミス

プロミス

金利 年率4.5%~17.8%
申込条件 年齢20歳~69歳の、申込者本人に安定した収入のある方
10万円借りた場合の返済額 10万9,894円(利率17.8%、12ヶ月で返済の場合)
無利息期間 初回の利用の翌日から30日間

低金利&無利息期間で選ぶならプロミス

大手消費者金融のプロミスでは、最大17.8%の低金利と、初回利用から30日間の無利息期間が特長となっています。

無利息期間のスタートは最初に借り入れをした日の翌日のため、自分が好きなタイミングで無利息期間を始めることが可能です。

他の消費者金融では、カードローンの契約が完了した翌日から無利息期間が消化されてしまうところもありますが、プロミスではその心配はありません。

消費者金融では金利が18%以上に設定されているところが多い中、プロミスでは17.8%と低めに設定されていることもおすすめできるポイントです。

実質年率が17.8%として計算した場合、10万円を借り入れして12ヶ月かけて返済する場合の返済総額は10万9,894円となります。

毎月の返済額は9,158円で利用可能です。もちろん、余裕がある月には多めに返済することもでき、その場合の利息額はより安くなります。

プロミスは、金利の低さと無利息期間の使い勝手の良さ以外にも、おすすめできるポイントが多いです。

知名度が高いため安心して利用できることや、ローンカードを作成せずにスマホアプリだけで借入や返済ができるアプリローンなどのサービスが充実しています。

様々なサービスを、他の消費者金融会社に先駆けて導入しているため、便利に利用できるのが特長です。

プロミスの新規申し込みはWEB上だけで完結できて、最短で即日の融資が受けられます。

金利の低い消費者金融をお探しの方におすすめできるカードローン会社です。

プロミスの金利は他社と比較して高い?利息はいくらかかるのか徹底解析!

3位 キャッシングのフタバ

キャッシング フタバ

金利 14.959%~17.950%
申込条件 年齢20歳~69歳の、申込者本人に安定した収入のある方
10万円借りた場合の返済額 10万9,980円
無利息期間 はじめての申し込み時に限り、契約日の翌日から30日間無利息

キャッシングフタバは大手消費者金融よりも低金利

キャッシングのフタバは消費者金融としては中小の規模のキャッシング会社ですが、大手消費者金融よりも低金利に設定されているのが特徴です。また、金利が低いからといって審査基準が大手よりも厳しいというわけではなく、むしろ審査は大手の消費者金融よりも通りやすくなっています。

キャッシングのフタバが低金利で利用できるのは、借入れの最低金額が10万円となっていることが主な理由です。1万円などの少額から借入できる大手消費者金融と比べて、借入れの最低金額のハードルが高いことから、金利の方は低めに設定されています。

なお、キャッシングのフタバの融資額の上限は50万円までとなっているため、50万円以上借入したいと考えている方は注意が必要です。もし、50万円以上の融資を受けたい場合には、より上限金額が高く設定されている消費者金融の利用をおすすめします。

キャッシングのフタバは大手の消費者金融の審査に落ちてしまった人や、すでに他社からの借入がある人でも申込ができるため、審査に自信が持てない方でもおすすめです。契約の翌日から30日間の無利息期間を含めて、急な出費が必要になった場合にぜひご活用ください。

4位 レイクALSA

レイクALSA

金利 4.5%~18.0%
申込条件 満20歳以上70歳以下の方で、安定した収入のある方
10万円借りた場合の返済額 11万4円(年利18.0%、12回返済の場合)
無利息期間 30日間無利息、または5万円まで180日間無利息

5万円未満の借入なら180日間無利息

レイクALSAは無利息期間が長いことが特徴のカードローン商品です。2種類の方法から選択することができ、1つは借入金額の内5万円分までの利息を180日間0にする方法、もう1つが借入金額の全額を30日間無利息にする方法となっています。

ただし、180日間5万円までの分が無利息になるプランでは、契約する借入限度金額が1万円から200万円までの方に限られているため、注意が必要です。限度額が200万円を超える方については、初回契約日から30日間の全額無利息サービスのみ利用できます。

また、2つの無利息プランを併用することはできず、どちらか一方のみ利用可能です。両方とも、レイクALSAを初めて契約した方だけの限定サービスとなっているため、片方の無利息期間終了後にもう片方のサービスを適用することもできなくなっています。

レイクALSAの無利息期間のそのほかの注意点としては、無利息期間のスタートが契約日の翌日からということです。初回の利用時ではなく、契約が完了した翌日から自動的に30日または180日間の無利息期間が消化されていくため、無利息期間を活用したい方はご注意ください。

5位 ノーローン

ノーローン

金利 4.9%~18.0%
申込条件 満20歳から満79歳までの安定した収入のある方
10万円借りた場合の返済額 10万9,649円(年利18.0%、13回返済の場合)
無利息期間 1週間以内に完済すれば何度でも無利息

完済ごとに1週間の無利息期間が適用

ノーローンは無利息期間が特徴的な消費者金融サービスで、完済すれば何度でも1週間の無利息期間が適用されます。通常、消費者金融の無利息期間は初めて申し込んだ人だけが適用される場合が多いですが、ノーローンの場合は繰り返し無利息期間が利用できるのがメリットです。

ノーローンのおすすめの利用法としては、給料日の数日前に現金が足りなくなった場合に借り入れを行い、給料日になったらすぐに完済するという方法があります。この方法で借入と返済を1週間以内に繰り返すことで、利息0円での利用が可能です。

なお、1週間以内に完済することができなかった場合でも、ノーローンの金利は最大で18.0%と消費者金融の中では低い金利です。もし返済までに1週間以上かかってしまっても、早めに返済すれば利息額も大きくならないので安心して利用できます。

借り入れの限度額は最大で300万円まで利用可能ですが、申込者の方の年収の3分の1までが法律で定められた融資の上限金額です。収入と借入のバランスを考えて、計画的なご利用をおすすめします。

返済期間によって低金利の消費者金融は異なる

消費者金融で借入をする際には、融資額をどれくらいの返済期間をかけて完済できるかによって、利息の低い業者が変わってきます。

完済までのスケジュールに応じて、おすすめの消費者金融が異なるため要注意です。

以下に、長期返済の場合と短期返済の場合の両方について、返済総額を安くするための消費者金融の選び方をまとめました。

長期返済は実質年率の低い消費者金融がおすすめ

数か月や1年以上といった長期間をかけて返済をしていく計画の方は、実質年率が低く設定されている消費者金融を利用するのがおすすめです。

消費者金融で借入をしたお金は、返済までの期間が長くなるほどたくさんの利息が発生します。

そのため、実質年率が高い消費者金融で借入をしてしまうと、完済までに支払うべき総額が増えてしまう点に要注意です。

また、借入金額が多額になるほど、実質年率の差が返済額に大きく影響します。ある程度まとまった金額の融資を受けたい方は、可能な限り実質年率が低い消費者金融に申し込むのがおすすめです。

短期返済なら無利息期間のある消費者金融がおすすめ

一方、1週間以内や30日以内など、短期間で完済するような使い方の場合は、無利息期間が長い消費者金融がおすすめです。

特に、1週間以内に完済すれば何度でも無利息で利用できるノーローンなどの消費者金融なら、繰り返し利息なしで借入ができます。

また、プロミスなどの大手消費者金融を利用する場合は、初めての利用時に限り30日間は無利息で借入が可能なため、30日以内に返済できる場合は利息が発生せずお得です。

一度借入をして30日以内に完済し、それ以降融資を受ける予定が無いというような使い方であれば、大手の消費者金融の初めての方限定の無利息期間が活用できます。

審査結果に応じて適用される金利も異なる

多くの消費者金融では、実質年率がある程度の幅をもって表示されています。実質年率に幅があるのは、審査結果や希望借入限度額によって金利が異なることが主な理由です。また、審査結果に応じて適用される金利も異なります。

十分な安定収入があり、返済能力が高いと判断された場合には、金利が低めに設定してもらえる場合が多いです。

一方、審査に通るギリギリのラインで申込できた場合などは、金利の設定が実質年率の上限からスタートすることが多くなっています。

限度額が高くなると適用される金利も低くなる

借り入れの限度額が高くなると、適用される金利も低くなる傾向があります。

希望する限度額に応じて、複数の金利設定が用意されている消費者金融も多いです。

ただし、希望限度額をアップするためには、それに応じた高い収入が必要となります。

消費者金融の利息をおさえるなら早期返済が絶対

消費者金融の利息を低く抑えたい場合、早期に完済するのがおすすめです。

借入期間が長引くほど、発生する利息額も多くなっていきます。

出来るだけお金を掛けずに消費者金融のサービスを利用したい場合は、無利息期間中にできるだけ完済するようにしましょう。

今回は、無利息期間の長さや金利の低さを中心に選んだおすすめの消費者金融についてご紹介しました。これから借入を検討されている方は、今回の情報を参考にして、自分に合うお得な消費者金融をお選びいただければ幸いです。

消費者金融おすすめランキング【2019年版!】安全にお金を借りるならココ!